Hatena::ブログ(Diary)

三河人の徒然ものぐさ 〜激安収益物件奮闘記〜

2015-10-10 大東建託からの提案と実情(その3)

大東建託からの提案と実情(その3)

↓大家さん必見の「無料賃貸募集サイト」はこちら

http://o83.jp/ (PC用)

http://o83.jp/i/ (携帯用:お手数ですがURLを携帯から入力して下さい)

続きです。

大東建託からの提案と実情(その1)

http://d.hatena.ne.jp/mikawajin/20151007

大東建託からの提案と実情(その2)

http://d.hatena.ne.jp/mikawajin/20151008


前回までの話を踏まえてまとめると、大東建託搾取システムは

以下になります。

まあどこのアパートメーカーも同じですが。

建築でボロ儲けして利益確定

・管理費として家賃の15%搾取

敷金礼金搾取

・やばくなったら家賃下げて大家を追い込み

 (既にほぼ搾取完了してるので借り上げが終わった方が都合が良い)

・借り上げ終了時に違約金で最終搾取

・次のカモを探す

この繰り返しです。


こういった搾取システムに加担しているのは、金融機関です。

サブリースだから問題無いと、簡単に金融機関は金を貸します。

オーナー予定の方も、金融機関が貸すなら問題無いと勘違いします。


今回、大東建託側も

金融機関が貸すのですよ!つまり、このシステムが経営として

 問題無いとお墨付きが付いてるんですよ!」

と、平気で嘘を吐きました。

金融機関は金を貸すプロであり、賃貸業は素人です。

経営面でも、収支が資料上出ていれば、相手が大手アパートメーカー

だからと簡単に融資承認します。

(厳密には「総合的判断」という事にはなりますが)

このブログを見ている金融機関は多いのは知っていますので、

今一度、考え直して頂ければと思います。

今回の件もそうですが、過去に私が相談に乗ってきた破産予備軍の

大家さん達は、騙されたとしか考えていません。

こんな若造大家の私ですら、現時点で何件も同様の相談を

抱えている現実があります。


まあなんだかんだと書きましたが、結局の主犯は

オーナー予定の方ですけどね。

自己責任です。

経営放棄して丸投げで儲けようとしたり、楽に相続税対策しようと

する考えの時点で、結果は出ているのも同然です。


次回、もう少し書いて終わりにしようと思います。

書き出すとキリが無いし(笑)

P.S.

と、ここまでブログ原稿を書いたら、また大東建託がチャチャを

入れてきたと連絡がありましたので、もっと続くかもしれません。


↓気になる方は、クリック頂ければ幸いです<(__)>

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資コンパスPROブログランキングに投票