Hatena::ブログ(Diary)

Tech Mom from Silicon Valley このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-07-26 マリッサ・メイヤー記事がアップされました

[][] マリッサ・メイヤー記事がアップされました 10:02

前回エントリーで紹介した、マリッサ・メイヤーに関する日経ビジネスオンラインの記事がアップされましたのでお知らせします。

ヤフーの新CEOが大役と出産を両立できるワケ:日経ビジネスオンライン

2012-07-24 ギーク美男美女化の理由

[][] ギーク美男美女化の理由 11:17

マリッサ・メイヤーの記事を日経ビジネスオンラインに書いた。日本時間で金曜日にアップ予定。

マリッサはゴージャス系なギークで、ステレオタイプのギークとはだいぶ違う。「お金持ち」というファクターを除いたとしても、彼女のような華やかなタイプのギークが、男女ともに最近この界隈で増えてきたように思う。

「ギークのイケメン化現象」は2006年頃にここに書いたが、どうも今回はまたちょっと違うかんじ。

友人たちとの酒飲み話の中で出た結論は、「スタートアップの中心地がサンフランシスコに移動したから」。シリコンバレーの中心勢力が、昔のサンノゼ付近から年々北上し、現在はサンフランシスコのジャイアンツ・スタジアムを中心とする地域になっているのは皆様ご存知のとおり。で、かつてのシリコンバレーは、鹿と狸が徘徊する田舎で、庵を結んでひたすらコードを書く桃源郷の住人が中心だったが(そして今でもその地区にはそういう勢力もいるのだが)、最近のネットやモバイルでは、ユーザーインターフェースのデザイン感覚は大変重要で、都会のアート感覚をもつ、ナウなヤングがやらないとダメなのだ。(だーかーら、ナウなヤングって現代語ではなんといえばいいのでしょう??)

しかも、サンフランシスコで最高のアート感覚を持つ人々といえば、言わずと知れたゲイの皆さん。彼らの最近のウェブ・モバイル製品への貢献度は高い。

かくして、都会のファッショナブルな人々(ゲイもそうでない人も)がギーク世界に増殖し、そういう人々の母数が増えると美男美女も増える、というわけだ。*1

マリッサのゴージャス写真を含む英語ブログ記事はこちら参照のこと。

*1:ちなみに、マリッサ・メイヤーも、勤務先は南方面のグーグルからさらに南のヤフーだが、住んでいるのはサンフランシスコ市内。いわゆる「サンフランシスコの社交界」の華であります。

2011-12-30 シリコンバレーにおける「ユートピア主義」の大切さ

[][] シリコンバレーにおける「ユートピア主義」の大切さ 08:55

瀧口範子さんの記事に生越さんが噛み付いている。

ジンガもフェイスブックも──腐敗する有望IPO企業 | 瀧口範子 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

昔からそうだし、そうあるべきだよ

この批判は半分しか当たっていないように思う。

確かにベンチャー経営者の最重要課題は資金の調達と管理だし、「事業のアイディア」という、単位が小さすぎ不定型すぎて売り物にならないモノを「会社」というある程度の大きさの箱に入れて固定化し、金融商品として流通させるのがベンチャー・ファイナンスであることも間違いない。

でも一方で、シリコンバレーには深く根付いた「ユートピア的理想主義」の文化があり、この「地域的気分」に合わない企業は周囲の支持を得づらいという面もある。支持を得て人気の出た会社には、よい人が集まってくるし、資金も調達しやすくなり、地元プレスからもよい評価を得て、ユーザーも集めやすくなる、という好循環にはいって、地位を確立することができる。この地の歴史から来る、「ゴールドラッシュ一攫千金気質」と「ヒッピーのメッカとしてのユートピア主義」とうい二つの相反する文化がアウフヘーベンしちゃっているのがシリコンバレーなのだ。金儲けだけなら、今なら例えば中国のほうが有望なのかもしれないが、今でもシリコンバレーが「ベンチャーの聖地」として世界に冠たる地位を保っていられるのは、このユートピア主義文化が根強くあるからなのだ。

「ユートピア主義」の要素はいくつもあるが、主要なものを挙げると(1)「世界をよくする」という志、ユニバーサルな価値( プレゼンだけじゃない、世界進出の心得「何の問題を解決するのか」 - Tech Mom from Silicon Valleyを参照)、(2)技術がすごい、(3)独創的である、といったところか。

生越さんの記事にまさに言われているように、日本ではこういうことを「きれいごと」と呼び、「カネがすべてじゃぁ」という体育会系金儲け根性論のほうがウケがいいような傾向がある。でも、シリコンバレーでは「カネごと」だけでは足りず、「きれいごと」要素もすべて兼ね備えていないと成功できないという、さらに厳しい競争がある。そんなこと出来るわけない、と言われるかもしれないが、人間だれしも「仕事と家庭」とか「夢と現実」とかのせめぎあいをなんとかやりくりしているように、ベンチャーでも常にその両方の面をなんとかバランスしている。

そして、膨大な数のベンチャーの中から、たまに全部の要素を兼ね備えて大成功する企業が出る。大変なことだから、そんな成功例は何年かに一度しか出ないけれど、それでもちゃんといくつも成功例があるから、ユートピア主義は廃れない。「ユートピア主義は鼻につくが、カネが魅力だからこの地に来る」という人もいるけれど、何年かごとにやってくる不況でそういう人はだいたい自ら離れていくというセルフセレクションの仕組みもある。

瀧口さんがここで挙げているような、上場のために従業員との約束を反故にするというのは、一番大事な(1)に反するとして「ユートピア主義」でのイメージを損ない、地元の人気に悪影響を及ぼす。資金と並んで「人」の調達が極めて重要なこの地では、実質的にもそんなことしたらよい人が離反しちゃうのでは、という懸念もある。投資家と従業員の利害のせめぎあいで、考えた末にこうやったんだろうけどね。

瀧口さん自身も、長くシリコンバレーに住んで「ユートピア主義」が染み付いているだろうし、またベンチャーの成功要素としてこれが重要ということがわかっているから、「それは違うんじゃないか」と言いたかったのではないか。一般読者にわかりやすいように使った「金融商品に見える」という言い方が誤解を招いたかもしれないけれど、ココロはそういうことだと思う。

今年IPOしたIT・ウェブ系有名企業でいうと、もともとグルーポンとジンガは「ユートピア3要素」面がやや弱く、特にグルーポンは地元企業でないこともあり、シリコンバレー雀の間での人気はいまいち。一方、インターネットラジオのパンドラは全くその反対の極で、「カネ儲け」は下手だが「ユートピア3要素」面で地元の支持が強く、何度も潰れかけてはなんとか生き残ってきた。

そして、来年のIPOで期待の大きいフェースブックは「大成功例」として長く生き残ることができるかどうか。「カネごと」面と「ユートピア」面の両方で、まだ少々不安を抱えているようだが、そろそろ次の大成功例が出てくれないと困る、という気分が当地に蔓延していることもまた間違いない。

2011-10-06 世界をよくするために

[][] 世界をよくするために 11:22

スティーブ・ジョブズの話は、もうたっくさんの人が書いているので細かいことは省くが、今日はSJ本人がナレーションを行なった「Think Different」コマーシャルの未公開バージョンが話題になっている。

D

まさに、これがSJ自身の言葉なんだろう。彼は、多くのシリコンバレーのビジョナリーと同じように、「世界をよくするために」という信念をベースにして、技術をつくり、商売としていた。儲けたお金をチャリティに寄付するという意味では、ビル・ゲイツに負けてるとよく言われていたが、そうではなく、商売そのものを通じて、「世界をよくする」ことに努力してきた。

これが、ジョブスが稀代の偉人として尊敬される所以であり、またシリコンバレー文化の象徴である所以だ。

シリコンバレーは、こんな「理想主義」と、一攫千金を狙う「ゴールドラッシュ文化」がアウフヘーベンした土地なのだ。シリコンバレーで尊敬される会社は、なんらかの形で「世界をよくするために」商売をしている。そうでなければ、成功できない。

理念がなければ成功できない - 「フェースブック 若き天才の野望」 - Tech Mom from Silicon Valley

ちっぽけな私一人でも、ほんの少しなら世界を変えることができるかもしれない。To make the world a better place。そう思わないとな。

そんなことを、この動画を見てまた思い出している。

2011-09-04 「ポスト・ジョブス」記事掲載されました

[][] 「ポスト・ジョブス」記事掲載されました 10:13

日経ビジネスオンラインの「ほぼ月例」コラムが掲載されました。

「ポスト・ジョブズ」のシリコンバレー新秩序:日経ビジネスオンライン

なにせ大きな話題になったジョブスのこと、もうすでに膨大な記事が書かれているので何を書くのか苦しんだ末、ジョブスやアップルだけの話でなく、もっと俯瞰的な記事にすることにしました。最後のほうに、私の持論であるけっこう大事な話を書いていますので、ぜひ最後までお読みください。(登録していない方には不便をおかけしますが、ユーザー登録は無料ですので、宜しくお願いします。)

なお、ある事情から超変則になったのですが、明日も私のコラムが続けて出ます!乞うご期待。