Hatena::ブログ(Diary)

道の端から 連絡帳 RSSフィード

2018-05-12

ゆるゆる散歩2018年5月12日九州大学箱崎地区散歩レポート


2018年5月12日(土)、九州大学の開学記念行事で大学の博物館施設が公開される日に合わせて、九州大学箱崎キャンパス内をゆるゆる散歩しました。私を含めて4名で、キャンパスの植栽樹木や自生する草花を見て歩きました。
箱崎キャンパスは今年の秋までに移転予定で、その後閉鎖され再開発される見込みです。ゆるゆる散歩の「発祥地」である六本松の旧キャンパスと同様、構内にとても豊かな緑があります。農学部の一帯にはかなり珍しい樹木も植えられていて、植物園のような楽しみ方もできます。構内は現在、建物の解体などの工事が進められていて、空き地のような景色もところどころで広がっています。
散歩では旧工学部本館前をスタートし、「地蔵の森」を抜け、農学部方面へ歩きました。以前から残っている草地ではトウバナ・コナスビ・スズメノヤリ・ヨツバムグラ(たぶん)など在来種の草花が見られ、またヒメコバンソウ・アレチハナガサ・マンテマなどの草花もキャンパスを飾っていました。図書館から農学部にかけての一帯では、ニンジンボク・モクマオウ・タイワンオガタマノキ・チンタオトゲナシニセアカシア・チリメンガシなど、いろいろな木を興味深く見ていきました。
私が通っていた文系キャンパスにも足を伸ばし、理系地区とは少し違う草花の様子や、六本松に移植されるらしき松の木を見ました。最後は旧工学部本館まで戻りました。
長い散歩になりましたが、キャンパスが残っているあいだに植物をご愛好のみなさまと再度構内を歩くことができて、いい記念になりました。六本松のときとおなじく、構内の緑が跡地の再開発の中でいい形で活かされることを願っています。ご一緒くださったみなさま、ありがとうございました。
 
f:id:michinohata:20180513223423j:image
 旧工学部本館前をスタート

f:id:michinohata:20180513223420j:image
 地蔵の森のカイヅカイブキ 

f:id:michinohata:20180513223418j:image
 (たぶん)ヨツバムグラ

f:id:michinohata:20180513223412j:image
 草の種類が豊かでした

f:id:michinohata:20180513223405j:image
 ヒメコバンソウの穂が出てきています

f:id:michinohata:20180513223402j:image
 リュウゼツラン
 
f:id:michinohata:20180513225936j:image
 モクマオウ

f:id:michinohata:20180513225928j:image
 チリメンガシ

f:id:michinohata:20180513223358j:image
 興味深く見ていきます

f:id:michinohata:20180513223354j:image
 農学部の小庭園

f:id:michinohata:20180513223349j:image
 変わっていく環境の中で

f:id:michinohata:20180513223342j:image
 箱崎キャンパスの緑のしあわせを祈っています
 
 
※ 次回からゆるゆる散歩は仕方を少し変えてみます。後日あらためて別記事でくわしくお伝えします。なお次回は9月の第3日曜日を考えています。

 

2018-04-29

ゆるゆる散歩2018年4月29日百道浜・西新レポート


ゆるゆる散歩2018年4月29日(日・祝)「百道浜と西南学院大学聖書植物園を歩く」、午前の部で百道浜を、午後の部で西新の西南学院大学聖書植物園をそれぞれ歩きました。
 
午前の部は私を含めて4名で、福岡タワー下の広場からスタートしました。さっそく手近な草地から見始めたところ、草の種類がとても多く、ひとつひとつの説明と観察でここだけで時間が終わりそうな勢いになりました。「サザエさん通り」と呼ばれている大通りの遊歩道エリアを南下しながら、主に植え込みの草を見ていきました。全部は記録していませんが、マンテマ・ヒメジョオン・コメツブツメクサ・ヌカススキ・カモジグサ・アオカモジグサ・オオニワゼキショウ・ニワゼキショウ・キュウリグサ・ナガミヒナゲシ・ノミノツヅリ・キキョウソウ・ヒナギキョウ・ヨツバハコベ・コマツヨイグサ・マツバウンラン・イヌガラシなどなど、とてもにぎやかな道でした。この一帯は埋立地で場所の歴史は浅いのですが、すでにたくさんの種類の草の住処になっていることがわかりました。
 
午後の部は私を含めて6名で、昨秋に続いて西南学院大学聖書植物園を見学しました。昨秋は工事中でかなりの部分に立ち入れなかったのですが、今回は全域を回ることができ、ギョリュウの気品ある花姿、各種の麦やハーブ、大きなマリアアザミ、アーモンドの実、エニシダの仲間の花の香り、イナゴマメの豆など、あまり見ることがない植物の姿にたくさん触れることができました。
 
f:id:michinohata:20180502222916j:image
 草の種類が豊富

f:id:michinohata:20180502222913j:image
 キュウリグサ

f:id:michinohata:20180502222910j:image
 場所は福岡タワーへの道です

f:id:michinohata:20180502222908j:image
 マンテマの花

f:id:michinohata:20180502222904j:image
 いたるところに草の花(マツバウンラン)

f:id:michinohata:20180502222901j:image
 午前中から充実した散歩でした(コメツブツメクサ・ヒナギキョウ)

f:id:michinohata:20180502223026j:image
 午後は西南学院キャンパスを(ルピナス)

f:id:michinohata:20180502223023j:image
 ギョリュウの花姿

f:id:michinohata:20180502223017j:image
 大きな実(エトログ)

f:id:michinohata:20180502223014j:image
 麦いろいろ

f:id:michinohata:20180502223009j:image
 大きなマリアアザミ

f:id:michinohata:20180502223006j:image
 時間内に回りきれませんでした すみませんでした
 
今回ご一緒くださった皆様はどなたも植物に関心が高く、私も図鑑を引き引き勉強しながら充実した観察ができました。ありがとうございました。
 
次回の散歩(5月12日)はこの記事の下の記事でおしらせしています。

2018-04-28

次々回のゆるゆる散歩について(九州大学箱崎キャンパス)

ゆるゆる散歩、4月29日(日)の散歩の次は、5月12日(土)に九州大学の開学記念行事で九大箱崎キャンパスの総合研究博物館が一般公開されるのに合わせ、博物館展示の見学と兼ねて、その日の午後に箱崎キャンパスを歩いてキャンパス内の緑を見てみます。大学行事とは別の、自主的な散歩です。
 
大学構内を見学する関係上、今回は(前回に引き続きですが)、このブログで情報を知って参加したいと思われた方は事前に私までメールでお問い合わせください(hako_teru あっとまーくを入れて yahoo.co.jp)。集合場所などの子細はお問い合わせくださった方に直接お伝えします。こちらからハガキやメールで散歩のおしらせをお送りしている方は、ハガキやメールに書いてある要項のように行いますのでよろしくご承知ください。
 
その次の散歩は9月になる見込みです。8月下旬ごろをめどにおしらせを出します。

2018-04-12

次回ゆるゆる散歩のおしらせ2018年4月29日(日・祝)【追記あり】

遅くなりました。次のゆるゆる散歩のおしらせです。
 
2018年4月29日(日・祝)
百道浜と西南学院大学聖書植物園を歩く

 
午前の部
 午前10時30分 TNC放送会館パヴェリア西口(福岡市早良区百道浜 福岡タワー手前 ローソンの前付近)に集合
 サザエさん通り・百道浜を散歩 西南学院大学正門横で解散 所要1時間半
午後の部
 午後1時30分 集合(集合場所はご予約いただいた際にお伝えします)
 西南学院大学聖書植物園を見学 所要1時間半

午前は百道浜のサザエさん通りを中心に歩き、百道浜の街の緑を見てみます。
午後は、昨年秋の散歩で訪ねた西南学院大学の聖書植物園を季節を変えて再度訪ねてみます。前回工事中だった場所も現在は見学できるようになっています。
 
★午前の部は申込不要です。直接、集合場所においでください。午後の部は大学構内を見学させていただく関係上、予約制とします。午後の部に参加ご希望の方は4月25日(水)までに私までメールでまずお問い合わせをください(hako_teru あっとまーくの yahoo.co.jp ご予約時にお名前・連絡先等をうかがいます)。午前・午後どちらも私は集合時刻15分前に現地入りします。
★午前と午後と続けて参加される方はお昼をどこかでお召し上がりになられてください。
 
以下、いつものゆるゆる散歩留意事項と同じです:
★雨天中止です。現地で判断します。
★集合時刻に世話人が未到着の場合はすみませんが急な事情で中止になったとご理解ください。
★★事故やけがが起きないよう気を配りながら歩きますが、世話人の目が行き届かない可能性もあります。ご自身の体調と安全に十分気を付けてください。
 
はじめての方は、ゆるゆる散歩の趣旨や各回共通の留意事項などを「ウェブサイト 道の端から」ゆるゆる散歩の旧ページに載せていますのでごらんください:
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mitt/yuruyuru/index.html
ゆるゆる散歩の旧ページには、2016年上半期までの散歩報告も載せています。
2016年秋から現在までの散歩報告は当ブログに載せています。下のリンクに報告記事をまとめてあります(ブログ内検索結果。違う記事も少し混ざっています):
http://d.hatena.ne.jp/michinohata/searchdiary?of=0&word=%A5%EC%A5%DD%A1%BC%A5%C8
 
その次の散歩は5月に九州大学箱崎地区を考えています。今月中にはおしらせを載せます。
 
【追記】2018年4月24日
午後の部ですが、現在、参加のご意向をお二方から聞かせていただいていますがご予約確定ではない状況です。当日まで予定どおりに進めますが、当日までにどなたさまも参加取り消しとなった場合には、午後の部の散歩を中止して私も現地入りしない可能性があります。午後の部への飛び入りをお考えの方は、まだ不確定でかまいませんので事前にご一報ください。なお午前の部は予約不要です。
 

2018-04-07

次回ゆるゆる散歩のおしらせ(が少し遅れます)


次回のゆるゆる散歩は4月29日(日)の午前に百道浜、午後に西新(西南学院大学の植物園)を訪ねようと考えています。すみませんが子細を詰めるのにもう少しかかります(日程・場所が変わる可能性が若干あります)。これから1週間のうちに決めてあらためておしらせします。

2018-04-01

ゆるゆる散歩2018年4月1日六本松散歩のレポート


ゆるゆる散歩2018年4月1日(日)「六本松の春 〜 九大跡地の桜と春の草花を巡る」、私を含めて午前の部2名、午後の部11名で六本松の九州大学旧キャンパス地区を歩きました。

今回は新聞告知を出したこともあって、ゆるゆる散歩はじめての方が多くおいでくださいました。まずキャンパス跡地内の六本松公園へ歩きながら並木の根元にいるいろいろな草花を見ました。次いで公園に植えられている旧キャンパス中庭の桜2世とカンサイタンポポ、その近くの草花を見て、それからキャンパス跡地外周をぐるっとまわりながら、跡地に残っている桜の花を楽しみました。

旧キャンパス地区は新しい建物が建ち、工事も進められていますが、そのようななかでも草の種類がけっこう多く、ご紹介が矢継ぎ早になってしまいました。タネツケバナ・ノゲシ・オニタビラコ・トキワハゼ・オランダミミナグサ・ホトケノザ・カラスノエンドウ・スズメノエンドウ・スズメノカタビラ・コメツブツメクサ・キュウリグサ・オオキバナカタバミ・コハコベ・などなど、まちなかでもたくさんの種類の草花を見ることができる実例になったのではと思っています。

おいでくださった方々が、お庭の草のお話や、むかしの九大や六本松界隈のお話などを聞かせてくださり、楽しい散歩になりました。暑いなか、ご一緒くださった皆様に感謝申し上げます。お疲れが出ませんように願っております。

※ 写真は散歩の前後の時間に写したものも入っています

f:id:michinohata:20180403010459j:image
 公園の在来タンポポ

f:id:michinohata:20180403010454j:image
 旧キャンパス地区南側の大桜

f:id:michinohata:20180403010450j:image
 こういう所も草花の宝庫です

f:id:michinohata:20180403010447j:image
 植え込みそれぞれ草の種類が違いました

f:id:michinohata:20180403010444j:image
 トキワハゼ ふしぎな形の花

f:id:michinohata:20180403010441j:image
 西側の桜 地域の方々に親しまれています

f:id:michinohata:20180403010439j:image
 オランダミミナグサ

f:id:michinohata:20180403010433j:image
 桜と草花の共演
 
この次の散歩は、4月下旬(29日ごろ)に、西新から百道浜へ歩くコースを組みたいと考えています。今週のうちにこのブログでおしらせできればと思います。

2018-03-30

2018年4月1日(日)ゆるゆる散歩六本松は予定どおりです

 
2018年4月1日(日)のゆるゆる散歩「六本松の春 〜 九大跡地の桜と春の草花を巡る」、いまのところ予定どおり実施できる見込みです。
参加をご希望の方、関心をお持ちの方は次のリンク先の記事をごらんいただいた上で、事前にお問い合わせください。前日夜まではお問い合わせをお受けできます。
http://d.hatena.ne.jp/michinohata/20180228/1519813248
 
当日になってからのご連絡は電話でお願いいたします。電話番号はネットでは公表しておりませんので、前日までに私までメールでお問い合わせください。