四国学院大学ノトススタジオからハロー


ノトススタジオからのお知らせ 次回公演 四国学院大学 アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(SARP)vol.15 『レモネード・インセスト』 【日時】 7月25日(水) 19:00開演      7月26日(木) 19:00開演      7月27日(金) 19:00開演      7月28日(土) 14:00開演      7月29日(日) 13:00開演/17:30開演 *開場は開演の20分前、受付開始は開演の60分前 詳細: 【料金】 予約:一般 1,000円  学生 500円 当日:一般 1,200円  学生 600円 ◆お問い合わせ◆ 四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)  Tel/Fax:0877-62-2324 (平日 10:00〜18:00) Mail:sipa@sg-u.ac.jp ▼ノトスブログ・ツイッター・Facebook twitter@residence_sgu  Facebook四国学院大学ノトススタジオ

2017-07-27

恋とアイデンティティと

ノトスラボvol.11『三人視舞』ご予約受付中!

こんにちは。
国際共同企画『NOT HERE −ここじゃない どこか』および『ノトスフリンジ vol.1』の制作を担当しました、鉢峯輝敏と申します。

5月からノンストップで演劇やダンスの公演が続いるノトススタジオ。
次は8月5日・6日に、ノトスラボvol.11『三人視舞』を上演します(スパン短っ!!)。

今回は、四国学院大学 身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー教員の仙石桂子(通称:せんちゃん)が作・演出を行う作品です。

仙石先生のノトスラボ作品には、いろんな方々が関わるのですが、
今回も、社会人の方々、いろんな方面のプロの方々が関わっています。
一例をあげますと、昨年のSARP(四国学院大学アーティスト・イン・レジデンス・プログラム)vol.11でコンテンポラリー・ダンス作品『大丈夫。』の振付・演出をされた白神ももこさんが、『三人視舞』の作中に登場するダンスパートの振付を担当してくださっています。


↓↓↓作品説明↓↓↓
プロの即興パフォーマーダンサー演奏家、そして学生と市民が集い、演劇にコンテンポラリー・ダンスとインプロの要素を組み込んで生の演奏に乗せて表現する。
なぜ人は恋に落ちるのか、アイデンティティとは何か――普段とは異なった視点から見える世界を、鮮烈に描き出した渾身の一作。
振付をモモンガコンプレックス主宰の白神ももこ、舞台美術を香川県在住の美術家カミイケタクヤが担当。また、ノトスラボ初の新潟公演も実施する。

恋、アイデンティティをテーマに描く、濃く面白い作品になっているとのこと。
8月第一週の土日、ノトススタジオへぜひ足をお運びください。
ただいまご予約受付中です。

【三人視舞情報ページ】
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2514.html

【予約フォーム】
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=b6536d10df

ブログ
http://kuromame4.hatenablog.com/entry/2017/07/05/124159

Facebook
https://www.facebook.com/notoslabo/

Twitter
https://twitter.com/kuromame_4

【電話・ファックスでのご予約/お問い合わせ】
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
TEL/FAX : 0877-62-2324(電話受付10:00~18:00)
E-mail : sipa@sg-u.ac.jp
メール/FAXにてお申し込みの際は
・お名前
・フリガナ
・希望観劇日時
・枚数
・券種
・ご連絡先(FAXのみ)
を明記の上、上記アドレスまでお送りください

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miku392/20170727/p1