ちゅらスタイル 

このダイアリの説明。このページをアンテナに追加
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

2010-08-19 映画「交響曲第七番」を見て

地球交響曲第七番


映画「交響曲第七番」を見て

もうちょっと前の話になりますが、映画「地球交響曲第七番」を見てきました。

場所は恵比寿にある東京都写真美術館ホール

恵比寿ガーデンプレイス内にあるのね。

駅から少し迷子になりながらも、たどり着き、会場にすべりこみました。

始まると、影像の美しさにうっとりです。

1シーン1シーンが、絵画のようなので、またもう一回見たい気分になります。

出演者の高野孝子さん、グレッグレモンさん、アンドリューワイル博士、

とても素晴らしく、素敵な人たちでした。共通してるなぁと思った事は、

笑顔が最高に素敵なんですよね。

もうそれだけでも、映画からの収穫大なのに、神道の神事の様々な影像も盛り込まれ、神聖な気持ちになります。

なんと、この日、たまたま龍村監督がいらしてて、パンフレットにサインをいただいたのだ!ついてた♪

監督に会えたタイミングと、たっぷりな情報量に余韻ひたりつつ帰路につきました。

会期も8月28日まで延長になったみたいで、毎日盛況のようですね。

また見たくなる映画、皆さんにお薦めです♪

lunaluna 2010/08/19 15:39 私も「魂の友へ」サイン頂きました。
ガイヤシンフォニーの作品。
回が増すごとに
次第に作品が丸くなる様に感じました。

micky_okobamicky_okoba 2010/08/21 09:20 lunaさん
作品が丸くなる様に感じましたか。ふむふむ。
「地球交響曲」のよさって、何度見ても、違う発見がその都度あるんですよねー。
DVD、また時間作って1番から見てみようかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/micky_okoba/20100819

2010-08-05 BOKUNEN MUSEUM 行ってきました

BOKUNEN MUSEUM 行ってきました

BOKUNEN MUSEUM

先月末に行ってきましたよ。名嘉睦稔の美術館!

建物の構想までボクネンさんが考えて作り上げたのです。

建物は、漆喰と赤瓦で出来た、今まで見たことのないような素晴らしい建築物。

これも名嘉睦稔作品なのだと実感。

2つの棟に別れていて、1つが名嘉睦稔美術館とギャラリー

もう1つがHabu Boxといって、Tシャツをはじめ、おしゃれなファッショングッズ

カフェ、JANOZ(こちらは8月中旬OPEN予定)から、すべて名嘉睦稔監修なのです。

名嘉睦稔の全てがこの建物にあります。

すごい、改めてすごいアーティストと感じて帰ってきたのですが、

生きているうちに、自分で美術館を建ててしまうという事は、

なかなか成せる技ではないと思うのですが、それを実現したボクネンさんは

本当にすごいアーティストだなぁ。

MUSEUMの為に作ったという陶芸が、また力強く、度肝をぬきます。

制作のエネルギーが、建物のいたるところに溢れていて、

みるみる元気になっていくような、パワースポットのようでした。

建物の外壁にガジュマルの苗木をはわせるようにと、台座のような大きな鉢

(これをボクネンさんが樹座と言う名前を作りました)をつくり、

そこにガジュマルを育てています。そのガジュマルが年を重ねるごとに、成長し、

いずれは、建物を包み込むように枝が、根がはって行くのでしょう。

100年後を計算した、ボクネンさんの構想は、とてつもなく壮大で大胆で、楽しみで仕方ありません。

私の娘にその事を伝え、いずれ娘の子供(できるのか?!)へ、

そしてまた、その子供へと語り継いでいくといいなぁと夢が広がります。

ガウディの建築物を世界中の人たちが愛するように、AKARAも世界中の皆に、そして

後世まで愛される事になるんだろうなぁ。


AKARAプロジェクト

http://www.akara.asia/

deziredezire 2010/08/15 09:46 先日お伺いしたとき名嘉睦稔先生の作品を拝見して一度先生の作品の全貌を拝見したいと思っておりました。BOKUNEN MUSEUMのお話は伺っていましたので一度行ってみたいと思っておりましたが、何分遠いので簡単に行けず残念に思っておりました。ブログを読ませて頂き MUSEUMの様子が分かり嬉しく思いました。沖縄に行く機会があったらぜひ訪れたいと思っております。
 私は少しでも感性を高めたいと、ジャンルを問わず気になった美術展は逃さず行こうと心がけています。先日はイタリア・ルネサンス・バロック美術のカポディモンテ美術館展に行ってきました。観客が少なくこの時代の美術に対する人気のなさに驚きました。感想をブログに書いてみましたので、ぜひ読んでみてください。
http://desireart.exblog.jp/11104681/
ブログに書き込みをしてくださると嬉しいです。

micky_okobamicky_okoba 2010/08/19 11:14 dezireさん
ありがとうございます。沖縄に行かれましたら、是非是非♪
dezireさんのブログも訪問させていただきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/micky_okoba/20100805

2010-08-04 三井公一写真展開催中

三井公一展開催中

7月31日よりIsland Galleryで開催中の三井公一 写真展「iPhonegrapher 〜around the water〜」

が好評です。毎日、いろんな方が見にいらして下さいます。

三井公一さんは、もともと報道カメラマンで、今は雑誌、広告、ウェブ、ストックフォトなどで撮影に携わってる中、

6月にiPhoneだけで撮った写真展を新宿のエプサイトギャラリー展覧会をやられて、

2700人動員したり、世界のiPhonegrapher(iPhoneで写真を撮る人)の7人に選ばれ、

10月にスペインで展覧会予定の今、飛ぶ鳥を落とす勢いの写真家です。

そんな三井さんはとてもアウトドアな方で、林道や海、渓谷などいろんな場所に出向いては、

キャンプやったりしながら、iPhoneで気軽に撮ってるそうです。

都会の日常も、iPhoneで撮ってらっしゃいます。

じゃあ、自分もできるのではと思いきや、三井さんの切り取りのセンスの良さには到底及びません。

いくつも並べて飾ると、とてもおしゃれな空間が広がる、そんな写真ばかりです。

土日は、三井さんも来場してますので、撮影秘話など、聞けるチャンスかも。

私も、三井さんのお話しを聞くのが毎回楽しみです。

そして、写真集も7日発売ですが、先行でIsland Galleryでもう発売してます。

240枚の写真が掲載されていて、とても贅沢な気持ちになります。

写真集にある作品もギャラリーに展示してます。

オリジナルはお部屋に、写真集は通勤電車の中でと2通り楽しめそう。



三井公一写真展 詳細

http://islandgallery.jp/398

三井公一写真集「iPhonegrapher」

http://islandgallery.jp/store/948

三井公一プロフィール

http://islandgallery.jp/artist/sasurau

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/micky_okoba/20100804
Twitter Button from twitbuttons.com