Hatena::ブログ(Diary)

WEB開発初心者の成長記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-12-16

RSA認証(ssh version2)〜秘密鍵と公開鍵を作る

久しぶりに秘密鍵と公開鍵を作りました。案の定、記憶が薄くなっていたのでメモします。

■注意!
秘密鍵は、他の人に見せてはいけません。
●手順概要
(1)ログインする端末で秘密鍵と公開鍵を作る
(2)公開鍵をログイン先(ログインしたいサーバー)に送って、公開鍵一覧に書き込む

やることはそんなに難しくないですが、公開鍵と秘密鍵を間違えると認証の意味がなくなるので要注意です。

●手順詳細
(1-1)ログインする端末で、秘密鍵と公開鍵を作ります。
※ホームディレクトリ配下に.sshというディレクトリが出来上がり、その中にそれぞれできます。
※すでに~/.sshがある場合、その中にできます。

shell> ssh-keygen -t rsa

(1-2)鍵ファイルにつける名前を聞かれるので入力

(1-3)パスワードも聞かれるので入力

(1-4)秘密鍵と公開鍵ができているか、確認してみます。

shell> cd ~/.ssh
shell> ls -la

●●と●●.pubというファイルが出来上がっているはずです。
(●●は、(1-2)でつけた名前が入っています)

※●●.pubが公開鍵です。

(2-1)公開鍵(●●.pubの方)をログイン先に書き込みます。
※書き込み先は、~/.ssh/authorized_keysです。ログインしたいサーバーのホームディレクトリにあるauthorized_keysです。なければ、vi等のテキストエディタで作っちゃってください。

送る方法:なんでもいいです。ハードディスクを使おうが、コマンドを使おうが。
書き込み方法:コピー&ペーストでもいいしコマンドでもいいです。

ちなみに、秘密鍵パーミッションは、600もしくは400でないといけません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/midori_kasugano/20091216/1260969466