Hatena::ブログ(Diary)

おなかいたい日々の記録

2017-10-22

[]新しいKindle Paperwhite買った

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 Kindle発売5周年ということで7300円値引き。この間Prime Readingって限定的だけど読み放題サービスがリリースされて、Kindleまた使うかなぁって思ってたところ。去年までの値引きセールを調べると、だいたい年5回くらい値下げがあるんだけど、8月のあとは12月だったはず。12月に値下げしたら新しいPW買おうかなと思ってたら、このタイミングで値下げ。完全に私のようなユーザーを狙い撃ちですよ。Prime ReadingでちょっとKindleほしいなって思ったユーザーを狙い撃ち。してやられた。

f:id:midorinote:20171022180126j:image:w450

 左が今回買った新しいKindle Paperwhite。今買えるPWは第3世代との事。ということは以前買ったPWは第2世代。右のPWが第2世代。上の写真、パッと見た感じはほとんど変わらない。「まったく見た目同じだとわかりにくいから一応差をつけておくか…」みたいな消極的モチベーションで調整されているに違いない。下部のロゴが印刷(第2世代)かエンボス加工(第3世代)か。ほとんど変わんないのは分かってたんだけど、一応ppiが高くなることを期待して購入した。でもそれもよーく見ると分かる程度。あんまり積極的に買い直さなきゃ!ってほどではなさそうかな。綺麗になっているのは間違いないけど。ちなみに今回は広告なしモデルを選んだので、電源スイッチを押して即、本が読めるのは良い。広告ありモデルだと、電源スイッチから広告画面を画面スワイプして中身に入る。でもたいした広告が入ってるわけじゃないんだけどなぁ…。「Kindleストアでお気に入りの1冊を見つけよう」みたいな表示しか出てない。

 さて何読もう。最近なんだかんだで紙の本買っちゃうからなぁ…。あんまり本棚に溜め込みたくなくて、ある程度溜まったら売っちゃうんだよね。なぜ新しいPW買ったのか。

2017-10-04

[]舟を編む

舟を編む 通常版 [Blu-ray]

舟を編む 通常版 [Blu-ray]

なんという静かで熱い映画か…。すごくいい映画をみた。入っててよかったアマゾンプライム。Amazonビデオで視聴。派手な動きはないけども時間の積み重ねを見せる演出がすごく好き。メイクの変化による老化の見せ方とは別に、季節の移り変わり、人間関係の変化、机の上の仕事内容等々、ナレーションやテロップでの直接的説明に頼らない時間経過が見事だなと思った。その時間の演出の美しさの為か、辞書制作という気の遠くなるほどに時間のかかる編集作業を、一緒に体験したかのような気持ちになる。

[]きみの声をとどけたい

君の名は」「この世界の片隅に」以降オリジナルアニメに対する期待感があるけれども、なかなか大ヒットに繋がる作品が生まれない。「打ち上げ花火〜」が多少良かったのかな?それでもいずれの作品にも及ばぬ状態か。まぁそうそうヒットなんて生まれないもんですけれども。あとあの作品以降のオリジナルアニメはどうしてもその二作品と比較されてしまう所があって、それはそれで不幸な気がする。もともとオリジナルの劇場アニメはそこそこ存在してたのにね。
 本作の感想。めちゃくちゃ素直でいい映画。主人公の女子高生にはちょっと現実離れした天然な所があるけれど、それはそれとして全体を通しては魅力あるドラマであったように思う。でも素直すぎかなー。やっぱり最近の気持ち良いエンタメの構造としては一度くらい裏切りが欲しかった。気持ちのよい裏切り。裏切られてからの救済ですよ。素直な展開はもちろん気持ち良いんだけど、引っ掛かりが無いとちょっと物足りない。物足りないとSNSでの拡散力が弱い。最近は金のかけた宣伝よりも口コミの評判の方が影響力が大きいのは周知の事。いわゆるインスタ映えではないが、拡散効果の高いことが最近のエンタメには求められる…。まぁでも映画におけるSNS映えってのはやっぱり嬉しい裏切りだと思うし、作品が良くなる為の仕掛けでもあるので積極的に仕込んで欲しいところ。

2017-08-15

[]エンダーのゲーム

 これもPSVitaで見る。いつ録画したやつだか記憶にないほど遠い過去に録画したやつ。少年が活躍する作品らしく、吹き替えはややアニメ風なキャスティングだなという印象。アニメ声優とか吹き替え声優とか優劣はないと思うんだけど、アニメっていうジャンルはやや特殊な演技をしているのかもしれない。それがなんなのかはよくわかんないけど。単にキャステイングがミスってるだけかもしれないけど、佐藤聡美の吹き替えはちょっと違和感ある。沢城みゆきの少年すら違和感がある。

 ところでこの映画の続きはないのか。原作的には続きがありそうだけど。この映画すごく中途半端な印象だ。

2017-08-12

[]ゴッドファーザー PARTI

 きっと何回か見てるんだけど冒頭のシーンしか記憶に無い。いや、もしかしたら一度も見てないのかもしれない。冒頭だけ見て止めてるのかもしれない。とにかく冒頭の、ドン・コルレオーネに娘の復讐をお願いするシーンが強く印象に残ってる。なぜ一番最初に俺のとこ来なかったんだ。でも今まで距離を置いて、自分をゴッドファーザーと呼ぶことの無かったお前の頼みをやすやすと聞くわけにはいかん。復讐はしてやる。でも何か俺から頼むこともあるかもしれないからその時は頼むな。一連の会話、そしてマーロン・ブランドの印象的な芝居によってドン・コルレオーネの圧倒的存在感と物語におけるポジションが示される。ものすごく引き込まれる冒頭だ。

 これIIIまであるけど、このあとどうなってるんだろ。見るけど。一番かっこいい人死んじゃったよ。

2017-08-09

[]永遠のゼロ

 個人的には面白かったし、役者の演技もすごく良かった。岡田准一の抑えのきいた渋い芝居がとても良い。ベースがそこだから激昂したときの訴えの強さが衝撃的にあるなと。
 戦争を扱う映画を作ると、映画が戦争を「賛美」してるとか、「否定」してるとか…その解釈で盛り上がる人々が一定数いるんだけど、どうでもいい話だなぁと思う。というか今更「戦争賛美」の物語作る人なんているか?そもそもこのご時世、よほど極端な思想の持ち主が奇跡的に何人も集まって出資し合うとこまで奇跡を積み重ねないと映画にならんでしょ。それはともかくとして無用な深読みしてイライラしてる人は本当にご苦労様だなぁと思う。素直に受け取ろうよ。
 本編からEDに入る直前のカットがものすごく余韻があってカッコイイなと思った。

[]クレイマー、クレイマー

 ドラクエ11を買った。PS4版。自宅でちまちまやろうと思ったんだけど、始めたら面白くなってきて持ち出して遊びたいなと。そんな時に活躍するのがPSVitaWi-Fiさえあればさながらニンテンドー3DS版のように携帯できるドラクエ11になる。(Wi-Fiのことをウィッフィーって言う人に最近あった。割合としては相当少ないはず)リモートプレイ。ちなみにWin/Macがあっても可。すごいぞPS4。しかし面白いなと感じたのもつかの間、RPGが長くできないことに気がついた。1時間以上プレイしてるとなんか止めるタイミングを考えてしまう。他にやりたいこと多い。いや、やりたいことがあるような気がするだけで本当は無いのかもしれないけど。なぜか追い詰められている感覚。またそれはそれとして、作業がめんどくさい。レベル上げが面倒くさい。移動が面倒くさい。ストーリーを追うのは面白いと感じるのに、主人公となって世界に没入することができない。小説みたいにRPGがやりたい。それはRPGではない!

 というわけで数年ぶりに引っ張り出したPSVitaは録画した映画を外で見るのに使用する事になった。普段は吹き替え派だが、電車の中で視聴することが多いので字幕の方が見やすい。そんなに遮音性の高いイヤフォンないので。

 今更クレイマー、クレイマー。「そして父になる」をついこの間見たので大変偶然に父と子の関係についての映画が続いている。大変有名な本作だけど、内容は知らなかったんだよ。森のなかで死体を発見しちゃう少年少女の話だと思ってたんだ。それはスタンド・バイ・ミーだった。スタンド・バイ・ミーフォレスト・ガンプがたまに内容テレコする。