四国学院大学ノトススタジオからハロー


ノトススタジオからのお知らせ 次回公演 四国学院大学身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー4期生卒業公演 「これから ピテカントロプス」 作・演出=四国学院大学演劇コース4期生 内田沙也加 太田久美子 小原あい 大野瑞季 川崎大地 川人翔太 千田萌 高木里桜 橘政晴 田中良季 松田諭人 森田恭矢 森藤陽子 山本千晶 【日時】2017年 3月3日(金) 19:30〜 3月4日(土) 19:30〜 3月5日(日) 15:00〜  *受付開始開演時間の60分前・開場は開演30分前です。 【会場】 四国学院大学ノトススタジオ 【料金】 予約:一般 800円 学生 500円 当日:一般 1,000円 学生 600円 *未就学児の入場はお断りいたします。 ◆お問い合わせ◆ 四国学院大学 パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)  Tel/Fax:0877-62-2324 (10:00〜18:00) Mail:sipa@sg-u.ac.jp twitter@residence_sgu  Facebook四国学院大学 ノトススタジオ

2017-02-11

ありがとうございました。

まだ夜が明けていませんが失礼します。千秋楽も終わり、とうとうくちきかんが終わってしまいました。観劇に来てくださってありがとうございました!
自己紹介がまだでした。4回生の松田諭人です。あっ、くちきかん役してました。まさか主役とは。。。
なんかあっという間だったなぁ、としんみりしています。いやー、楽しかった。稽古期間中、僕自身あまり引っ張っていくタイプではないので頼りない最上級生ですみませんでした。
役者としてもまだまだルーキーなので後輩達と共に学ぶことで一緒に成長できたのでは楽しかったです。
そう言えばこれが後輩と出る最後の舞台かと思うと寂しいです。
キャスト、スタッフの後輩に最高の舞台を作ってもらい感激です。一生忘れることは無いと思います。
後輩へ、
僕は今年度をもって卒業しますが、後輩の活躍をブログで見させて頂きます。仕事の都合が合えば観劇しに行きます。
やりたいことが見つかった人もそうで無い人もこの4年間を有意義に過ごしてください。みんな頑張ってくださいね!そしてありがとうございました!

2017-02-09

残り半分!!

こんばんは、こんにちは!
本日ブログ担当、4回生のもえぴーこと千田萌です(^O^)
稽古場ブログはそう言えばなんだか久しぶりな気がします、ドキドキ。

さて、SARPvol.12『くちきかん』ついに後半戦にはいりました!後半戦……?戦いというのもおかしいでしょうか。あえていうなら昨日までの自分を更に超えられるかの己との戦いですね。

私は恥ずかしながら菊池寛という人物は名前と職業程度しか知識がなく、今回は楽しい舞台を楽しむと同時に勉強もさせていただいております。現代と当時が入り混じり、今なんだか昔なんだか、良い人なんだか悪い人なんだか、わかりやすい人なんだかミステリアスな人なんだか。たくさんの魅力が短い時間にぎゅぎゅぎゅっと詰め込まれております!菊池寛を知っている方も知らない方も、そして一度この舞台をご覧になった方でも、何度でも楽しめる作品だと思います。残り2日ですが是非足をお運びくださればと思います。

『くちきかん』が後半戦、つまり同時公演のリーディング公演も後半戦に入ってまいりました。菊池寛の作品を日替わり作品、日替わりキャストでお送りしております。
本日は『時勢は移る』という江戸時代、国が大きく動く時代のお話でした。こちら私もト書きとして出演させていただきました。今回実は千夏さんからある目標を掲示されまして……それは大河ドラマのナレーション、風とのことでした。ふふふ、いかがでしたでしょうか。かなりかなりかなーーーり苦戦しましたが少しは雰囲気が出ましたでしょうか。


たくさんのお客様に足をお運びいただいて本当に嬉しく思っております。残りわずか、菊池寛の歩んだ人生を『くちきかん』を通して少しだけ覗きに見てきてくださいませ。


SARP vol.12『くちきかん』
●あらすじ
主人公の名前は、くちきかん。名前の通り寡黙な男だが、文士として身をたてることを夢見ている・・・。

香川県が誇る文豪にしてメディア王の菊池寛の人生をモチーフに、メディアとは何か、大衆とは何か、そして、人々の幸福とは何かを考える。

●作・演出
工藤千夏(うさぎ庵 主宰/青年団 演出部所属 等)

●日程 2017年2月
5日(日) 15:00
6日(月) 19:30
7日(火) 19:30
8日(水) 19:30
9日(木) 19:30
10日(金) 19:30
*受付開始・開場:開演30分前
★5〜8日は工藤千夏氏とゲストによるアフタートークあり

●料金
予約:1,000円(学生500円)
当日:1,200円(学生600円)

●無料リーディング公演
各日、入場料無料のリーディング公演実施。くわしくは情報ページをご覧下さい。

●情報ページ
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2120.html

●予約フォーム
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=d9bc5362ad&s=&PHPSESSID=f21a568d594f5f8b102f23214aedd473

2017-02-07 この人は一体?

この人は一体?


こんにちは!
回生の高橋なつみです。
今回、『くちきかん』では菊池寛の奥さん役の
カネコをやらせていただいております(o^^o)

7日のブログ担当だったのですが
更新が遅れてしまいました(^^;;すみません、、、

さてさて、7日の
日替わり菊池寛戯曲リーディング公演は
『真似』でした。こちらは
フランシスコ修道会を創設したアッシジの聖フランチェスコを題材に、信仰、人間の欲望、救いについて問う切支丹系譜の作品です。
菊池寛1924年に発表したものです。
f:id:miku392:20170209060609j:image
f:id:miku392:20170209060557j:image
他のリーディング作品とは一味違った演出で、
全員女の子でぬいぐるみで人形劇チックに行われました!
もう、やってても楽しかったですが、きっと見てても可愛いくて
とても見やすい作品だったと思います。

そんな雰囲気の真似からくちきかんに移り、ぬるぬると始まった3日目でした。
菊池寛、この人は一体なんなんだろう?
ずっと考え続けてますが、常に最先端を行く風変わりなこの人は追い続けても
なかなか背中に辿り着かない、、、、
でもたまに私たちを振り返っては少しだけ何かを置いてまた先へ進んでいきます。
難しい!きくちかん!くちきかん!

この作業、楽しいです。
皆でどこまで追えるでしょうか。
まだ、あと2回公演あります。最後まであきらめません!!

是非きてください。皆さんも一緒に追いかけましょう。
また、日替わりリーディング公演で菊池寛を味わっていただきたい!
ふふふ。


SARP vol.12『くちきかん』
●あらすじ
主人公の名前は、くちきかん。名前の通り寡黙な男だが、文士として身をたてることを夢見ている・・・。

香川県が誇る文豪にしてメディア王の菊池寛の人生をモチーフに、メディアとは何か、大衆とは何か、そして、人々の幸福とは何かを考える。

●作・演出
工藤千夏(うさぎ庵 主宰/青年団 演出部所属 等)

●日程 2017年2月
5日(日) 15:00
6日(月) 19:30
7日(火) 19:30
8日(水) 19:30
9日(木) 19:30
10日(金) 19:30
*受付開始・開場:開演30分前
★5〜8日は工藤千夏氏とゲストによるアフタートークあり

●料金
予約:1,000円(学生500円)
当日:1,200円(学生600円)

●無料リーディング公演
各日、入場料無料のリーディング公演実施。くわしくは情報ページをご覧下さい。

●情報ページ
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2120.html

●予約フォーム
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=d9bc5362ad&s=&PHPSESSID=f21a568d594f5f8b102f23214aedd473

残り半分!!

こんばんは、こんにちは!
本日ブログ担当、4回生のもえぴーこと千田萌です(^O^)
稽古場ブログはそう言えばなんだか久しぶりな気がします、ドキドキ。

さて、SARPvol.12『くちきかん』ついに後半戦にはいりました!後半戦……?戦いというのもおかしいでしょうか。あえていうなら昨日までの自分を更に超えられるかの己との戦いですね。

私は恥ずかしながら菊池寛という人物は名前と職業程度しか知識がなく、今回は楽しい舞台を楽しむと同時に勉強もさせていただいております。現代と当時が入り混じり、今なんだか昔なんだか、良い人なんだか悪い人なんだか、わかりやすい人なんだかミステリアスな人なんだか。たくさんの魅力が短い時間にぎゅぎゅぎゅっと詰め込まれております!菊池寛を知っている方も知らない方も、そして一度この舞台をご覧になった方でも、何度でも楽しめる作品だと思います。残り2日ですが是非足をお運びくださればと思います。

『くちきかん』が後半戦、つまり同時公演のリーディング公演も後半戦に入ってまいりました。菊池寛の作品を日替わり作品、日替わりキャストでお送りしております。
本日は『時勢は移る』という江戸時代、国が大きく動く時代のお話でした。こちら私もト書きとして出演させていただきました。今回実は千夏さんからある目標を掲示されまして……それは大河ドラマのナレーション、風とのことでした。ふふふ、いかがでしたでしょうか。かなりかなりかなーーーり苦戦しましたが少しは雰囲気が出ましたでしょうか。


たくさんのお客様に足をお運びいただいて本当に嬉しく思っております。残りわずか、菊池寛の歩んだ人生を『くちきかん』を通して少しだけ覗きに見てきてくださいませ。


SARP vol.12『くちきかん』
●あらすじ
主人公の名前は、くちきかん。名前の通り寡黙な男だが、文士として身をたてることを夢見ている・・・。

香川県が誇る文豪にしてメディア王の菊池寛の人生をモチーフに、メディアとは何か、大衆とは何か、そして、人々の幸福とは何かを考える。

●作・演出
工藤千夏(うさぎ庵 主宰/青年団 演出部所属 等)

●日程 2017年2月
5日(日) 15:00
6日(月) 19:30
7日(火) 19:30
8日(水) 19:30
9日(木) 19:30
10日(金) 19:30
*受付開始・開場:開演30分前
★5〜8日は工藤千夏氏とゲストによるアフタートークあり

●料金
予約:1,000円(学生500円)
当日:1,200円(学生600円)

●無料リーディング公演
各日、入場料無料のリーディング公演実施。くわしくは情報ページをご覧下さい。

●情報ページ
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2120.html

●予約フォーム
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=d9bc5362ad&s=&PHPSESSID=f21a568d594f5f8b102f23214aedd473

2017-02-06

はじめてのくちきかん

こんばんは。
2回生の池瑞樹です!

SARPvol.12『くちきかん』
今回は私にとって初のSARP出演作品であり、
そして、今日ははじめての公演日、つまり初日でした!

流行るインフルエンザ
迫る本番!
焦る私たち!

と、なかなか緊張走るSARPではありましたが
無事初日を迎えることが出来ました😲✨


初出演ということで、多くの知り合いの方が
来てくれましたし、また、くちきかんを見た事で話しかけてくださる方もいて……
やはり、見てくださった方々に
「面白かった」と声をかけていただけるのが本当に嬉しかったです😊

この『くちきかん』をきっかけに
演劇に興味を持ってもらえたり、
菊池寛を好きになってもらえたら
なによりだと思います。

私自身、お恥ずかしながら菊池寛のことは
名前を聞いたことがあるような、ないような。
といった認識でした。

ですが今回の公演で、戯曲を純粋に面白い!
と、楽しめましたし、菊池寛に関するいろいろな
逸話を知っていく中で「ああ、菊池寛って香川の誇るべき偉人なんだなあ」と感じました。

ぜひ、皆様にも菊池寛のことを知ってもらいたいなと思います!


👓

本日、はじめてお客様に見てもらい、
いろいろな人から意見をもらったので
もう一度自分を見直そうと
最初の頃の稽古写真・動画を見ていると

少しづつではありますが
成長を感じられるところもあるのかなと思い、嬉しくなります。

とはいえもちろん、まだまだ、まだまだ!

もっっと努力してより良いものにしなければ!
と思いますので、コツコツ頑張ろうと思います💪😼



f:id:miku392:20170205234459j:image:w360
初日にハテナを浮かべながらダンスする池の図



本日見に来てくださった方々
本当にありがとうございました!
すこしでも楽しんでいただけていれば幸いです。

よかったらぜひ、Twitterで感想などを#くちきかんとともによろしくお願い致します。笑


📖

ところで、実は今回のお楽しみは演劇公演だけじゃないのですよ!
公演の前に無料で楽しめる日替わりリーディング公演があったり、また、会場でも楽しい仕掛けがいっぱいになっています!
何があるかはぜひぜひ当日、ノトススタジオでご確認ください!
物販もありますのでぜひ!そちらもよろしくお願い致します😊💕

本公演限定!!!
の、くちきかんTシャツもございます!
実はそのTシャツのイラスト、私が描かせて頂いております……!
よかったらぜひ!🐱👕
数には限りがございますのでお早めに〜🏃
※完売いたしました。ご購入くださった方、誠にありがとうございます!



残りの公演も
全力で、一日一日より良いものにしたいと
思いますので、ぜひ!
ノトススタジオへ足をお運びいただければと思います。
よろしくお願い致します🐱

それでは🙌




SARP vol.12『くちきかん』
●あらすじ
主人公の名前は、くちきかん。名前の通り寡黙な男だが、文士として身をたてることを夢見ている・・・。

香川県が誇る文豪にしてメディア王の菊池寛の人生をモチーフに、メディアとは何か、大衆とは何か、そして、人々の幸福とは何かを考える。

●作・演出
工藤千夏(うさぎ庵 主宰/青年団 演出部所属 等)

●日程 2017年2月
5日(日) 15:00
6日(月) 19:30
7日(火) 19:30
8日(水) 19:30
9日(木) 19:30
10日(金) 19:30
*受付開始・開場:開演30分前
★6〜8日は工藤千夏氏とゲストによるアフタートークあり

●料金
予約:1,000円(学生500円)
当日:1,200円(学生600円)

●無料リーディング公演
各日、入場料無料のリーディング公演実施。くわしくは情報ページをご覧下さい。

●情報ページ
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2120.html

●予約フォーム
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=d9bc5362ad&s=&PHPSESSID=f21a568d594f5f8b102f23214aedd473

2017-02-05

明日から始まりますくちきかん!



こんばんは!こんにちは!
くちきかんブログ初担当青田夏海ことなちです!

明日はついにくちきかん、初日を迎えます!

今日は通し稽古を2回行いました。
まだまだ良くなります!
まだまだ成長できます!くちきかん!

1月の22日から本格的に動き出したくちきかんですが遂に明日から初日なのですね。
これだけ短期間で本番を迎えるSARPは初めでまだまだ不安がありますが
まだまだ良くなる!日毎に変わって行けるということです。
毎公演、全力で挑みたいと思います。

私自身、名前も聞いたことのない「菊池寛
今回のお芝居で菊池寛とは、メディアとは、人間とは…いろいろ学べました。
菊池寛とは…一言で言い表せれるものではありません。
色々な顔をもち、色々なイメージが染み付いています。
四国学院大学の大学生…同じく一言では表わせない、でも色々なイメージがあると思います。
菊池寛、いえ、くちきかんを見て
貴方のなかのくちきかん
貴方のなかの四国学院大学
是非、楽しんで見てください。

心よりお待ちしています!



SARP vol.12『くちきかん』
●あらすじ
主人公の名前は、くちきかん。名前の通り寡黙な男だが、文士として身をたてることを夢見ている・・・。

香川県が誇る文豪にしてメディア王の菊池寛の人生をモチーフに、メディアとは何か、大衆とは何か、そして、人々の幸福とは何かを考える。

●作・演出
工藤千夏(うさぎ庵 主宰/青年団 演出部所属 等)

●日程 2017年2月
5日(日) 15:00
6日(月) 19:30
7日(火) 19:30
8日(水) 19:30
9日(木) 19:30
10日(金) 19:30
*受付開始・開場:開演30分前
★6〜8日は工藤千夏氏とゲストによるアフタートークあり

●料金
予約:1,000円(学生500円)
当日:1,200円(学生600円)

●無料リーディング公演
各日、入場料無料のリーディング公演実施。くわしくは情報ページをご覧下さい。

●情報ページ
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2120.html

●予約フォーム
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=d9bc5362ad&s=&PHPSESSID=f21a568d594f5f8b102f23214aedd473