Hatena::ブログ(Diary)

ラスチコ ・・・イタリアの風

実 録 ・ DIY奮 闘 記

f:id:mikamsmatuuu:20121119115202j:image:left うちわの話ではありますが・・・、

弊社社員 自宅の、お風呂の脱衣・洗面室の壁面と天井を、ラスチコmono(ベージュ)で

コテを持つのも初めてという全く素人のお施主さん(女子1名)自ら が仕上げました。

その全容の記録を、ご紹介させて頂きます。

  

まずは、Before です。

お風呂の脱衣・洗面室とはいえ、40年前の新築当時のままで、タイルといわゆる”綿壁”。

f:id:mikamsmatuuu:20121119120611j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119120610j:image

f:id:mikamsmatuuu:20121119120609j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119120608j:image

これらをはがし、大工さんが、補強などを入れながら、プラスター(石膏)ボードを貼りました。

こちらの大工さん、施主さんが自ら壁塗りをするのDIYに好意的で協力的(ホントは、大工さんもやってみたかったよう)で、シーラー塗りを始めるのにピッタリあわせて、養生(接触部分の木材部分や付近の家具・出来あがった部分などが汚れないようにカバーやテーピングすること)して下さっていました。

f:id:mikamsmatuuu:20121119111540j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119111538j:image

  

なにも、ここまで完璧にしなくても・・・、と最初見た時は思いましたが、いざ、シーラー処理作業になると・・・、

f:id:mikamsmatuuu:20121119130304j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119111542j:image

f:id:mikamsmatuuu:20121119130427j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119130426j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119130425j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119130424j:image

もちろん、シーラーを扱うのも初めてのこの方↑、サラサラな液体なので、ハケでやってもかなり垂れてきたようで・・・、

えっ!? シーラーの分量ですか? いい加減です・・・。 塗り面積合計が、8崋紊世辰燭里如足りなかったら、追い足しして作ろうと思っていたら、余ってしまったので、結局2回通りくらいシーラーしたはずです。

    

f:id:mikamsmatuuu:20121119131045j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119131044j:image

派手にやってます!塗り手が豪快な性格であったのと、やはり天井を塗る時は、かなり下に落ちるので、余計なくらい養生してあったのは、大正解!だと思いました。

あと、特に、天井を塗る時は落ちてくるので、頭・顔の前の方で塗るのが、素人にはアンゼンかと思いました。

 

f:id:mikamsmatuuu:20121119111557j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119111555j:image

それで、シーラーが乾く時間を利用して、石膏ボードの継ぎ目やドアのまわりに伏せ込む、現在、わが社で売り出し中の、耐アルカリ性グラスファイバーメッシュGT165(イタリア製)を各伏せ込み場所に応じた寸法に切って用意しておきます。

室内なので、全面伏せ込みの必要がないので、1人でもできました。

これまた、グラスファイバーメッシュ切り素人の、こちらの方↑ ではありますが、普通のハサミで問題なくジョッキジョキ♫

丁寧な養生を、大工さんにして頂いたおかげで、シーラー処理などの作業は、下準備も入れて、1時間程度 / 約8 で終わりました。

  

さて、ラスチコ塗りは、塗り手の都合により、シーラー塗布から11時間後となりました。

まず、ラスチコ練り練り です。

f:id:mikamsmatuuu:20121119134502j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119134501j:image

f:id:mikamsmatuuu:20121119134625j:image

なにせ、初めてですので、ラスチコに水を入れるだけでも、こんなんでよいのかしら???と、心配になってきます。

サラサラのシーラーが、液ダレして少々苦心したので、最初は、ラスチコは、少々固ネリをこころがけました。

トロ箱とかミキサーや、コテ板などの道具がないので、食器洗いのようなタライで混ぜて、洗面器に小取りして塗りました。

  

いざ、塗り始めます!!!

f:id:mikamsmatuuu:20121119135424j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119111607j:image

”少々固ネリ”よりは、水量が多い方がノビがよく、塗りやすいので、固ネリのラスチコに少しずつ水を加えました。

f:id:mikamsmatuuu:20121119111504j:image

いや〜ぁ、天井は塗るのが難しいですね。

最初は、会社から貸与の、大きな金コテで塗ろうとしましたが、(なにせコテを触るのも初めてで)うまくいかなかったので、これまた念の為にと会社から持たせておいた小さめの「プラスチックこて」を使ったところ、コテの表面が、かなり ”しなる”ので、断然塗りやすくなったそうです。

小さめのプラスチックこて で、特に、天井は少しずつ塗りつけるようにしていったので、小さなコテあとがいくつも残っています。

f:id:mikamsmatuuu:20121119140822j:image f:id:mikamsmatuuu:20121119140821j:image

グラスファイバーメッシュ伏せ込みの際も、少々緊張しましたが、とりあえず、出来る範囲でやってみました。

 (あっちゃー、プラスチックこてが、ラスチコでぐちゃぐちゃに付いていますが、素人ですのでご容赦下さい。)

  

塗り面積が、たったの8崋紊箸いΔ里法▲魁璽福爾篥薫罎个りで、ザザーッと塗れなくて、結局7時間以上かかってしまいましたが、楽しかった〜 ♫ ♪

(首は痛くなりませんでしたよ) と、DIY塗り手からのコメントです。

    

・・・で、Afterはと言うと、

f:id:mikamsmatuuu:20121119111508j:image

写真は、乾燥前で、まだ水分を含んでいますから、色調が濃いめです。

    乾燥した今では、淡い本来のラスチコmono・ベージュ色に仕上がりました。 

      f:id:mikamsmatuuu:20121119111510j:image   

塗っていると、最初はご家族が、天井からラスチコが落ちて来ないか、心配げに何度ものぞきにこられたものの、途中からは、みなさん「ちょっとやらせて♡」とすごくやりたがっておられたそうです。(でも結局、塗り手は、プロ気どりで「アカン!」と、1度も変わらなかったそうです)

   

f:id:mikamsmatuuu:20121119143435j:image:left   使った道具は、これだけです。

あと、軍手を履いていましたので、途中、軍手でふき取ったり押えたり、けっこう重宝しました。

ラスチコは、今回のように初めてコテを持つ人でも、臨機応変に対応できる、簡単素朴な、それでいてふところの広い材料だなと思います。

   

f:id:mikamsmatuuu:20121119111612j:image:left  ”今回は、初めてのラスチコでしたが、一度さわってみると、

 「次からは、こうしよう!☆”」「あそこにぬってみよう!☆”」 と、いろいろと思いが膨らむ。” 

 と、今回DIYに挑戦した弊社社員からコメントをもらっております。

 (写真は、プラスチックこて)

    

    

              初めての方も、どうぞお気軽に、ラスチコを実体験くださいませ。

              トイレや道具部屋、脱衣場など、小さな空間から始めてみると、実に楽しいものです。

              ラスチコは、カビが生えにくく、湿気や臭いを吸収する性質(天然素材の範囲です)がありますから、

              湿度やニオイのこもる小さな空間にはぴったりです。

  

  

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    



        ■ ■ ■ ラスチコTopページに戻る:http://www.1rustic.com ■ ■ ■






          無断の転用はご遠慮ください。copy right: Matsuoka roofing inc.まつおか瓦産業株式会社