Hatena::ブログ(Diary)

かくの如く語りき

クレイドル・ウィル・ロック 奇跡の一夜〜「自分に正直」はブラボ-

1930年代ニューヨークの実話。大恐慌。、経済が大混乱を起こし、当時のアメリカは、すべてが大混乱に陥った。生活が出来ないって、状況がシンドイのは、歴史について詳しくなくても、身に染みてわかるのだ。仕事がない。でも生きていかなきゃ。そんな状況。

監督ティム・ロビンスは、あの、「ショーシャンクの空に」ティム・ロビンス「CODE64」」ティム・ロビンススーザン・サランドンとご夫婦で、「デッドマン・ウォーキング」監督なさっている。

俳優さんの監督としては、イーストウッド監督の貫禄勝ちなのだろうが、ショーン・ペンティム・ロビンスこのお二方の監督業も、怖ろしいほどに、スゴイ。才能というのはスゴイのである。まず、映画の内容の前に、その驚嘆、つ〜か、驚く、つーから、スゲーっていうか、そういう部分を書かせてくださいませ。

で、映画はエミリ・ワトソンオリーブが、劇中劇ともども、主役だが、彼女が主役というわけじゃない。マチガイなく群像劇。それも、めっちゃ、駆け足。

芸達者で、華があって、絢爛たる役者さんたちが、入れ替わり、立ち替わり、ロックフェラーなどの有名人も踏まえて出てくるの。何をしているというわけじゃないのね、ただ、もう、役者のオーケストラ。てんで、バラバラに演じているようで、交響楽な感じがする、誰かかが、ドの台詞を話せば、誰がが、ラを。或いは繰り返し、在るいは、転調。クラシックは眠くなるので、それで、眠くなりがちの作品ではある。ただ、それが、バラバラじゃなくて、リズムが聞こえてくるのは、監督の手腕や、役者たちの良さ、などなど、なのは確かだと思うの。

よって、素晴らしいクラシック音楽が、合わない方は眠りやすい作品だろな、と思ったりする。素晴らしい芸術性がゆえに、エンタメとつながらない。

それでもね、この作品のメッセージの熱さったら!!!!

資本家」という存在と、「共産主義」という考え方があるの。

そのどっちもが、「ゆりかごは揺れる」っていう演劇の上演を邪魔する。労働組合を題材にした舞台ってね、題材を資本家が嫌い、資本家が用意した舞台という仕事場で、仕事をするのを「組合」が嫌う。なんか、腹立ってくる、図式。でも、明日、上演しようとする、役者たちの気持ちを収まらない。

彼らはそんなこと、おかまいなし。

自分たちの舞台を演じたい。つまり、それが芸術ね。

でも、舞台人たちにも、「組合」があって、仕事の合間の休憩が義務づけられる。でも、稽古が進んでのめりこんでいると、休憩、なんて、ホントは関係ないだろ、っていう役者もいる。

もちろん、資本家は、すべての芸術は金で買える、と思っている。

金で買えない芸術は世に出ない。新聞王ハーストもそんなこと、言っていた。

芸術は宣伝になり、戦争の資金になる。

けれども、上演したい役者たちの気持ちと、舞台を観たい観衆の気持ちは、止められない。

ラスト、30分、のめり込めずにはいられない、「ゆりかごは揺れる」の上演シーン。

観衆に紛れていた役者達が、自分を止められず、舞台に上がる。衣装なんて、着ていない。でも、役を演じる。観衆の中から、民衆の中から、立ち上がるように。

売れない役者が、物語のキーパーソンを演じている。彼は、その舞台家族で見に来ていた。家族のために、出演を諦めて彼は、立ち上がり演じている。その父親の姿を子供たちは憧れと敬意を持って見つめている。

クレイドル・ウィル・ロック

権力のゆりかごは揺れる。主義主張に汲みしない人の奥底の気持ち。自分に正直な人々の気持ちに胸が熱くなる。

って、感動的な締めくくりにしておきながら、役者さんチェック。

ジョン・キューザック、ジョーン・キューザック、やはりお顔が似てました。ジャック・ブラックも出ておりました。ジャック・ブラックが演じる、腹話術人形に扮装している姿は、なかなか!ジョン・タートゥーロは、歌が案外うまかった。ビル・マーレイは、芸達者!


■Staff

監督ティム・ロビンス Tim Robbins

製作:ジョン・キリク Jon Kilik

   リディア・ディーンピルチャー Lydia Dean Pilcher

   ティム・ロビンス Tim Robbins

脚本ティム・ロビンス Tim Robbins

撮影:ジャン=イヴ・エスコフィエ Jean-Yves Escoffier

音楽:デヴィッド・ロビンス David Robbins

 

■Cast

エミリー・ワトソン Emily Watson

ハンク・アザリア Hank Azaria

スーザン・サランドン Susan Sarandon

ジョン・キューザック John Cusack

ジョーン・キューザック Joan Cusack

ビル・マーレイ Bill Murray

ケイリー・エルウィズ Cary Elwes

アンガス・マクファーデン Angus MacFadyen

ルーベン・ブラデズ Ruben Blades

ヴァネッサ・レッドグレーヴ Vanessa Redgrave

ジョン・タートゥーロ John Turturro

チェリー・ジョーンズ Cherry Jones

フィリップ・ベイカー・ホール Philip Baker Hall

ギルロビンス Gil Robbins

最‘新’絶叫計画〜社会的OKなシモネタ悪フザケのボーダーは?

嘘かマコトかヒットしたそうだ。

なんかいろいろ、ウワサあるんですけど。障害者ネタカットされたとか。でもって、はっきり、黒人差別してんじゃん、とかね。その差別の仕方が「友達のはずが、本心は差別してたけど、友達のフリして偽善だった」みたいなロコツさで。あ、ヤバと思ったわけ。しかも、差別される役を演じる、黒人のお二人が共同脚本ウェイアンズ兄弟。

【三つのタブーとして、設定する】

シモネタ(もちろん、そのまま)

●悪フザケネタ社会的に問題あるやつ)

●ハッパネタ(ラリルってやつ、それをなんとなく擁護してる)

そういうのに対して、反応するじゃん、社会って。それは、社会を構成する個人の何人かが、反応してるってわけでしょ。「過激」とかいう言葉でさ。でもって、ホンマに抹殺されたり、総スカンくらったり、上映されなかったりするのだと思うの。でもって、この作品は、上映された。でもって、ヒットした。だからこそ、思うのね、現代社会タブーをギリギリなのか、余裕なのかわかんないけど、この作品が一つの物差しになる。

舞台は「ヘルハウス」。扉をコンコンと叩くためには、「オチンチン(←巨大)」の塊を掴まなきゃならない。当然のごとく、「ヘルハウス」はむせぶ、もちろん、男性。握ったのは、ヒロインシンディ女子大生

あ、言い忘れました、このシリーズ、基本的には、映画パロディね。

だから、「ヘルハウス」にて、「エクソシスト」して、「ホーンディング」な展開する。

けど、映画パロディ映画ファン的に愉しむなんてことは、出来ないのだ。大体、悪魔につかれた少女のメイクは、ちゃあんと、首が回るけどなんか、中途ハンバ、いかにも化粧しました!!!!って感じだしね。神父さんのお母さんが、少女のベッドにいたりする。あげくの果ては、緑の液体のかけあい、まるで、小学生のマクラ投げ、野球で優勝したチームのビールかけ、状態になるのだわさ。

バカやってる、バカやってる。

ようは、バカやってることによって、タブーの足跡を消していく手法をとってる。

そう言えば、もひとつ。女性差別もやってますねん。

ナイズバディだけど、顔はノーサンキュー幽霊の、顔に紙袋をかぶせて、お持ち帰り。顔はいらないの、いるのは、身体ダケ。主役の女の子は、さんざん、けなされるんだけど、それもね。

「友達だから、言ってはいけないけど、こういう場合だし、ホンマのこと言ってもいいよね」

みたいなの、腹の中では、「枝毛」「肌悪っ」と女性が気にすることを言いまくってるわけなのね。普段は友達ずら、していてもね。(←この緊急事態、そういうシーン、多し)

でもこれは、受け入れられている作品なのだ。私の場合は、不快感なかったし。エロネタの引き際がカラッとしてるから、流されている。これ以上引きずったら、シンドイの瀬戸際かもしれない。

しかしだな、中味はないよ〜、何もない。あるわけないっすか!

■Staff

監督:キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ Keenen Ivory Wayans

製作:エリック・L・ゴールド Eric L. Gold

製作総指揮:ボブ・ワインスタイン Bob Weinstein

   ハーヴェイ・ワインスタイン Harvey Weinstein

脚本アリソン・フォウス

   グレッグ・グラビアスキー

   デイヴ・ポルスキー

   マイケルアンソニー・スノウデン Michael Anthony Snowden

   クレイグ・ウェイアンズ Craig Wayans

   マーロン・ウェイアンズ Marlon Wayans

   ショーン・ウェイアンズ Shawn Wayans

音楽:ジョージ・S・クリントン George S. Clinton

■Cast

アンナ・ファリス Anna Faris シンディ

ショーン・ウェイアンズ Shawn Wayans レイ

マーロン・ウェイアンズ Marlon Wayans ショーティ

トーリ・スペリング Tori Spelling アレックス

クリス・マスターソン Chris Masterson バディ

キャスリーン・ロバートソン Kathleen Robertson セオ

ジーナ・ホール Regina Hall ブレンダ

ジェームズ・ウッズ James Woods マクフィーリー神父

アンディ・リクター Andy Richter ハリス神父

クリス・エリオット Chris Elliott ハンソン

ナターシャ・リオン Natasha Lyonne ミーガン

ティム・カリー Tim Curry オールドマン教授

デヴィッド・クロス David Cross ドワイト

リチャード・モール Richard Moll 幽霊

ヒア・マイ・ソング〜歌って笑ってハッピーエンド?

愛らしいダメ男には、いつも人が集まってくる。

イギリスリヴァプールのミュージックホールの支配人さん、その名も「ハートリーズ」ていう、ロゴの真ん中にハートを射抜いたのが入ってる舞台は、経営がちとやばかった。

そのための企画第一弾が、スペルが一字違いのフランク・シナトラ(KがCとかね。)

もちろん、大ブーイング状態。で、第二弾は、愛されて人気があるんだけど、犯罪者で逃亡中のジョゼフ・ロックそっくりさん。これも、元・恋人さんの登場でオジャン。

軽快に笑わせてくれます。

ネタ連発、なのに、異様に温かい。

みんな、音楽が大好きでさ。

で、ダメ男、ミッキー・オニール、思い立ったが吉日。

ほとんど文無しで、友達をあてにして(タクシー代も)ジョゼフ・ロックさがしに奔走する。友達も変人がきた、と呆れてる。でも、つきあっている。

どうしようもないのに。

どうしもうもないのに、ね。

ミッキー・オニール、誰にも信用されてないのに、名前、連発している。

んでもって憎めない。最初はいい加減でも、それが通用しないとなったら、体当たりで、嘘抜きで、物事にぶつかっていくんだよね。とことん。

とことん、エピソード。

ジョゼフ・ロックに、底なしの井戸がある、と言われて友人と見に行く。

で、最初は小さい石をなげてみる。でも、音がしない。でも、確かめたい。だから、今度は大きい石を投げ込む。でも、それは、ただの落ちている大きい石じゃなくて、牛さんの鎖をつないでたから、さあ、たいへん。牛まで、井戸に引き吊りこまれそうになる。

アイルランドの自然が見事で。なんか、うっとおしいこと考えるまもなく、この作品に出会えてよかったな、うれしいな〜、と思いたくなる。ミッキー・オニールをみんなが、なんとなく愛してしまうみたいに、だんだん、愛してしまう。

物語は、キレイにまとまった佳作。キレイに登場人物さんは、惜しげもなく役割を持つ。あの一字違いのフランクシナオラまでも。

「0011ナポレオンソロ」のイリヤクリアキン、デビッド・マッカラム氏の姿も。

ちょっと、おいしくない警察側の地団駄踏む役。でも、なんか、うれしい。

とにかく、コメディ映画でもないのに、笑って終われる作品。

他の方のレビューも評価高いみたいっすよ〜。おそらく、どこのビデオ屋さんでも、コソッとある作品。映画は、宣伝が大きいけど、レンタルもんは、出会いですもんね。出会えてよかったよん。


■STAFF

監督ピーター・チェルソム Peter Chelsom

製作: アリソン・オーウェン・アレン

脚本ピーター・チェルソム Peter Chelsom

エイドリアン・ダンバー Adrian Dunber

撮影: スー・ギブソン Sue Gibson

音楽: ジョン・アルトマン John Altman

 

■CAST

ネッド・ビーティ Ned Beatty

エイドリアン・ダンバー Adrian Dunber

シャーリー・アン・フィールド Shirley Anne Field

タラ・フィッツジェラルド Tara Fitzgerald

ウィリアム・フットキンス William Hootkins

デヴィッド・マッカラム David McCallum

ジョー・カディ

10億分の1の男〜ハズレがあるならアタリもあるわけだ。

常識のなせるワザなのか。

人間って、可能性を自分から狭めているとこあるよな。例えば、宝くじ。当たるはずない。100分の1程度でも、自分が99人になる可能性の方が高い、とか、どっかで思ってる。

まあ、なんて夢のない話、なんて思わないでね。

この映画にはサムさん、サミュエルさんという老人がいる。

で、世界中の運試しさんたちが、このサミュエルさんを目指してトーナメント状態になってるわけなんだな〜。彼に挑める挑戦権を得るために、数々の運試しギャンブルが企画されている。

例えば、目隠しして、車が往来する道を横断してみる。

車に当たって死ぬ確率。

車に当たらずに横断出来る確率。

どちらも0じゃない、0じゃないのだ。

夢のない話になってきました。ハズレじゃなくて、アタリがある。

でも、アタリじゃなくて、ハズレもある。

くじがなくなったら、当たったヒトとハズレたヒトがいるわけだ。

サミュエル老人への挑戦は究極のギャンブルである。

6つのうち、5つの弾丸が込められたピストルを持ち、サム老人のこめかみを狙う。

彼を殺すことが出来たら、大当たりである。

だが、これまで多くの方々が挑戦して、失敗してきた。

失敗したら、老人の順番だ、ピストルを渡さなければならない。

バーン

そんなこんなで、主人公が出てこないまま、映画のお話をしとりますがな。

でも、サミュエル老人にいきつくことが、映画の全てであります。

人類の巨大な「運」ピラミットの頂点。

アタリ続けたハズレなしのたった一人の場所にいる老人。

彼に夢があったとは思えない、むしろ、ハズレを見続けて日々。

ユダヤ人だから、彼が主人公に話すガス室エピソードは、サム老人をピラミットの頂点へ向かわせる入口だった。

「運」というものの、見えないもんを見事に映像化した、スゴイ作品。

スゴイとしか、いいようがないよ、あるんだよ、「運」。アタリはあるのだよ。

ハズレばっかりもあるけどね、アタリもあるのだよ。

映画は乾いて、殺風景だけど、「愛」で終わるのだな。

写真の扱い方がとっても興味深い。ヒトの写真を持つことって、そのヒトの「運」ももらうことなんだな。

10億分の1の男

■Staff

監督: フアン・カルロス・フレスナディージョ Juan Carlos Fresnadillo

製作総指揮: フェルナンド・ボヴァイラ Fernando Bovaira

エンリケ・ロペス・ラビニュ Enrique Lopez Lavigne

脚本: フアン・カルロス・フレスナディージョ Juan Carlos Fresnadillo

アンドレス・M・コッペル Andres M. Koppel

撮影: シャビ・ヒメネス Xavi Gimenez

編集: ナチョ・ルイス・カピヤス Nacho Ruiz Capillas

音楽: ルシオ・ゴドイ Lucio Godoy

 

■Cast

レオナルド・スバラグリア Leonardo Sbaraglia トマス

ユウセビオ・ポンセラ Eusebio Poncela フェデリコ

マックス・フォン・シドー Max Von Sydow サム

モニカ・ロペス Monica Lopez サラ

アントニオ・デチェント Antonio Dechent アレハンドロ

パンチドランクラブ〜キレちゃってもいい?上手くいかないから。

上手くいかないと、キレたくもなるのである。

キレやすいかどうか、ってより、上手くいかないのが続くとキレたくもなるのである。欲望が欲しいんじゃない、ただ優しい「感触」が欲しいだけ。だって、姉からは得られないもんだもん

自分を表現出来ないとキレたくもなる。

あんなふうにキレないさ、と言い切れるもんでもない。いつキレてもいいでしょ、ムカついてるでしょ、うるさい!とか思ってるでしょ、思ったことない?

そういうところを、ついてきた、ポール・トーマス・アンダーソン監督

スゴイスゴイ、上手い。この監督、上手い、手放しで上手さに対して興奮する。アダムサンドラーのキレが演技を人ごとのように思っても、共感しても、それは、PTA監督の思うツボだ。あんまり観ないとこをパキッと切り取ってくれやがって、くそ〜、憎いね。

リナさんの部屋を忘れて辿りつけないバリー。

ここは迷宮か!!っていうくらい、グルングルン、回って回る〜。

それくらい、彼は回り道を余儀なくされ、何も言えずに、がんばっているんだ。がんばっても、上手く行かないからキレたくなる。上手く行けば、キレなくてもいいのにさ。あの電話だってさ〜、そんなつもりはなかったのに〜っていう、自分の想いとは裏腹にドンドン悪い方へ向かって行く。

上手くいなないのだ。

でも上手くいきそうなリナさんとの恋。

キレるというのは、プラスへも向かうのね。ハワイでのラブシーンのお伽ばなしのような感じが、どういうわけが全体と調和している、変なの。

オルガンは上手くいかないバリーそのもの。メロディが奏でられない。

でも、ここぞの時はプラスにキレるのもいいかもね。

あら迷惑。そんなこと、おっしゃらないで。

たまにはキレないとやってたらない世の中の一部が、恋と絡んで、とってもヘンテコリンに表現されているのである。


■Staff

監督ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson

製作:ジョアンセラー Joanne Sellar

    ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson

    ダニエル・ルピ Daniel Lupi

脚本ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson

撮影:ロバート・エルスウィット Robert Elswit

編集:レスリー・ジョーンズ Leslie Jones

音楽ジョン・ブライオン Jon Brion

■Cast 

アダム・サンドラー Adam Sandler バリー・イーガン

エミリー・ワトソン Emily Watson リナ・レナード

ルイス・ガスマン Luis Guzman ランス

フィリップ・シーモア・ホフマン Philip Seymour Hoffman ディーン・トランベル

メアリー・リン・ライスカブ Mary Lynn Rajskub エリザベス