四国学院大学ノトススタジオからハロー


ノトススタジオからのお知らせ 次回公演 四国学院大学 アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(SARP)vol.14 『ミックスカルチャー』 【日時】 5月23日(水) 19:00開演      5月24日(木) 20:00開演      5月25日(金) 19:00開演      5月26日(土) 14:00開演/19:00開演 5月27日(日) 11:00開演/17:00開演 *開場は開演の20分前、受付開始は開演の60分前 詳細:http://www.notos-studio.com/contents/event/event/3017.html 【料金】 予約:一般 1,000円  学生 500円 当日:一般 1,200円  学生 600円 ◆お問い合わせ◆ 四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)  Tel/Fax:0877-62-2324 (平日 10:00〜18:00) Mail:sipa@sg-u.ac.jp ▼ノトスブログ・ツイッター・Facebook twitter@residence_sgu  Facebook四国学院大学ノトススタジオ

2012-06-29

青年団「月の岬」善通寺公演、当日券ございます!

青年団「月の岬」本日は19時半〜。本日は余裕を持って当日券のご用意がございます!ぜひ、ノトススタジオに直接お越しください!!

明日30日の14時〜、19時からの公演も当日券を発券できる予定です。

2012-06-28

「月の岬」当日券あります!!

「月の岬」
本日6月28日(木)19:00の回、当日券は開演の60分前から販売致します。当日券は15枚前後を発券予定、ベンチシートでのご案内となる可能性がございます。皆様のご来場、お待ちしております。

平田オリザのアフタートークもございます!!

2012-06-26

月の岬、仕込み中

昨日、伊丹公演を終えた「月の岬」はそのまま善通寺入り。
本日は朝より仕込みでした!!
大がかりなセットと照明で、ノトス史上最大の仕込みとなっています!!
学生たちも朝からプロに交じって手伝いました。

木曜日19時〜、土曜日14時〜、はすでに完売しましたが、

29日19時30分〜
30日19時〜

はまだ席に余裕があります。

まぎれもなく演劇史上に残る名作です。
この機会をぜひお見逃しなく!!

ツイッター上でも好評です。
http://togetter.com/li/289558

2012-06-22

28日(木)完売いたしました!

青年団「月の岬」おかげさまで初日28日(木)は完売いたしました!29日(金)19時半から、30日(土)19時〜の回はまだ席に余裕があります!まだチケットをご予約されてないかたはぜひ、お早めにご予約ください!!

2012-06-18

「月の岬」追加公演決定!!

青年団「月の岬」の追加公演が決定しました!!
30日土曜日19時〜


名作「月の岬」をどうぞお見逃しなく!!

青年団第66回公演 『月の岬』 上演 (作:松田正隆 演出:平田オリザ
更新日2012年06月14日

90年代演劇の極北を示す名作
 松田・平田コンビが創り上げた奇跡の舞台
  十二年ぶり待望の再演

夏の朝、長崎県離島にある平岡家の居間。長女の佐和子、すでに嫁いだ次女の和美は、長男の信夫と直子の結婚式に出かける支度で忙しい。信夫や和美の夫・幸一が勤める高校の生徒たち、幼馴染の清川悟、その妻と娘、近隣の人々が訪ねてくる。
ありふれた日常風景の中で対峙する人々の会話からは、微かな亀裂から露見し、深い歪みがそこに暮らす人々の秘密となって暴き出される。


開 催 日 時 : 2012年6月28日(木)19:00 ★
           6月29日(金)19:30
           6月30日(土)14:00 ☆
          6月30日(土)19:00
        ※6月30日(土)の前売・予約受付は終了しました。
        ※受付開始は開演の60分前、開場は開演の20分前
        ★=終演後、平田オリザによるアフタートークを開催
        ☆=終演後、特別リーディングイベント開催
開 催 場 所 : 四国学院大学ノトススタジオ
料    金 : <前売・予約> 一般 : 2,000円 学生 : 500円
         <当    日> 一般 : 2,500円 学生 : 800円
申 込 方 法 : 以下の項目をお電話、FAXもしくはメールにてお申し込みください。
1.郵便番号  2.住所  3.氏名  4.年齢  5.電話番号  6.FAX番号  7.E-mailアドレス
8.参加希望人数(一般   枚 、 学生   枚 )
9.参加公演(6月28日19:00開演 、 6月29日19:30開演 、 6月30日19:00開演)
(ご連絡いただいた個人情報は公演の運営目的のみに使用いたします。)

<チケット取り扱い・お問い合せ先>
   四国学院大学 企画課 香川県善通寺市文京町三丁目2番1号
         TEL: 0877-62-2208  FAX:0877-63-5353  E-mail: kikaku@sg-u.ac.jp

2012-06-14

平田オリザインタビュー

演出の平田オリザさんにAI・HALLさんがインタビューされてます。

「『月の岬』は、人間の様々な欲望、本人も意識していない欲望が、本当にうまくすべて埋め込まれている戯曲だと思いました。こういうことが劇作家の仕事だということを、まさに見せつけるような戯曲だと思います。」

http://www.aihall.com/drama/24_oriza.html

今から楽しみですね!
他の日もどんどんご予約をいただいております。
ご予約はお早めに!!

2012-06-13

「月の岬」6月30日(土)14時の回、完売いたしました。

6月28日から30日までノトススタジオでは平田オリザが主宰する劇団青年団の「月の岬」が公演されます。ただいま、予約受付中です。
30日(土)14時からの回がすでに完売しております!
観劇を予定されている方は、ぜひともお早めのご予約をお願いいたします!!

-----------------------

90年代演劇の極北を示す名作
 松田・平田コンビが創り上げた奇跡の舞台
  十二年ぶり待望の再演

【あらすじ】
夏の朝、長崎県離島にある平岡家の居間。長女の佐和子、すでに嫁いだ次女の和美は、長男の信夫と直子の結婚式に出かける支度で忙しい。信夫や和美の夫・幸一が勤める高校の生徒たち、幼馴染の清川悟、その妻と娘、近隣の人々が訪ねてくる。
ありふれた日常風景の中で対峙する人々の会話からは、微かな亀裂から露見し、深い歪みがそこに暮らす人々の秘密となって暴き出される。


開 催 日 時 : 2012年6月28日(木)19:00 ★
              6月29日(金)19:30
              6月30日(土)14:00 ☆
        ※6月30日(土)の前売・予約受付は終了しました。
        ※受付開始は開演の60分前、開場は開演の20分前
        ★=終演後、平田オリザによるアフタートークを開催
        ☆=終演後、特別リーディングイベント開催

【特別リーディングイベント開催】 6月30日終演後
太宰治 作「皮膚と心」より・・・・・・・・・・出演:内田淳子/演出:平田オリザ
   女優・平田淳子が平田オリザ演出で語る、女性という「生き物」の姿。
   内田自身も「演劇以上に難しく、演劇より自由だ」と言うリーディングの世界を併せてお楽しみください。
   ※無料。当日「月の岬」をご観劇のお客様のみご覧いただけます。上演時間30分程度を予定。


開 催 場 所 : 四国学院大学ノトススタジオ  ※駐 車 場:一回300円にてご利用できます。
料    金 : <前売・予約> 一般 : 2,000円 学生 : 500円
         <当    日> 一般 : 2,500円 学生 : 800円
申 込 方 法 : 以下の項目をお電話、FAXもしくはメールにてお申し込みください。
1.郵便番号  2.住所  3.氏名  4.年齢  5.電話番号  6.FAX番号  7.E-mailアドレス
8.参加希望人数(一般   枚 、 学生   枚 )
9.参加公演(6月28日19:00開演 、 6月29日19:30開演)

(ご連絡いただいた個人情報は公演の運営目的のみに使用いたします。)

<チケット取り扱い・お問い合せ先>
   四国学院大学 企画課 香川県善通寺市文京町三丁目2番1号
         TEL: 0877-62-2208  FAX:0877-63-5353  E-mail: kikaku@sg-u.ac.jp

2012-06-12

6月10日18:00〜分 アンケートまとめ

多分『われわれのモロモロ「四国学院編」』関係の
最後の更新になると思います!瀧口です!!
まぁもしかしたらまだ更新はあるかもしれませんが、
でも多分最後だと思います。
次更新される時は今度のSARPの時かな!

それではいってみましょー!!



■感想等
 ・細かい心の動きが表現されていて、引き込まれた
 ・スタッフの対応もよかった
 ・言葉(讃岐弁)がとても自然で、エピソードも生々しくて近しい出来事として観劇できた
 ・プロの役者とできる機会はとても貴重だと思う。噛みしめて自分の血肉にして
 ・(SARPが)いい取り組みだと思うので続けてもらいたい
 ・また足を運びたい
 ・生活の中に散りばめられた、自分にも経験したことのあるエピソード等とても楽しく観れた
 ・セリフまわしがかなり日常の会話と近く、聞きやすかった
 ・形にし辛いような言葉にし辛いような、そういう部分を演劇にして見せてもらえたようでよかった
 ・特に『忍びよる魔の手』がよかった
 ・「巨乳サワー」、面白かった!
 ・素直に楽しいと思える時間だった
 ・1週間前の稽古見学から今回の本番、びっくりするほどgood。
  お金を頂く演劇になっていた



1つ、「全席自由なのに前からお座りくださいというのは自由じゃない」というご意見が。
確かにそうですよね・・・
前が空くと役者からして少し寂しい気分になるだろう、という考えからだったのですが、
それなら「ご自由にお座りいただいて大丈夫ですが、
前から詰めてお座りいただけますようご協力よろしくお願いします」
とかにすればよかったですね。反省。
せめて「よろしければ前からお座りください」とか。
やってしまったなぁ・・・
この回、場内案内してたの自分です。申し訳ありませんでした。
次回はこのような事がないようにしますので
よろしければ次回もご来場いただけたらと思いますっ!



全体的には成功したであろう「われわれのモロモロ」でしたが、
細かいところを見ていくと失敗がたくさん。
分からない事が多かったのも確かですが、それを理由にしてちゃキリがない。
今回の失敗を見直して、次回はもっと満足していただけるものにしたいです!!





アンケートまとめは今回ですべて終了です。
たくさんのご意見の中からの抜粋ですので紹介は少ししかありませんが、
すべてきちんと目を通してあります。
改善点等は書き出して次に役立てたいと思います!



それでは長い間、お付き合いいただきましてありがとうございました!
次の公演までのんびりとお待ちいただけたら、と思います♪

6月10日14:00〜分 アンケートまとめ

更新終わったのかなと思ったところに登場、瀧口です。
はい、最終日分のアンケートまとめがまだなんですねー。
昨日はですね、えぇ、寝ちゃいましたよね・・・
お酒入ってましたし。実は今も入ってるんですけどね。←
2日連続でお酒飲んだのは久しぶりかもしれない・・・

そんな個人情報はどうでもいいですね!!(笑)


それではさっそくまとめに入りましょー!



■感想等
 ・最後のstoryは心が動いた
 ・こういう企画は初見でも友人を観に来るので意義がある
 ・小さくてもキラリと光るいい学校
 ・やさしい一言、さりげない一言所作が人生を、生活を変える事ってある
 ・脚本の多様性にびっくり。ホントにわれわれのモロモロだ。
  香川で作る芝居を香川で観たり、県外からやって来て公演を一緒にできる環境、すごく望んでいた
 ・人が生きているのはドラマの連続なんだ。なんだか今の自分が愛おしく感じる
 ・男子寮にTV買ってあげて
 ・若者の体質があらわれていて興味深い
 ・短時間に感じられ面白かった
 ・きっと話を聞くだけではふーんで終わることが、芝居として観るととてもとても分かりやすくて
  きっと伝わる情報がたくさんあるので伝わってくるのだと思う
 ・このあとどうなったかと想像させてくれるところがよかった
 ・皆が演じているのが生き生きとしていてよかった
 ・舞台で自分のことをさらけ出す勇気がすごいと思う
 ・お芝居したい!って思わせてくれる作品だった
 ・思い出の一端を見せてもらった感覚。次があれば友達を連れてきたい。



あれ、案外少なかった・・・
枚数としては多いんですけどね!(笑)





実は「われわれのモロモロ 四国学院編」の公演は終了したのですが
制作さんはまだまだ仕事が残っているのです(T_T)
しかも結構重要な仕事・・・!!

完全に終わるまではまだまだかかりそうですが、頑張っていきたいと思います!!



さてさて、最後の1公演分が残っております。
一気に更新・・・するのもいいんですが、
ここはあえて明日(時間的には今日ですが)更新します!
睡眠不足なんですよね(^^;)


それでは一旦おやすみなさい(´ω`)

2012-06-10

6月10日



今日は千秋楽でした!

最後のブログ担当は吉森亜里紗(ありさ)です。



無事、8公演を終わらせました(>_<)

みんなやりきりました!!


すごく達成感がありますw


今は打ち上げなぅ(^^)/

みんな仲良しです。


明日からいつも通りの
大学生活に戻るんですね…


寂しいな(・_・、)



同じ大学でも会える子
会えない子がいるからね



今日は思う存分みんなとの
時間を大切にしなきゃね(*´Д`*)


f:id:miku392:20120610214938j:image








みんな大好きよー!!


ちゅッ(^з^)-☆




とゆうわけで

みなさんお疲れさまでした!

6月9日18:00〜分 アンケートまとめ

もう名前は書きません。分かってますもんね(笑)
このブログ読んでくださってる方、読むのダルいだろうなぁ・・・
本当にごめんなさい。


さぁ、最後の更新!
いやまぁ今日の公演終わったらまた同じように更新しますけどね!!(笑)



■感想等
 ・公演を観ながら何か色んな事に対して考えるようになった
 ・演劇はなかなか観る機会がないので観られてよかった
 ・今日を境にファンになった
 ・気持ちが入っていてすごくよかった。楽しませてもらった。金麦おいしいよね
 ・人は色々な事を通じて大人になっていく。何一つ無駄なことはない、と信じていきたい
  と思わせられる話の数々。楽しめた
 ・四国ではこういった活動が少ないため、新鮮な喜びがある。
  著名な方々と近い距離で接し合えるのも得難い体験であり、これからのさらなる活躍を祈りたい
 ・日常生活を見ているようで楽しかった



この公演は来場者数が少なかったため、あまりないですね・・・
あと本当に申し訳ないのですが、急いで書かれたのは分かるんですが、
読みにくい字があったりして書けていないものがいくつか・・・


あと!これまでの公演を通して軽音楽部にもノトススタジオを使わせてほしいという意見が!!

多分使うことには何の問題もないのではないかと思うのですが。
その件に関してはさすがに私たちの力ではどうする事もできないです・・・
先生に相談してみてください。はい。





・・・短い。
という事で私も少しブログらしいことを書いてみます。



正直言いますと、私がSARPに参加したのは授業で取っているからなんですね。
しかも最初、「岩井秀人」という人物がどんな人かも知らなかったんです。
(岩井さんごめんなさい・・・)
私があまりプロの演劇の事を知らないからだと思います。

でも実際活動して。岩井さんやハイバイの方々とお会いして。
なんか、凄いですね。ホント。

今日も先ほどまで岩井さんとメールさせていただいてたんですけど、
メールしてたり普通に話してたりしても、なんか、やっぱり、普通の人なんです。
私たちと同じ人間なんです。
でもふと我に返った時に「あれ、自分結構凄い事してんじゃね」と思うわけです。
本広さんの時も同じですが。
向田邦子賞受賞された方ですよ?
踊る大捜査線シリーズの監督ですよ?

もう、当たり前のように話しすぎて、「凄い人だ」って事を忘れちゃうんですよね。
それがこの大学のいいところなような気がします。
至近距離で接することができる。


私、本音言うとこの大学、あんまり好きじゃないんです。
言い方悪いですけど、自分も含め、やっぱりバカな人が集まってるなぁって。
授業中うるさいし。寝てるし。途中から堂々と入ってくるし。
でも、このSARPに参加して、ちょっぴり好きになりました。
だって、こんな経験、他の大学じゃ無理ですよ。
ましてや地方の大学で。
こんな至近距離で接して、指導してもらって、お話して。
絶対に無理です。

今まであんまりお勧めしてこなかったけど、高校の演劇部の後輩とか、来たらいいのにって思います。

ってか大学に来てる人全員1回はこれ受けたらいいんじゃない?(笑)
多すぎか(笑)



締まりないけど、こんな感じなんです。今の私。

大学卒業して行くところなかったら、ハイバイに拾ってもらおうかな?(笑)





さ、寝よ寝よ!
今日でいよいよ千秋楽
今までやってきたことが終わってしまうのは寂しい気もしますが、
最後まで頑張っていきたいと思います!!

おやすみなさい(´ω`)

6月9日14:00〜分 アンケートまとめ

名前を言うまでもないでしょう瀧口です。
肩痛いです。肩甲骨の横の筋肉が特に。
私過去にこの筋をつった事がありまして、痛くなりやすいんですよね。
なのにパソコン作業・・・
肩こりが悪化しそうです。誰かマッサージしてください。(笑)

さてさて、9日14:00〜、Aプログラムのアンケートまとめでございます!!



■感想等
 ・新幹線、コワいですね
 ・ただ楽しいだけでなく、人との接し方、関係などいろいろ考えながら観ていた
  観る事ができてよかった
 ・どの作品も食い入るように観てしまう程完成度が高かった
  開演から流れているBGMが素敵。今回の「題」に合っている
 ・自分の子供と同年代の人が演じていて、「子供もあんな風に生活しているんやろなー」と思って観れた
 ・自分の聞いてほしい事(?)を言っているので自然で面白かった。
  なつかしい感じがした
 ・自分が感じた事、影響された事様々ありますが、ゆっくり考えたいと思う。
  すっかり見入ってしまって、気づくと終わっていた
 ・演技がすごく、とても熱意が伝わってきて感動した
 ・若いパワーはすごい
 ・新幹線の話は特に面白く、他人に話したくなった
 ・恋愛って何度みても考えさせられるものだと思うことが多いなと思った
 ・安藤さんの劇が笑いあり涙ありですごくよかった
 ・話がテンポよく進み、説明との切り替えもおもしろく楽しく観れた
 ・映画と繋がることもあったので勉強になった
 ・生々しい家族間のいざこざや恋愛、観ていてハラハラした
  次もあるならコメディとか観てみたい
 ・どの作品も面白く、時にはじーんとくるものもあった
 ・AプログラムもBプログラムも観たが、どちらもそれぞれに面白くて素敵だった





いつもより少ない。そんな気がする。
いや、そんな事はないですよ。
・・・ていうかまぁ今回は書いてくださってる方が偶然にも少なかっただけで。
そういうことです。←


現在時刻4時50分。
起床時刻8時30分。
・・・寝ない方がいいんじゃないかな。起きれる自信ない。

けどお腹痛いので頑張って次書いて寝ます。はい・・・!

6月8日分 アンケートまとめ

引き続き制作の瀧口でございます。
あの後地元に帰って、友達とジョイ○ル行って、喋って、帰って、
いろいろしてたらあらまぁ朝方。
・・・頑張って更新せねば。



■感想等
 ・憧れの岩井秀人さんをお目にかかれてすごく嬉しかった。
  平原さんのファンにもなってしまったので、また「ハイバイ」の舞台を拝見し直したいと思う
 ・香川という土地でこの作品を観れて、しかも学生がやっててそれだけで意味があるものだと感じた
  学生さんには思いっきり楽しんで苦しんでいってくれたらと思う
 ・皆懸命に生きている それが分かっただけでも来たかいがあった
 ・よく練習しているのが分かった
 ・男子寮の話が面白かった
 ・面白かった、テンション上がったから今日は寝れそうにない
 ・演劇って自分のかっこ悪さをさらけ出すことだったって思った
 ・普通の生活の中でのエピソードがとても楽しく生き生きと演じられていた
 ・この中から将来実力の有る役者が必ず出てくると思う
 ・近場で面白い舞台が観れる機会が増えてすごく嬉しい
 ・会ったこともない全く知らない皆さんの事がすごく愛おしく感じた。
  自分の人生の一場面を表現する機会があって羨ましい
 ・予想外に学生達の演技が上手くて、すぐに内容に引き込まれた
 ・自分に通じる点が多く盛り込まれたような演目が多く、とても興味深い作品だった
 ・穐山と友達になりたい。が、兄との方がもっと友になりたい。
 ・自分が所属している大学でこれほど面白い劇が行われていた事が嬉しかった。
  演劇には確かに力があるということが実感できた
 ・時間を感じさせないとても素敵な時間を過ごせた。
  「謎の激痛」、あの後体はもう大丈夫なのか?
 ・今回だけでなく、何度も見たい作品。
  都合によりAプログラムが観られないのが残念
 ・こんなことができる大学にいるんだ!と正直驚いた
 ・A、B両方観たが、もう1回ずつ観たいぐらい。
  私も脚本を書いてみたいという気持ちにさせられた
 ・昔から演劇に興味があったが、今回の公演を観て更に興味が湧いた
 ・男子寮というカオスに生きる皆さん!強く、強く、生きて下さい・・・!!
 ・「普通」の人たちの記憶で舞台ができるなんて。こんなやり方があったのか



今更感が否めないのですが、もちろんアンケートすべてではなく、
私が読んで抜粋させていただいている他、
できるだけ見やすいように少し文章を変えたり、縮めたりさせていただいております。
もし「この文章私が書いてて、載せるなんて聞いてないから消してほしいんだけど」
などのご意見ございましたら、遠慮なくコメントにお書きください。
早急に対処させていただきます。

アンケート用紙に「ブログに載せる可能性がある」という旨を書くべきでしたね・・・
とある方の用紙にこの件の事を書かれており、そこで気づきました。
このブログをご覧になっておりましたら、気分を害したことを謝罪いたします。
申し訳ありませんでした。





さてさて。残り2公演分。
千秋楽分に持ち込みたくないので更新しちゃいますね!!

2012-06-09

6月7日分 アンケートまとめ

どうもどうも、制作の瀧口です。
昨日はですね、そのですね、寝ちゃいまして・・・
本当に申し訳ないのですが、4公演分一気に更新させていただきます。


とある人より「質問と感想だけでいいよ」と仰せつかったので
今回より改善点の記入はなしとなります。

もちろん皆で読んで改善に努めますので、ご安心ください(^^)


■感想等
 ・「普通」の学生の可能性の無限性を観ました。
 ・カゾクワリの安藤さんがしんもしっかりしてブレがなく、聞き取りやすい滑舌をしていた
 ・日常にありそうな内容だったので身近に感じられておもしろかった
 ・1つ1つの話がとてもリアリティのあるものだった!
  面白さの中にあるどこか感じたことのあるものに感動しました。
 ・見ていて楽しかったし、元気になれる劇でした。
  この劇を見て、前より演劇をすることが好きになれました。
 ・純粋に楽しんだり、感情移入したりと素直に見る事ができ、学ぶことが多々ありました。
  アフタートークも有意義すぎる時間を過ごせることができました。
 ・私もやりたい。皆さんみたいになりたい。
 ・歩調を合わせることに集中しがちな若者だが、このような演劇で主張することを若くから学べて羨ましい
 ・自分は音楽をしているが、今回の公演で自分の目指しているものの低さを痛感した
 ・学生さんの演劇がこんなに楽しめると思わなかった
 ・すごく衝撃的な「モロモロ」だけど、
  似たようなこととか似たような感情を持っているんだなということを改めて気づかされた
 ・女の子が書いた台本がどれも面白かったのでビックリした
 ・香川という田舎の大学で本格的に演劇ができる環境があって、とても羨ましく感じた
  また見に来ようと思う
 ・女子会の話が客観的に自分を見ているようで面白かった
 ・小さい声を表現しているところがあって、そこが小さい声の雰囲気なのに響いているのがすごい
 ・仲間の友情が感じられる素晴らしくいい劇だった
 ・自分は今演劇部で一種のスランプ状態なものだったが
  今回の演劇を観て自分の中には何が足りないのが少し分かったような気がした
 ・“声をはる”“動きをつける”だけが表現ではないんだと新しい発見があった
 ・その人自身い起きたことを演劇としてやるというのが面白かった
 ・初めてノトススタジオに来たが、善通寺に?って思わせる程広さも雰囲気もいい劇場だと思う





・・・1公演分だけで相当疲れました。
あと3公演分・・・頑張ろ!!

2012-06-09


皆さん、初めまして。

本日ブログ担当のありちゃんです!


SARPメンバーがこの1か月間、
寝る間も惜しんで練習して、四苦八苦しながら舞台をつくりあげて、
そうしてできた「われわれのモロモロ」が
あと2日で終わってしまうのは少し寂しいです…(´・ω・`)

1ヶ月って本当にあっという間ですね。

最後の最後まで、気を引き締めていきますよ!!


土日ではAプロ、Bプロの両方を予定しておりますので、
ぜひご来場していただければと思います!


乱文ですみません。
ではでは、この辺で失礼します!

おやすみなさい(。ρω-。)。oO

6月8日 もっと熱くなるぜ!

三度の飯より、美術と噂話と松岡修造が大好きな山崎です。

本日はBプロでなんと80人以上のお客様が僕たちの芝居
を見に来てくれました。いや〜感謝感激雨あられ


今回のSARPも折り返しにさしかかりました。
なんだか、スタジオの雰囲気もピリピリしています。後の4回公演もメンバー一丸となって頑張っていくのでよろしくお願いします。

明日の公演なのですが、なんと明日もアフタートークをします。
本広さんとノトススタジオ美術監督の西村さんのアフタートークです。

本日までは岩井さんでしたが、また違う印象を
受けると思いますのでぜひ明日もノトススタジオに
足をお運びください。なおこのアフタートークですが
土曜日限定で行うので見るなら土曜日しかない!

つたない文章と短い文章で申し訳ない。

最後に



今回のSARP関係者・役者さん・スタッフさん






そして、見に来て下さった方々・これから見に来て下さる方々





今、このブログ見ている方々





本当にありがとうございます!

2012-06-08

6月6日分 アンケートまとめ

引き続き失礼します制作の瀧口です。
私パソコンの早打ち&ブラインドタッチには自信があるのですが、
眠いのでしょうか・・・打ち間違い激しすぎる。
もし誤字がございましたら申し訳ありません。


それでは6月6日分のアンケートまとめです!!


■改善点
 ・ちょっと早口、タ行の発音が気になった
 ・照明の間隔がよく分からない部分があった

■質問等
 ・初めて大学内に入った。以前から演劇に興味があり若いエネルギーを感じてみたかった。
  身近で演劇を楽しめる所ができてよかった。香川を活気づける1つとなってほしい。
  私もやってみたい。
    →是非やりましょう!!遅いなんてことは全然ありません!!
     楽しいことは保証致します!!

■感想等
 ・ダンスの公演も見たい
 ・男子寮頑張れ
 ・表情、仕草に凝っていてよかった
 ・夢に向かっている皆様に刺激を頂いた。四国にこういう活動があって良いなと思った。
 ・Aプロと違って何か感じるものがあった
 ・学生の皆さんより10年程長く生きているが、まだまだ人生経験が足りないなぁと思った。
  「保健室での...。」私なら最後までじっくり聞き耳をたてていたと思う。
 ・男子寮に三種の神器が入ることを祈る!
 ・SARPという取り組みを初めて知ったが、vol.1、2も本当に観たかった!
  vol.4も心から楽しみにしてる
 ・裏方として頑張った皆さんの姿も拝見したかった!
 ・期待以上だった。感動した!!
 ・便秘はコワい
 ・最後の引きこもり演劇は子供の心の中が伝わるものだった
 ・笑えない所があってとてもリアルで、すごく心が惹かれて目が離せなかった
 ・クズ育成場最高
 ・便秘がすごく印象的だった。間の取り方が笑えた。
  身近な題材なのに上手く表現できていたと思う
 ・最後の「穐山さん」すごく引き込まれた。途中ウルッとなった
 ・「謎の激痛」、笑いすぎておなか痛くなった。
  「mother」の主人公の周りをたくさんの母親が回るシーンがとても印象に残った


相変わらず読みにくい・・・どうしたらいいのでしょうか。
そして今回は1作1作すべてに感想を書いてくださった方がいらっしゃいましたので、
そちらの方のは全部書きますね!

 今回の公演はとても心に伝わりやすく、楽しめることができました。
 どれも1つ1つの作品にリアルさがあり、笑える所があり、人として考える所がありました。
 やっぱり、1番は最後の日記風の作品です。
 理由は1番私が考えさせられた作品だからです。
 1作目は、本当にマンガが実現化したようなものであり、
 あえて途中で終わらせることで心に残りやすいものでした。
 2作目は、見てるこっちが苦くなるものでした。
 3作目は・・・あの父親はダメだなと思いました。
 4作目は本当にありそうでなさそうなものでした。
 5作目はとにかく楽しかったです。
 6作目は・・・・・・がんばれ。
 7作目、人との関係が苦手になってしまった者のさみしさ、心のいかり、友を思う優しさ、
 とても小さな親切が心のトビラを開くカギとなること、全てが気持ちによって変わるものである。
 7作目、本になりませんか?私は本になってほしいです。


アンケート用紙の自由欄いっぱいに書いてくださいました!
穐山さん、本にしてほしいそうですよ!!|ω・´)チラリ



結構たくさんの方が今回の公演をみて演劇に興味を持ってくださっているようです。
嬉しいことですね♪
自分もう歳だし・・・とか思っている方!
そんな事はありません!!
演劇はいつからだって始められます♪
これを機にチャレンジしてみてください!!





住所のところに「クズ育成場」って書いてある・・・(笑)

・・・ん?世田谷区
世田谷区って・・・え?
いや、まさかそんなわけないよねー・・・私が地理弱いだけ・・・





え、いやマジで東京だ。
郵便番号1から始まってるし。
え、マジで?
ちょ、大変ですよSARPの皆様!!
東京からわざわざ香川までいらっしゃってくださってます!!

その方は岩井さんのTwitterでこの公演を知ったそうです・・・恐るべし、岩井さん。

あまりに遠いところからいらっしゃっていると分かると
「住民票がそこなだけなんじゃ?」と思ってしまうひねくれ者の私。
でも本当に嬉しいことです!!

これからのSARPも県内はもちろん、たくさんの県外の方から観ていただけるといいですね!!


それでは今回はこれにて。
明日、7日、8日分をまとめますね♪

6月5日分 アンケートまとめ

どうも皆様おはようございます。
制作の瀧口です。
はい、寝ちゃってました。←

今日からご来場いただきました皆様からいただいたアンケートをまとめていきたいと思います!
同じような内容は飛ばしますので、その辺りご了承いただけると幸いです。


その前に1つ。

みーさん、ごめんなさい(´;_;`)
小説は目で見れるからと思って・・・というか、まぁ、はい、いらないかなって(;_;)
今日からのパンフレットにはきちんと載せてありますのでっ!!


はい、失礼いたしました・・・
それでは6月5日分のアンケートのまとめに入ります!


■改善点
 ・学生が勉強できるよう、大学の図書館にはもう少し舞台や演劇・戯曲の本を揃えてほしい
 (先生方、申請お願いしますっ)
 ・ロビーには台本など観客に見せるべきでないものを置きっぱなしにしておかない
 ・気まずさやいらだちや楽しさの雰囲気にもっとメリハリがつけば面白いと思う。
  客席と舞台の空気をはっきりかえられたら、もっと面白い作品になると思うので
  舞台からもっと緊張感が伝わってきたらいいなと思う。
 ・日常会話のシーンが多いが、そこがぎこちなくて不自然で残念。

■質問等
 ・どれも本当に実体験なのか?
    →話を盛ったりして演劇にしているため、あったことまんまそのまま、
     というわけではないですが、元は実体験です。
 ・演劇もいいけど音楽でもノトススタジオを使わせてほしい!
    →私たちの力だけではどうにも・・・ 先生方に伝えてはおきますね!

■感想など
 ・他の大学の学生が大学でできないことをやれているのだからそれを活かして!
 ・笑いあり、感動あり、同情ありで楽しめた。安藤さんと薫さんの作品が好き
 ・奥の板壁が印象に残った
 ・出演している人すべてが内容を伝えようと努力している姿勢がすばらしい
 ・今後も継続的に公演を行って、学生たちの力を引き出してほしい
 ・門田さん、よかったです
 ・一人一人主人公の語りが入るのは心情が理解しやすく物語に入りやすかった。
  痴漢の話は大爆笑!!
 ・日々の生活で「あるあるー」って話が多かったのに、なぜかすごく見てて笑えた
 ・非現実的なようにみえて、とてもリアルな話だと思った
 ・これからの活動も期待してます!
 ・人に伝えることの素晴らしさを感じることができた。
  演劇に興味を持った!
 ・地方にいながらレベルの高い芝居を観る事ができ、幸せ
  公開稽古を見学でき、勉強になった
 ・考えさせられる部分が非常に多い作品でとてもよかった
 ・公演全体的に役者さん一人一人が舞台の上で全力を出していて、
  こちらからありがとうと感謝したい。有意義な時間が過ごせた。
 ・皆さん一人一人の演技が上手ですごかった。
  役になりきるのはすごく難しいのに、皆特徴があってすごい
 ・また面白い作品を期待しています!
 ・とても面白くて、もっともっと観ていたかった!


読みにくくてごめんなさい。
まとめるのって難しいのね・・・

同じような内容ははぶきましたが、それでもこんなにたくさんのお言葉をいただきました!
ありがとうございます!
至らない点が数多くあったようで、今後の公演では同じことがないよう気を付けたいと思います。

この日はわざわざ愛知県からいらっしゃってくださった方がいたようです!
遠いところからわざわざ足をお運びいただいて、本当に嬉しいです!
ありがとうございます!

いくら学内での公演といえど、やはりお金をもらっている以上ただの発表会ではない。
そう痛感いたしております。
今後も「われわれのモロモロ」関係者一同、精一杯頑張っていきたいと思います!



それではこれにて。
今日はもう1つ、6月6日分もまとめておきますね!

2012-06-07

こんにちは、森田いづみです。
日付変わっちゃいましたね。

昨日からうってかわって暑くなりました。
私は今日お気に入りのワンピースを着てきました。
足を出すのって勇気が要りますね。てへ。

「われわれのモロモロ」の稽古初日から使い続けたメモ帳がもうなくなりそうです。


Bプログラム初日。

私、前説担当なんですけど
ガチガチに緊張しちゃって…

まぁ、オッケーだよと言われたんですけど。

不安だらけですよ、いろいろ。

だけど、やってきたことを信じてやるしかないですよね、うん。


私は本番前に色んな人に言った/言われた 言葉をたくさん思い出します。

色んな言葉がスーパーボールが跳ねるみたいに返ってくるんですよ。

私だけかな?えへへ。

何を皆が思ってるかわからないけど、だけど裏の皆の表情はそれこそ芝居と同じぐらいリアルです。

そして今日はAプロ、Bプロが
両方初日を迎えたので打ち上げでした。
皆で楽しくご飯食べながら
色んな人とお話して。
楽しかったです。いっぱい食べたんでダイエットします。


後、6ステージ頑張ります。

平日は前売りは売り切れました。当日券は若干数出せますが
出来れば土日が余裕ありますのでそちらにご来場していただいたらと思います。
日曜日14時の回は売り切れましたのでご注意下さい。

このまま明日へ行くんだ

どもどもです

SARP初参加のド素人、みーと申します。





あ〜……てすてす。

こんちゃ〜〜〜っす!!

「われわれのモロモロ」今日は記念すべき初日でした。

見に来て下さった人はいかがだったでしょうか?
次の公演を見に行くよって人は準備はできてますか?

公演後のダメ出しでまだまだ改善すべき点があったり。
千秋楽まで進化し続けたいものです。




せーの!で踏み出そう

明日という名の先へ
今という名の未来へ


===
(以下愚痴)


あっ、そういえば!

パンフレットには皆さん書いた台本の説明が少しあったのに小説の自分にはその一言がないんですよ。書かせてくれなかったんですよ、オファーすらなかったんですよ。

なんで自分はここに書きます!

『夢境の記憶』
案外自分で思ってるほど人間はうまく作られていない。それは人生も然り。
「大切なもの」は最初か最後か?

事のつまり……人生は非日常ほど楽しい。



……こんな感じか。

折角なんで殆ど触れられることのない小説についてを少しだけ。(え? どうでもいいって? やめて泣いちゃうから。



自分の小説は約70,000文字ぐらいの5日間の旅日記を原作にして所々加筆修正した感じです。
基本的にはすでに出来ていたものを新たに再構成した感じなので、台本作る最初の段階では一番楽した人間だったり。。

知識無くただ思うがまま書き連ねた旅日記がまさかこんなことになるとは……!

拙い部分や、全体の構成のことなどなどを細かく指摘して下さって……岩井さんにはホント感謝してます。
次の旅日記書くときには今回学んだことを色々生かして書けそうな気がします。

尺の関係上、会話の前後等の配置換えはしましたが、内容自体は全て実話ですので。

相棒のN氏も見に来ると言っていたのでアレを読んだらどこが入れ替わったか見破られるんだろうなぁ……

原作を丸ごと載せてみたい欲求もありましたが、流石にそんな無茶を言う勇気はありませんでした。。
原作全部を修正する時間もなかったと思いますし。
……でもあとがきは書きたかったかも。

まぁ、紆余曲折、山あり谷あり、エアーズロックあり、フィヨルドありでしたが、無事に初日を迎えました「われわれのモロモロ」をよろしくお願いしますね。

関わっているすべての人に感謝しながら…………
明日に向けて寝ましょう。


ぐんない。

SARP公演二日目を終えて

みなさん、こんにちは。

SARPは2回目の参加の、まっつんです。まっちゃんでもいいです!

一ヶ月間の「われわれのモロモロ」の劇も長いようで短いようでありもう終わりの時が迫ってきました。最初、自分の暗〜い話から始まり、初めて台本を書き、AプロBプロで一役ずつで今日までやってきました。………出番少ないけど疲れた…心労?

SARPの公演も二日目が終わりAプロ、Bプロをそれぞれやり、他の俳優の演技が1段階も2段階も進化してるのがとても凄いと思い自分も見習わなければと思います!特に技術系の仕事は全く力になれず四苦八苦…。1年前のSARPの時もそうだったかもしれません。

今日…いや昨日の公演ではあの「踊る大捜査線」の演出・監督の本広克行さんが来ていました。半年前のワークショップ以来の登場で相変わらずオーラが凄いと思いました。本広さんを見ているとよく兄の顔が思い浮かべます。兄が「踊る大捜査線」の大ファンだからだと思います。


さて、もうあと四日となりました。「われわれのモロモロ」の公演最後まで全力でいきたいです。


ではまた。

2012-06-06


こんにちは、森田いづみです。


昨日からうってかわって暑くなりました。
私は今日お気に入りのワンピースを着てきました。
足を出すのって勇気が要りますね。てへ。

「われわれのモロモロ」の稽古初日から使い続けたメモ帳がもうなくなりそうです。


Bプログラム初日。

私、前説担当なんですけど
ガチガチに緊張しちゃって…

まぁ、オッケーだよと言われたんですけど。

不安だらけですよ、いろいろ。

だけど、やってきたことを信じてやるしかないですよね、うん。


私は本番前に色んな人に言った/言われた 言葉をたくさん思い出します。

色んな言葉がスーパーボールが跳ねるみたいに返ってくるんですよ。

私だけかな?えへへ。

何を皆が思ってるかわからないけど、だけど裏の皆の表情はそれこそ芝居と同じぐらいリアルです。

そして今日はAプロ、Bプロが
両方初日を迎えたので打ち上げでした。
皆で楽しくご飯食べながら
色んな人とお話して。
楽しかったです。いっぱい食べたんでダイエットします。


後、6ステージ頑張ります。

平日は前売りは売り切れました。当日券は若干数出せますが
出来れば土日が余裕ありますのでそちらにご来場していただいたらと思います。
日曜日14時の回は売り切れましたのでご注意下さい。

このまま明日へ行くんだ

どもどもです

SARP初参加のド素人、みーと申します。





あ〜……てすてす。

こんちゃ〜〜〜っす!!

「われわれのモロモロ」今日は記念すべき初日でした。

見に来て下さった人はいかがだったでしょうか?
次の公演を見に行くよって人は準備はできてますか?

公演後のダメ出しでまだまだ改善すべき点があったり。
千秋楽まで進化し続けたいものです。




せーの!で踏み出そう

明日という名の先へ
今という名の未来へ


===
(以下愚痴)


あっ、そういえば!

パンフレットには皆さん書いた台本の説明が少しあったのに小説の自分にはその一言がないんですよ。書かせてくれなかったんですよ、オファーすらなかったんですよ。

なんで自分はここに書きます!

『夢境の記憶』
案外自分で思ってるほど人間はうまく作られていない。それは人生も然り。
「大切なもの」は最初か最後か?

事のつまり……人生は非日常ほど楽しい。



……こんな感じか。

折角なんで殆ど触れられることのない小説についてを少しだけ。(え? どうでもいいって? やめて泣いちゃうから。



自分の小説は約70,000文字ぐらいの5日間の旅日記を原作にして所々加筆修正した感じです。
基本的にはすでに出来ていたものを新たに再構成した感じなので、台本作る最初の段階では一番楽した人間だったり。。

知識無くただ思うがまま書き連ねた旅日記がまさかこんなことになるとは……!

拙い部分や、全体の構成のことなどなどを細かく指摘して下さって……岩井さんにはホント感謝してます。
次の旅日記書くときには今回学んだことを色々生かして書けそうな気がします。

尺の関係上、会話の前後等の配置換えはしましたが、内容自体は全て実話ですので。

相棒のN氏も見に来ると言っていたのでアレを読んだらどこが入れ替わったか見破られるんだろうなぁ……

原作を丸ごと載せてみたい欲求もありましたが、流石にそんな無茶を言う勇気はありませんでした。。
原作全部を修正する時間もなかったと思いますし。
……でもあとがきは書きたかったかも。

まぁ、紆余曲折、山あり谷あり、エアーズロックあり、フィヨルドありでしたが、無事に初日を迎えました「われわれのモロモロ」をよろしくお願いしますね。

関わっているすべての人に感謝しながら…………
明日に向けて寝ましょう。


ぐんない。

2012-06-05

6月4日 げねぷろ!

6月4日ブログ更新担当のあとりです!

今日は舞台公開前の最後の通し稽古をしました。

流石に公開前日なのでいつもぽわぽわしている私もピリピリした空気に同化していました。

通し終わりの岩井さんからダメ出しにはなかなかきびしい言葉が多かった感じでした。岩井さんからのダメ出しを受けた人は本番でどのように変わっているかが個人的には楽しみです。

あ、ジャカルタから帰ってきた上池さんも舞台を見てくれていました。

なんだか昨日はノトススタジオ周りが凄い異臭に包まれていたような気がしましたがそんな気がしただけなんでしょうね。うん。

明日の本番を楽しみにしてくれている人がたくさんいるので、私達も精一杯頑張って楽しませ楽しみませう!

(この記事は本番4時間前に書いてます。パスワード書いた紙を楽屋に忘れたとか担当の日時を忘れていたとかそんなんじゃないんだからね!)

2012-06-04

6月3日 公開稽古

どうも、SARPの俳優陣で一番出番が少ないいっちーです(笑)

まあ、いいんですけどね。

今日(日付変わってるので正確には昨日)は公開稽古ということで、
外部の方々が来てました。高校生もいました。
そのためか、緊張しすぎて、本番中に俺の腹が壊れました(^_^;)

そして自分のこと俺とか言ってますが、一応女性です。

しかし本番間近ですねえ。そのせいか、みんなピリピリしちゃってますよぉ(^_^;)
俺も出番が少ないとはいえ、やはり緊張します。

まあ楽しんだもん勝ちだと俺は思います。
てなわけで皆さん、出番の多い人も少ない人も、楽しんでいきましょう!

ではでは夜遅いので、このへんで失礼します<(_ _)>

2012-06-03

6月2日 通し稽古


おはようございます!6月2日ブログ担当、藤原です。…もう日付変わってますね、すみません!

昨日はAプログラム、Bプログラム両方の通し稽古をしました。稽古とはいえど、本番を想定したもの。みんな緊張してました…本番が近いということもあります。

今までも練習中、涙を流す人もいました。僕もその一人です( ̄▽ ̄;)
でも、それって諦めてないってことですよね。

「まだ」本番まで2日あります!みんなで頑張れば、なんとかなる!そう信じてます!SARPメンバーとして活動出来て、誇りに思います。
みんな、きっと大丈夫。絶対に成功させましょうね!

以上、藤原からでしたm(_ _)m

2012-06-02

出演者情報

またまた登場いたしました瀧口です。

今回は出演者情報について書いていきます。

詳細記事は既に森田さんが書いてくださっているので、ここでは出演者情報のみ書かせていただきます。
詳細記事についてはこちら(岩井さんの稽古、開始! - 四国学院大学ノトススタジオからハロー)
をご覧ください。


【構成・演出】岩井秀人

【作・演出・出演】四国学院大学学生
 穐山奈未  朝江祥太郎 安藤三佳  浦木遥   門田寛生  上池健太  川北実由
 木下美穂  佐々木美緒 高崎裕子  永山香月  広田智也  藤原薫   古市さゆり
 松川亜鳥  松本尚也  宮武恒平  森田いづみ 山崎千啓  横関亜莉彩 吉森亜里紗

【出演】平原テツ(ハイバイ) 川面千晶(ハイバイ)


日程はブログトップのものと変更ありません。
6月5日(火)〜8日(金)はアフタートークがあり、
6月5日は岩井秀人さん、6月6日〜8日は岩井さんに加え、
映画監督本広克行さんを迎えてのアフタートークとなります。

AプログラムとBプログラムでは内容が全く違います。
同じ公演名でも内容が違うので、どちらか片方を見るのではなく、
せっかく足を運んでくださるのですから、どうせなら両方観ちゃいましょう!
両方観ても一般の演劇を観るのよりはるかに安いのですから、とてもお得です!

現在皆様のおかげで6日のチケットが売り切れとなりました。
5日も残り少ないですし、順調に売れています!

このブログを観ていて
「気になるなぁ、それだけチケット売れてるのなら面白いのかな?」とか「ちょっと行ってみたいかも」
と思っているそこの貴方!
迷っているうちにチケットは売り切れてしまいます!
迷うぐらいなら観に来ちゃいましょう!


今すぐブログトップに掲載しております「チケット予約フォーム」をクリック!

6月 さいしょの日 天気はれ

こんばんは、本日のブログ担当、プリンです。




本番が近くなってきましたね。四六時中、芝居の事を考える日々です。




今日は、本番に近い状態の舞台で、音響、照明との兼ね合いを確認しながら、演出家の岩井さんに細かく指導をして頂きました。



限られた時間の中で、役者、スタッフ共に必死で頑張っております。

あ、平日公演の前売りチケットの売れ行きがなかなか良い状況らしいですよ。ご検討中の方は是非お早めに!!


それでは、おやすみなさい!!

2012-06-01

【最新】公開稽古

初めまして。
ちょこちょこブログのデザインやトップの情報は更新していたのに
ブログとしては初投稿になります、瀧口です。

なかなかに難しいですね、トップの情報を更新するというのも。


どう内容に入ればいいかよく分からなくなったため、早速内容に入ります。←




6月3日(日)14時〜17時

われわれのモロモロ「四国学院編」


公開稽古が決定致しました!!


お金はもちろんいりませんし、予約も不要。
時間内でしたら自由に入退場していただく事ができます。

岩井さんの指導する稽古を見る事なんて滅多にできた事ではないです。
この機会に皆様四国学院大学ノトススタジオへ足をお運びいただけたら、
と思います!!

何かご不明な点等ございましたら、企画課(0877-62-2208)までお問い合わせくださいませ。




短いですが、今回はここまで。
また次回出演者等を加えた新しい公演情報を更新しますので、
長くなるとは思いますが、その記事も読んでいただけたらなー、と思います!


それでは、是非四国学院大学ノトススタジオへご来場ください♪

5 月最終日。

みんな眠そうです。
みんな疲労困憊です。
みんな辛そうです。
みんなしんどそうです。



でもそれ以上に
みんな楽しそうです。
みんな真剣です。
みんな笑っています。




こんばんは、
今日のブログ担当の永山です。


5月最後の今日は
Bプロの通しをしつつ
あたっていきました。





照明や音響、美術が加わると
更に舞台は熱を帯びます。

そんな時にすごく自分が
恵まれていることに気づきます。





6月5日、初日まであと少し。

出来ることは
まだまだいっぱいあります。


6月10日まで
まだまだいっぱい
色んなことを学びます。




よし、明日も
ノトスで演劇をしよう。

おやすみなさい(^^)





f:id:miku392:20120531213502j:image:w640

f:id:miku392:20120531194003j:image:w640

f:id:miku392:20120528141247j:image:w360







----------------------------------------------------------------------

5月30日



岩井さんがさっぱりして
東京から帰ってきました。
鳩サブレも一緒でした。



今日はパンチを敷いて
ロールバックも出して
美術もとりあえずできて
ってゆー着実に舞台が
完成していっています。


本番まで5日?
やばい早いもうヤバい
時間たつのが早いです

時間たつのが早いっていうか
1日1日がマンネリしてない
感じが良いんですけど
これがリア充ってやつなんですけど
やー、おばちゃん体力の衰え
感じてますよ。



高崎です(´癶ω癶`)
個人的には凹んでいる
なうって感じでした。何

凹んでいるじゃなくて
正確には自分の状態を
見つめ直してる、ですが

なんだろう
なんか分かってるのに
それが出来ないってのが
やるせなさすぎて
ここずっとうたれてます。



自分の中で変えたつもりでも
周りから見たら変化なければ
それは変わってないわけだし

言われたことをを意識して
やりすぎると逆にそれに
囚われすぎて動けなくなったり
ダメになってたりでなんか
日にちが経てばたつほど
良くも悪くも色々変わっていって

分かっててもできてなかったら
一緒で、もうめっちゃやるしか
ないんだけどそれさえもなんか
分かんなくなってもうなんか
色々考えて考えて考えて考えて
考えても思ってるようにできなくて


行き詰まるばかりの日々を
ここ何日もずっと過ごしてます。
そんな私からお送りしました。




…え、こんな終わりですみません(笑)

明日はBプロの初通しですー
がんばるんばーばばばばーん



多分この更新をした後、
自分で内容見直したら絶対
消したくなるんだろうな
ぷひゃーあやばたんやばたん