音甘映画館 このページをアンテナに追加

Nov 19, 2017

[] damon&naomi with michio kurihara

渋谷7th floorにて。前回の三上寛とのライブは見ていないので久しぶり。2009年の同じく11月だった。最近活動されているのか心配だった栗原さんも一緒で嬉しい。

デーモンさんの声は今夜もやさしくやわらかく包んでくれる。ナオミさんの声はキリリと澄んで見守ってくれる。2人のハーモニーをすくい取って彼方へと響かせる栗原さんのギターは、心にグッと入り込む。ビリビリと震える。息を詰めて聴き入りながら溶けていく。たくさんの人とここにいるのに、自分ひとりだけしかいない部屋にいるみたい。

とても素晴らしかった。そして「クリハラギター神」と崇めるような場内の雰囲気が凄かった。けれど前回ほどに迫るものが無かったのは、会場の広がりのなさのせいかなと考えている。出音の強さがまず気になってしまった。そして本来の音はもっと高く深く繊細に広がっているのに、スパッと切り落とされたように感じてならなかった。とはいえ、終演直後、隣に座っていた外国人男性が「素晴らしくて泣けてしまったよ」(予想翻訳)と私に話しかけてくれて、そんな雰囲気が満ちる会場は温かった。

また来てね*1

*1:にしても前座3組。トップの馬頭さんソロはもちろん良かったけれど、あと2組には謎しかないし、転換時に主催者がテンション高くアナウンスし、イェーイって盛り上げる仲間内感が嫌だったわあ。

Nov 18, 2017

[]ナガノところどころ

今月頭に実家がある長野へ帰り、県内のところどころへ立ち寄った記録を。

■長野市

駅前の大型書店はドンキホーテに変わっていた。新幹線を降り立ったこの街の第一印象としては、なかなか酷いありさまだ。長野市は門前町の県庁所在地という珍しい都市だけど、故に街の形成が難しいように思える。

f:id:mikk:20171102114115j:image

全国津々浦々で見受けられる「地域出版・イベント運営・喫茶」による”若者文化発信所”の走りだと思われるけど、ビジネスとして”それら”が消耗される今となってはここはもはや、地元に馴染みすぎている。

f:id:mikk:20171102113733j:image

テン年代に入り、音楽情報中心のフリーペーパーを発行しているデザイン会社が作った「イベントスペース/CDショップ」。残念ながら閉まっていたけど、エントランスからして流行の変遷を感じるのでした。


f:id:mikk:20171102133444j:image

昔ながらなミニシアターとして運営中。ギミーデンジャーやってた!


f:id:mikk:20171102133337j:image

カッコイイ建物は中華屋さん。


f:id:mikk:20171102125945j:image

焼き鳥屋の看板がイカス。


f:id:mikk:20171102130649j:image

写真屋さんもイカス佇まい。


f:id:mikk:20171102113857j:image

この文字、最高。カワイイ!!!


■上田市

f:id:mikk:20171103101123j:image

古本カフェ。空間としては開放的だけど、どこか秘密の場所っぽくもある。

f:id:mikk:20171103100439j:image

以前は宿泊スペースだったかな?新たに「図書館」スペースになっていて、期間ごとにテーマを絞って展開するみたい。

f:id:mikk:20171103094300j:image

長野市と同様に、街の映画館ではセレクトされた映画を上映。アサイヤスがかかってる!派手な装飾は映画のロケ地として使用されたものを残しているから。

駅南口に大きなSCが出来てシネコンが当然のようにある。それによって古き映画館はミニシアターなプログラムになり、商店街から本屋は消えたけれど古本カフェができたり、そんな変遷が面白い。

街のなかに新たに散らばってきた「この時代ならでは」なツボが繋がって、旧来なニオイに邪魔されずに育つと良いなあ。


■佐久市

f:id:mikk:20171105163200j:image

長野新幹線が開通した際に新たに設けられた佐久平駅周辺は、チェーン店が立ち並び、SCもあり、車の往来が激しいけれど、ここから歩いて向かえる距離に商店街があった。防火帯建築なのか統一したファザードが印象的。

f:id:mikk:20171105162819j:image

ここで出逢ったこの子が!キュート!


f:id:mikk:20171105141804j:image

山道のヘアピンカーブをぐるんぐるん上がった先からの眺望。富士山が見えた!


たいへんとりとめもない記録で申し訳ないです。おわり。