milk-GP03Dの日記 RSSフィード

2007-01-16

1月16日の日記

歓送迎会の準備のため、場所探しが大変。

結構どこも一杯だったりする。特に安いところは。

LPS1時間刺激で2枚を回収、明日SDS PAGE。

2007-01-15

1月15日の日記

13日に継代したBAEC 6 well 2枚も順調に育っており、Serum freeへ。

10cmの方はまだconflentではなく、もう1日様子見。

午後から松阪へ。

夜は内装工事の見積もりなど。

2007-01-13

1月13日の日記

土曜日は朝から外。

昼過ぎに帰ってきて、それからミーティング。

細胞実験の方は今の続きをなるべく早く(前も言われたが)、マウスはちょっと方針を考えるとのこと。

2007-01-11

1月11日の日記

グアム最終日はパラセイリングをするとのことで、やはり7時過ぎに起床。

なぜか旅行中は目覚まし時計が要らない自分・・・

水着を下に着込んで、バスに乗って港まで移動。

小型漁船の後ろにデッキを付けたような形の船に乗り、沖合へ。

島は普通に見えていたので、沖合数キロというところか。

途中から水着になってバナナボートというゴム風船(双胴)に2列に乗せられ、船で引っ張られる。

スピードはたぶん50km/hくらい?一番前だったのでかなりの水しぶき。

シートベルトもないし、これなら振り落とされる人もいるだろうなと納得。

しばらく走ってから船の中に収容。転びやすいからねーと言われていたが、自分だけ転んでしまう。

そしてパラセイリングのための帆(パラシュート)を張り始める。

ところが、これがうまくいかない。

風が強いのか?ちょっと慣れていないのか?糸が絡まってしまって、凧が膨らまない。

何度かトライして、別の凧に代えて、やっぱりだめだな、今日はヤメるか・・・となり、一度場所を島の近くに移す。

ここでなんとかうまくパラシュートがふくらむ。なんとか中止は回避出来そうだとホッとする。

一度に二人ずつなので、順番に。

大型の凧にシートベルトで固定して、船で牽引してあげてもらうシステム。

滞空時間は4〜5分くらい?高度は大体100フィート(30m)くらいとのこと。

今の職場の高さよりちょっと低いくらいか。

自分の番になり、上げてもらう。あまり高いという感じもない。高所は苦手ではないし。

最高点まで行くと、観覧車よりまだまだ低い感じ。

周りが全て海なので、高さの感覚がない。高所恐怖症の人でもたぶん問題なさそう。

手を離すのは無理かもしれないがw

終わってからホテルに帰り、プールサイドにあるジャグジー風呂に全員で入る。どうせ水着だし。

部屋に戻ってシャワーをして、着替えるとそろそろチェックアウトの時間。

わざわざバスで目の前のDFSに連れて行かれる。

それだけでも時間かかるのに、ありきたりな20分遅刻の人がいてさらに出発が遅れる。

DFSを出ると空港へ。手荷物検査で一人同僚が引っかかってしまうが、トランクに移せば大丈夫とのことでクリア。

なんか食べるか、とカフェテリアに行き、ドミノピザに並びつつなぜか隣の牛丼(みそ汁付き)を食べてしまう。

最後の買い物をして、6番ゲートからNW23便に搭乗。

予定通り、19時前に到着。一人トランクが破損していたが、あとは手荷物検査も問題なく終了。

空港にて解散となりました。

2007-01-10

1月10日の日記

朝起きると7時10分。

昔から、なぜだか分からないが旅行に行くと早く起きてしまう。あと二度寝が出来ない。

同室者はまだ眠っていたので、一人で下へ。

ホテルのロビーにある売店ではコーヒーベーグルなんかが売られていて、

ショーケースを見るとおにぎりとかいなりずしもあった。さすがだ。

しかも、わざわざそういうのを買っている人多数。Hot Dogとかあまり売れていない。

とりあえず手ぶら(iPod置いてきたので)でビーチサイドを走ってみる。

同じようにランニングしている人々もちらほら。

波も思ったより穏やかで、岩の張り出しもないのでそこそこ走りやすい。

と思ったら、いきなりBig Waveが来てズボンの膝下までどっぷん、と・・・_| ̄|◯

足を水で洗い、乾かすためにコーヒーとサンドイッチを買ってビーチが見えるバルコニーに行き、

デッキチェアにごろーんとして食べながら武器の合成に励む。なかなかかまいたちが出ない。

8時半を過ぎると、サンオイルを塗りたくった人が現れて背中を焼き始める。やりすぎるとSun Burn(ry

しばらくすると、小バエが盛んに寄ってくる。サンドイッチの匂いのためか。

そういえば、思ったより蚊がいない。乾期のせいか?

ズボンが乾いた頃にはかなり日差しも強くなってきて、部屋に戻る。

同室者を起こして、それとなく朝ご飯の話をすると、うまい具合に釣られて他の人々と出て行ってしまった。

まったりとコーヒーを入れて、昼間からビールを飲んで、奇岩谷を往復する。

お昼過ぎに、ホテルのビュッフェにお誘い。

掃除のおばちゃん用に1$を枕の下に入れて外へ。

ビュッフェは大きくはなかったが、日本ではあまり食べられないオリーブの実がたくさんあって満足。

アボガドがあったら出してくれと言ったのに通じなかった・・・無視されたのか?

他の方々はこれからスキューバダイビングへ行かれるとのこと。

また部屋に戻ってDSやりつつ、疲れたら眠る。

夕方になると徐々に人が戻ってきて、夕食はどうするんだという話になる。

特に予定もしていないが・・・というかしたくないのだが。各自で食べて下さいw

全員が一緒に食べに行こうということになってしまい、しかも自分の部屋が集合場所に。

ホテルの隣のハワイアンレストランに電話。予約完了。

食べ物は、海外に慣れた方に適当にチョイスしてもらい、全員分を注文してもらう。

自分は周りの方とワインを選んでみる。

白ワインでスタート、軽く乾杯をして一気に赤へ。

料理も結構早く運ばれてきて、テーブルはあっという間に一杯になる。

というか、置ききれなくなる。どうやらアペタイザーだけでなく、メインも大量に頼んでしまったらしいw

もう、食べるのに必死。

やっぱり、こういう南国では赤ワインの方がいいです。

料理も美味しかったし。

人々はまた二次会に行く様子でしたが、自分は部屋に戻ってDSかまいたちゲット。

どうたぬき+50、重装の盾+40くらいまで復活。

他の方々は、どうやら12時過ぎまで飲んでいたようでした。

Connection: close