Hatena::ブログ(Diary)

みちのく徒然草

2018-10-15

備忘録(2018.10.12〜10.15)

★10月12日(金)午後から、コープふくしま定例理事会。「生協コープふくしま」も来年3月20日まで。3月21日から福島県生協と共に、みやぎ生協に入る。ただ、法人名は「みやぎ生協」だが、福島での事業は、「コープふくしま」という名称を続けて使用する。全国の地域生協の中では、2番目に歴史の長い生協だが、ここで解散。統合した組織のなかで、福島を基盤に、さらに生協活動が発展することを期待している。

★10月13日(土)、女川出身の遠藤さんからの誘いで、会津若松へ。大学でお世話になった星野共二先生の所有する「可月亭庭園美術館」へ。そこでの<和の空間と文化(お香)>を楽しむ会。福島県歴史的建造物保全活用促進協議会と公益社団法人福島建築士会の主催。伝統ある庭と、初めてのお香の会。人生始めてだが、何か時の流れを一瞬止めるものか。星野さんのお宅は、歴史ある造り酒屋平成29年に国登録有形文化財になった「鍋三本店星野家住宅」。福大で利用できないかとの、有り難い話も有り、そのうちに学長に相談してみましょう。

 会津若松から急いで戻り、生活保護講演会を聞く。この分野の専門的弁護士の尾藤廣喜弁護士。話が具体的興味は尽きない。もう一度、勉強し直してみたいとも思う。

 夕方、サイクルエイドジャパンのツール・ド・猪苗代の120キロを走った次女が泊まりに帰って来た。翌日は、東京での研修会。飯坂温泉・鯖湖湯へ。

★10月14日(日)、朝一番の新幹線に、娘を送る。夕方、福島駅に迎えに行く。帰宅後、夕食前に、飯坂温泉に浸る。

★10月15日(月)、朝4時過ぎに暗い中、娘は勤務地へ。6時前に到着したとの電話。濃霧だというので、心配したが無事到着。

 コープふくしまの10月の朝礼。帰宅後、フォーラムの報告のお願いに行く。12月後半の分だが、快く引き受けてくれた。何とか年内は計画は完了。142回目になる。夕方、コープふくしまの常任役員会。

2018-10-11

備忘録(2018.10.8〜10.11)

★10月8日(月)体育の日(休日)。夕方のコープふくしま常任役員会へ。

★10月9日(火)特になし。

★10月10日(水)午前中に、二本松でのコープカレッジ。生産者に聴くということで、二本松農業生産者に、その課題と苦労を聴く。

 夕方、第137回ふくしま復興支援フォーラム。いわき及び富岡から、菅波さんと平山さんが来て、報告してくれた。「課題先進地における住民主体の取り組み」を共通テーマに、いわき市内での取り組みと、双葉郡内での取り組みを報告していただいた。そのバイタリティに驚く。フォーラム終了後、Mさんと夕食。福島に拠点を移して、頑張ってほしいとは思うが、それぞれ、問題もあるのだろう。

★10月11日(木)。月命日、震災から7年7か月が過ぎた。午後から、「全国教職員互助団体協議会 北海道・東北ブロック職員研修会」に頼まれて、講演。「働き方改革」がテーマだが、教員の働き方改革だと思い、準備したが、教職員互助団体職員の研修会だったので、少し合わなかったかなと反省している。各道県から3名ほど、全体で30名近く。

2018-10-08

備忘録(2018.10.4〜10.7)

★10月4日(木)、朝、仙台伊藤博義先生の娘さんから、昨夜、伊藤先生が亡くなったとの電話連絡があり。びっくりして、声が出ない。1年以上の闘病生活ではあるが、この前、訪ねたときには、随分、回復していたのでびっくりした。翌日、火葬とのことなので、そこには参ることを伝えた。山形や恩師との連絡、16日に見舞を約束していたか金沢のI先生に連絡。覚悟はしていたものの、現実となると、心が痛む。50年来、お世話になって来た先輩である。

 県立図書館で開催される、被災地図書館の役割のシンポジウムに参加を申し込んでいたので、明日のパネルディスカッションは無理だが、報告だけでもと思い、聴いた。女川の「つながる図書館」が気掛りなので。報告は、岩手県陸前高田大崎、古川、福島富岡の各図書館復興の様子である。復興に向かい、図書館には新しい役割が求められている。

 夜は、東北の生協によるコープ共済の活動の研修会の懇親会に出かける。

★10月5日(金)、朝8時半に出発して、仙台の伊藤先生の御自宅へ。出棺が10時半と聴いていたので、間に合った。博義先生の御兄弟、娘、孫など近親者が集まっていた。11時からの火葬には、多くの友人が来てくれた。12時前に失礼して福島へ。

 コープ共済の閉会式があり、閉会の言葉が私の役目と決められていた。

★10月6日(土)、10月11日に県教委関連団体から頼まれていた講演の準備。資料が膨大なので、どうするか、苦悶。

10月7日(日)、講演準備を継続。なかなか進まない。どうして、こうもギリギリなってからやるのだろう。なかなか治らない癖。基本的に勤勉でないということか。反省、反省。

2018-10-04

備忘録(2018.9.30〜10.3)

 ★9月30日(日)、松川資料のユネスコでの記憶遺産登録申請再チャレンジのための集会。開会の挨拶、Y先生の予定が、急遽体調不良で、やる事になった。不十分。

 ★10月1日(月)、4−5日に行われるコープ共済関係の研修会への参加について担当者からレクチャーを受ける。

 定例のコープ常任役員会。

 ★10月2日(火)、国際交流協会の集いの案内のための写真撮りに付き合う。いい写真がないかと聞かれたが、そういうこだわりがあるのなら、撮ってもらった方がいいということになり、写真の為だけに、来ていただいた。鮮明な写真だが、問題は被写体。どうも写真はいいが、被写体がどうにもしようがない。いつまでも自分の写真は嫌だな。惚れ惚れと自分の写真を見ている人が羨ましい。私は、みたら、ぱっと伏せる。論文は、写真がないからいいのだが、なかなか論文も書けない。

 ★10月3日(水)、10月末のW福祉会の職員研修会の講演を頼まれ、その打ち合わせ。50名ほどの研修会だが、憲法の話。90分の話。結構、準備をしないとダメだね。当面の学校の働き方改革の講演(10月11日)の後、準備をすることになる。不勉強だから、講演準備も難しい。

 夜、「ワーカーズ」の映画の試写会。支援する会の会長にされてしまったので、まずは、見ておかないと。労働者協同組合の映画。被災地復興に立ち上がる映画で、震災復興の映画としても、いい映画。

2018-09-29

備忘録(2018.9.25〜29)

 火曜日(25日)、午前中、コープの新しい取引先がご挨拶に見えられた。東北で仕事をするのは、初めてらしく、いろいろ懇談ができた。双方にとって、win-winの関係ができればいいと思う。その後、国際交流協会の幹部が打ち合わせに、30周年の行事に関わることだが、最近は、技能実習生に関係する在住県民が多くなってきている。外国人労働者の関連もあるが、新しい住民として、住みやすい県になってほしい。また、在住外国人は、福島のことを正確に母国に伝えていただけることに期待をもつ。今年の30周年も在住外国人の写真展など、その趣旨に沿っている。

 午後、コラッセでの福島大学主催の県内教育についてのシンポジウム復興に当たっては、教育が一番難しい。どう、知恵を出して、共同の歩みをつくれるか、それが課題。

 水曜日(26日)、午前、あづま運動公園で木球の集い。福島大の退職者の会の企画。退職者の会、総会と忘年会だけでは寂しいので、何か企画をという声もあり、木球の先生も役員なので、まずはやってみようということで、テストに5人で行ったが、今回は7人となった。結構、6000歩くらい歩いてるので、いい運動になっているのかも。

 夕方は、第136回のふくしま復興支援フォーラム。浪江から福島避難して農園を開いている石井絹江さんに話してもらった。新聞でかぼちゃまんじゅうをつくっている記事があり、頼んだ。浪江の復興に一生懸命だが、この福島市でも独自に農園を開き、事業を起こしている。紙芝居方式だが、大きな感銘を与えていた。

 木曜日(27日)午前、福島市内で第14期コープカレッジin福島第一日。エシカル消費問題について、組合員理事の説明、並びにワークショップで深めた。夕方、北福島医療センターに出かけ、地域医療支援病院運営委員会に参加。通常の運営の実態とともに、雑談で退院していく生活保護世帯の、水道止めの話、あるいは一人住まいの方々の医療などなど、他分野との協力体制の構築の問題も話し合った。

 金曜日(28日)、コープカレッジを初めて相馬市で。第15期だが、初めての企画。世界の食のことで、交流協会の幕田さんに話してもらった。コープカレッジも、福島市郡山市二本松市相馬市と4地区になった。カリキュラムを体系的にして、省力化しながらも、安定したカレッジにしていく必要があろう。相馬・松川浦で美味しい昼食。少し体重増えた。

 土曜日(29日)、コープマートあだたら店(二本松市)で、コープの平和報告会。8月6日を中心に広島で開かれたコープのピースナウの報告。親子連れ2組で、6人が参加。小学5年・6年の感想文も立派。浪江の紙芝居、広島お好み焼き。楽しく、ワイワイと平和を語った。夜、テレビで「八つ墓村」の映画。来週から渥美清の「男はつらいよ」シーリーズの前哨戦プロ野球東北楽天は、前日の9回裏に逆転されて不機嫌だったが、今日は、日本ハムに対して、延長の末、10回裏、田中のヒットで2対1のが逆転勝利消化試合かもしれないが、どんどんルーキーが出てくる。何とか、頑張って、来期は一軍での定位置を掴んで欲しい。