Hatena::ブログ(Diary)

Tech Mom from Silicon Valley このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-07-29 オリンピックをTVEverywhereで見て思ったこと

[][] オリンピックをTVEverywhereで見て思ったこと 13:56

アメリカでは、有料テレビ各社(ケーブル、衛星、電話会社系)が「TVEverywhere」と呼ばれる方式を熱心に推進している。アメリカの有料テレビ業界の動向については下記参照。

no title

ギョーカイ人としてその存在は知っていたが、私自身はあまりテレビを見ないので、そのありがたみがイマイチわかっていなかった。でも、今回オリンピックで、ようやくちゃんと使ってみた。

アメリカではNBCがオリンピックの権利を持っているので、傘下の8つのチャンネル(地上波+ケーブル専門チャンネル)を使ってたくさんの番組をテレビ放映している。

今回はこれに加えて、NBCウェブサイトでかなり多くのライブおよび録画ストリーミングが見られるが、無条件では見られないのがミソ。契約している有料テレビのアカウント情報を入力しないとダメ。これが、TVEverywhere。この場合はコンテンツ・プロバイダーであるNBCが、各有料テレビ屋さんからコンテンツ料金を受け取る仕組で、ストリーミングが見られる。(有料テレビアカウントがあれば無料で見られる。有料テレビは既存の月額料金の範囲で、顧客サービスという位置づけ。)

ウェブサイトでは、availableな番組が一覧になっていて、ライブも録画もいろいろ。クリックすると認証画面が出て、アカウント情報を入れると動画が流れる。これのおかげで、アーチェリー、カヌー、卓球などといった、普通なかなかテレビには出してくれない競技も見られるし、サッカーの日本対モロッコなどという、アメリカ人的にはまるで興味のない競技でもライブで流れる。これはありがたい。まさに、ネット配信の威力が発揮されるコンテンツ。

それで男子サッカーを見ていてふと思った。この試合には、アナウンサーも解説もついていない。種々の統計や情報も出てこない。画面左上にスコアと経過時間がずっと表示され、選手交代のときに誰と誰が入れ替わるかが出てくるぐらい。一応、画面は普通のテレビ放映と同じように切り替わりながら見せるし、会場の音声は流れているし、ゴールの後はスローでリプレイするが、相当に「プレーン・バニラ」な中継である。最初は違和感があったが、これはこれでよいかも、と思ったのだ。

アメリカのスポーツ番組は、解説や情報こそが面白いと思っていたのだが、フットボールのように解説がないと何が起こっているかすらわからない番組はともかく、サッカーは見てりゃわかる。昨日の女子サッカーは、解説者がアメリカのプロ女子サッカーの選手だった人で、日本選手でもアメリカのプロリーグでプレイしていた人のことは自分の経験として話をするので、これはこれで面白かったが。

だいたい、アメリカのテレビのオリンピック番組は、選手のお涙頂戴ストーリーをドキュメンタリーにして作って流すのが大好きだが、これ超ウザい。その時間、肝心の試合やアメリカ以外の選手みせろや。とイライラするのが常だったので、それよりプレーン・バニラのネットキャストのほうがいい。

なにしろ、あまりにチャンネルも多いし、どの時間に何をやっているか調べて録画するなどという面倒なことを、私ができるわけない。ずーっと録画していたら他のものが見られない。その上、お涙頂戴。そのおかげで、すっかりオリンピックを見なくなってもう何年にもなる(いつからかすらよく覚えていない・・とにかく北京は一かけらも見なかった・・)が、今回はなんとか、見ようと思えばいつでも見られるようになったので、少しは見る気力がおきた。

まぁ、私のような視聴者はテレビとしてはあまりありがたくない視聴者なので、来て欲しくないのかもしれないけれど、ケーブルには毎月すごい料金払ってるんだから、これぐらいやってくれてもよいわな。

tobosuetobosue 2012/08/10 11:47 kaifu-san
いつも楽しくブログを読んでいます。イーストベイ在住です。私もオリンピックは好きなのですが(特に水泳)、アメリカに引っ越してきてからは(2008年)、アメリカ人ばっかり、お涙頂戴とかそんなんばっかりで、Kaifuさんのようにすっかり見る気を失ってました。 ご紹介いただいたアメリカ以外のも見られるとは、いいですね。私も毎月、なんでこんなにComcastって高いわけ?!?! ってぶつぶつ文句言いながら払ってたので、すこし取り返すようにします!!!

2010-11-29 日経ビジネスコラム「テレビ酒場の大乱闘」公開されました

[] 日経ビジネスコラム「テレビ酒場の大乱闘」公開されました 08:58

日経ビジネスで月一回書いているコラムで、ブロードバンドとTVコンテンツに関わる「大乱闘」の様子を描いたクラシック迷作、「米国版・荒野の西部劇 テレビ酒場の大乱闘」が公開されましたので、ご高覧ください。

no title

日経ビジネスは、テクノロジー関係者以外の読者も多いので、いろいろ書いては消した上で、結局「日本のブロードバンド振興はコンテンツ対策が重要」という、ごく当たり前の(=わかりやすい)結論に持っていったが、実は最初は別の論点について書こうと思っていた。「キャズム」の話である。

クラウドとかソーシャルとかモバイルとか、テック人間にとってはすでに日常のことになっているモノだが、先日この記事に書いたブロードバンドテレビのカンファレンスに行って、改めて「テレビ」というのもの大衆性というか、シリコンバレー人から見るとサンアンドレアス断層のあたりに存在する「深い谷」の向こう側にいる大多数の人々というか、そういう存在の重さ、鈍さ、大きさを改めて思い知った。

それで、この記事に書いたように、この成熟市場である「有料テレビサービス」に新参者として参入している電話会社は、既存勢力であるケーブル会社に対して自社サービスに魅力を持たせるべく、細かいサービスをいろいろ工夫してくっつけようとしている。その方向性は、キャズムの向こう側にいる大多数の人たちに使いやすいように、クラウドとかソーシャルとかを消化しやすい「離乳食」状態にして提供しようというものだ。

その努力が報われるのかどうかはなんとも言えないが、90年代に壮大な「タイム・ワーナーの双方向テレビ実験」や「ベルアトランティックの双方向テレビ計画」などが大花火のように打ち上がっては消えていったのを間近で見ていた私からすると、「今度は前よりはだいぶマシ」「時期はあのときより熟している」という気がする。

f:id:michikaifu:20101129084155j:image:right

このブログで書いたかどうか忘れたのだが、私がレクチャーなどでよく使う「コミュニケーションの三分割モデル」の中で、「クラウドとかソーシャルとか」という部分は、「新しくできた中間領域」に当たり、「マスコミ」的要素と「個人の通信」的要素を併せ持つ。電話会社が一足飛びに反対側にあるテレビやプロフェッショナル・コンテンツをやろうとするのは何かと無理があるのを、今は政策的に無理やりやっている訳だが、現在もブロードバンドで提供している「中間領域」ならば、地理感があり、そこで徐々に「下」領域へと広げていくならば、現実的だと思うからだ。

そして、それがもしうまく「ウチのお母ちゃん」(カンファレンス講演者が好んで使った表現)たちに受け入れられるようになると、「中間領域」が一気に拡大する。Web2.0がキャズムを超えるかもしれない。

iPhoneはスマートフォンを大衆化したと言われるが、テレビの大衆性に比べればまだまだ甘い。そして、中間領域を手がける「中の人」たちの世界は、映画「The Social Network」に描かれたように、まだまだ変人の集まりだと思われている。それが、IPTV勢の攻勢で変わるのか、ネットがキャズムを超えるのか。それほど一気に変わることはないだろうが、長期的にそうなっていくのか。その点についても興味を持っている。

<過去の参考記事>

「光の道」より「テレビ」対策 − 「ジャンボジェットとコンコルド」 - Tech Mom from Silicon Valley

2010-04-24 通信における「範囲の経済」と「ユニバーサルサービス」

[][] 通信における「範囲の経済」と「ユニバーサルサービス」 22:35

池田先生からご質問があったので、簡単にお返事したい。

no title

私は学者ではないので、過去の学説や包括的なデータなどは知らない。これは、長年業界を見てきた私の感想。

通信という業界のエコノミクスが他産業と大きく違うのは、「規模の経済(economy of scale)」ならぬ「範囲の経済(economy of scope)」というものが大きく作用すること。たとえ多少コストが多くかかったとしても、より広い「範囲」にリーチできるサービスのほうが、ユーザーの利便性が高く、結果的に生き残る、ということである。例えば・・

  • 日本で長距離電話が自由化された際、「東名阪」というおいしい市場だけのクリームスキミングを狙ったキャリアが真っ先に失敗
  • 国際電話キャリアでは、聞いたこともない国であってもコストをかけて接続するほうがよい
  • 携帯では、どんなに田舎に行っても通じる「カバレッジ」の広いキャリアがやはり一番強い

などなど、過去にいろいろ例がある。このため、設備をもつ大手通信キャリアというのは、自分の持っている地域をできる限り面的に同じサービスでカバーしようとする性質がある。(日本でも米国でも同じ。ただ、米国は歴史的経緯から、田舎はAT&Tなどでなく、小さな「父ちゃん母ちゃんキャリア」がやっているので、仕方なくユニバーサルサービス・ファンドをやっている。)最初は一番儲けの大きい地域から始めるのが当然だが、利用者がある程度以上増えると、多少利益率の悪い地域でも、カバーしたほうがいろいろな意味で既存ユーザーの利便につながるので、徐々に全体に広がっていくものである、と思っている。(だから、原則として、電話会社は細かい地域で切り刻まず、なるべく「範囲」が広いほうがいいと思う。)

だから、今回問題となっている光ブロードバンドのようなコストのかかるサービスでも、ある程度以上ユーザーが増え、使える端末やサービスが多くなれば、放っておいても、民間企業の競争によって、そのうち全国津々浦々まで設備が建設されるようになるだろうと思う。

ただ、これは何年かかるかわからない。10年かもしれないし、20年かもしれない。今は、「他国に負けないように、ステロイドを打って普及速度を早める」という話をみんながしているので、それをやろうと思ったらユニバーサルサービス・プランのようなものでやる方法もある、ということだ。個人的には、そんなことしなくても、ほっときゃいいようにも思うのだが、どうしても政策的に「ステロイド」をやりたいなら、前回エントリーで書いたようなやり方も例えばあるのでは、ということで言った。

つまり、USFの仕組みが必要かそうでないかは、「時間軸」の話であって、「絶対に必要かそうでないか」の話ではないと思っている。

ここでは、設備が行き届くことが重要なので、料金が同じである必要は必ずしもない。しかし、全体のごくわずかな部分の「高コスト過疎地域」だけ別立て料金を用意して、その認可を得るためのネゴを当局としたり、請求書システムに手を加えたりなどする別のコストがかかるなら、むしろ一律のほうがいい、というケースもあるだろう。もともとキャリアが乱立して、料金体系がバラバラだったアメリカでも、料金はだんだんとシンプル化・一律化する方向性にある。マーケティングの観点から言っても、あまりこまごまと料金テーブルを分けるのは、効率がよくない。なので、料金は一律でもそうでなくてもよい。これも、経営的にどっちがいいかという観点で決めればいい。

前回申し上げたように、私は「全国一律料金であるべき」とかいう「イデオロギー」には興味がない。設備を建設する当事者であるキャリアが、最もリーゾナブルな「インセンティブ」を得られるやり方なら、それでよいと思う。

なお、私は通信業界の「範囲の経済」と「ユニバーサルサービス」については、NTTにいた頃当時の上司であった林紘一郎先生に最初に教えていただいた。そのときの参考書はこれだったかはっきり覚えていないのだが、他に見つからないので一応ここに掲げておく。

2010-04-22 ブロードバンドは「イデオロギー」より「インセンティブ」で

[][] ブロードバンドは「イデオロギー」より「インセンティブ」で 23:52

「光の道」の話は、まさか本当に固定ローカルアクセスの「構造分離」が実施されることはないだろうと思って黙っていたが、一応簡単に私の意見を述べておくことにする。

基本的には、下記で電力系アクセス事業者の方々が仰ることにほぼ賛成である。

no title

「銅線」での回線卸売義務づけ(日本やアメリカ)や、完全に卸会社を別会社にする「構造分離(structural separation)」(イギリスやスウェーデン)はある程度意味がわかるが、それはすでに銅線が「ユニバーサル・サービス」として需要の少ないところまで行き渡っており、そのための新規投資はだいぶ前に終了して、現在は「保守」だけやればいい状況になっているからだ。固定回線は投資回収期間が長く、リスクが高いので、新規投資が必要な部分は当事者にかなりのインセンティブがなければやっていられない。そのやり方として、昔は「独占」を認めることで確実に回収できるようにしてやったし、最近ではアメリカのように、「光回線だったら卸売しなくていいし、その上で放送もやっていいよ、どんどん儲けていいからリスクとってね(ただしケーブル会社とはちゃんと競争してね)」といっておだてるやり方もある。

翻って、私の古巣であるNTTは、良い意味でかつての「公共サービス」意識を未だに持っている人が多く、「儲けろ」というより「天下国家のために光回線ウン千万回線を達成するぞ!おー!」というほうが頑張れる組織だと思う。そのNTTですら、光回線はこのあたりまでが限界、というところまで来てしまっている。

つまり、今からなんらかの法的縛りをかけて光回線を引かなければいけないという地域は、引いても儲からない場所。卸専門会社は、その上で小売してくれるサービスプロバイダーがたくさんあれば投資インセンティブもあるが、そんな田舎では何もインセンティブがない。無理やりやらせれば、誰も通らない無駄に豪華な村道ができる。それをやる組織は、役人の跋扈する非商業組織となる。

それよりも、私としては、例えばユニバーサル・サービス・ファンド(USF)と入札を組み合わせるのはどうか、と思う。まず、全国の通信サービスから薄く広くユニバーサル・サービス・ファンドを集めて財源とする。それから、「ブロードバンド整備困難地域」というのを定義する。その上で、無線でも固定回線でもいいので、その地域に「自分ならその財源で、これこれの期間にこれだけの回線をひきます」という計画を参加希望者に提出させる。もちろん、USFだけでなく、自社で投資してもいい。で、一番効率のいい提案をしたキャリアに、USFを渡してやらせる。方式はなんでもいいのだが、なんらかの無線が自然だろうな、と思う。UQやイーモバイルなどが活躍するといいような感じ。約束やぶったら罰則だが、何年か後に成功して「困難地域」を脱しているとトクになるようなインセンティブもつけないといけない。

まぁこれは、ツッコミどころ満載の思いつき(まずはユニバで大騒ぎ)だが、なにしろ言いたいのは、僻地までのブロードバンド普及は、「構造分離」という制度の大ナタを大上段から振るうよりも、「柔軟なインセンティブ設計」によって、民間が自ら実施するように仕向けるのが、今風ではないか、と思う。先日つぶやいたように、構造分離は「イデオロギー」であって、理想は美しいけれど、実際に運用すると弊害が大きいように思う。

<参考エントリー>

BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。

↑これについては、ひとつだけ突っ込んでおく。銅線設備をベライゾンが切り離すのは、ベライゾンの株主が「成長も安定もできる優良会社」を望むからだし、アメリカはもともと過疎地アクセス会社は別々だったのを買い集めてきたので、切り離すのが割に簡単。日本でやるなら無理やり分離売却すると上記と同じようにコストがかかりすぎると思う。それより銅線会社をNTTの子会社にして、定年後再雇用者などをどんと送り込んで、「成長しないけど、新規投資もせず、最低限の保守だけやって、毎月決まったお金がはいってきて雇用をたくさん供給する、社会主義会社」にしてしまうのが、NTTに日本の皆様が期待するあり方(=雇用製造マシーン)なのではないかと思う。「NTT成長会社」のほうは、若い人が年寄りに邪魔されずに活躍できるようになるし、「非成長会社」のほうは、最後まで銅線電話を使っている高齢のお客様のペースに合わせてまったりできて、みんなハッピーではないかと思う。あ、後半は与太話だからね、真面目に突っ込まないように。

2008-06-14 アメリカで「従量制」復活の兆し??- ネットに「資源インフレ」は来

[][] アメリカで「従量制」復活の兆し??- ネットに「資源インフレ」は来るか 22:52

タイムワーナーが、テキサスでブロードバンド・アクセス・サービスに「利用量上限」を設けるサービス*1を試験的に開始したそうだ。前からBitTorrent*2ユーザーのトラフィックを制限するということで槍玉にあがっていたコムキャストも、ちょっとやり方を変えて制限を続けているし、AT&Tも同じことを考えていると発言。

New York Times記事

もちろん、メディアでは叩かれているのだけれど、コムキャストの話はずいぶん前からくすぶっているのに、やめない。そういうことをすると、お客が競合相手のベライゾンやAT&Tに流れるかも知れないのに、やめない。それを見て競合相手も、だからやめるのではなく、やっぱり上限料金の方向に向かう。

これはどういうことなんだろう?

内情を知っているわけではないが、それだけ、本当に苦しいということなんじゃないかと思う。まぁ、どこからかは「赤信号、みんなで渡れば・・・」になるのかもしれないけれど。

ネットの定額制料金は、ネットの普及に大いに寄与した。アメリカでブロードバンドの普及が遅れたのは、ダイヤルアップですでに定額制だったからで、一方ダイヤルアップが従量制で初期のネット普及に出遅れた日本では、ブロードバンドで定額制に移行したおかげで、逆に現在のブロードバンド大国になった。「ネット」とは、定額で好きなだけ使えることが圧倒的に使い勝手がよい。

しかし、それはネット接続の「物理的な素材コスト」が十分に安いことによって支えられている構造でもある。このところ、世界的にネット需要が爆発して、動画やP2Pトラフィックがすごい勢いで流れている一方、データセンターのコストがエネルギー高で高くなっている上、データセンターでのトラフィックをさばくルーター技術が、需要の爆発に追いついていない・・・といった状況が現実にはある。新興国の需要急増で需給が逼迫してインフレに・・・という話は、最近どこでも聞くシナリオと似ている。ネットでは新興国だけじゃなく、先進国ですら、需要が爆発している。データセンターを中心に「ネット資源インフレ」が起こる可能性だって否定できないのじゃないか、と思う。

そのあたりの話は、前にここにも書いている。

「あちら側」の物理的限界 - Tech Mom from Silicon Valley

今のところ、アメリカのキャリアがターゲットにしているのは、BitTorrentユーザー。タイムワーナーの場合だと、全体の5%の数のユーザーが50%以上のトラフィックを占有しているという。それで、大多数の「普通」のユーザーには影響がないレベルに上限を設定しようというワケ。

こういう話では、定額制というのは「幽霊会員の払う会費でヘビーユーザーが支えられる」という構造になるので、それがフェアかどうかとか、でも心理的にネットが使いづらくなるから自由が奪われるとか、そういう結論になりがちなのだけれど、私としては、「なんであれだけ叩かれても、タイムワーナーやコムキャストは使用量を制限しようとするか」という内幕のほうが関心がある。

距離無制限、利用量無制限の方向へと限りなく進んできたネット・通信の業界に、小さいけれど、逆の現象が出現し始めている。それも、一つじゃない。いくつか、塊で。何か、潮目が変わるのだろうか?それとも、こういったキャリアは、単に時代に逆行する、自分勝手な人たちだということなのだろうか??

*1:携帯電話と同じように、制限を越えると従量制になる

*2:動画などの大容量ファイルを交換するために使われるP2P技術

jjmjjm 2008/06/16 09:39 Michi - The cable guys in the US are genuinely facing capacity constraints, whereas AT&T and Verizon, with their fiber rollouts, are not. One could argue that this was inevitable for the cable companies.

michikaifumichikaifu 2008/06/16 19:00 Hi, jjm. Nice to see you here! I guess so... their backbone capacity is also much less than the telcos. How are they going to compete, I wonder...?

jjmjjm 2008/06/20 16:09 by locking you up with bundling, of course! it’s a good question. i don’t know what their churn is - that would be interesting to know.

KazKaz 2008/06/23 18:49 日本では、個人向けは、ほぼすべてのプロバイダが P2P になんらかの制限を設けています。(当然なのですが)制限が厳しいところのほうが安くて速いという傾向があるようです。