Hatena::ブログ(Diary)

俳誌「雉」北陸地区だより

2017-09-12

9月10日(日)雉金沢句会

田島 和生 先生をお招きして、開催いたしました。
於:石川四高記念文学館

主宰俳句
   ゆつくりと加賀の熟れ田を雲の影    田島 和生
   ひやひやと湖へ火色の夜明雲


〈特選〉
   仰ぎたる滝に人声呑み込まる    豊田 高子
   天高し砂浴びの馬腹を見せ     福江 ちえり
   豊の秋ほろ酔ひ舞へる猿田彦    豊田 高子
   ぱらぱらと舟に落つる葉松手入   豊田 高子
   塩焚きの釜屋の煙蟬時雨      福江 真里子

〈入選〉
飛び跳ねて船虫を喰ふ烏たち       久保田 美佳
風入れや螺鈿織り込む帯の松       志賀 理子
栗売るや一升枡にてんこもり       海野 正男
行燈の灯る寺町良夜なり         中山 ちえ
括りしもいまだ奔放乱れ萩        本多 静枝
大の字に花火見上ぐる父子かな      小林 れい
輪踊りに手の触れ合うて風の盆      生田 章子
無花果の粘りくちびる痒きかな      大上 章子
山門の敷居に座すや夏帽子        宮崎 明倫
熱帯夜猫に起され水飲ます        久保田 美佳
炎天の長崎の鐘聞こえけり        北野 陽子
梅雨明や蔵出し茶器の土臭き       福江 真里子
鮠の影右往左往に水澄めり        辻江 恵智子
蜩や弘法水に菜を洗ふ          後藤 桂子
秋の天塩山盛りの牧場かな        生田 章子
立山の雨意をはらみて風の盆       本多 静枝
床の間の蜻蛉止まりて寺座敷       中山 ちえ
編笠の月へ反り身や風の盆        山岸 昭子
水路閣くぐる禅寺萩の風         宮崎 惠美
蟬時雨白字鮮やか徹の句碑        宮崎 明倫
星飛んで銭五の海へ一直線        本多 静枝
さはやかや抱く赤子の虫笑ひ       吉田 泰子
デラウェア丸ごと食ぶる幼かな      田崎 宏
大南風舳先に旗のはためけり       久保田 美佳
玫瑰や塩焚き釜の干されたる       福江 真里子
草中に終の一輪牽牛花          福江 ちえり
御詠歌の高ぶる御堂秋夕べ        辻江 恵智子
少年の声はソプラノ秋高し        辻江 恵智子
界隈の女の集ふ夕端居          中山 ちえ
黒髪へ蝗の飛んで来たりけり       福江 ちえり

次回、10月8日(日)午後1時〜4時
於:彦三公民館2F
当季雑詠 4句 

お待ちしております。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mijinyamatanishi+kiji-hokuriku/20170912/1505183692