Hatena::ブログ(Diary)

WEB開発初心者の成長記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-12-11

php関数集

phpプログラムを作る最中に調べたもの。コードは、後日のせますね〜。


◎isset(引数)

引数に指定した変数が定義されていれば真を、定義されていなかったら偽を返す。

引数の値が0や空文字のときも真を返してくれるが、nullのときは偽を返す。


◎return;

スクリプトの実行を終了して、値を返してくれる。


文字コードの指定

utf8の場合は、「utf-8」と書く。ハイフンを忘れていたために、IEでは表示されず、firefoxでは文字化けするという悲惨なことになってしまいました。


◎mb_convert_kana( 文字列, 変換オプション, 文字エンコーディング )

第一引数の文字列を、第二引数の変換オプションに従って変換し、第三引数エンコーディングに従って出力してくれる関数。変換オプションの「a」は、全角英数字を半角英数字に変更してくれます。


◎preg_rplace( パターン文字列、置換文字列、対象文字列 )

対象文字列のうち、パターン文字列に該当する部分を置換文字列として指定した文字列に変換します。


◎preg_match(パターン文字列, 対象文字列)

対象文字列が、パターン文字列かどうかチェックしてくれます。


◎preg_match(パターン文字列, 対象文字列, 格納配列

対象文字列がパターン文字列かどうかチェックしてくれ、該当部分を格納配列として指定した変数の中に格納してくれます。


◎sprintf("フォーマット", 変数)

フォーマットでしていした型に、引数として指定した変数を当てはめたものを返してくれます。ただし、ブラウザに出力する機能はないので、ブラウザに表示させたいのであれば、別途print文が必要です。

$変数2=sprintf("フォーマット", 変数)
print($変数2)

◎in_array (検索値, 検索対象配列)

検索値が、検索対象配列に含まれていれば真を、含まれていなければ偽を返します。