Hatena::ブログ(Diary)

俳誌「雉」北陸地区だより

2019-01-12

1月12日(土)雉金沢句会 初句会

於:金沢彦三公民館 2F

田島和生「雉」主宰 俳句
   嫁が君仏の耳を齧りしと
   りんりんと辛夷の冬芽日に透けり
   畑のもの焚けば寒禽鳴き来たる
   産土の神酒を立ち呑み初笑

田島 和生 主宰
〈特選〉  立山の雪へまつすぐ修験道   度山 紀子
      赤子笑むベッドの脚に冬日差  宮崎 惠美
      遠白山ともしび色の初景色   後藤 桂子

f:id:mijinyamatanishi:20190112220635j:image:w360
句会風景
f:id:mijinyamatanishi:20190112220600j:image:w360
特選 度山紀子さん
f:id:mijinyamatanishi:20190112220530j:image:w360
特選 宮崎恵美さん
f:id:mijinyamatanishi:20190112220505j:image:w360
特選 後藤桂子さん

〈入選〉
跪く墓前の親子冬日差す       中山 ちえ
初東雲夫逝きし山ほんのりと     度山 紀子
寒紅や黒留袖に際立てり       海野 正男
冬靄の解けたる底に村一つ      豊田 高子
嫁が君豆粒ほどの糞(まり)残し    後藤 桂子
歯切れ良き錫杖の音や年男      福江 ちえり
石段に琴の音流れ初詣        福江 真里子
那谷寺の奇岩に満つる淑気かな    佐瀬 元子
妻逝つて抹香くさき冬籠       海野 正男
托鉢や窓岩越ゆる波の花       豊田 高子
警笛の一際高し初電車        小林 亮文
青空へ香り放てる寒紅梅       辻江 恵智子
初雪掻き声の弾みて手も動く     生田 章子
御神木仰ぎて触れぬ淑気かな     海野 正男
うつすらと立山連峰冬日和      度山 紀子
有明の月の残れる淑気かな      山岸 昭子
玉垣に家老の名前初詣        本多 静枝
白妙の白山かがよふ大旦       豊田 高子
山寺の杉の並木の淑気かな      小林 亮文
四股を踏む足高々と初稽古      後藤 桂子
黄門橋覆ふ筵や霜の花        辻江 恵智子
大火鉢念仏称え手をかざす      度山 紀子
翁塚句帳に来たり雪螢        佐瀬 元子
内股のくつあとつづく雪の道     小林 れい
新玉の笛鳴らし合ふ碇泊船      豊田 高子
初詣五臓六腑に太鼓の音       小林 亮文
病床に聴く流行歌年つまる      青木 和枝
読初はプラハの春の上中下      辻江 恵智子
聳え立つ白き霊峰初明り       本多 静枝
ややが泣き幼があやす松の内     宮崎 惠美
澳門(マカオ)より雑音まじりの初電話   度山 紀子
間垣村猫の跳びつく波の花      後藤 桂子
子と仰ぐ立山今し初日の出      山岸 昭子
師の句碑に寒の日差しの溢れをり   佐瀬 元子
平成の名残りの鐘や福寿草      小林 亮文



D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mijinyamatanishi+kiji-hokuriku/20190112/1547298144