四国学院大学ノトススタジオからハロー


ノトススタジオからのお知らせ 次回公演 サラダボール公演 『髪をかきあげる/川底にはみどりの魚がいる』 【日時】 10月5日(金)   19:00開演       10月6日(土)   14:00開演 / 19:00開演 10月7日(日)   14:00開演 / 19:00開演 10月8日(月・祝) 14:00開演       *開場は開演の30分前、受付開始は開演の60分前 【料金】 一般:予約 2,500円 / 当日2,800円 学生:予約 1,500円 / 当日1,800円 <リピート割> 二回目以降の来場は1,000円引き! 一般:予約 1,500円 / 当日1,800円 学生:予約  500円 / 当日 800円 ◆お問い合わせ◆ 四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)  Tel/Fax:0877-62-2324 (平日 10:00〜18:00) Mail:sipa@sg-u.ac.jp ▼ノトスブログ・ツイッター・Facebook twitter@residence_sgu  Facebook四国学院大学ノトススタジオ

2017-11-20

追い込みだよ

どうもこんにちは
今回「カスケード〜やがて時が来れば〜」にキャストとして携わっております
回生江島慶俊です


さぁ、あっという間に稽古開始から一ヶ月以上が経ち、明後日は本番1日目になります。
本当にあっという間でした。

本番が近づくにつれ、少しずつ焦りと緊張を感じます。

これまでの稽古で培ったものを十二分に発揮するために、演技の形を模索していました。
挑戦と反省を繰り返しながら、より良い舞台にするために励んできました。

...が、やはり不安はつきものですね。

これで良いのか、自分が足を引っ張っていないか。
残り僅かな期間を、どう活かせばいいのか。
そういったことを考えてしまい、焦ってしまったり、ネガティブ思考になってしまったりしてしまうことが最近、あります。

しかし、こういったことを乗り越えることこそ、より良い作品を創るための課題だと考えてみます。

そうすると、きっと今感じている不安や焦りは、私の成長にとって必要不可欠なものなのだと、感じることができます

素晴らしい舞台作品を上演できるよう、
今こそきっと、最も自分を追い込むための期間なのだと捉え、残り少ない稽古に励んでいこうと思います。

私事ではありましたが、本番は自信をもって上演するつもりでございます。

カスケード〜やがて時が来れば〜」

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miku392/20171120/p1