Hatena::ブログ(Diary)

かくの如く語りき

最‘新’絶叫計画〜社会的OKなシモネタ悪フザケのボーダーは?

嘘かマコトかヒットしたそうだ。

なんかいろいろ、ウワサあるんですけど。障害者ネタカットされたとか。でもって、はっきり、黒人差別してんじゃん、とかね。その差別の仕方が「友達のはずが、本心は差別してたけど、友達のフリして偽善だった」みたいなロコツさで。あ、ヤバと思ったわけ。しかも、差別される役を演じる、黒人のお二人が共同脚本ウェイアンズ兄弟。

【三つのタブーとして、設定する】

シモネタ(もちろん、そのまま)

●悪フザケネタ社会的に問題あるやつ)

●ハッパネタ(ラリルってやつ、それをなんとなく擁護してる)

そういうのに対して、反応するじゃん、社会って。それは、社会を構成する個人の何人かが、反応してるってわけでしょ。「過激」とかいう言葉でさ。でもって、ホンマに抹殺されたり、総スカンくらったり、上映されなかったりするのだと思うの。でもって、この作品は、上映された。でもって、ヒットした。だからこそ、思うのね、現代社会タブーをギリギリなのか、余裕なのかわかんないけど、この作品が一つの物差しになる。

舞台は「ヘルハウス」。扉をコンコンと叩くためには、「オチンチン(←巨大)」の塊を掴まなきゃならない。当然のごとく、「ヘルハウス」はむせぶ、もちろん、男性。握ったのは、ヒロインシンディ女子大生

あ、言い忘れました、このシリーズ、基本的には、映画パロディね。

だから、「ヘルハウス」にて、「エクソシスト」して、「ホーンディング」な展開する。

けど、映画パロディ映画ファン的に愉しむなんてことは、出来ないのだ。大体、悪魔につかれた少女のメイクは、ちゃあんと、首が回るけどなんか、中途ハンバ、いかにも化粧しました!!!!って感じだしね。神父さんのお母さんが、少女のベッドにいたりする。あげくの果ては、緑の液体のかけあい、まるで、小学生のマクラ投げ、野球で優勝したチームのビールかけ、状態になるのだわさ。

バカやってる、バカやってる。

ようは、バカやってることによって、タブーの足跡を消していく手法をとってる。

そう言えば、もひとつ。女性差別もやってますねん。

ナイズバディだけど、顔はノーサンキュー幽霊の、顔に紙袋をかぶせて、お持ち帰り。顔はいらないの、いるのは、身体ダケ。主役の女の子は、さんざん、けなされるんだけど、それもね。

「友達だから、言ってはいけないけど、こういう場合だし、ホンマのこと言ってもいいよね」

みたいなの、腹の中では、「枝毛」「肌悪っ」と女性が気にすることを言いまくってるわけなのね。普段は友達ずら、していてもね。(←この緊急事態、そういうシーン、多し)

でもこれは、受け入れられている作品なのだ。私の場合は、不快感なかったし。エロネタの引き際がカラッとしてるから、流されている。これ以上引きずったら、シンドイの瀬戸際かもしれない。

しかしだな、中味はないよ〜、何もない。あるわけないっすか!

■Staff

監督:キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ Keenen Ivory Wayans

製作:エリック・L・ゴールド Eric L. Gold

製作総指揮:ボブ・ワインスタイン Bob Weinstein

   ハーヴェイ・ワインスタイン Harvey Weinstein

脚本アリソン・フォウス

   グレッグ・グラビアスキー

   デイヴ・ポルスキー

   マイケルアンソニー・スノウデン Michael Anthony Snowden

   クレイグ・ウェイアンズ Craig Wayans

   マーロン・ウェイアンズ Marlon Wayans

   ショーン・ウェイアンズ Shawn Wayans

音楽:ジョージ・S・クリントン George S. Clinton

■Cast

アンナ・ファリス Anna Faris シンディ

ショーン・ウェイアンズ Shawn Wayans レイ

マーロン・ウェイアンズ Marlon Wayans ショーティ

トーリ・スペリング Tori Spelling アレックス

クリス・マスターソン Chris Masterson バディ

キャスリーン・ロバートソン Kathleen Robertson セオ

ジーナ・ホール Regina Hall ブレンダ

ジェームズ・ウッズ James Woods マクフィーリー神父

アンディ・リクター Andy Richter ハリス神父

クリス・エリオット Chris Elliott ハンソン

ナターシャ・リオン Natasha Lyonne ミーガン

ティム・カリー Tim Curry オールドマン教授

デヴィッド・クロス David Cross ドワイト

リチャード・モール Richard Moll 幽霊

Connection: close