Hatena::ブログ(Diary)

みけねこ日記 〜映画と、本と、美味しいものと♪ このページをアンテナに追加

2006/01/16 あっさりしすぎの政治日常ミステリ

mike-cat2006-01-16

[]畠中恵アコギなのかリッパなのか畠中恵「アコギなのかリッパなのか」を含むブックマーク


しゃばけ (新潮文庫)シリーズ畠中恵最新作。

佐倉聖は引退したばかりの大物政治家・大堂剛の事務所で働く21歳。

かつてはグレていた時期もあったが、

いまは腹違いの弟を養うため、大学に通いつつ、仕事をこなす毎日だ。

目下の悩みは、大堂門下の政治家たちから持ち込まれる騒動の数々。

くるくると模様を替える猫だったり、後援会の内部争いだったり…

ブツブツ言いながらも、聖は持ち前の機転で、難題を解決していく−。


ジャンル的には、いわゆる日常ミステリとなる。

そして味つけが、政治家秘書

いちおう肩書は事務員だが、やってることはそのまま秘書だ。

それもトラブル&陳情処理専門、という感じ。

設定的には、なかなかそそるものになっている。


だが、その割にこの作品、味つけがどうにも薄すぎる。

もちろん日常ミステリ、というのは他愛がないレベルの問題解決がメインではあるのだが、

あまりにも他愛がなさ過ぎるし、問題解決がイージー過ぎる。

トリックみたいなものを説明されても、感心するでもなく、

「あっ、そう」という感じでさらっと読み流しておしまい

もちろん「しゃばけシリーズだって、

ミステリ的な視点からみれば、薄味この上ないのだが、

あれには病弱な若ダンナ妖怪たち、という独特の味つけがある。


しかし、この作品は全体に漂うテイストそのものが味気ないのだ。

政治に対する、一般的な?ドロドロ?のイメージに固執するつもりもないが、

この作品で描かれる政治の世界は、どうも単純明快に過ぎる。

大堂を始めとする政治家連中が、

巧妙に聖の周囲を固め、操り人形のように動かしていく様子などは、

なるほど政治家っぽい感じはするのだが、それ以上がない。

いわゆる汚い話ばかりでも困るが、そういう部分がまるでないのも考えものだ。

汚い部分も含めつつ、政治の世界を魅力的に描くならともかく、

ただ絵空事の世界だけ切り取って政治の世界を美化するのでは、

わざわざ政治の世界を舞台にする必要がどこにあるのか、よくわからない。


というわけで、畠中恵の軽妙な語り口もあって、さらっと読ませはするのだが、

読めば読むほど物足りなさは募るばかり、というまことに困った連作集なのだ。

さらっと読ませるだけなら、もっとそれに向いた題材というのはあるはずだ。

政治を題材にするなら、もうひとひねりが欲しいし、

この?さらっと?感にこだわるなら、ほかの題材を選ぶべきだろう。

どうも作者が?流している?感がどこか感じられるだけに、

ついつい辛口になってしまったのだが、それも期待の反動、ということ。

しゃばけシリーズだけの人(未読の作品で傑作があったら素直にすみませんなのだけど)

に終わって欲しくないな…、と強く思うのだった。

4101461260
新潮社 畠中恵
購入: 5人 クリック: 32回
4101461279
新潮社 畠中恵
購入: 3人 クリック: 18回

藍色藍色 2009/08/17 17:04 先日は、「まひる〜」の記事に、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mike-cat/20060116