Hatena::ブログ(Diary)

Going Zero このページをアンテナに追加 RSSフィード

1000 | 01 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

04/04/30 『リトル・ダンサー』

[]リトル・ダンサー』スティーヴン・タルドリー監督ジェイミ−・ベル主演 『リトル・ダンサー』スティーヴン・タルドリー監督ジェイミ−・ベル主演を含むブックマーク

バレエ、ダンスの映画というのは分かっていたのですが、OPで「これは面白い映画だ!」と予感。

バレエも『昴』からの私なんですが、1984年設定のこの映画は主人公11歳の生活環境、おばあちゃんの恍惚ぶり、炭坑のスト、母の不在、女のコのことオトコノコのこと、面食らいながら、逃げながら、泣きながら、足を前に出すのがちゃんと描かれている。ちゃんと盛り上げるとこがあります。

そして悲壮ではないのです。(いや、私から観ると)

音楽も良い!(塚本監督もいっているが「画面は荒くても観客は許せるが、音が汚いのは許してくれない」。その通り)

彼が躍るのを観ると「君はエトワールだよ!」と画面に向かってついつい言っている自分。主人公の表現力は素晴しい!

また、ダンス教室の先生とのプリティータフなやり取りにわたしゃ、ノックダウンです。

ラスト、お父さんとお兄さんの盛装が、本当に嬉しい。


◆◇ ◆◇ ◆◇


CASSHERN』観る気全然なかったのに、映像観たら観たくなってきました。でも唐沢みると笑いが込み上げてくるのは何故。

ヌーベルバーグというと、人間の本質を新たな断面から表現するという印象を受けるのに、ニューウェーブというと、キッチュでポップな一時的なムーブメントという印象しか受けないのは何故だろう。言葉に失礼ではないか?

GBA(ゲームボーイアドバンス)SPをリュ−クが強請(ねだ)る前から持っているが、リュ−クなら何をやるんだろう。リュークには吝嗇なライトはソフトも買ってあげないんだろうな。自分にはポテトチップスの袋に入る液晶TVも投資するのに。

うーん私がクリアした

[]『マジカルバケーション』『逆転裁判1』 『マジカルバケーション』『逆転裁判1』を含むブックマーク

ならリュ−クにあげるのだけれど。

04/04/29 『黄金蝶ひとり』

[] 『黄金蝶ひとり』太田忠司2004/01講談社  『黄金蝶ひとり』太田忠司2004/01講談社を含むブックマーク



「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」第3回配本です。栄えある第1回配本の島田作品『透明人間の納屋』では少年少女に完膚なき絶望をたたきこんだに違いないこのシリーズ、やっと光明が見えました。


網中いづるさんの装画、挿絵の馥郁とした美しさがこの作品を更に引き立たせているし、子供が手を切らないように、頁の角が丸く裁断されているのも、祖父江さんと阿部聡さんの細かい心遣いだ(『くらのかみ』も読んだけど、同じ様だったか失念)。

実は太田忠司の作品も初めて。でも1959年生まれで自分よりも年上の作家なので気負わず読める。


のっけから「はじめにーーキミに挑戦」だし、ラストは驚かせてくれるし、まさか(ネタバレ)ラブストーリーでもあったなんて、ますますホノボノしてしまいましたよ。

ネタの一つはUFOだなんて、これまたタンポポのほほえみ満開なネタだし。いや、この作品に関してはOKでしょう!

また、後半の橙色の頁の在り方が非常に秀逸。こういう謎を遺していくのが大人の役割。無責任とは似ているけど、違う。

私は早速この作品によく似たポオの題名の作品を読む心算です。だって謎が解けないから。


「そして、わたしがキミに本当に伝えたいと思っていることもね。」


後付け隣りの作家紹介で親切にも好きな作家や「『美奈の殺人』『昨日の殺人』の新本格・青春三部作は著者の全身全霊をうちこんだ名作」とある。誰だ、これ書いたの。…これら読んだら他の読まなくて良いってことじゃないですか。

念の為、勿論、島田先生は嫌いじゃありませんが、あの作品にこのシリーズはないのでは?学ぶのに早過ぎる事はないかもしれませんし、子供扱いするのが却って失礼という論理はあるでしょうが。

[] ミステリーランド第4回配本!  ミステリーランド第4回配本!を含むブックマーク

私の好きな二作家で嬉しい。高田崇史さんのもこれからきっと好きになるとおもうのですが、まずは!

『いつか。ふたりは二匹』&『探偵伯爵と僕』発売だ〜!!(でも後者の平積みの厚さに比べられてちょっと哀しい)

『活字倶楽部』立ち読むと、なんと、吉敷シリーズが鉄人、鹿賀でドラマ化とか。5月に収録とは…。そして、ミステリーランド仕掛人インタビューもあり、その人が面白くてこの上ない作者紹介を書いていることを知る。あっさり解ける疑問だったようだな。なんでも上記の後者は毀誉褒貶定まらず問題作らしいので『四季』以降の底力を見せて欲しいものです。

矢吹駆って誰?

『バイバイ、エンジェル』を読もう。森先生も大好きな1冊だ。私は『哲学者の密室』以外は読んだ。

忙しい時につまらない本を読むと悲しいですよね。そういう時こそ面白い本を読みたいものですよね。『ヘビイチゴ サナトリウム』笠井氏の解説だけど、今更の『0UT』と『リトルベアーの冒険2』に押しやられてます。

今日の電車の隣人は『東京アンダーグラウンド』と『飛ぶ男』。

レストランでは『ふたり』『中世の星の下で』。

図書館待ち:私もアンケート参加した『1億人のためのミステリー!』4人、『ウケる技術』22人、『幽霊人命救助隊』65人『罪人(とがびと)の愛』12人、『「異邦」の扉に還る時』と『イニシエーション・ラブ ミステリー・リーグ』が共に10人。『姫百合たちの放課後』が3人…誰だろう?モリナツを語りあえる人がほしい。別に人工知能でもいい。

2作目までしか知らなかったエマノン・シリーズは始めから通読し、この葉桜の季節に梶尾叙情にひたる予定です。 

『いつか。ふたりは二匹』&『探偵伯爵と僕』は私が3人目。

04/04/28 『CUBE2』

[]『CUBE2』アンドレイ・セクラ監督 2003/12 『CUBE2』アンドレイ・セクラ監督 2003/12を含むブックマーク

三次元(キューブ)から四次元(テセラクト)に謎が進化した時点で、私はうわーファナティックキューブ!と一人でぐししとTVに向かいほくそ笑んでましたが、監督が1の監督と違うと聞き、通りで個室での不安を煽る執拗な描写が少なくなった訳だと納得。

明かされないと思っていた謎が解明され、その路線でいくならば第三弾があるのが必至なので(だよな!?)、また第三弾も部屋で見るのを楽しみにしている。


◆◇ ◆◇  ◆◇

新装版が出てますね、

[] 中井英夫『虚無への供物』 中井英夫『虚無への供物』。を含むブックマーク

また帯が京極と綾辻なんて!イカス。

中井英夫の『虚無への供物』は戦後4大ミステリに分類されているので読んでみたのですが、推理か探偵か…分からないですね。さすがアンチ・ミステリ。

文体の雰囲気が好きなんです。(耽美でも野ばら氏の文体は読みたくないのですが)

江戸川乱歩が好きな方には良いかも。

乱歩といい、谷崎潤一郎といい、日本はほんと色気のある文章が充実していましたね。陰翳絶讃派。

中井英夫は正しい(?)耽美です。粘着性のある耽美ではなく、また三島のように豪華絢爛な薔薇刑の肉体派でもないので…。江戸川乱歩や大正時代の文体が好きな人なら問題ないかとおもいます。

三大奇書:日本の本格探偵小説史上、結果としてターニングポイントとなった

夢野久作ドグラマグラ

小栗虫太郎「黒死館殺人事件」

中井英夫「虚無への供物」     

埴谷雄高氏らはこれに、久生十蘭などの異色作家を含めて、「黒い水脈」とも読んだ。また、竹本建治「匣の中の失楽」を含めて「四大奇書」と呼ぶ人もいる。

註 奇書の奇は、奇妙だとか、怖いとか、珍しい、という意味に近い。

  「新本陣殺人事件」のような駄書とは一切関係ない。

アンチミステリ:中井英夫に帰される用語。

主題と形式双方に関してミステリの意味を否定しようとするミステリ。

自然メタミステリーと類似した構造を有するが、

先鋭的かつ自滅的な否定的意志に貫かれていることが素晴らしい。

上記の「三大奇書」はその典型。

04/04/27 『第三の時効』

[] 『第三の時効』 横山秀夫 2003/02 文藝春秋  『第三の時効』 横山秀夫 2003/02 文藝春秋を含むブックマーク


これはスゴイよ?

F県警捜査一課には三つの班があり、個性も操作方法も各々違う。

朽木・楠見・村瀬の三班長が鎬を削る短編集。そしてそれをまとめなきゃいけない立場の苦労も…。

私にとっては、横山秀夫の初作品!

記者だったからか、文章力は問題なし、読みやすく、理解しやすい。

そして何より面白い。これは。

登場人物では、楠見の物語を読みたいので続編希望ー!

しみったれた所なんて全くなく、短編だからか緊張感が持続する。

ミステリ好きなら知っているという海外渡航による時効停止を私は知りませんでしたが(火サスとか観ないから:釈明)勿論説明がありますし、この刑事達は各々物語を背負っているので、それもまた素晴らしい。

これなら映画の『半落ち』も面白いかも…。


◆◇ ◆◇ ◆◇


今朝の通勤電車では『俺、南進して』のカヴァを剥ぎ取って読んでるパンク兄ちゃん(でもきっと年下)と、とっちゃんボーヤっぽく西海岸テイストのリーマンが「運の良い人の〜習慣」みたいな本を読んでる二人に挟まれました。

絶対話す事ないけど『俺、南進して』の人をイザというときは選びます。

混んでて自分のハードカヴァは広げられず。

昼から『黄金蝶ひとり』。装丁もいい〜(喜)。

『イブニング』の細野不二彦『ヤミの乱破』、面白くて、また展開もありそうで楽しみ。

最近は『ギャラリー・フェイク』がちょっと寂しい気がするので。

葛飾区に「ドラゴンマンション」があるんですよ、と聞いて「え?」とか「そうなの〜?」とか可愛い微笑ではなく、爆笑してしまった。

「アッハッハッ…って、そんなに笑わなくても」と隣の女性に注意されるまで、そんな風に笑っていた事に気付かなかった程。RPGや『ドラゴンヘッド』好きだからではなく、笑えるのは私だけなんだろーか。

いいじゃないですか、身分確認なんかで建物名訊かれて「ドラゴンマンション」って。絶対普通の人じゃないもん。

04/04/26 『亡国のイージス』

[] 亡国のイージス福井晴敏1999/08(2002/07)講談社  『亡国のイージス』福井晴敏1999/08(2002/07)講談社を含むブックマーク

第2回大藪春彦賞、第18回日本冒険小説協会大賞、第53回日本推理作家協会賞長篇、受賞。第122回直木賞、最終候補。

ここまで、ずらずらと賞が並ぶのは珍しい。でも私にはあまり価値がない「賞」。

冒険小説といえば『虎口からの脱出』『カディスの赤い星』位しか思い浮かばない私ですが、通勤電車で綺麗な女性が下巻を読んでいるのを見て重い腰をあげることに。

どうしても『沈黙の艦隊』を想起してしまうのは仕方ないとして、登場人物の背負う物語の重さ、プライド、戦争を目の前にして回避、弁明しようとする様々な日本人の国家観が提示される。そして家族観も。

それらが物語を推進するのは良いのだが、文章が非常に読みづらい。テンポが遮断される。主語と動詞の距離が長いからか?

骨子はいいのに、描写がシンプルでないので「付き合う(読む)の面倒くさ…」となってしまうのだ。

まあ下巻の半分までいくと、あっという間でしたが。慣れ?

ラストも、もうちょっとハッピイを仄めかすくらいに押さえてもいいんじゃないかなーとはおもったけど、まあガンダム作品書いてる位だから分かり易く書く方針なんでしょう。しかし、こんなにはっぴいえんどでいいんですか?

別に不幸せになってほしい訳でもありませんが。読後感が良い方がいいし。

でも、文章は書いていれば上手くなるので、面白いスト−リイが書けてるからこれからも楽しみってことです!おおお偉そうだな。



_____________________________________________________________



GWですなあ!

何するんですか?DVDやゲームや漫画や本はキープ出来てますか?

休日出勤を愛している私ですが、させてもらえないので、人並みに休むことに。そして図書館でばりばり本を予約する事に。目黒と渋谷と世田谷の3つでは渋谷以外はGWも開けていてくれるのです。そうそう、区民税はその為に払っているのだからね。渋谷はやる気がないな!

最近はゼラチンを使ってやわらかめゼリーばかり作る。熱い湯でゼラチン溶かしてジュースに混ぜて冷蔵30分。コラ−ゲンも採れるしお腹も満足する。寒天より楽だし。今は「豆乳ココア」「つぶつぶグレープフルーツ」が待機中。 

今日の昼から読んでる『第三の時効』面白すぎ!!!!!

短編でこんな面白いネタを…贅沢すぎます!『亡国のイージス』読んだ後だと、特に。家に帰っても『エロチカ』も『ヘビイチゴ・サナトリウム』もそっちのけです!

【週間漫画話】

デスノート』は『テニスの王子様』が二本立てになって、休載になったのかと思った程よ!L…。貴方そんなに動けるのに常に猫背なのは…そういう護身法でもあるのかしら?勇次郎に聞かないと。小畑氏の絵で、子供の足でなく男性の脚を見るのは初めてなのか、ドキドキしてしまいましたよ。

HUNTER×HUNTER』は一体、今回誰が描いたのか、思わず扉の作者名を確認しました。アシの名前がでかく載ってるかなと。月刊だったら、このレベルの絵が見られるのか…「血沸く♪」。でも毎週読む方に軍配をあげます。(『FSS』は、月刊でもあの頁でいいから、キープしていただきたい!愛謝の垂れ目の角度が激しくなっているのは老化を描く画力ですよね?絵が変になってるんじゃないよね!!)

シガテラ』は死んでなくて良かった。『稲中』読んでないけど、遠くまで来たよね。『グリーンヒル』が大好きです。

04/04/25 『英雄〜HERO〜』

[]『英雄〜HERO〜』2004/01チャン・イーモウ監督ジェット・リーマギー・チャン、トニ−・レオン出演 『英雄〜HERO〜』2004/01チャン・イーモウ監督ジェット・リー、マギー・チャン、トニ−・レオン出演を含むブックマーク




『マトリックス・リローデット』を観た時、予告編で観て、見逃のがしてた作品。

しかし、マトリックスよりスト−リーや美術等、色々な点で遥かに好きかもしれない。

でもGEOで分類が「カンフー」に。だったらマトリックスの方が比べようにならない軽そうな組み手なのでハリウッドだからって贔屓せずにマトリックスも近未来カンフーの類にしてもらわないと…。せめて、「ちゃんばら」か「歴史」にしてくれ。

血が流れる表現が最小限しかない(映像で)。これって、意外とよいものです。

より、「伝説」に近い描写にしたのかもしれないけど。

キルビル』みたいなのも嫌いじゃないけど、アジアの表現だなあ、これ!。

闘いの風に舞う銀杏の葉、たなびく布、女性の化粧、それらの色彩が必要なシーンで変わる。水滴位しか表現がなかったある作品とはここも違う。

音楽を奏でている時は実際に剣をとるのではなく「心で闘う」。

剣と書の根源が同じとし、書でも剣術を磨く。

武道の根底にはあるのでしょうが、なかなか映画でそれを描いてくれるのにあたらなかったのです。

シンプルな内容なのに、二転三転してくれる。そしてそれを見抜く始皇帝と彼の往生際の良さ…さすが全土を統べる男の器は違う…。そしてやはり名高いチャン・イーモウだなと(余り観てませんが)。

矢。矢の比類なき描写。ここまで「矢」が語る映画は初めて観ました。

04/04/24 『しずるさんと偏屈な死者たち The eccentric dea

[] 『しずるさんと偏屈な死者たち The eccentric dead in white sickroom』上遠野浩平2003/06富士見ミステリー文庫  『しずるさんと偏屈な死者たち The eccentric dead in white sickroom』上遠野浩平2003/06富士見ミステリー文庫 を含むブックマーク

ライトノベルってオトナが読むのは恥ずかしい…となんとなく思っていた。

そもそもライトノベルコバルト文庫の氷川冴子って位しか浮かばない。

最近は森奈津子のお嬢様本読んでますけど、日記には余り書いてないのも恥ずかしい(エロ話はいいのか?)からだ。

ライトノベルの定義って?

*内容がライト

*ページがライト

*本が光る

デスノートを持っている東大生の小説…etc.

ともあれ、メールでお勧めして頂いたのとミスコンの【MYSCON5 お薦めライトノベル・ミステリ10作品】にあったので読む!

図書館で借りると椋本夏夜の足出しイラストが可愛いけど恥ずかしい。

読む…。

……これライトノベルだなんて勿体ない!

普通のノベルズでなら、四冊に渡ってうすーく、萌え要素満載で繰り広げられる内容なのに、しずるさん(『ななつのこ』の設定に似てはいるものの性格が…イイ)は惜し気もなくバッサリとサラリと解を導いてくる。「…つまり殺人というのは、基本的には失敗の埋め合わせであり、自分の怠惰をごまかそうっていう姑息な手段なものなのよ」

こんな凝縮されているミステリがあるなんて、勿体ない!

ブギーポップはよく知らないのですが方向性は違いそうだ…。

でもライトミステリへの偏見はなくなりました。うわーこれ、もっと売るべきですよ!

◆◇ ◆◇  ◆◇

毎日DVDかビデオを観ていたので『亡国のイージス』まだ読んでます。図書館から次の人がまってるのよ〜葉書が毎日届くので早く読まなくては…。決して面白くなくはないです。でも頭の中に常に『沈黙の艦隊』が浮かんできてしまうんですよね。それで苦労してます。

明日も出社なり。『キルビル2』早く観たい!でも足を伸ばさないと観られない〜。あのカンフー特訓、爆笑できそうよ!

04/04/23 『金魚屋古書店出納帳 1 』

[]『金魚屋古書店出納帳 1 』芳崎 せいむ2003/04少年画報社 『金魚屋古書店出納帳 1 』芳崎 せいむ2003/04少年画報社を含むブックマーク

現在は『金魚屋古書店』として「IKKI」連載。作中に古い名作が頻出しますが、それだけではありません。

自分の小学校の頃、ジャンプやマガジンは学校には持っていけなかったけど(通学路に書店がなかった)単行本はもう、持ち込み三昧でした。放課後こっそり残って会議室の隣で皆でまわし読みした。

『ときめきトウナイト』『キャプテン翼』『シティーハンター』『うる星やつら』『エイリアン通り』『パタリロ!』『日出処の天子』『ポーの一族』『ゴージャス・アイリーン』『さすがの猿飛』『アリオン』『マリオネット』『ナウシカ』『童夢』『チョコレート・パニック』『AKIRA』…教室に漫画を隠していない日なんてありませんでした。

この『金魚屋古書店出納帳 』は2巻まで出てますが、読んで、あの頃、批判なんて一切せずに、ただただ、面白くて、読みたくて、誰のでも関係なくて、純粋に物語を待っていた頃を一気に思い出して、なんて自分は幸せだったんだろうと読みながらうるっと。(泣き虫っていうんですか)

そして、今でも漫画が好きな事にも。

小説の『死の蔵書』とはちょっと違うんです。

集めるよりも、読みたくて、購入するってことなので。

この漫画読むと、バンバン知合いの子供でも漫画を読ませたくなりますが、FSSとキスケさんとデスノート位しか最近買ってないので、目黒図書館でも行っておいで〜で終わるかも…。

そして、もっともっとぶっ飛んだ漫画が出てきて欲しい。大繊暮人も対談で話してましたが新人な程小さくまとまると。好きなもの描けないからかなー。

ジャンル一つとっても、格闘なら『空手バカ一代』〜『バキ』。バレエなら『昴』位ぶっ飛んでくれないと!現実にのローザンヌには「重力の魔女」はいませんでしたが、現実と比べずにやってほしいのです。史実漫画が読みたいのではない。荒唐無稽上等!

横山先生の『三国志』がなければ、ゲームの三国志もなかったかもしれません。

その位、横山先生の漫画は凄くて各家庭にあった気がする。今もあるのでしょうか。

『バビル2世』といい、このジャンル問わず描く力を継いでいってほしいです。

04/04/22 『かっこ悪くていいじゃない』

[]『かっこ悪くていいじゃない』森 奈津子2001/11祥伝社 『かっこ悪くていいじゃない』森 奈津子2001/11祥伝社を含むブックマーク



まるでananにでも出てきそうなお洒落な装丁でモリナツ本とは思えない。

中編小説なので(『生存者、一名』『なつこ、孤島にとらわれ』と同じ長さ)読み易い。

世の中にモリナツファンが増殖してくれる事を祈る私(せめて西澤保彦の作品位には!!)。

もう、これは泣けてしまう本ですよ。

誰も読まないでしょうが、ネタバレなので反転。

バイセクシャルの人はヘテロセクシャルやゲイのように相手が決まってないということで、よく仲間外れにされるそうですが、その立場を利用せんと企みが…。

そして利用されるヒロインと笑い飛ばしながらも慰めるゲイが、も〜〜!!最高ですよ!!

「愛されるより愛した方が勝ち」というスタンスに泣きながらも立つモリナツだからこそ、気高くエロティックで、相手を尊重する人間関係の物語になるんです。

そのスタンスがあるから、モリナツの作品はいつも品を失わないのです。

勿論、とんでもないことはしてますけど。

04/04/21 『短歌はプロに訊け!』

短歌の本を読む。

自作してみる。

余りにも暗い歌が出来て自分でビビる。

影三つ 絶望の傘さしながら絶えまなく降る平和ゆく

運命の三女神を歌ったのですが、どーしてこんな暗い歌に…。もう作るの嫌です(笑)。でも考えを纏める時や怒る時もついつい五七五で考えてる自分。

[]『短歌はプロに訊け!』穂村弘東直子、沢田康彦 2000/04 本の雑誌社 『短歌はプロに訊け!』穂村弘、東直子、沢田康彦 2000/04 本の雑誌社を含むブックマーク

前半、的確な評は下すも、あまりにも取りつく島がなく、この上ない冷淡で嫌味な穂村センセの口調に「私の知ってる穂村さんじゃない」と愕然としつつ(上智出身の男性にはこーゆータイプ多いかも)読んでいく。

後半のターザン山本氏の短歌登場から、プロレスの話も始まり穂村せんせいの面白いとこも、時間をかけてほわほわ出てくる。でも『世界音痴』の爆発する僕のラヴリーぶりには程遠い。せんせー爆発して!でも先生の批評はちょっと素敵(…ポッ)

千葉すずや吉野朔美らもこの「猫又」サークルには参加。

やはり短歌はその人なのだ…。マスノ短歌よりは年齢層が厚く(9〜82歳)、形容詞やオトナの表現が多い。

穂村先生、名歌も多く紹介してくださっているのですが、名歌を口ずさんだり想像すると、道徳の時間を半分にして「短歌」の基礎をもっと教えてほしかった思えてくる。「幻視の女王」葛原妙子の歌で

一点に凝らむと据えしわが眸(まみ)に緑氾濫(りょくはんらん)のすでに濃き野よ

コデマリ、山吹、鷺草、花水木、つつじ、八重桜、藤とめくるめく今の季節にぴったりですね。そして問題のターザン氏のも。

ビール狂体に悪いと改心しワインに変えるもアンドレは死す

04/04/20 『鏡の中は日曜日』

[] 『鏡の中は日曜日』殊能将之2001/12講談社  『鏡の中は日曜日』殊能将之2001/12講談社を含むブックマーク

ミスコンのいけにえ…いや読書本+『ハサミ男』が良かった=期待大!

期待して読みました!

騙されました!(嬉)

悲愴感あるシチュエーションなのに、読後感が良い。

嫌いじゃないんですね、きっと作者の世界が。ヒロインが良いのでしょうか…。

有名なSFファンでもあるらしく、これも上記のミスコンで確認可能です。SF好きなミステリ作家っていいです〜。

読後感が爽やかな感じが多いようにおもいます。

ネタバレな「感想」

途中で死ぬ予定の名前が出てくると

「アンタ死ぬんだからそんな動くのやめなさいって!」と言いたくなる。

でもってラストは…ラストは!

ハサミ男で気をつけていたのに〜やられた〜。

でもなんか嬉しいすかされっぷり。今のうちに殊能将之作品全部読むかなー。

04/04/19 『幻夜』

[]『幻夜』 東野圭吾 2004/01集英社 『幻夜』 東野圭吾 2004/01集英社を含むブックマーク

東野作品の初読が2001年に読んだ『白夜行』でした。

アイドル映画だと思っていた『秘密』読んでまた、東野作品に惚れなおしましたが、どーも長編でないと好みに合致しないのかもしれないとも思い始めた3年目!

『幻夜』です!あの『白夜行』の続編。

2日で読みましたが、前作『白夜行』とかなり違うんですよね。

白夜行』の描写方法と視点の方が好きなのと『白夜行』の何が良かったって切なさだった私には、ボール続きで一塁に飛ばされ、勝負をして貰えなかったバッターな気分です。

ヒロイン美冬、酷すぎる。悪女だけど、悪女なら感情移入出来る部分がないと面白くない。(次回作で一気に同情をひくエピソードが展開されるのか?)そしてストーリー説明し過ぎ。冗長。

最後に『白夜行』との関連が明確になるけど、水原への憐憫の情が尽きない、何とも嫌な読後感。

(あとクロロホルムはすぐには効かないという説があったような。「嗅いだ瞬間ってより意識薄らぐ感じ」らしくある程度、記憶は残るかと…、香だけじゃなくてもう少し意識が残りそうなんですが…)

ネタバレ感想にはならないでしょうが…前作のヒロインがあるベクトルで成長と整形を遂げて『火車』したのは分かるのですが、あの男はどこへいったんだろう?それが次回作かな。


◆◇ ◆◇ ◆◇

  

仕事中に凡ミス多発なので『亡国のイージス』を休んでこれから睡眠をとる予定。本当にイージス面白くなるのか不安な序章…。と思いつつも昼休み、ジャンプ買った後に、読んでいたら、面白くなりそう。

いっやー、JUMP IN JUMP凄かったですね…。

そして今週の月はもー、どうなってしまうのか…。発狂しないで貰いたいものです。林檎だけで盗聴器まで探してくれるリュ−クをもっと労れよ!ライトよ。そしてLが可愛く見えてきて、私も京子並みにやばいってことが判明。

04/04/18 『マトリックス・レボリューション』『S.W.A.T.』『バトルロワイヤル

モデムの調子がおかしくネットにつながらないのと、GEOにてビデオ&DVDオール80円(金土日の三日)ということで、休日出勤のくせに、何故か10本借りてくる始末。

いいかげん、エルガイムやガンダムの抜けた知識を補填しようかと思うも、(ひとえにFSSの理解の為ってーのが、馬鹿だよねえ)一気に同じ10本以上借りて観れなかったり寝不足で出社できなくなるのが恐いので止めておく…。情けない。ハイ。

金曜は『マトリックス・レボリューション』『S.W.A.T.』。

土曜日は『バトルロワイヤル2』。

[]『マトリックスレボリューションズ『マトリックスレボリューションズ』を含むブックマーク

私はキアヌ・リ−ブスの主演の映画を余り観てない(か記憶にない)のですが、このシリーズのラヴシーンって、いっつもいっつもママ・トリニティに抱き締められているよーに見えるの…。昆虫っぽいつーか…。モ−フィアスが一番男前に見えるように作られているのは仕方ないんですよね。

観て、ああ、そうですか。って感じのラスト。ぬぬぬ。

以前観た『アヴァロン』、今も時々「あの感覚を味わいたいなー」なんて思い出すので、きっと名作だったんだろう。設定のへぼさがないのが良かったのか、全部説明しないのがいいのか…。自分でも解明できません。女主人公ってだけじゃないとおもいたい(笑)。アヴァロンの音楽かなあ。

[]『S.W.A.T.』 『S.W.A.T.』を含むブックマーク

予告の「俺を逃がしたら1億$!」ってのが忘れられずに観た。80円だし。上記の作品より期待薄だった分、楽しめた。犯罪者はこうでないとね!チームを組み立てるところから始まるのも嬉しい。映画では音楽ってやっぱ大切。マトリックスよりはノレた音楽。

[]『バトルロワイヤル2』 『バトルロワイヤル2』を含むブックマーク

早送りしっぱなし。

私の中でテロリストっていったら矢吹駆を超える位の奴じゃないと駄目なんですよねー。藤原竜也を一生懸命、カケルに合わせようとしたけど、全然意味なく、無駄でした。(当り前だ)前作の方が、まだ迫力もあったし。

大人に宣戦布告ってさあ…もっと攻撃を仕掛ける方かとおもってたよ。『太陽を盗んだ男』位はやってほしかったさ。ちっ。

04/04/17  マジで「やられた!」と思ったミステリ29冊 このエントリーを含むブックマーク

メールでよく「おすすめミステリありますか?」

と聞かれます。

実は、日記の題材からも分かるようにそんなにミステリ読んでないのです。

極めようとしてもついつい他のジャンルにも手が伸びてしまって。

つまらんミステリより漫画の清水玲子の『秘密』読んだ方がいいし。

自分が読んだ中でお勧めがない時は『なまもの!』サイトで探して頂くか

良識派は眉を顰める2chの<マジで「やられた!」と思ったミステリ>から

お勧めすることが多いです。下記の29件はそこで教えてもらいました。

01.『十角館の殺人』 _______綾辻行人

02.『星降り山荘の殺人』_____倉知淳

03.『しあわせの書』 _______泡坂妻夫

04.『占星術殺人事件』_______島田荘司

05.『斜め屋敷の犯罪』_______島田荘司

06.『ハサミ男』_____________殊能将之

07.『鏡の中は日曜日』_______殊能将之

08.『消失!』_______________中西智明

09.『殺戮にいたる病』 _____我孫子武丸

10.『仮面山荘殺人事件』 ___東野圭吾

11.『悪意』_________________東野圭吾

12.『ある閉ざされた雪の山荘で』東野圭吾

13.『呪縛の家』_____________高木彬光

14.『ABC殺人事件』_______アガサ・クリスティ

15.『ゼロ時間へ』___________アガサ・クリスティ

16.『終わりなき夜に生まれつく』アガサ・クリスティ

17.『エンド・ハウスの怪事件』アガサ・クリスティ

18.『鏡は横にひび割れて』___アガサ・クリスティ  

19.『歯と爪』_______________ビル・S・バリンジャー

20.『死の接吻』_____________アイラ・レヴィン

21.『ナイン・テイラーズ』___ドロシー・L・セイヤーズ

22.『黄色い部屋の謎』_______ガストン・ルルー

23.『ホッグ連続殺人』_______ウィリアム・L・デアンドリア

24.『推定無罪』_____________スコット・トゥロー

25.『鋼鉄都市』_____________アイザック・アシモフ

26.『殺意』_________________フランシス・アイルズ

27.『氷の闇を越えて』_______スティーブハミルトン

28.『これよりさき怪物領域』_マーガレット・ミラー

29.『恐怖の誕生パーティー』_ウィリアム・カッツ

上記29件の内、10件(01.04.05.06.07.08.09.14.15.22)

しか読んでない私はミステリ初心者です。

これからよろしくお願いしま−す。

04/04/16 『こんなオトコの子の落とし方、アナタ知らなかったでしょ』

[] 『こんなオトコの子の落とし方、アナタ知らなかったでしょ』高山 真2003/06飛鳥新社  『こんなオトコの子の落とし方、アナタ知らなかったでしょ』高山 真2003/06飛鳥新社を含むブックマーク



女性による男性攻略法かと思った。

中身は男性ゲイ編集者による女性のため(?)の「人生&笑い」エッセイ。『新宿二丁目のほがらかな人々』の方が3人で話しているので読み易い…いやそんなんじゃなくって!!

今回は日記をお読みいただいている男性に注意を促したくキーを打っております!

前提として「ノンケ」(異性愛者)ですか?

「上手い下手で言ったら、そりゃあアタシ上手いわよ。っていうかアンタ、セックスのときに気持ち良すぎて泣いちゃったりしたことあんの?ないでしょ」

「泣く?ある訳ない」って思ったら…ヤバいです。

個人的には「えっ、ないの?」ですが、まーそりゃ、泣いたことないなら仕方ないか…。ってそれだけ?そうそれだけ。

「『ダイヤルMを廻せ!』なんて認めた覚えはないけどね」の方法で泣かされてみるのもいいんじゃないかしら。だって人生一回しかないし。ショックは若いうちに受けた方がまだ良いでしょ?

他はまっとうなことなんです。


●単純なものにハマる人ってほぼ100パー(断定!)で狭量なんだもの。「優しい人でいたい」なんて言ってるその口で「このよさがわからないなんて信じられな−い」ってアキレる”矛盾”に気がつかないのはこのタイプよ。


●(一番私の瞳孔がひらいたモー娘。のコンサート体験談)まず、客席にはなぜかカブトムシのニオイが満ちています。多分その原因は、客の8割を占めるように見えてしまう程に濃いものを発する30代オタク(っていうか年齢不詳)。もう彼らの傍若無人ぶりはアタシの筆力ではちょっと表現しきれないわね。周りの人に腕がバンバンぶつかるのも構わずに、脂で固まった髪をも振り乱して『ラブマシーン』を舞台のメンバーと全く同じに躍る様子の凄まじさといったら!

メンバーが話し出したとたん、口々に「××〜!×××なめさせろお〜」とか「○○〜!パンツ売ってくれ〜!」と大絶叫……「アイドルは、性的弱者の欲望の受け皿」って頭ではわかってる(後略)

04/04/15 『東亰異聞』

[]『東亰異聞』小野 不由美 1994/04(1999/04)新潮社 『東亰異聞』小野 不由美 1994/04(1999/04)新潮社を含むブックマーク

実は、初回は読めませんでした。

人形と黒衣の歌舞伎調のやりとりが苦痛でした。

しかし、その他の作家の江戸ものはもっとダメで、何のイマジネーションも湧かないものが多かったので、反省し『屍鬼』後に読んでみると今度はあっさりと読めました。

読んでいくと、人物像が「小野調」になっているので安心する。

健気なんですね。

そして、人形までが健気でもある。

また、犯人が判って終わりではなく更なる仕掛けが明かされる。

是非エンディングの人物も加えて、続編がみたいものです。

帝都物語』ファンには堪りません!

かーとおー(笑)

04/04/14 『ルール』

[] 『ルール』 古処誠二2002/06集英社  『ルール』 古処誠二2002/06集英社を含むブックマーク


1970年生まれの著者がよくここまで書いた、と唸る。

しかもこれはミステリ作品ではない(ミステリ色はあるけど)。

人間が人間として留まるための「ルール」。

元自衛官という経歴が全く作用しなかったことはないだろうが、本当によく書いた…。

『少年の密室』で筆者が一番問題にしていたその人間のプライド。

それがここでも、一番大切なものになっている。

そしてそれが形成された一因も記されている。

私にも、苦手なプロットはある。これもそのジャンルには入るが、結局殆どの登場人物に感情移入出来てしまったからか、スピードを緩めず読まされてしまった。

文章は淡々としているし、癖もなく、派手な起伏もないのだが。


◆◇◆◇  ◆◇◆◇  ◆◇◆◇  ◆◇


しかし『未完成』を先に読むべきだったかも…。

余り、若手ミステリに造詣が深くない私なので、今日まで下記のお三方(と作品)のイメージが重なっていました。メフィスト賞の弊害でしょうか?

今となってはそれぞれの作品の違いもあり、そんなには重ならないので、安心。

*『木製の王子』麻耶雄嵩

*『少年たちの密室』古処誠二

*『ハサミ男』殊能将之

04/04/13 『君らの狂気で死を孕ませよ ー 新青年傑作選』

[]『君らの狂気で死を孕ませよ ー 新青年傑作選』編) 中島河太郎 改版 版 2000/12角川書店 『君らの狂気で死を孕ませよ ー 新青年傑作選』編) 中島河太郎  改版 版 2000/12角川書店を含むブックマーク


おおー、まるでシャフトや緑令が言いそうなタイトルではないか?。

s52の『モダン殺人倶楽部』を改題したそうだ。確かに甲乙つけがたい…が、今回のタイトルと海野十三作品があることが出色。

死体昇天(角田喜久雄)

精神分析(水上呂理)

人間灰(海野十三)

眠り人形(木々高太郎)

秘密(平林初之輔)

四次元の断面(甲賀三郎)

閉鎖を命ぜられた妖怪館(山本禾太郎)

陰獣(江戸川乱歩)

とまあ、メロンの熟した真ん中の美味しいところだけガブリとひとくち頂くようなラインナップですなあ!

思ったより、当然どれも良いんですが、ツッコミ入れられる作品だけ入れさせて貰いマス。

昭和3年の『精神分析』は水上 呂理の処女作でありながらフロイトの精神分析を探偵小説に採り入れた記念的作品。ですが、閔子騫。女性が時計を遠ざける理由として「コッチ、コッチが実に性興奮の際の○○○○○の動悸に比せられている」。

他にも枕の合わせ目と頭、掛布団をつるして振る動作…等から性興奮の悩みがいかばかりかと懸念している。

…いやー、呂理!精神科医への道を歩まずにいてくれて有難う!後世の人間として礼を言います。

昭和9年『人間灰』。とぼけた文体も好いし、名探偵も出てくるし、先鋭なトリックは苛烈で徹底してるわ…。流石、痺れさせてくれるわ、海野十三(うんの じゅうざ)。


昭和10年の『眠り人形』、今でもこういう題材の物語があるけれど、もう70年前にこれが書かれているんだから、諦めてもらいたいものだ。

「ああ汝、われを見分かずといえども、なおわが恩愛を知るか」

…ってアンタ、自分がそんな身体に作り替えておいて…今日の人権擁護の見地からは甚だ不当・不適切ですヨ。筒井御大やバランシェなんて可愛いもんさ。

昭和3年の『陰獣』初めて読んだ時は『人間椅子』同様、恐さに震えたのに、今読み返したら、割と普通でした…。私は背なかのみみず張れが、日ごと蠢く陰獣って話でもあった気がしたが記憶が間違っていたらしい。

失敬失敬。赦してくれ給え。

04/04/12 『アンダンテ・モッツァレラ・チーズ』

[]『アンダンテ・モッツァレラ・チーズ』藤谷治2003/11小学館 『アンダンテ・モッツァレラ・チーズ』藤谷治2003/11小学館を含むブックマーク



これからこのサイトの合い言葉は声に出して!!

「アンダンテ・モッツァレラ・チーズ」

「蛇から血が出てヘ−ビーチ−デー、蛇から血が出てヘ−ビーチ−デー」

です。

ハイッ

「ライツ!

キャメラ!

アクション!」

ネタバレはしたくない。こういう作品、大好きです!!もう私には言葉なんて要りません。

「バカヤロウは愛の言葉」(パール兄弟)ですもの〜〜。

ミステリよりもこーゆーのが好きなの!といっても過言ではないのよ。ある意味、これもミステリかもしれないけど。

タイトルからしてうまそーな山羊チーズだなあ、オイ…、と思っちゃいましたがエへ…違います。お料理ネタではないのです。

「この人とあたしは判りあえない。」

「あたしは外国なんか行きたくもない。こんなことになったのなら、なおさらだ。でも、その気持ちをうまくこの人に伝えることはできなかった。これからもできないと思う。そのことを考えるたんびにあたしはつらい気持ちになるだろう」

「でも、いいんだ、そんなことは。あたしは健次と生きていく。世界中、どこでだって一緒だ。」

(中略)

彼が自分の二番目に奥深いところは理解できていないにしても、

そのさらに奥にある心はばっちりキャッチしていることを

そおっ!それなのよ!!そこだけキャッチしていればいいんだよねええーーー!

藤谷 治氏、素晴らしい……下北で経営している書店に突撃させてもらうよ!!

極上のラヴ(&ピース)スト−リー。ラストでは、小説ではひざっひざに声を出して泪してしまいました!

「いいっていうのは、こういうことなんだ」

04/04/11 『かんたん短歌の作り方 マスノ短歌教を信じますの? 』

[] 『かんたん短歌の作り方 マスノ短歌教を信じますの? 』枡野浩一2000/11筑摩書房  『かんたん短歌の作り方 マスノ短歌教を信じますの? 』枡野浩一2000/11筑摩書房を含むブックマーク

雪女 下半身から溶けていく

雪男さんと目が合ったから (鴨居まさね)

自分に作歌する気がなかったので読む気もありませんでした。今はあるのかというと、仕事場での怒りのエネルギのベクトルを転換できたり、暇つぶしになるかな〜と目論んだのです。意気軒高、ハッスルするあまり鼻息が荒い状態です。

57577のリズムを守る、しらふで言える言葉を使う、自分と同じ経験をしていない人に通じるか、他人の目で見直す、同じ歌を5通りの言い回しで作ってみる、助詞をなるべく省かない、共感を呼ぶ題材を見付けただけで終わらない…等がマスノ短歌のポイント。

かなしみは

だれのものでも

ありがちで

ありふれていて

おもしろくない枡野浩一

きのうの夜の君があまりにかっこよすぎて私は嫁に行きたくてたまらん(脇川飛鳥)

やさしいほうだとか一生懸命に生きてるだとか自分でいうな(脇川飛鳥)

30を越えたあなたの寝顔の首の皺に戦慄 けど逃げ場はない (喜連瓜破)

「仕事だろ?」わたしのことを疑いもしないあなたを疑っている(佐藤真由美)

あの人が困ると満足 怒ったらもっと満足 いつからだろう(佐藤真由美)

きらいでも好きでもどうせ泣いちゃうし やっぱ恋ってくだらないかも加藤千恵

何度でも何度でもくりかえそうぜ何度でも何度でも何度でも(梅本直志)

ミスドで会おういつか100円の日に数学とかの時間に外でサ(梅本直志)

おぼろげな記憶によれば「フリッパーズギター」はたしか別れの言葉枡野浩一

おまけ

「言葉は言葉だけなのに結局言葉が嬉しいわ」デボウ・スホ



____________________________________________________




アップルシード観にいく予定が、気合いいれて支度したのが悲劇を生んだ。

腰を捻挫してしまったの…。どんな支度をしたのか?聞かないでね。忘れたの。

そして動けないのをいいことに「NT」(ニュータイプというNTTの使者のよーな雑誌)と10周年記念号「ダ・ヴィンチ」と『雲の上のキスケさん5』(書店に日参するくせに1か月近く購入し忘れてた。相性が悪い書店だ)を差し入れさせる。勿論NTはファイブスター物語西村しのぶ以外の頁は持ち帰って貰った。邪魔。

鋼の錬金術師は原作は好きだけどメディア展開にさほど興味はないし。

下記の薄い字はFSSのネタバレ感想です。

ヨーン…一人のファティマ(女)も幸せに出来ないようじゃ騎士とは言えんぞ!

とアイシャも言いたかったでしょう。しっかし、ヨーンって突っかからない時は只の好い奴だよね。流石、無頼の騎士でないだけあるわ。

女神や恋人ではありませんが、ファティマにとってマスターはこの世で一人、その位の覚悟をもってマスターに「嫁ぐ」のも事実。ヨーンは既に「女神に洗脳された男」なんだもんね。ほんっとエストって恐い。

いやパワーゲージが高いファティマはメガエラとアトロ以外全部恐いよ、私は。

でもパルゲー良かったね!!うんうん…。さ、早く、モラードにパワーアップして貰って凸を倒しましょうね!!凸の呪縛さえなくなれば…。スパークのように仲良く二人で仕えてくれ(笑)。(ヤーボ役は居なくていいけど、強いてあげればクリサリス公?)

パワーアップって後から出来るのかしら。いや、タワー製作中のモラードなら出来るわね。

愛軍鶏…ぐげ、アイシャも、って打った途端に、ナイスな変換だえ。

愛謝も早く幸せになってね!!もう、議会なんて斑鳩にやらせりゃーいいのよ。そして第三次動乱のついでに、いつか戦場で「あの女、いつかブッ殺す!」と誓ったのを思い出してなんとかことを運んで〜!アイシャ〜!!ワスチャも協力すんのよ!凶悪(と決定)ヒュートランは手助けしてくれそうだワ。

私はアイシャが幸せならそれでいいの!


まみの白い机は夢にあらわれて「可能性」と名乗った。アイム、ポシビリティ(穂村 弘)

04/04/10 『屍鬼』

[] 屍鬼』小野 不由美1998/09(2002/02)新潮社  『屍鬼』小野 不由美1998/09(2002/02)新潮社 を含むブックマーク

読んだよ〜やっとお〜♪

上下巻併せて何と1271ページ、それも二段組み! 4700円、1.5キロの本

。ハハハ…本屋から宅急便にしてもらわなくちゃ。(バイトで萩尾望都先生のお買い上げ本を梱包したっけ)これは『四季』みたいにざかざかざかーっとはいかねえよ?因みに「詩」でもありませんっ。

解説のみやべえは「文庫よりハードカヴァを買って重みを楽しみつくせ!」といってます。まあマゾの勧めみたい。本の奴隷…それもイイ…カモ。 『薔薇の名前』プレイとか(キャー)。

私は非力なので文庫で5巻まで、図書館で借りました。どの巻も人気がないようであっさりと手元に届きました。しかも1→5と進むと…1巻は本の綴じ目が崩壊寸前なのに、5巻なんて「あら?1stゲッター?」。どんどん装丁の汚れがなくなり、綺麗になって行くの。これって……つまり…

お前ら、脱落したな!?

勇次郎に「おなじ敗(ま)けるにしても敗(ま)けかたってものがよォ…」って言われちゃうぞ!

途中までで、「『屍鬼』ってさあ〜」なんて語るんじゃねえ!読め!最後まで読めええエエエエエ!!

確かに多くの人が『十二国記』の始めで体感済のようにOPはだらだらとしてます。

でもこれが小野体質になる儀式なのです。通過儀礼なのです。

読み方として1巻は少年萌え、そして医者〜最後は少女萌えで読める(人もいる)こと請け合い。

ラストの終わり方も小野センセらしく私好み。よかった…。勧善懲悪なんかじゃなくって(はあと)。だったらわざわざこんな分厚い本なんか読まね。

そうそう、みやべえと同じ科白は言いたくないが「一気に借りないと辛いぞ!」禁断症状が出るぞ!

「起き上がり」ってそんなメジャな言葉とは思えないが、この作品では誰もが知る言葉になっているようだ。まあいっけど。

ブリジット・オベールの『ジャクソンウ”ィルの闇』よりは遥かに抵抗感がないし。昆虫がね…ダメだから私。

それにしても600枚の小説がいかにして3000枚になったか…担当編集者の震えて待った日々と歓びがあります。いやー報われたネ!



_________________________________________________________



再婚に向かう母は籍を入れる以外のことは殆ど済ませているようで…二人を知るカルチャーセンタの仲間のおばさま達には、

「あんな馬鹿との結婚を許さなくちゃいけない娘(私)さんが可哀想よ!」と言われてるそーです。憐れんで下さい、もっと!!

そして、老いらくのバカップルを止めてくれ。

なんせ、羽賀役は二人で旅行に行き、ぎっくり腰で帰ってきたんだぜ。

アンナ、脱いでも、もう価値はない…やめておけ。

ここが、実録『葉桜の季節に君を想うということ』&『火車』サイトになりそーな予感。

並行して、隣の部屋の少年が余りにも暴れているので、警察呼ぼうとしたら、来ていた友人に「大家さんに話したら…まず?」。

大家に話してみると、「若い少年が暴れるのはよくあることですよ」。

よくゆーよ、あんた、娘には上の部屋あてがって住まわせてるやん…。

息子なんていないやん…。

「今までにも、何回か暴れる音や悲鳴は聞いたので、今度聞いたら、直接警察に電話します。事件になってから『何も知りませんでした』とは言えませんから」

と言い切ってしまった。

ああああー敷金もう返ってこねえ〜〜。

弁護士のメル友募集。いざというとき、無料で私に都合の好いアドバイスくれるメル友。

仕事でもプライベートでも愛想笑いに疲れ、面白いネタでも…と思って大分県の嫁さん応募に参加しようとしたら運転免許がないというので、却下…。車で5分だもんねコンビニも。確かに車がないとDVくらっても逃げられそうにないだろうな。

東京で5分あったら電車に乗れる生活をしてる身にはさぞかし、キッツイだろ。しかも、去年大分の男性が職場女子に酔ってカメラ接写したことで険悪になったのを忘れてた。ソイツに会うかもしれんのだ。剣呑、剣呑。

セクハラの多い職場だなあ。外資系なのに、関係ないのね。

04/04/09 『生きる歓び』

[] 『生きる歓び』保坂和志 2000/7(2003/9)新潮社  『生きる歓び』保坂和志 2000/7(2003/9)新潮社を含むブックマーク


瀕死の子猫を救う話。

この子猫には左目がない。また右目も見えるかどうか分からないまま、終話。

筆者は2匹の猫を飼っており、猫を育てる、看病する間は自分の仕事や楽しみを放棄する事を躊躇しない。

「自分の事を何もせずに誰かのことだけをするというのは、じつは一番充実する。」確かにそうだ。

「生きている歓び」とか「生きている苦しみ」という言い方があるけれど、「生きることが歓び」なのだ。世界にあるものを「善悪」という尺度で計ることは「人間的」な発想だという考え方があって、軽々しく何でも「善悪」で分けてしまうことは相当うさん臭くて、この世界にあるものやこの世界で起きることを、「世界」の側を主体に置くかぎり簡単にいいとも悪いともうれしいとも苦しいとも言えないと思うけれど、そうではなくて、「生命」を主体に置いて考えるなら計ることは可能で、「生命」にとっては、「生きる」ことはそのまま「歓び」であり「善」なのだ。

そして目が見えないかも知れない猫は夢を見るのだろうか、と思考する。

「現実の生活をしていて、それと同時に知覚によって構成された世界を持っているかぎり、視覚がなくても、夢は見るだろう」

そして「小実昌さんのこと」の岡本太郎のくだり。

普通の人はみんな無意識のうちに、第三者の視線を織り込んで、「俺」や「私」を作っているのだけれど、岡本太郎はもっとずっと自律した「私」を作り上げていた。「無頼」にかぎらず普通の人が、自分が接する同時代や世間の視線を想定しているのに対して、岡本太郎は美術の流れとか太古のエネルギーとかを視線として想定していた。


◆◇ ◆◇ ◆◇



先日フジTVでタモリがドールと5日間過ごした記録が有り、ドールが非常に優美でした。アニメ顔よりリアルな顔のが好みです。

安藤優子の何も判ってなさというか「理解拒否」な態度にしばし唖然。マスコミが了見の狭さを晒していいのか?

"ドールが相手に何も与えない"として「私なら有難うって言いますよ」と。

自分に見返りがないことを許せない。存在するだけで、いい。充分。そんなことがなかったのでしょうか?

私でも「ドールには服を買っても、貴女には1円も使いたくないよ」と思ったので、木村さんも森田さんも、同じ想い故、優しすぎて、きっと何にも言えなかったのでしょうね。

04/04/08 『愛妻日記』『DEATH NOTE 1退屈』

[] 『愛妻日記』重松清2003/12講談社  『愛妻日記』重松清2003/12講談社を含むブックマーク



『疾走』読んで、この人の「愛妻」ってどーなのよ?と思い借りてきました。

読んだ……図書館でこんな本を借りてしまった…。トホホ。私が何かで警察に調べられたら「異常性欲者」扱いされるでしょう。いいけどね、もう。

そういう訳で、これも、駄目な人が多いでしょう…。のっけから反転するか?

そうそう、「女性限定」の日のメールの返事で男性に「ボクには恥ずかしかったです」っ言われても…メールでそんな羞恥プレイを欲求されても……私はプロでないので応えてあげられません。すみません。しかもテクなしだし。南智子さんに連絡した方がいいですよ。でも含羞のない厚顔しい「羞恥プレイ」は却下されるでしょうけど。

ネタバレはありませんので字を薄くします。律儀。>当たり前。

「童心」、良かった。こういう気持ちはとてもよく分かる。一回も結婚してないけど。

表題作の「愛妻日記」は始めは良いけど、ラストこれですか…って感じ。このラストと「ソースの小瓶」はあまり変わらないし、他の「ホワイトルーム」「煙りが目にしみる」は、なんとなーく代々木忠監督の方法論を思い出してしまう(本しか読んでませんが)。

うーん、この人のエロものよりは(え?違う?)、西澤保彦作品や森奈津子作品の方に愛を感じるね、私は。

男性というか実践してないS者に都合の良いSM話だなあと感じます。まあ、本当は好きじゃないのに、書いてしまったって感じを受けますね。お前は経験者か?

SM畑でなくてフェチ畑でも西澤先生のように真性足フェチ(永野護のように針金限定ではないようです)でないと、色々語られても真実味がないことってありますから…えーっと私の真偽ではなく真実味の問題ってことで!


◆◇ ◆◇ ◆◇


「だったらイケるぜ」読み過ぎてHEY!HEY!HEY!で「タッキ−&翼」観ても「どーしてファンはバキに萌えないのか…バキはもっと若い17歳。しかも筋肉が柔らかいらしい。アイドルのくせに腋毛ボーボーなのより、バキのがいい身体してんのに」とよぎるようになりました。

あきらかにヤバイです…。

オーガの磁力の所為です。

[]『DEATH NOTE 1退屈』 『DEATH NOTE 1退屈』を含むブックマーク

なかなか無かったんデスよね。

そしたら隣町のサンクスに置いてあるので、パラっとみて、レジへ…

カルビーPCコンソメダブルパンチ ¥145

エビアン330ML ¥111

雑誌・書籍 ¥410

合計 ¥666

さすが、購入書籍が『DEATH NOTE 1退屈』だと違うな。

なんですか、666円って。

弥勒を待たないと666を無効に出来ないんでしたっけ。

もう一回369円の買物でもすっか…馬鹿馬鹿しい…。

ネタバレ感想といっても、もう皆読んでるしね、これ。

(ミステリ好きで漫画好きなら読んでるでしょう!)

ただ、ライト編の前の読み切りの時のネタバレを載せられたら良いのですが、覚えてないのデス。今回のよりも勧善懲悪というか当り前な終わり方だった気がする。しかもリュ−クは今より傍観者だった気が。

しかし、ノート入手時のライトの顔は可愛いな。無垢。

それが1か月余りで(11/28〜1/5)もう見られなくなるとは…。『時間経過』参照。

『救世主キラ伝説』までサイト出来てるし。 とほほ。

04/04/07 『七回死んだ男』 

[] 『七回死んだ男』西澤 保彦1995/10(1998/10)講談社  『七回死んだ男』西澤 保彦1995/10(1998/10)講談社を含むブックマーク



西澤作品、最高傑作だそうです。

私の中では『依存』と『ファンダズム』が印象深い作品ですが、確かにSFテイストの見られる作品の中では一番しかけがシンプルかもしれない。

ちなみに一番好きな作品は『両性具有迷宮』です。え?もういい?

この『七回死んだ男』あっさり私も騙されました。

西澤作品って「ふふふ、この位の謎なら解けるぞお」と1回思わせて、きちんと安心させてまた、オトすって事が多いような…気が…しません?

西澤作品のSFはいつも斬新で面白くて嫌味がない。

山口 雅也の『生ける屍の死』に触発されて、かような趣きの作品を書き出したらしいのですが、私は『生ける〜』より好きですねえ。(『マニアックス』と『ミステリーズ』の出来には惚れ惚れしましたが)キャラもボアン先輩役がちゃあんと居るし。

4/28には『いつか、ふたりは二匹』ミステリーランドから発売予定だそうです。なんだろ、この二匹って?

西澤作品はMYSCON読書会の題材にはまだなってない。MYSCONの現在のお勧めは「推理戦隊MYSCON-V (期間限定)」です。苦手なライトノベル・ミステリもそろそろ挑戦せねばのう。

主人公のオバさん…※最近あった事件のようにならずに良かったですね。

※横浜市内にある神奈川県立高校の男性教諭(28)が、以前勤務していた公立中で知り合った高校1年の女子高生と約1年間も同棲していたとして、懲戒免職処分になっていたことが3月24日までに分かった。

 県教育委員会によると、男性教諭は平成14年に勤務していた中学で、女子生徒とメールアドレスを交換するなどして交際を始め、性的関係を持つなどしていた。 教諭は県立高に異動し、女子生徒は別の高校へ進学。昨年5月から今年の3月上旬まで、2人は横浜市内の教諭の自宅アパートで半同棲状態となっていたという。 女子生徒は家族に「友達の家に泊まる」と話し、教諭宅にほぼ毎晩泊まり、早朝に帰宅する生活を繰り返していた。

 この教諭は中学時代の別の教え子ともメール交換などしており、今月上旬「エッチはまだなんだ」などと卑猥なメールを送られた教え子が関係者に相談したことから同棲も発覚した。 教諭は「自覚が足りなかった」と話しているという。 (夕刊フジ3月24日の記事引用)

04/04/06 『血まみれの月』

[]『血まみれの月』ジェイムズ・エルロイ小林宏明1986サンケイ文庫(1990扶桑社ミステリー) 『血まみれの月』ジェイムズ・エルロイ小林宏明1986サンケイ文庫(1990扶桑社ミステリー)を含むブックマーク

「銃による女性の自殺は、統計上でも皆無なのだ。」

『ザ・コップ』という名で映画化されているらしい。

作者はハイスクールの卒業証書もなく、チャンドラーやマクドナルドの本を読んで、この本を書いたそうだ。

主人公はあるトラウマで音量が大きい音楽、騒音がダメになった「ブレーン」ロイド・ホプキンス。

第三部からは面白くはなるが…もっと盛上げ方が有るだろうよ、といいたくなる。これは三部作なので三行半をたきつけた奥様がどーなるかは読み続けないと分からない。が、もう読むことはないだろう。

一番酷いのは「訳者後書き」。(私は本編を読んでから読みました)

「昔のパートナーとは疑似ホモ関係にあるくせに」(私は上下間の信頼による親密感てこの位は普通ではないかと…)「気負いは、後半三分の二あたりから息切れにつながっています。少し雑になってきて、展開にあまさがでてきます。」訳者にここまで言われて、「楽しみ!読んでみよ〜!!」とレジに本を持っていく事は可能だろうか?C級ミステリ批評家でもないかぎり難しいのでは…。

おなじ作家なら、この処女作より、評判の高い『LAコンフィデンシャル』を読むべきでしょう。私は読んでもないし観てもない上に訳者は同じだそうですが。

◆◇ ◆◇  ◆◇ ◆◇  ◆◇ ◆◇  ◆◇

交通整理の警官が居る境内そばの階段に白い車が停まり、警官が当然の如く注意する。

傍若無人な人間が居るものだと、私も呆れつつ進行方向なので歩きながら見ていると、警官が「失礼しました!」と言うではないの!

運転席の人間の面構えが見えてくると、芸能人か自称アーティストのよーなパーマヘア…。

高級住宅地だけあって、大使館ナンバーとか政治家とかの車かよ…権力に懐柔されてんのかよオイ!とちょっとむっとして睨み見ると、運転席の男性が着ているのは藍色の「作務衣」…。

えええーこんなアラゴルンみたいなのが?昔のむくんでない、はかせたろーみたいに、髪がウェーブなのがあ!?

静信とか『屍鬼』とか永平寺とか…何だったの!!と自分にツッコミ。(『屍鬼』やっと読み終えた。解説が宮部でなければもっと売れたのではないか。せめて綾辻氏に)

そしてギャップについ萌えてしまった…。

04/04/05 『最後のY談』

先日の『私、Hが〜』評で男性陣から苦情を呈されておりますが、あくまであの文章は女性に宛てたものなので、読まないで下さいねー。せめて、読んでもメールはしないで下さい。「恥を知れ!」とかね〜。そう言われそうだから、「女性限定」としたので。そして女性でも探究心のない方は決して読まないように。「何コレ〜信じられなーい」と無視して下さい。(でも女性からはメールないです…)

何故ならこれからも『愛妻日記』『耽美なわしら』等、取りあげるからです。

西澤保彦のモリナツ3作目はいつ単行本化されるんだろう。もう雑誌には掲載されていたが…。その前に2作を紹介するか。これ以上ふるいをかけてどうするんだ、私。

しかし、今日は「だったらイケるぜ!」バキ編読破し『人狼』を。押井監督の男性登場人物は幸せになることは刃牙以上に有り得ないご様子。

その後読んだ昭和3年の作品である水上呂理の「精神分析」…古さというか…これこそ『最後のY談』いけにえ本に相応しかったかもしれん。

◆◇ ◆◇  ◆◇ ◆◇  ◆◇ ◆◇  ◆◇ 

[] 『最後のY談』中村うさぎ 岩井志麻子 森奈津子2003/12二見書房  『最後のY談』中村うさぎ 岩井志麻子 森奈津子2003/12二見書房を含むブックマーク



モリナツ(森奈津子)の痴漢説教談、三人のコスプレ、岩井の妖怪(眉毛もっと描いてほしい)…写真はもっと美しくとってあげて下さいよ!!と叫びたくなる。

モリナツとうさぎは『私、Hがヘタなんです!』のが面白い。概出ネタが多いのが残念。岩井はアジアでそんな頑張っているとは知らなかった(岡山周辺かと)ので、各国の比較が面白かったです。でも私は日本がいいな〜。

ありがちな「Hネタ=自慢」を超えて文化論として話しているのが良いですよ。(というか自慢話にしか出来ないよーな客観性のない奴は出版物としては要らん)そして自分の男性とのお付き合いのスタンスはモリナツと一番近いことが判明。今迄の悪行が…はい。

銀座のドラキュラ城を教えてもらったのが良かった。銀座レストランVAMPIRE CAFEだそうです。いつ行こうかなー。

04/04/04 『お風呂の愉しみ』

[] 『お風呂の愉しみ』前田 京子1999/11飛鳥新社  『お風呂の愉しみ』前田 京子1999/11飛鳥新社を含むブックマーク



通販のフェリシモ「サニークラウズ」。桃のシャツの「肌触りや、よし!!」(勇次郎風)

肌フェチなので、タオルもシャツも肌触りが大切!

ハッキリいってファティマよりケミカルスクラッチ起きます(笑)。24金じゃないと金属アレルギー起きるし。バランシェファティマか己は〜。

石鹸もシャンプーや洗濯石鹸等も界面活性剤入りのものは使えません(殆どのものに入ってる)。あれはしっとりするんじゃなくて、肌や繊維がヌルヌルするだけなんです!我慢すれば使えるけど、でも使うと気持ち悪い。

ほんとーの「しっとり感」とは、あんなもんじゃありません!アレッポは高いけど、国産ならベストは松山油脂(安価!!)の石鹸でしょう。マルセイユ石鹸もいいけど、質と価格のバランスは大切でありんす。

東急ハンズ位に行かないと、まともな石鹸すら売っていない日本っておかしいですよ!だから作るんですけどね。(別に作らなくても良いんでしょうが、楽しいので)しかしオリーヴ100%や前田京子さんのレシピの石鹸は肌が全く違ってきます!冬でも、体にクリーム要らずでした。ラッシュのは香りがきついです。

ハンニバル』でレクター博士がクラリスにイタリーから上等のボディケア用品を贈るシーンがありましたが流石、トマス・ハリス、自称「恋愛作家」だけあって…わたしのツボですわね。クラリスになりてー!!(あれ、ロクシタンではないよね、と友人との結論)。

家でお菓子を作る人なら石鹸づくりの材料も簡単に揃えられるでしょうが、精製水とエッセンシャルオイルとグリセリンの化粧水だけでも本当に良いものです。マウスウォッシュはクローヴ入りのを使ってます。職場でも人気であっという間に使われてしまう。


◆◇ ◆◇  ◆◇ ◆◇  ◆◇ ◆◇  ◆◇ 

昨日は読書しながら家事してました。読んだつもりで読んでなかった『七回死んだ男』と『愛妻日記』、仕上げに黒沢清の『CURE』を観てました。

04/04/03 『バキ』

[]『バキ』板垣恵介 週刊少年チャンピオンに連載中  (旧名『グラップラー刃牙』) 『バキ』板垣恵介 週刊少年チャンピオンに連載中  (旧名『グラップラー刃牙』)を含むブックマーク


四月は美しく纏めあげようと思っていたのに、も−ダメだ…。

バキのこずえとのメイクラウ゛…いや『バキSAGA』ですか?で親父(勇次郎)が

「飽くまで喰らえッッ 飽き果てるまで喰らえッッ」「喰らって喰らって喰らい尽くせッッ」と刃牙に告げ、梢江には

「飽き果てるまで喰らわせつつも――――――――『足りぬ』 雌であれ!!!」

「喰らい尽くせぬ女であれ」]

と言ったのが、んもー素敵で素敵で!!

それまでは妻(江珠)殺しで「むっかーむかむか」してましたが、アッサリ覆りました。今は精彩と異彩を放つオーガファンです。親バカによわいのかも〜〜。

そしてメールでお勧めサイトを教えてもらいました。「だったらイケるぜ!」

読んでいて、とらさんはどんな女性かしら?きっと素的な女性なんだわ…。と思っていたが、メールで教えてくれた方と「バキSAGA」の感想で立派な男性であることが分かりました。しかし、梢江と刃牙(のルックス)が嫌いらしい…。

私もこの口調でやってみるかな!と相談したら「恐くて日記読めなくなります」。

あのー、私は実は男かもしれないし、体格がナンシー’満ちる’関かもしれないんですよ?だから口調くらい…。これからちょっと開発してみよう。

で!今週の『バキ』ね!勇次郎が刃牙に「俺に協力できるかい」と問うトコ。

私は「”勝利”に貢献出来るよな?、勝てねえ訳ねーよな?」の確認かと思ったさ。

なのに、手を組めってだけかヨ。

5対5で整列した時点で「俺やんねー」なんて逃げる奴なんていねーダロ。

余程ぶーたれてたか、息子よ。

04/04/02 『本格的  死人と狂人たち』

[] 『本格的  死人と狂人たち』鳥飼否宇2003/09原書房  『本格的  死人と狂人たち』鳥飼否宇2003/09原書房を含むブックマーク

理科数学の知識をふんだんに使い、論理的な推理が繰り出されますが、別に「フィボナッチ」数列や「黄金分割螺旋」が分からなくても構わず楽しめます。

また、登場する教授でマトモな人が居ないのが、また良いものです。土屋学部長よりも変。第一講は「変態」第二講「擬態」第三講は「形態」。別々のテーマなので第一講の高度な数学に振り落とされないよう、気をつけて。

さて第一講では、「犯罪を志向せず研究を志向する」増田の異常性が解決する。警察官がバカを休み休み言っていたのに、吹きだしてしまいました。最早ミステリではない…、かも。

そして第二講「擬態」。各講義のレジュメは勉強になるし、ぺッカム型擬態の理論を「女装して好みの男を物色のも一種のぺッカム型擬態」と発展させてもいる。そしてラストの「発覚した理由が」…脱力。脱構築っていうんですか。

全ては本格「的」だから許されるのだ!バカボンのパパなのだ!(←無関係)


◆◇◆◇  ◆◇◆◇  ◆◇◆◇  ◆◇ 


ユラールのTシャツは「ヴィンテージブルー」 「ブルーブルースカイ」を注文。

前者だけでも良いんだけど、まあ、綺麗な色も買っておくかな、と。

6月に届くのが楽しみです!

『血まみれの月』をさくっと読み終えたので、新青年傑作選『君らの死で死を孕ませよ』だー!!(タイトルが好きで手にとったら大当たり!)なんと「陰獣」が入っているぞ!FFSを読みはじめた頃に読んだなー。懐かしいなあ。「サーカス団パノラマ島にかえる」でも流しながら読みたいものだ…。

04/04/01

[] 『精霊たちの家』イサベル アジェンデ1989/12(ソフトカバー1994/05)国書刊行会  『精霊たちの家』イサベル アジェンデ1989/12(ソフトカバー1994/05)国書刊行会を含むブックマーク


久し振りに「小説」を読みました。

最近読んでいたのは、ただの文章の羅列だったのだ。

「小説」として抜群の面白さ。

エネルギッシュな南米の展開と対照になんて日本は落ち着いているんだ、死んでいるのか?と問うてしまう程。

人生で二度と会えない人々、雇用関係と地位、怒りと赦し、愛と無視、沈黙と微笑み、因果と応報。1頁毎に、膨大なエネルギーが通り過ぎるので、日本でならこれで十分短編となりそうです。

霊に関しては、居ると思えば居るし、居ないと思えば居ないだろうとおもいますが、南米では精霊が行き交っているのでしょう。

観てませんが、『愛と精霊の家』としてビレ・アウグスト監督が1994年に映画化。アントニオ・バンデラスも出ているそうです。3代の物語だから、2時間19分は短いのではないかと懸念するも、現代の観客が五時間も映画館に座っているのは不可能なので仕方ないでしょうか。

日本以外の小説やノーベル賞作品読破とかしてみようか…。


◆◇ ◆◇ ◆◇ 

[]『アヴァロン』観ました。 『アヴァロン』観ました。を含むブックマーク

前者は本を読んでいても、ムーアの活動には感心するし、カナダなら良いけどアメリカには住みたくないなーと思わせるパワーが漲ってました。後者は「女性に受けた」と言われてますが、『攻殻機動隊』と変わらない位、良い作品でした。(どこが女性受けするんだろう?素子と同じくらいの感情移入度)

また曲が格好良い。マトリクスはあからさまに真似ですね。あれ?どっちが先だ?アッシュ役のマウゴジャータ・フォレムニャックが素敵…。アニメ画では紅子のイメージにぴったり。



今日から「ユラールのTシャツ」販売です!

昨年のほぼ日Tシャツが、最高の着心地で、「厚手で、コシがあって、なめらかでハリがあるのに、やわらかで気持ちいい感触は、ほんとうに絶賛というくらいの大好評」というのは全く過言ではありません。

その為、今年も買うぞ!と意気込んでおりましたが、ユラールのTシャツのその色合いの美しいこと!フフフ…。

ほぼ日手帳は持って入る人多いのですが(職場でも女性が一人赤を持ってました。私は空色)、Tシャツは見たことないのです。どせいさんTシャツも持ってるんだけどな…Mother3が出たらガキ共に見せつけてやろーとしてたんだけど…1年経っても未だ出ない!!

今日こそはアラゴルンの戴冠を観ようとしたら、さすが春休み…。初回に行ったのに、席がない!!休日に初回で馳せ参じるオトナを…コケにしやがって!まあ大人なら予約でシートとるべきなんスけどね。

4時間も待っていられないので花見しながら散歩して、書店で新刊漁り、モスバーガーで念願の「匠レタス」。

「匠『レタス』」というだけあって、レタスの食感は衝撃的でした。バリン、バリンと店内を響き渡る音の正体が、レタスを噛む音だとは!普通のモスメニューを食べてる子供が目を丸くしてたので、見せつけてあげました。溜飲が下がった。今日のレタスは香川の合田さんのでしたが、もうこれは「作品」ですよ!胸を張って自分のブランドが出来る仕事って良いなあ…。

そしてドレッシングも二つあって、私はレタス用はもっとビネガー効かせて、パティ用は減塩して欲しかったのですが、これは普段の食生活があるから何とも言えませんよね。

「匠レタス」は店鋪限定なので気をつけて下さい。

246三茶店では可愛いおばあちゃまが働いていて、とても雰囲気が良かったです。

花見に行ったのに、酒と焼肉(コンロ持ってきて焼いてる)の匂いや罵声にノックアウトされ、小さい公園に避難…。