Hatena::ブログ(Diary)

mikepochiの日記

2006-08-15

歴史に名を残した。

しかしそれは,最悪の汚名として。


今日,小泉首相靖国神社を参拝した。

既に退任が決まっているこのときに,最も最悪な選択をした。

あまりにも卑怯,あまりにも身勝手としか言いようがない。


小泉首相は,参拝後記者団に対して,「あえて15日を避けて参拝してきたが、いつも批判、反発がある。そして何とかこの問題を大きく取り上げようという勢力は変わらない。いつ行っても同じ。ならば今日は適切な日ではないかと判断した。」と語ったそうだ。

確かにいつ行っても同じだ。それは,日本の首相靖国神社に参拝すること自体が間違いなのだから。しかし,それでもあえて8月15日を避けてきたのは,自身が外交を行う上で,また,内政を進めて行く上で,その持つ意味の大きさとあまり高いリスクのためではないか。すべては,自己の都合のために避けてきて,自分が辞めると決まってたこのときに参拝するというのは,あまりにも無責任,卑怯だ。


小泉首相は,その後,内外からの批判に対して3点挙げて反論したという。

一つ目は,中韓両国に対して,「一つの意見の違いが不愉快だからと首脳会談を行わないことがいいのか」と主張し,「中韓両国は日本の国連常任理事国入りに反対している。不愉快なことだが、私が首脳会談を行わないと言ったら、どっちを批判するのか」と述べた。

このあまりにも問題の次元を無視した議論に,どれだけの人間が納得するというのか。

靖国神社が戦前に果たした役割,その歴史,かつての侵略戦争正当化し,現在に至るまでまったく無反省なその姿勢,現在の国内・海外での同神社の位置づけを考えたとき,日本の首相が,靖国神社に参拝するということは,日本が未だ先の侵略戦争を反省しておらず,再びあのような戦争を日本が起こす用意・可能性があるということを,その行動によって周辺諸国に想起させるのだ。だから,靖国問題への態度は,外交問題の諸懸案の一つではなく,日本が特にアジア諸国との外交関係を保って行く上で根本的な土台となるものなのだ。それを,外交問題の諸懸案の一つに矮小化し,自らを正当化するとは,あまりにも卑怯ではないか。


二つ目に,A級戦犯合祀について,「特定の人に参拝しているのではない。多くの戦没者の方々に哀悼の念をささげるためだ。これは日本の文化じゃないか」として,「(A級戦犯は)戦犯として(東京裁判で)刑を受けている。それとこれ(参拝)とは別」と語った。

ここにも,明らかに問題のすり替えがある。「A級戦犯戦犯として刑を受けている。刑を受けて亡くなった以上,仏としてみんな平等だ。参拝するのに問題はない。」。以前にも小泉はこのようなことを言ったことがある。

しかし,靖国問題の本質は,上述のとおり,先の侵略戦争を現在の日本政府がどう評価し,現在,さらには未来に向かってどのような外交姿勢を取っていくかということだ。そして,何度も繰り返すが戦前の靖国神社の果たした役割,侵略戦争への無反省,同神社を取り巻く国内外の状況を考えると,そこに参拝するということが持つ意味は自ずと明らかになるではないか。A級戦犯の話もこの延長線上の話なのだ。A級戦犯は,少なくとも当時の戦争指導者という立場にあった人たちで,あの侵略戦争に重大な責任を負っていることは間違いない。昭和天皇が裁かれなかったという点において致命的な欠点があったが,それでも,当時の戦争責任者を裁いたという意味では東京裁判の意味は小さくない。そのA級戦犯昭和殉難者として祭っている靖国神社に(もちろん祭られてなくても問題だが)参拝することは,日本政府が当時の為政者とその思想を共有ないしは理解しているということを内外に表明することになるのだ。

特定の人間に参拝しているのではないという言葉については,靖国神社を少しでも知る人間にとっては,まったくのでたらめとしか言いようがない。


三つ目に,憲法上の疑義については「私は神道を奨励するために行っているのでも,過去の戦争を正当化,美化,軍国主義を称揚するために行っているのではない。憲法上の思想及び良心の自由,まさに心の問題だ」と述べた。

この言葉と,全く正反対のことを小泉は今日行ったのだ。内閣総理大臣という最高権力者の地位にある者が,靖国神社に参拝するということはまさに「神道を奨励し,過去の戦争を正当化し,美化し,軍国主義を称揚」するということなのだ。現に,今日の靖国神社の喧騒を見ればそれは明らかだろう。ちなみに,今日の靖国にはいつもの5倍もの人が参拝したという(毎日新聞)。このような欺瞞,ウソを何の迷いも,躊躇もなく言える人間が小泉なのだ。


そして従来から何度となく繰り返している「靖国参拝憲法上の思想及び良心の自由、まさに心の問題だ」という言葉。憲法上,思想及び良心の自由は,国家権力の介入から個人のそれを保護しようとするものであって,内閣総理大臣という国家の最高権力者がこの条項を持ち出して自身の行為を根拠付けることなど法律上絶対にできない。法解釈上,こんな初歩的な間違いを,一国の総理が過失でするということは絶対にありえないことであって,意図的に主客を逆転させて,自分の都合のいいように憲法を「利用」しているとしか思えない。小泉にいつも感じることだが,あまりにも稚拙な論理を展開することによって,それに対する反論をも無力なものにするという効果を狙っているのかと思えてします。いくら,論理的に科学的に彼の言葉に反論しても,なかなか国民まで届かないのはこの辺に理由があるのかもしれない。


とにかく,小泉は,自分に酔っている。自分は言ったことはやる男だ。自分は信念のある男だと言って,自分に陶酔しきっているのだ。ナルシストは,それが個人のレベルに止まるなら何ら問題ないし,どうぞご自由にというところだが,それが一国の総理となって,現実を無視し,他者の痛みをまったく考慮にいれることなく,ただ,自らの思ったことをそのままやってしまったら,とんでもないことになってしまう。

それを典型的にあらわにしたのが小泉純一郎だった。


彼は歴史にその名を残すだろう。日本の政治史上,最悪の宰相という称号とともに。