ちゅらスタイル 

このダイアリの説明。このページをアンテナに追加
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

2010-08-05 BOKUNEN MUSEUM 行ってきました

BOKUNEN MUSEUM 行ってきました

BOKUNEN MUSEUM

先月末に行ってきましたよ。名嘉睦稔の美術館!

建物の構想までボクネンさんが考えて作り上げたのです。

建物は、漆喰と赤瓦で出来た、今まで見たことのないような素晴らしい建築物。

これも名嘉睦稔作品なのだと実感。

2つの棟に別れていて、1つが名嘉睦稔美術館とギャラリー

もう1つがHabu Boxといって、Tシャツをはじめ、おしゃれなファッショングッズ

カフェ、JANOZ(こちらは8月中旬OPEN予定)から、すべて名嘉睦稔監修なのです。

名嘉睦稔の全てがこの建物にあります。

すごい、改めてすごいアーティストと感じて帰ってきたのですが、

生きているうちに、自分で美術館を建ててしまうという事は、

なかなか成せる技ではないと思うのですが、それを実現したボクネンさんは

本当にすごいアーティストだなぁ。

MUSEUMの為に作ったという陶芸が、また力強く、度肝をぬきます。

制作のエネルギーが、建物のいたるところに溢れていて、

みるみる元気になっていくような、パワースポットのようでした。

建物の外壁にガジュマルの苗木をはわせるようにと、台座のような大きな鉢

(これをボクネンさんが樹座と言う名前を作りました)をつくり、

そこにガジュマルを育てています。そのガジュマルが年を重ねるごとに、成長し、

いずれは、建物を包み込むように枝が、根がはって行くのでしょう。

100年後を計算した、ボクネンさんの構想は、とてつもなく壮大で大胆で、楽しみで仕方ありません。

私の娘にその事を伝え、いずれ娘の子供(できるのか?!)へ、

そしてまた、その子供へと語り継いでいくといいなぁと夢が広がります。

ガウディの建築物を世界中の人たちが愛するように、AKARAも世界中の皆に、そして

後世まで愛される事になるんだろうなぁ。


AKARAプロジェクト

http://www.akara.asia/

deziredezire 2010/08/15 09:46 先日お伺いしたとき名嘉睦稔先生の作品を拝見して一度先生の作品の全貌を拝見したいと思っておりました。BOKUNEN MUSEUMのお話は伺っていましたので一度行ってみたいと思っておりましたが、何分遠いので簡単に行けず残念に思っておりました。ブログを読ませて頂き MUSEUMの様子が分かり嬉しく思いました。沖縄に行く機会があったらぜひ訪れたいと思っております。
 私は少しでも感性を高めたいと、ジャンルを問わず気になった美術展は逃さず行こうと心がけています。先日はイタリア・ルネサンス・バロック美術のカポディモンテ美術館展に行ってきました。観客が少なくこの時代の美術に対する人気のなさに驚きました。感想をブログに書いてみましたので、ぜひ読んでみてください。
http://desireart.exblog.jp/11104681/
ブログに書き込みをしてくださると嬉しいです。

micky_okobamicky_okoba 2010/08/19 11:14 dezireさん
ありがとうございます。沖縄に行かれましたら、是非是非♪
dezireさんのブログも訪問させていただきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/micky_okoba/20100805
Twitter Button from twitbuttons.com