Hatena::ブログ(Diary)

お慈悲のままに このページをアンテナに追加

2017-05-23

Talks to Be Heard(聞くべき話) Talks to Be Heard(聞くべき話)を含むブックマーク Talks to Be Heard(聞くべき話)のブックマークコメント

 たとえば、「私はどこから生まれてきたの?」「何のために生きているの?」「死んだらどうなるの?」という、おそらく誰もが一度は考えるであろう問いに応えるような情報は、日常生活のなかには皆無とさえ言えるのではないでしょうか。おそらく有史以来、問われ続けてきた問題であるはずなのに。               私も仏法と出遇うことが無ければ、問いはあっても、応えることも、考え続けることもなかったでしょう。ましてや、その答えを見つけることなどあり得なかったと思います。  

 私は、いま、はっきりと、仏法を聞くために生まれさせてもらい、念仏させていただくために生かさせていただいている、と言えます。そういう答えしか出すことができません。 

(略)                                 

 ….. 阿弥陀さまのこころを聞かせてもらうのが仏法聴聞です。仏さまの話を聞いて、それを自分の都合の良いように取捨選択したり、整理したり、修正や統合、組み立て活かしていくというのではありません。仏法はうまく生きるための情報ではないのですから。身につける情報でもありません。そのまま聞けば、響いてくるのが仏法です。また、阿弥陀さまのこころを聞くことができない、また受け取ることができないと思ってみても、必ず届くように仕上げられているのです。

   【 『私のものさし 仏のこころ』 西光義秀 探究社  】

 ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽   


 ここで、西光師が前半部分で言われていることは、私も同様に思うことです。

(What Mr. Saikou says in the first half of the sentences is the same as my thought.)


 また、西光師は「阿弥陀さまのこころを聞かせてもらうのが仏法聴聞です」と言われます。「阿弥陀さまのこころ」とは、阿弥陀さまは慈悲の仏さまですから、「慈悲のこころ」と受け取れるのではないでしょうか。そうしますと、(聴聞しても)「阿弥陀さまのこころを….. 受け取ることができないと思ってみても、必ず届くように仕上げられているのです」、の件からは阿弥陀さまの深遠な慈悲(のこころ)のお働きが感じられます。私たち凡夫を必ず助けると、阿弥陀さまは計らわれているのです。力強いことですね。           

2017-05-18

Don’t Mind(ドンマイ) Don’t Mind(ドンマイ)を含むブックマーク Don’t Mind(ドンマイ)のブックマークコメント

 「ドンマイ」という言葉は、中学生の頃バレーボールの練習をしていた時、友達同士でよく使ったものです。私がミスをしたとき、「ドンマイ」と友達から言われ、反対に友達がミスをしたときは、私も「ドンマイ」と返したものでした。言うまでもありませんが、この言葉は英語のdon’t mind(ドウントゥ マインドゥ;「気にしない」)を短縮したものです。 

 この「ドンマイ」、私は最近とてもよい言葉だと思うようになりました。(I have

recently become to think this expression is a very good one.) 例えば、過ぎてしまった過去のことは、良きにつけ悪しきにつけ、いろいろ考えてもどうしようもありませんし、これから起こるであろう未来のことも、どうなるのかわかりません。このように、くよくよ気にかけてもどうにもならないことが、日常生活には、絶えずつきまといます。このような時、「ドンマイ」と心に言い聞かせれば、スーッと気持ちが楽になります。             

 お釈迦さまは、「過去を追うな。未来を願うな」と言われたそうです。(I hear

Sakyamuni says, “Don’t seek after the past, nor wish for the future.”) 「ドンマイ」に通じる言葉じゃないでしょうか。                                 

2017-05-13

Mountains Laugh(山笑う) Mountains Laugh(山笑う)を含むブックマーク Mountains Laugh(山笑う)のブックマークコメント

 先頃の5月の連休は、概して素晴らしい天候に恵まれ、旅行日和だったようです。私もその恩恵に浴しました。青森へ行ってきたのですが、東北地方を縦断するように走る行きと帰りの新幹線の車窓から眺めた山々の風景は格別でした。春の芽吹き始めた木々の若葉が、それら自らが醸し出す柔らかな色合いで、ふわっふわっと浮いたように見えて、気持ちが和むようでした。そして、連なる山々の淡い緑色の中に点在して咲き誇るピンクの山桜が、若葉に萌える山々を一段と引き立てているようでした。春の華やかな山の形容を表す言葉に「山笑う」という言葉がありますが、正に山全体が「ははは」「ほほほ」と笑っているように見えました。


この楽しげな風景から連想されたのは、親鸞聖人の詠まれた浄土和讃の一首です。一々のはなのなかよりは Beams of light, thirty-six hundred

三十六百千億の Thousand billion in number,

光明てらしてほがらかに Shine brilliantly from within each flower;

いたらぬところはさらになしThere is no place they do not reach.


 あの山々の表情はあまりに美しく、阿弥陀さまの光明が具現されたものではないかと見まがうほどでした。                                

2017-05-03

Being Seen Through(見透かされて) Being Seen Through(見透かされて)を含むブックマーク Being Seen Through(見透かされて)のブックマークコメント

 4月上旬、ある県の廃棄物収集運搬会社の敷地内で、ごみの中から現金4200万円余りが見つかったというニュースがありました。県の警察署には、「あのお金は私のものです」という電話や問い合わせが相次いであったといいます。                 

 単純に考えれば、廃棄の主は普通一人のはずなのですが…. 不思議です。こういうことを見越して、警察署は現金が何に入っていたかや、お札の種類など詳しいことは一切明らかにしていないといいます。本当の持ち主かどうかを見極めるためだそうです。       

 あわよくば「もらっちゃおう」という、ちゃっかりした人間の欲張りな心が透けて見えます。でもこの心、阿弥陀さまには通用しません。                   

 私の心は阿弥陀さまに見透かされています。だからこそ、悪に進まんとする心に歯止めがかかり、軌道修正されるのですから、有難いことです。

(My heart is seen through by Amida Buddha. Therefore, I am made to put a

brake on my heart and made to change tracks by the Tathagata. I am always

thankful to Amida Buddha for it. )

2017-04-28

Tenderness Like One’s Father and Mother(父母のような優しさ) Tenderness Like One’s Father and Mother(父母のような優しさ)を含むブックマーク Tenderness Like One’s Father and Mother(父母のような優しさ)のブックマークコメント

 親鸞の言葉39:父母のような優しさ

釈迦・弥陀は慈悲の父母(ぶも)

種々に善巧方便(ぜんぎょうほうべん)し

われらが無上の信心を

発起せしめたまひけり

(釈迦と弥陀は、すべての人々を救ってくれる慈悲の父と母だ。手を尽くして、私たちが浄土に往生するために必要な、他力の信心を起そうとしてくれる)(三帖和讃『高僧和讃』善導讃)                                      

 『浄土文類聚鈔(じょうどもんるいじゅしょう)』に「釈迦の発遣(はっけん)を蒙(かぶ)り、また弥陀の招喚したまふによりて」という一節がある。発遣とは「行きなさい」、招喚は「こちらへ来なさい」ということ。                      

 親鸞にとって、釈尊は子を旅立たせる厳しさをもった父のように、弥陀はすべてを包んでくれる懐深い母のように感じられたのだろう。そして二尊は子を見守る両親のように、つねにわれわれを見守っているというのだ。多くの苦難にぶつかりながらも仏の慈悲を信じ続けた親鸞らしい和讃だ。                  【 『親鸞100の言葉』 釈徹宗監修 宝島社 】           

 ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽   


 お釈迦さまと阿弥陀さまは常に私たちに寄り添い、善巧方便(「巧みな手段。臨機応変にいろいろ巧みな方法によって人を導くこと」[広辞苑])して、最上の他力の信心を起こそうとして下さるのです。                               

 この歌を詠みますと、心が優しくなるようです。二尊の父母のような優しさが伝わってくるからでしょう。常に見守られているのですから、安心して進むことができます。    


釈迦・弥陀は慈悲の父母(ぶも)

種々に善巧方便(ぜんぎょうほうべん)し

われらが無上の信心を

発起せしめたまひけり

( Sakyamuni and Amida are our father and our mother,

Full of love and compassion for us;

Guiding us through various skillful means,

They bring us to awaken the supreme shinjin. )

2017-04-24

Amida’s Ubiquity(阿弥陀仏の遍在) Amida’s Ubiquity(阿弥陀仏の遍在)を含むブックマーク Amida’s Ubiquity(阿弥陀仏の遍在)のブックマークコメント

 ウォーキングに出かける公園の一角に墓地があります。開けて明るく小高い場所に100基ほどの墓が立ち並び、下方は住宅街になっています。その横には梨園もあり、決して寂しい場所ではありません。                              

 子どもの頃は、墓地というと気味悪い場所というイメージが強く、遠ざけたい所でした。とは言っても、現在も好き好んで行きたい場所ではありませんが、イメージは、180度変わっています。                                   

 墓石の多くが「南無阿弥陀仏」と刻まれていますから、思わず引きつけられ念仏がこぼれます。「南無阿弥陀仏」の名号がこれほどたくさん、堂々と見られる場所はあまり多くはありません。                                    

 阿弥陀さまの偏在が具現された姿だと思われます。阿弥陀さまはいつでもどこでも私と一緒にいて下さることの証です。( It seems that Amida’s ubiquity is embodied

by the Name of Amida carved on the each gravestone and that it is the

testimony that Amida Buddha is always with me at every turn. )

手品師手品師 2017/04/24 17:41 『南無阿弥陀仏』と彫られた墓石、いいですね〜
同感です〜

miko415miko415 2017/04/25 08:28 あの場所は阿弥陀様を感じられる場所なので、
公園の圧巻といってもいいと思いますよ〜

手品師手品師 2017/04/25 13:29 同感です〜

2017-04-19

Dinosaurs(恐竜) Dinosaurs(恐竜)を含むブックマーク Dinosaurs(恐竜)のブックマークコメント

 先日久しぶりに福井に行ってきました。福井駅とその周辺が大きく様変わりして驚きました。圧巻は、駅前の広場に登場した実物大の3体の恐竜ロボットです。2体は3メートルくらいですが、1体は10メートルもあります。決まった時間に独特の動きとともに、迫力ある鳴き声を発し、人々を圧倒しています。恐竜王国福井ならではの、お出迎え風景だと思いました。                                    

 ところで、この恐竜は想像上の動物のように思いたくなりますが、実在した動物なのですから、それだけでもビックリです。広辞苑によりますと、大きさはニワトリ大から、体長35メートルを超す巨大なものまであるとのことで、度肝を抜かれます。          

 さて、「つい小さなことが気になるのがボクの悪いクセ」という言葉は、あるTVドラマでよく聞いたせりふですが、つい何でも仏教的視点で考えてしまうのが私の悪い、いや良いクセかもしれません。今回は、「私も過去世には恐竜に生まれていたかもしれない。しかも巨大な恐竜に」とふと思ってしまいました。これまで、いろいろな命を経巡ってきた私ですから、決してあり得ないことではない……と。                    

 でも落ち着くところは、人間に生まれてきて良かった。そしてさらに仏教に出遭えて良かったということです。( However, I finally settle down in the thought that

it was good for me to be born a human and what’s more, be able to meet

Buddhism. )