四国学院大学ノトススタジオからハロー


ノトススタジオからのお知らせ 次回公演 木ノ下歌舞伎 『心中天の網島―2017 リクリエーション版―』 作=近松門左衛門 監修・補綴=木ノ下裕一 演出・作詞・音楽=糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣) 【日時】2017年 10月28日(土)   14:00 開演★ 10月29日(日)   14:00 開演 *受付開始は開演の60分前、開場は開演の20分前 ★=終演後、木ノ下裕一氏による演目レクチャー有 【会場】 四国学院大学ノトススタジオ 【料金】 一般:予約 2,500円/当日 3,000円 25歳以下:予約 2,000円/当日 2,500円 高校生以下:予約1,000円/当日1,500円 全席自由・税込 予約フォーム:http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=ba2b686b39 ◆お問い合わせ◆ 四国学院大学 パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)  Tel/Fax:0877-62-2324 (10:00〜18:00) Mail:sipa@sg-u.ac.jp ▼ノトスブログ・ツイッター・Facebook twitter@residence_sgu  Facebook四国学院大学 ノトススタジオ

2017-10-20 心と体とリアクション…!

こんにちは!
1回生白石英流(シライシ エル)です!
ノトスフリンジ以来ですね〜
観てくださった方々、ありがとうございましたm(_ _)m

さてさて現在は11月22日より5日間公演する「SARP」に向けて、稽古に励んでいるわけですが、、
今回私が務める役、その場の空気を大きく変えるような役でありまして、
要するにかなりふざけます。
白雪姫イノシシ以上にハジけております。\イノシシ!?/
その役を成立させる為に、より大きな動き、リアクション、それに対するアクションを創っていく必要があるワケです。

稽古中もアクションを模索していく日々です。
1週間前は訳が分からずほとんど動けませんでした。
現在に至るまで、少しずつ動けるようになっていますが、まだまだ序の口、、、
これからも模索を続け、動きやリアクション、アクションをしっかり創っていきます!

「SARP vol.13」の公演日は11月22日〜26日の5日間、6公演行います!
是非、ノトススタジオに足を運んで頂き、公演を楽しんでください!\( ˆoˆ )/

2017-10-18

エネルギッシュ!

みなさんこんばんは!一年の大平です。
突然冷え込んだと思ったら梅雨ばりに毎日降る雨。コロコロと変わる天気の中、自分たちは着々とSARPの稽古に励んでおります。

僕はここ最近の稽古では「エネルギー」のコントロールに気を使っています。これは今回演出を務めてくださる松井周さんの言葉をきっかけに考えるようになりました。
コレがとても難しい!でも、とても納得がいく考え方で、僕は近頃新しいおもちゃを手に入れた子供のように稽古に夢中になっています。
そんな今回のSARPの公演日程は11/22(水)〜11/26(日)となっております。是非当日お時間のある方はノトススタジオまで!
それではみなさん、気まぐれな天気に体調などを崩されないよう十分お気をつけください。

2017-10-17

「口語劇」を作るというコト

こんにちはです。3回生の近藤です。近ごろ「こんちゃん」とか「ぴーこん」とか「ジョーミヤビ」とか色んなあだ名が増えつつありますが、まあ好きにお呼びください(笑)

SARPvol.13、本稽古が始まってはや一週間が過ぎました。僕も僕も役者として参加致します。
考えてみればこういった現代口語劇を演じるのは数年ぶりかもしれません。最後にやったのは高校時代でしょうか。

既に数人の方がブログにて語っていますが、僕も「口語劇」、つまり芝居の中での「会話」ってとんでもなく難しいんだな、と感じてます。普段感覚的に行っている会話が、舞台の上で行うとなると、途端に意味を持った場面になる。
その差はどこにあるのか、どのぐらいのニュアンスで言葉を投げればいいのか、その時何を考えているのか....
課題点はてんこ盛りです。

役者同士で、一緒にあれこれ言い合いながら芝居を作っていく。その難しさと楽しさに浸りながらも、いい舞台を作れるよう日々、尽力していきます。


11月22日から26日、冬の訪れを感じる時期にはぜひ、ノトススタジオにお越しください。

ご来場、お待ちしております。

2017-10-13 リアクションとは

こんにちは!二回生の綾舞乃です。
私は、制作を担当しています。
作業内容の多さに驚きましたが皆さんにノトススタジオに足を運んでいただけるように頑張って行きます。




こんにちは、4回生のめいはんこと、北村めいです!


稽古が始まり、あっという間に2日が過ぎました。

本日は稽古はお休みだったのですが、毎日台本とにらめっこしています。


こういう口語演劇は本当に久しぶりです。

書かれていない部分に頭を悩ませながら稽古しております。


相手の言葉を受けて、それに対してリアクションをしてから、返答(アクション)をする。

リアクションは、リアクションとアクションの2つがあって初めて成り立つものなんですね。


これは普段私たちが会話の中で行っている過程です。

つまりこれが出来なければ、会話をしていないことになる訳で…

考えすぎたり、気が散っていると途端に出来なくなっちゃうんですよね。


まだまだ課題は山積みです。



大学最後のSARP、全身全霊で臨みます。


本番は11月22日〜26日、6ステージ、チャンスがございます!

ぜひぜひ、ノトススタジオにお越しくださいませ。

2017-10-12

技術を身に付けよう!

こんにちは!
4回生の青田夏海です。
この度SARP.vol13にて役者として出させて頂くことになりました!
実は今までのSARPでは演出家さんが来てくださってからの
作品づくりという流れで作品づくりが行われることが多かったのですが、今回は松井さんが来られるまでみんなで集まって自主練習を行っていました!
松井さんは自主練習で作ってきて、それを見せてというスタイルで今回は演出してくださるそうなのですが
これ、個人的にとても作品に愛着が湧きます!
みんなで考える時間がたくさんとれる分、座組が一つになっていくのもいつもより早い気もしています!
つまり、毎日わくわくがとまりません!

f:id:miku392:20171011193241j:image


みんなの味がたっぷりでる作品になるんじゃないかと思っています!
4年生〜1年生、たくさん話し合って、たくさん稽古して
いろんな発見をして、いろんな技術を身に付けていきたいと
思っています!!
是非是非、新しい一年生もたくさん出ていますので
ノトススタジオへ足をお運びください。
お待ちしております!