ちゅらスタイル 

このダイアリの説明。このページをアンテナに追加
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

2009-04-15 映画「雪の下の炎」

映画「雪の下の炎」

0415

オフの日、渋谷のUPLINKに映画を見に行きました。

チベットのドキュメンタリー映画で「雪の下の炎」と10年以上前に制作されていた「風の馬」豪華2本立てだ。

ガイアシンフォニーのHPから事前登録すると、2本立てで、2400円で見られるというお得もの。

「雪の下の炎」の主人公、パルデン・ギャツォさん。

無実にもかかわらず、31年にも及ぶ収容生活で、拷問に耐え、精神的苦痛を乗り越え、

非業の死を遂げた同胞の為にも、チベットの人権を今なお訴え運動を行ってる方です。

この映画を見て感じた事は、こんなにまで人権侵害がひどかったのかという事でした。

多くは語れませんが、今も起きている事実。同じ人間として、深刻な問題として受け止めたいと思っています。


この15分後くらいに「風の馬」の上映となりました。

この映画は実話を元にチベット問題を真正面から捉えた作品らしく、98年当時、チベットのラサや

ネパールで監視の目をかいくぐり撮影されたそうだ。

今と変わらないチベットの現状がスクリーンで渋谷の小さな劇場で垣間見ることができた。

こんなにまで、抑圧されているんだと痛感しました。

去年のオリンピック開催前に起きたチベットでの事件も、遠い昔のような気持ちになっていたけど、

今なお続いている問題だったと知らなくて恥でした。

この映画を通して、知る事ができた事に感謝しつつ、何か私なりにできる事があるかなと思っています。


4月25日(土)には「アピール&ピースウォーク」が行われるようですよ。

以下のサイトに記載されています。

関連サイト

ダライラマ法王日本代表部事務所

御統貴真御統貴真 2009/04/18 14:46 当記事を読んで、何かの縁があるかもしれないと感じました。
というのは、私も、何か自分なりにできる事があるかな思い
4月15日にブログを立ち上げたからです。

お暇な時にでも覘いてみてください。
ブログのタイトルは「カイラス∞宇宙の中心」です。

micky_okobamicky_okoba 2009/04/18 15:44 御統貴真さん

はじめまして、この記事読んでくださってありがとうございます。
御統貴真さんのブログも見させていただきました。
カイラス山のいわれなど、とても勉強になります。

これからもよろしくお願いします。

JUN姫JUN姫 2009/04/21 07:58 少数民族の迫害の歴史は繰り返されてきましたが、人類の平和を祈り続けているダライラマ法王の心の叫びが聞こえるような映画ですね。
HPを見て、心が痛くなりました。
平和な日本に住んでいると、世界で起きている悲惨な現実から目をそむけても生きていけますが、mikiさんのおっしゃるように「同じ人間として」受けとめる感性を持ち続けたいと思います。
情報提供ありがとうございます。

micky_okobamicky_okoba 2009/04/21 09:43 JUN姫さん
今平和な日本も、かつては、台湾とか朝鮮を制圧していた事もあったりしました。
二度と繰り返さないようしていきたいです。
未来の人々へ繋いでいければいいですね。

御 統 貴 真御 統 貴 真 2009/05/08 15:56 もの凄いニュースが届きました。
http://kailas.jugem.jp/?eid=10

スペインの最高裁判所が、中国のチベット人への人権侵害について、
中国法務部代表8人に対して証言を求める判決を通達したのです。

歴史的、画期的な出来事だと思います。

micky_okobamicky_okoba 2009/05/10 15:20 御 統 貴 真さん
情報をありがとうございます。
少しずつ、変わって行き続けて希望が持たれます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/micky_okoba/20090415
Twitter Button from twitbuttons.com