音甘映画館 このページをアンテナに追加

May 23, 2017

[] 大館市に真田幸村の墓が…あった…。

秋田犬と御成座目当てで向かった大館の地図を見ていたら、思わず二度見してしまう場所を発見。

「真田幸村の墓」 とな!!!

昨年は大河ドラマ「真田丸」に明け暮れた一年であった私(しかも長野出身)ゆえ、コレは……!と向かったのでありました。

そもそも何故、秋田県大館市に墓が?!

幸村には、いくつかの生存説があります。そのうちの一つが、大坂夏の陣で生き延びたのち、主君豊臣秀頼を連れて薩摩(鹿児島県)へ渡り、数年生活したのちに、奥州へ向かい、ここ大館で最期を迎えたというものです。

http://www.city.odate.akita.jp/dcity/kankou/29-7752.html

エッエエエエーーー!

真偽の程は定かではないとはいえ、江戸時代から続く”真田幸村”人気ゆえなのでしょう。


さてはてgoogle mapが示す「真田左衛門佐幸村の墓」がある墓地へ来たものの、案内図などが無く、たくさんのお墓の一体どこにあるのかわからない。ぐるぐる何度も回って、

f:id:mikk:20170503104713j:image

あったーーーーーー!真田幸村大助父子のお墓。

f:id:mikk:20170503104703j:image

左側のお墓に見えますでしょうか、「幸村」の文字が。

先にリンクした大館市の観光案内によると、二つのうち右側は真田の名を出さずに供養されており、左側は子孫によって昭和28年に建てられたお墓で、「信濃屋長左衛門事真田左衛門佐幸村之墓」と刻まれているのだそうです。

f:id:mikk:20170503104839j:image

桜の下でひっそりと眠る真田左衛門佐幸村様と大助様に手を合わせるのでありました。

May 22, 2017

[] 横手は「かまくらパラダイス」

横手といえば今は「焼きそば」!が有名です。市内の専用マップにはたくさんの店が紹介されていて、にらめっこしながらココ!と決めて2店舗で食べました。

f:id:mikk:20170505113222j:image f:id:mikk:20170505110140j:image

あっさりなソースに目玉焼きでコクを出すのがポイント?


しかししかし!

f:id:mikk:20170505092942j:image

郵便ポストにかまくら!そう、横手は「かまくらの街」なのです、よ!

とはいえさすがにこの季節じゃ、かまくら無いしねえ……と思いきや

f:id:mikk:20170505102515j:image

!!!「かまくら」が!!!

ここは「かまくら館」。横手のかまくらを一年中いつ来ても体験できるのですッ!なまはげといい、秋田には体験型施設が続くのは、観光客にも「体感」してほしいというアツい想いからでしょうか。

http://www.yokotekamakura.com/02_kanko/kamakurakan.html

土産物が並ぶ建物の奥にガラス張りの部屋があり、

f:id:mikk:20170505103251j:image

こんな冷凍倉庫なドアがありまして

f:id:mikk:20170505103256j:image

こんなドテラも置いてありますが、着用はしませんでした・・・で、いざ中へ!

f:id:mikk:20170505102535j:image

マイナス10℃!

f:id:mikk:20170505103128j:image

おおおお。

f:id:mikk:20170505103150j:image

水神様。

f:id:mikk:20170505103146j:image

雪をこんなに厚く重ねて作るのだねえ。

と興奮&感嘆しつつも、さすがにシャツ1枚では数分で「寒ッ!!!」と耐えきれず。マイナス10℃の冷凍庫ですからね……。


「横手のかまくらは、約450年の歴史があるといわれていて、毎年2月15・16日の夜に行われる小正月の伝統行事でしたが、昭和40年代になると自動車の交通量が多くなり、規制を受けた道路はかまくらが作られなくなり、かまくらの数がだんだん少なくなっていきました。」http://www.city.yokote.lg.jp/kanko/page300122.html

こうして「観光」として用いられるのって面白い・・・


かまくら館を出たところで、お祭りの行列に遭遇。

f:id:mikk:20170505104248j:image

f:id:mikk:20170505104218j:image

平安時代の装束に身を包んだ高校生たちが練り歩いています。横手は「後三年の役」の舞台である深い歴史のある街で、地元のひとたちに受け継がれるささやかなお祭りをちょうど見ることが出来て良かったです。