松本美穂ブログ(SQL Server 中心ノート) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-21

富士山の麓でリフレッシュ

富士山の麓でエナジーチャージしてきました。

西湖

f:id:miho_matsumoto:20160521200353j:image

精進湖

f:id:miho_matsumoto:20160521200354j:image

山中湖

f:id:miho_matsumoto:20160521200355j:image

f:id:miho_matsumoto:20160521200356j:image

河口湖

f:id:miho_matsumoto:20160521210448j:image

キビタキ

f:id:miho_matsumoto:20160521200358j:image

ウソ

f:id:miho_matsumoto:20160521200746j:image

ヒガラ

f:id:miho_matsumoto:20160521200359j:image

ツバメ

f:id:miho_matsumoto:20160521200357j:image

大自然のパワーが桁違いですね!

2016-05-17

新緑のオナガ(2016年ゴールデンウィーク)

変な声の鳥がいるなぁと思ったら、オナガでした。

f:id:miho_matsumoto:20160517195145j:image

その名の通り尾が長くて優雅な外見。鳴き声のイメージと違いすぎです。でも、そこもまた魅力。

f:id:miho_matsumoto:20160517195146j:image

カラスなど雛を狙う天敵が来ると、ますますすごい声で鳴きます。

後ろ向きに見ると、ワカメちゃんカット風なところも気に入っています。

f:id:miho_matsumoto:20160517195147j:image

2016-04-28

「SQL Server 2012の教科書」が重版となりました

SQL Server 2012の教科書」が重版となりました。5刷だそうです!

お買い上げくださった皆さん、本当にありがとうございます!

著者を大切にして丁寧に本を売ってくださるソシムさんに感謝します。

皆さんのおかげで本を出すことができます。

f:id:miho_matsumoto:20160428091006j:image

SQL Server 2012の教科書」の目次はソシムさんのページでご覧ください。

http://www.socym.co.jp/book/840



あしかがフラワーパークの大藤

あしかがフラワーパークの藤(2016年4月26日)。

見ごろを迎えているとはいえ、花のボリュームや長さを堪能するには、少し早かったかなと思ったのですが、下記の夫が撮った写真をみると、一つの木から枝がたくさん出ているのがはっきりわかります。

大藤

f:id:miho_matsumoto:20160428085914j:image

f:id:miho_matsumoto:20160428085913j:image

完全に花が咲ききっていると花が密集して枝が見えづらくなるので、これはこれで感動でした。

2016-04-24

ノウサギ!

予期してなかったカワイイ出会い。

f:id:miho_matsumoto:20160424174601j:image

f:id:miho_matsumoto:20160424174602j:image

嬉しかったけれど、ピーターラビットのお父さんの話を思い出して、人目につくところに出てはだめよと心の中でアドバイス。

写真を撮らせてくれてありがとう!

2016-04-21

「SQL Server 2016 プレビュー版 Analysis Services の新機能」自習書を作成しました!

SQL Server 2016 Analysis Services 新機能の自習書を作成しましたので、ぜひご覧ください。

下記のマイクロソフトさんのサイトから、どなたでも無料でダウンロードできます。

http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products-SQL-Server-2016-Evaluate.aspx

Tabular Mode(テーブル モード/表形式モード)をご利用の皆様にぜひ読んでいただきたいドキュメントですが、最初に基本操作を載せてありますので、Analysis Services を使ったことのない方でも参考になると思います。いつものとおりのステップ バイ ステップ形式で、すべての手順に画面を使用しています。

また、SQL Server 2014 と比較してのパーティションの並列処理の性能と DirectQuery の性能について、私たち自身が検証した結果も載せていますので、参考にしていただければと思います。

f:id:miho_matsumoto:20160421202546j:image


目次は次のとおりです。

STEP 1. Analysis Services の新機能の概要 4

1.1 SQL Server 2016 RC2 のダウンロード 5

・Management Studio を別途ダウンロードインストールが必要 6

1.2 SQL Server 2016 RC2で提供された主な新機能 7

1.3 SQL Server 2016 Analysis Services の主な新機能 9

・性能向上に関する新機能 9

・Tabular Mode の機能拡張 11

・DirectQuery の大きな進化 15

・その他の機能拡張 17

1.4 Analysis Services のインストール 21

1.5 SQL Server Data Tools(SSDT)for VS2015 のインストール 23


STEP 2. Analysis Services の 新機能を試してみよう 25

2.1 この Step で作成するレポート/NorthwindJ データベース構成 26

・NorthwindJ データベースの構成 26

・作成するレポートの概要 〜商品区分ごとの売上金額〜 28

2.2 Tabular Model(テーブル モデル)の基本操作 30

・NorthwindJ データベースからデータのインポート 32

インポートしたデータの確認 37

DAX 式による計算列の追加(単価 * 数量の受注金額を計算) 38

・メジャーの作成 39

・ダイアグラム ビューの表示/切り替え 40

・Analysis Services サーバーへの配置 42

・MDX クエリ デザイナーでデータの参照 44

2.3 クライアントから Tabular Model への接続 48

Excel ピボット テーブルからの接続(SSDT から起動する場合) 48

Excel ピボット テーブルからの接続(Excel から直接の場合) 54

・Power BI Desktop からの接続 〜無料で利用できる BI ツール〜 57

・Reporting Services からの接続 63

・Reporting Services のモバイル レポート パブリッシャーからの接続 69

・Management Studio の MDX クエリ エディターからの接続(MDX、DAX) 70

・MDX クエリ エディターで DAX クエリの実行 71

・ADOMD.NET からの接続(VBC# などの .NET Framework 言語) 72

2.4 SQL Server 2016 からの Tabular Model の新機能 74

2.5 計算テーブルDAX エディターの進化 75

・Let's Try 75

DAX エディターでのコメント // 79

2.6 計算テーブルで日付ディメンションの作成 80

・Let's Try 80

・リレーションシップの作成(受注日から日付ディメンションへ) 83

・日付テーブルとしてマーク/タイム インテリジェンス関数で前年金額の取得 87

・日付ディメンションの複製 〜出荷日での分析〜 90

2.7 新しい DAX 関数(50以上) 97

・Let's Try 〜DATEDIFF、MEDIAN、CONCATENATEX〜 98

・CONCATENATEX で文字列の連結 101

2.8 双方向フィルター(Bi-Direction Cross Filtering) 106

・双方向フィルターへの変更(SQL Server 2016 からの新機能) 108

・既定値を双方向フィルターに変更する場合 109

2.9 DisplayFolder のサポート 111

・DisplayFolder の設定方法 111

2.10 翻訳(Translation) 112

・翻訳機能の利用方法 112

2.11 DirectQuery への変換 116

・DirectQuery の利用方法 116

・Analysis Services への配置(データのインポート不要) 118

・[Excel で分析]では「フル データ ビュー」を選択 118

・DirectQuery で発行される SQL の確認 〜SQL Server Profiler〜 119

2.12 DirectQuery での MDX クライアントのサポート 120

・内部発行されている MDX や DAX を確認する方法(SQL Server Profiler) 121

2.13 DirectQuery での行レベル セキュリティ 123

・行レベル セキュリティの設定方法 123


STEP 3. その他の新機能 126

3.1 スクリプト モデルの変更(XMLA から TMSL へ) 127

・TMSL スクリプトの生成 127

3.2 Tabular Model の PowerShell 対応 129

3.3 拡張イベント(XEvents)のサポート 131

3.4 TOM(Tabular Object Model) 133

3.5 DBCC コマンドのサポート 134

・おわりに 135

SQL Server 2016 のその他の自習書 135

・付録:サンプル データベース(NorthwindJ)の作成 136