Hatena::ブログ(Diary)

vappa

2011-04-19

カズオイシグロ

| 22:47

カズオイシグロさんについてはいろいろ過去にも書いていた
・・・ような気がします。
今日は、最近映画化となり話題の「私を離さないで」について。

この切実なタイトルがすごく好き。
英語では"Never Let Me Go."を「離さないで」と訳した土屋さんの手腕もすごい。

先日のTVでは「私を離さないで」の特集が組まれていました。
本当にブームになっているんですね。
その番組の中でカズオイシグロさん
「記憶は死に対する部分的な勝利なのです」
と言っていました。
これはなるほどな、と1日経ってしみじみと理解・納得していて
少し感動すらしています。

ところで、イシグロさんのほかの小説も映画化されています。
日の名残り」も雰囲気がすごく素敵です。

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)


完全に独り言ですが、この本だけ読んでいないかも。

2011-04-14

お弁当レシピ

| 22:06

毎日お弁当下げて会社に行っています。
毎日お弁当の時間が幸せですw
でも朝は6時から起きて食事していたら、もう出社時間!ってことになります(今は歩いて通っています)。
ので前日の夜に作っちゃう。
Cookpadに投稿しようかとも思ったけど
なんか皆のレシピがしっかりしてて
私のレシピなんて恥ずかしいから自分のブログで紹介^^;

ほうれん草のなんちゃってカルボナーラ
材料
ほうれん草
ベーコン
キューピーシーザーサラダドレッシング

1:ほうれん草を適当な大きさに切る。
2:ベーコンを1cm幅に切る
3:ベーコンを半カリカリに炒める
4:ほうれん草の茎をベーコンの上に投下→少し色が変わるまで火を通す
5:ほうれん草の葉をばっと入れて炒めるorふたをして蒸す。
Last:色が変わったかなくらいでお皿にあげる。お弁当に詰めるときにドレッシングをかける。

火の通りが気になる方はレンジでチンしてお弁当に詰めてください。
量や切るときの大きさはお好みで。

ピーマンの肉詰め
本当にひき肉とか詰めて焼くと大変なので薄い削ぎ切り肉を使います。
材料
ピーマン
ピーマンに入るくらいだけの薄い牛肉
焼き肉のたれ
ゴマ

1:ごま油とか適当に油で肉を炒める
2:ピーマンはヘタの部分を切ってワタを取り除いて袋状のままにする
(わかるかなぁ・・・)
3:ピーマンをラップで包んでレンジでチン。1分くらい?
4:牛肉にタイミング良く焼き肉のたれをかける
5:ゴマを振りかけてあえる(フライパンの上でいいですよ)
6:ピーマンが柔らかくなっていたら牛肉を詰める
7:ピーマンのお尻を下にして脂が出ないようにしたまま冷やす
(お椀の中で立てかけてます)
8:朝、縦に切る。詰める。(たぶん脂で固まって切りやすいはず。私も明日の朝切ってみるので・・・w)
以上。
おおざっぱにやってくださいw

2011-04-12

もう1ヵ月。

| 23:33

3/11からもう1ヵ月も過ぎてしまったのか、と思うと胸がぎゅっとなります。
胸がぎゅっとなって次にどうしたら良いのか
たまにわからなくなるときもあります。

もう1ヵ月目なのに大きな地震が来て
地震に対してやり場のないストレスも感じています。
でも毎日朝は来るし、幸運なことに仕事もあります。
だから少しでも早く復興できるよう
下を向いて歩かないように自分に言い聞かせて
毎日を過ごそうと心がけています。
今日も空がきれいです。

2011-04-09

朝ごはん

| 12:15

朝ごはんが美味しすぎたのでブログを書いてますw
おいしくて(ちょっと高いw)おしゃれパン屋さんがあるんです。
パニーニを買うとお店で適度に温めてくれて本当においしい。
外側カリッパリッで味も最高です。
福島でこんなにおいしいパンが食べられるなんて・・・!って思っていましたが
実はですね福島は結構個人経営のおいしいお店があるんですよ。

喫茶店なんて、
お客さん来るのけ?
ってくらいの場所で繁盛していたりすることもざらです。
で、実際に美味しいコーヒーでした。
丸善カフェとかでのスノッブ(?)なお茶も素敵なんですけど
こっちのお茶はあたたかみがあるような。

そんなこんなで福島に来て、人間らしく生きてるなぁって気持ちでいっぱいです。
震災はまだまだ続いていて、本当の復興はいつになるだろうって気持ちはありますが
美味しいもの食べて元気出してたら結構頑張れる気がします。
そんな休日でした^^

2011-04-04

新生活

| 21:07

こんなご時世ですが、4月から社会人となり毎日楽しく忙しくしております。
放射能は早く無くなってほしいし、お水も水道から怖がらずお料理に使いたい。
余震で家がピシっていう音も嫌。
でもまだ避難所生活でお家に帰宅したくてもできない方が
たくさんいらっしゃる。
だから、まだお金もない新人の私は
一生懸命働いて社会に貢献しようと思っています。
忘れられない入社の年です。

そして一番の敵であるずぼらな自分に負けないよう
できることから一つずつ取り組んでいきます^^

やっとこれで親離れできた気がします。
まだまだ甘えているところもあるけど
社会人1日目から親のありがたさや、どれだけ大切にしてくれていたかを強く感じました。
私もいつか親になったときに同じ以上に
自分の子供を大切にできるような大人になりたいです。
それにこの家の近くには親のような知人もいらっしゃいます。
友人の皆、安心してください^^