Hatena::ブログ(Diary)

みことメモ

2016-06-05 boost::coroutineを使ってみる

Boost.Coroutineを使うとC++でもコルーチンを使用することができます.
C++14になってからはラムダ式引数型推論が使えるようになり,
コルーチンの引数ラムダ式を使うことで,とても楽に書けるようになりました.

#include <iostream>
#include <boost/coroutine/all.hpp>

template< class T >
using coroutine = boost::coroutines::coroutine< T >;

//Coroutineで呼び出される関数
void cooperative( coroutine< int >::push_type & yield )
{
	int counter = 0;
	while( 1 )
	{
		yield( ++counter );
	}

}

int main()
{
	coroutine< int >::pull_type generator( cooperative );
	
	for( int i = 0; i < 10; ++i )
	{
		std::cout << generator().get() << std::endl;
	}
        // 1 2 3 4 ... が出力

	//**********************************************************//
	//ラムダ式バージョン
	coroutine< int >::pull_type double_gen(
		[]( auto & yield )
	{
		int counter = 0;
		while( 1 )
		{
			yield( ++counter * 2 );
		}
	}

	);

	for( int i = 0; i < 10; ++i )
	{
		std::cout << double_gen().get() << std::endl;
	}
        //2 4 6 8 ... が出力
	//**********************************************************//

	return 0;
}

Boost::coroutineはv1とv2の2つのバージョンが存在しており(2016年6月現在),v2ではv1のcaller_typeがpull_typeになっていたりと互換性が無いことに注意が必要です.

Connection: close