Hatena::ブログ(Diary)

mikage014の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年10月21日

ソースからインストールしたRuby 1.9.1をアンインストールする方法

最新の方が良かろうと思ってRuby1.9.1を入れたもののRedmineが上手くインストールできなくてRuby1.8.7にバージョンを下げた時のメモ

Ruby1.9.1をインストール

# cd /usr/local/src/

# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.1-p243.tar.gz
# tar xvzf ruby-1.9.1-p243.tar.gz

# cd ruby-1.9.1-p243

# ./configure
# make
# make install

バージョン確認
# ruby --version
ruby 1.9.1p243 (2009-07-16 revision 24175) [i686-linux]

Ruby1.9.1をアンインストール

インストールしたファイルリストが .installed.list に書かれている

xargs rm で、リストの各行にrmコマンドを適用する

/usr/local/binなどがディレクトリごと消えるとまずいので -r は付けない

# cd /usr/local/src/ruby-1.9.1-p243
# cat .installed.list | xargs rm

.installed.list がからっぽの場合は、./configure, make, make installまでやり直す

make uninstallでアンインストールできるといいのになぁ


Ruby1.8.7インストール

# cd /usr/local/src/

# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p174.tar.gz
# tar xvzf ruby-1.8.7-p174.tar.gz

# cd ruby-1.8.7-p174

# ./configure
# make
# make install

バージョン確認
# ruby --version
ruby 1.8.7 (2009-06-12 patchlevel 174) [i686-linux]

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mikage014/20091021/p1
リンク元