四国学院大学ノトススタジオからハロー


ノトススタジオからのお知らせ 次回公演 青年団第80回公演 『ソウル市民』『ソウル市民1919』 【日時】 11月17日(土) 14:00『ソウル市民』/ 17:30『ソウル市民1919』 11月18日(日) 14:00『ソウル市民』/ 17:30『ソウル市民1919』 *開場は開演の20分前、受付開始は開演の40分前 【料金】 予約:一般 3,000円 学生 2,000円 高校生以下 500円 当日:一般 3,500円 学生 2,500円 高校生以下 800円 ◆お問い合わせ◆ 四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)  Tel/Fax:0877-62-2324 (平日 10:00〜18:00) Mail:sipa@sg-u.ac.jp ▼ノトスブログ・ツイッター・Facebook twitter@residence_sgu  Facebook四国学院大学ノトススタジオ

2012-05-27

5月27日 スタジオにて

今日のブログ担当、きのさんです。

今日は三浦さんのWSから始まり、夕方からは場転換時の道具の出はけを確認しました。

三浦さんのほうは台詞を読むという意識からではなく、自分が思ったことを口に出す形で「コミュニケーション」をするという内容でした。
今回は感情の出し方で恥ずかしさをやってみました。

これが思った以上難しかったです。つい台詞で言ってしまいます。
でも、凄く勉強になりました。

WS中に裏で作業をしてくださったメンバーのみなさん、ありがとうございます!
夜遅くまでやっていましたので、この頑張りは無駄にはできないですね。

場転換の確認は道具を用意せずに人の出はけという簡単な1シーンのみの話もあれば、道具が多くシーンも多い話もあるので結構大変です。

誰が道具を持ってくるか、次の場転換でどこに置いておくのか、次の話に転換するときに道具を運ぶときにどうするのか…など。
確認するだけで時間がかかりました。

これは話を繋げて通す時までに頑張って練習をしないと!

公演日が近くなりましたね。
本番まで今できていることももっと精度を上げて公演に向かいたいですね。

今日はお疲れ様でした!!!

5月26日美術日記

皆様こんばんは。 今日(5月26日)のblog担当の川北です。

今日は午前9時から夜遅くまで美術班が木材と戦っておりました。 金づちを片手に黙々と作業をする姿はとてもたくましいです。

是非、舞台美術にも注目して頂きたいです!!!

写真はTwitterに載せますので、良かったらご覧ください。

以上、川北でしたー。