Hatena::ブログ(Diary)

こんにちは 三小田准一です

2017-09-30

憲法9条守ろう

23:30

f:id:mikota_junichi_jcp:20170930231955j:image

 地域の憲法9条守る会の講演会が開催された。今回12回目、それ自体がすごいことだ。安倍9条改憲許さないためにも「星の数ほど憲法学習会を」と提起された。まずは、総選挙改憲勢力を減らすことに全力をあげなければ。

 

 数十年ぶりに回転寿司。食べた食べた。

f:id:mikota_junichi_jcp:20170930232053j:image

2017-09-28

「ぶれない」と言う答弁  

23:15

 28日、決算審査特別委員会で、鎌倉公園プールについて質疑をした。この間の説明会でもプール廃止反対が圧倒的多数であること、5345筆の署名や子供たちの1000人のシール投票を紹介しながら、区民の声を聞き 廃止計画は撤回すべきだと問うたところ、教育次長が「区はぶれない」と答弁。

 さまざまな意見を聞くといいながら、ことごとく無視をして、あげくにぶれない、これほど区民を馬鹿にするものはない。

 今後開催される検討会は、何のための検討会か、問われる。

 地域のみなさんと力を合わせ、存続へ全力をつくすのみだ。

2017-09-26

レッドカード

22:56

f:id:mikota_junichi_jcp:20170926224712j:image

 安倍首相臨時国会冒頭で解散するという。なぜ解散なのかははっきりしない。わかっていることは安倍首相友達は大切に、そのためにあいまいにする、ということだけだ。本当に許せない。レッドカードだ。

 

2017-09-24

決算委員会始まる

23:02

 25日から29日まで区議会決算審査特別委員会。私は、福祉、教育の2つの分科会だが、87億円もの決算剰余金を出すくらいなら、やるべきことがたくさんあったはずだ。

 年収400万で4人家族の国民健康保険料は8年間で2倍にもなっている。保険料一つとっても、やるべきことをやってこなかったことは明らかだ。さらに鎌倉プールや細田児童館を廃止し、子どもたちの笑顔を奪っていくのは、葛飾区にとっても大損害だ

 税金の使い方を質していく議論をしていきたい。

 

2017-09-23

事務所看板

22:26

f:id:mikota_junichi_jcp:20170923221732j:image

 11月の区議選に向けての看板ができた。何と解散総選挙になってしまったが、要求実現の共産党でがんばりたい。4年前には、「特別養護老人ホームを」の要求スローガンだったが、今回は「整備決まる」の実績看板になった。粘りに粘った運動で作り上げた実績だ。

 23日本日、区政報告会だったが、いろんな行事がありながらも44人が参加。区議選に向けての出発点になったと思う。いよいよ総選挙だ。

2017-09-22

細田児童館守ろう

23:21

f:id:mikota_junichi_jcp:20170922231457j:image

 細田児童館前での署名行動では、15人のお母さんたちが署名をしてくれた。全員が細田児童館廃止を「知らない」という結果だった。改めて腹立たしい思いをもった。

 地域に知らせず廃止をしようとしている自民公明の青木区政に審判を下そう。まず国政での審判を。

2017-09-21

5343筆のプール存続署名

18:02

f:id:mikota_junichi_jcp:20170921175633g:image

 20日、鎌倉公園プールを守る会の皆さんが、5343筆の署名、1,000人を超える子どもたちのシール署名区長に提出した。夏休みの間の40日足らずで5000筆を超える署名が寄せられたのは、区民が切実にプール存続を求めていることの証拠だ。

 「守る会」の皆さんは、「これで終わりではない。存続まで頑張る」「廃止先にありきではだめだ」と意見を述べ、だされた意見・質問に対して回答するよう求めた。

 対応した公園課長は、何に答えていいのかわからない様子だったが、ここにこそ、区民不在の青木区政の姿勢が現れている。

 区役所建替えより、地域の誇りであるプールの存続を、今度の区長区議選の大きな争点。

2017-09-19

党略的解散許さず

11:23

f:id:mikota_junichi_jcp:20170919112231j:image

 やっと臨時国会を召集するかと思ったら、冒頭解散。すべてなかったことにしようなどというのは許せない。あえて解散するなら退陣に追い込むために全力をあげるのみだ。

2017-09-17

ほめられてほめられて

23:15

 今日は和泉なおみ都議と行動。都営高砂団地を訪問したが、階段の電灯や自転車置き場の策止めなど改善したことについて、「三小田さんと和泉都議がすぐ動いてくれた」とみんなに話していると大変ほめられた。当たり前のことをやっているののに、そこまで褒められれば大変うれしい。

 夕方、訪問したお宅では、要介護5の夫を介護しているお宅だった。5年間になるという。「特養ホームに入るといっても15万円位かかると聞いた。私は年金だけだ」というので、都営高砂団地の跡地に特養ホームができることを話すと驚いていた。また年金だけでも安心して入れるように利用料の軽減制度をつくるために頑張ります、というと、共感を示してくれた。本当に頑張らなくては。

2017-09-16

おみやげ

23:02

f:id:mikota_junichi_jcp:20170916225738g:image

 地域の会議が開催され参加。おいしい梨を参加者はもちろん、欠席者にももれなく届け、会議の内容も伝えていくそうだ。たいしたものだ。

 私も、いただいた、申し訳ないが…。

2017-09-15

ルール違反?

18:50

 今定例会では、3件の条例を提案した。その内の1件「費用弁償の廃止」が本日の総務委員会で審議され、私が提案理由を説明した。すると第1回定例会でもだして、また今回だしてくるのは、おかしいとか、ルール違反と言う声があがった。

 議会運営委員会理事会、議会運営委員会本会議と所定の手続きをふんでルールに基づいてやっていると反論すると、議会改革で議論してきたなど、わけのわからないことばかり言う。議会改革の議論が終わったから、12分の1の議員賛同を得て議員提出議案としてだしているのに、ルールを知らないとしか言いようがない。

 費用弁償とは、区議会議員本会議委員会に出席するたびに3000円を支給するもので、すでに都議会でも廃止している。議員の仕事を保障するうえでの議員報酬や政務活動費があるので不要なものだ。いつまでもしがみつくものではない。 

2017-09-14

庁舎建替え反対区民集会

23:56

f:id:mikota_junichi_jcp:20170914235038g:image

 昨日13日、区庁舎建替え反対区民集会が開催され200人が参加した。地域で活動している方々や、私も含め7人の区議会議員があいさつをさせていただいた。

 自民公明は区役所建て替え推進を表明し参加しなかったが、区政がやるべきことは何か、鮮明になった集会だった。11月の区長区議選で結果をだすしかない。

2017-09-11

87億円もあるのに、値上げ?

23:52

 本日11日から区議会始まった。本会議質問で一人暮らし高齢者の安否確認をするために、

乳酸菌飲料を1本10円で届ける事業を社会福祉協議会に委託しているが、高齢化社会を迎える中、無料にして対象者を拡大すべきだ、と質問をした。

 驚くことに区は「値上げを検討している」と答弁。前年度の決算剰余金(昨年余った税金)は87億円もある。値上げをするほど財政は、逼迫していないし、余るくらいだ。

 11月の区長区議選で、あまりにも異常な自民公明の青木区政を転換するために全力を尽くす決意だ。

2017-09-10

区議は別の人…

23:02

 宣伝中に「区役所の建て替えひどいよね。必ず入れるから」と声がかかる。地域のあちこちで同様の反応があると聞いているが、先日は、「和泉なおみは支持したが、区議は別の人を頼まれているので」という報告があった。

 風頼みは通用しないのが区議選だ。引き締めていかなければ。

f:id:mikota_junichi_jcp:20170910225257j:image

 妻が栗拾いに行ってきたのはいいが、ほんの一部。

2017-09-08

細田児童館守ろう

23:58

f:id:mikota_junichi_jcp:20170908235359g:image

 細田児童館を守る会が児童館前で署名行動を始めた。今日は、お母さんたちには署名を呼びかけ、ちょうど学校の帰りだったので子どもたちには、署名付きのチラシを「お母さんに渡して」と配布。「向こうに児童館が建つって聞いているよ」と言う声もあり、事実に反する説明がされていることがわかった。本当に許せない。

f:id:mikota_junichi_jcp:20170908235356g:image

 無給党の方が、私の宣伝をしてくれている。大変ありがたい。

2017-09-06

鎌倉公園プールを守る会が中間報告

17:59

f:id:mikota_junichi_jcp:20170906175322j:image

 鎌倉公園プールを守る会が7日(木)午後2時より、鎌倉憩い交流館で運動の中間報告の会議を開催する。7月17日〜8月31日の間で、すでに5000筆の署名が集まり、今なお署名が届いている。何といっても子どもたちが「プール守れ」と署名やシール投票で声をあげていることは、やはり未来を担うのは子どもたちだと確信を持てる。

 一か月半の運動を振り返って、次の行動を決める会議だ。

2017-09-03

まちの雰囲気が一変

18:09

f:id:mikota_junichi_jcp:20170903175459j:image

 新しい連名ポスターと選挙の争点を示したポスターが地域に貼りだされている。今日1日で130枚近くを貼りだした地域もあった。そのせいか一気にまちの雰囲気が変わってきた。

 今までの選挙のように地域を増やして守る選挙ではなく、地域を減らして取りに行く選挙だ、頑張らなくては。

2017-09-02

選挙の標語

23:47

 11月の区長区議選の標語が「かつしかの未来につなぐその一票」に決まった。何と選挙の争点にピッタリの標語だ。

 公立保育園の8割を廃止・民営化公立学童・児童館は全廃、鎌倉公園プール廃止、学校建替え先送りなど、子どもの施設を次々につぶそうとする一方で、まだ使える区役所の建て替に熱中する、こんな区政でいいのかが、今度の選挙の争点だ。

 葛飾の未来担う子供たちにとって重要な選挙となってきている。標語の通りの一票が投じられるよう、争点を鮮明にしていきたい。