Hatena::ブログ(Diary)

100年の孤独

2017-07-07 Stereo Tokyo の解散について思う一つか二つの事

f:id:mimiminsu:20120329150320j:image:left

大人ってつくづく泣かないものなのだなぁと思う。

4月に下の兄に第一子となる娘、俺にとっては姪が産まれた。当たり前な話だが赤ん坊は良く泣く。事あるごとに泣く。子どもは何歳くらいまで泣くのだろうか。人間として大人と子どものどこが違うかというと「泣くか泣かないか」というのは結構大きい要素なのではないか。

赤ん坊の潔い泣きっぷりを見ていて、逆説的に大人の泣かなさ加減に感心するようになった。何か辛いことがあって「うっ」と思う。しかし俺は泣いてはいないのだ。それにハっとなる。大人が泣くというのはどういう時なのだろうか。

今だから言うが、一度だけ彩花ちゃんに泣かれたことがある。渋谷のglad、ライブ後の接触でだ。

その頃はBiSが再始動した直後でStereo Tokyoの今後に不安要素が次々と立ちはだかり始めていた。このライブの数日前にあったトークイベントでは水江がメンバーに対して「仕事には優先順位がある。事務所内での優先順位が低いとステレオが活動を続けられなくなる」というような発言をしていて、聞いていて不愉快を通り越して怒りを覚えたのを記憶している。

いつでもヲタクがバカ全開でいれるよう、ステージ裏の事情をフロアの人間が察さないでいいように、笑顔で、時に誘うようないたずらな表情でヲタクに接していた椎名彩花が、あの日、助けを求めるように震える声で俺の名前を呼んだ。

あの時、彩花ちゃんは俺に自分の弱い部分を隠さないでいてくれたが、どうしようもなくバカな俺はただただ慌てるばかりで、彩花ちゃんの不安を上手く受け止められずにおざなりな慰めと励ましで十分に話を聞いてやる事すらしなかった。溢れ出した感情を、汲み取るそぶりすらしなかった。信頼に応えることが出来なかった。なんであんな対応をしたのか、正直なところ自分でも良くわからない。これが俺の、Stereo Tokyoと過ごした狂騒の日々で唯一の、そして最大の後悔だ。

あの日の彩花ちゃんは、自分たちの力の至らなさが原因でパーティーが終わってしまう事に対して、どうしたらいいか分からず泣いていたのだと思う。パーティーが終わってしまった今言うのもはなはだ遅すぎるんだが、この件についてメンバーは絶対に悪くない。俺はメンバーの力至らず活動が終了したという風にStereo Tokyoが歴史に残る事が許せない。そしてStereo Tokyo解散が「残念だけど仕方がない事」にされる事が許せない。

なので、ぐだぐだと恨み節を連ねるのがみっともない事だというのは重々分かっていつつも、聞き分けの良さと言う名の諦念に身を任せてるよりは醜態を晒しながらでも「現場からの一個人の認識」を残す方を選択しようと思う。

残酷ではあるが、Stereo Tokyo芸能と言う競争世界での勝者にはならなかった。それは事実だろう。しかしそれが解散の理由の全てではない。Stereo Tokyo解散のより直接的な理由は、周りの大人達の怠慢であり、不誠実の結果だ。全てではなくとも、無視できないくらい大きな割合をそれが占めているという事は断言できる。メンバーは周りの大人達の怠慢と不誠実の犠牲になったのだ。

「事務所内での優先順位が低いとステレオが活動を続けられなくなる。だから事務所内での自分たちの優先順位を上げなくてはいけない」細かい表現までは覚えていないが、水江がメンバーにStereo Tokyoが事務所内での優先順位が下である事を突き付けて自分たちでそれを打開していく事を求めたという点は間違いない。とても醜悪な発言だ。

事務所内での優先度を上げるための打開策をプロデュースする人間、マネージメントする人間が放棄して、それを純粋にパフォーマーであるアイドル自身に丸投げするのが正しいとは到底思えない。アイドルがパフォーマンスの向上に注力できるように社内政治的な側面まで含めて環境を整えるのがプロデュースする人間、マネージメントする人間の仕事だ。自分の至らなさを棚に上げて事もあろうかアイドル自身に責任転嫁するなんて事が許されてたまるか。

この言の卑怯なところはアイドルの習性をうまく利用して大人が子供に責任を転嫁している所にある。何をするかを自分が決める割合の高い自作自演系のミュージシャンと違い、大前提として誰かのプロデュースを受けて成立するアイドルは「コンポーザーの提示したパフォーマンスをいかに高いレベルで実現するか」こそが正義であり、それが故に「舵取りをする人間の意図を如何に正確に解釈するか」という習性が見についている傾向が強い。つまり他のミュージシャンと比べて極めて従順で受け身な姿勢が構造上染みついている。これを利用してあたかもメンバーの至らなさがこの結果を招いたかのように当事者に思い込ませるなんて事は到底まともな大人のする事ではない。

念のために言っておくが、俺はStereo Tokyo解散することについて怒っているのではない。それはこの上なく悲しい事だが、Stereo Tokyo解散しなくてすむような今とは全く別の形のグループだったとしたら、それが俺にとって大切なStereo Tokyoだとは限らないだろう。俺が好きなはStereo TokyoはこのStereo Tokyoなのだ。だからこのStereo Tokyoを作った水江には感謝している。だから普通に「楽しかったし、面白かったけど、ダメだったわ」で終われなかったのか。なんで「おまえらが何とかしないともうダメんなるよ?」みたいな終わり方になったのか。それが許せないのだ。

勿論この全ては詳しく実情を知る人間が見れば「何も知らないくせに好き勝手言いやがって」と思われる意見かもしれない。だが、状況を、経緯を、結論を説明すべき側がその責任を果たさない以上、俺たちは断片的な情報をつぎはぎして全体を探るしかないのだ。願わくば全ての不幸が単なる誤解であることを、そして椎名彩花が、岸森ちはなが、三浦菜々子が、西園寺未彩が、河村ゆりなが幸せな日々を過ごすことを、ついでに水江が気持ち悪い皮膚病になって酷いかゆみで眠れない夜を過ごすことを期待して、この妄言を終えたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mimiminsu/20170707

2017-07-01 党首演説

f:id:mimiminsu:20170701004403j:image:left

諸君、私はアイドルが好きだ。諸君、私はStereo Tokyoが大好きだ。

椎名彩花が好きだ。河村ゆりなが好きだ。三浦菜々子が好きだ。西園寺未彩が好きだ。岸森ちはなが好きだ。Stereo Tokyoの曲が好きだ。ダンスが好きだ。パーティーが好きだ。

クラブで、ライブハウスで、CDショップで、ショッピングモールで、VISIONで、タワレコで、HMVで、イオンで、柏の葉で、この地上で行われるありとあらゆるパーティーが大好きだ。

椎名彩花のエビ反りが好きだ。岸森ちはなの煽りが好きだ。西園寺未彩の私服のセンスが好きだ。振りを間違った時に焦りが顔に出過ぎな河村ゆりなが好きだ。二部制のイベントで、一部でヲタクが欲しがる曲を一切やらない三浦菜々子が好きだ。

With You で暗闇に浮かぶ5人のシルエットが好きだ。NEXTの冒頭で一列に並んだメンバーが一斉に振り向く瞬間が好きだ。PARTY PEOPLE で見ず知らずのヲタクとハイタッチするのが好きだ。AWAKEでクラップをしながらビルドアップを待っていると多幸感で視界がかすむ。

アルコールを片手に汗だくで踊る週末が好きだ。ビルドアップからドロップに合わせて空中高く放たれた風船などを見ると心がおどる。パーティーグッズで満載になったミニバンでライブ会場に乗り付けるヲタクが好きだ。前座で盛り上がりすぎて次のアイドルがやりずらそうに出てくる瞬間が好きだ。多動のヲタクが恍惚とした表情のままBPM240で手足をバタバタさせる様などもうたまらない。

高まったヲタクが最前の地蔵をなぎ倒す様が好きだ。カメラが壊れたら弁償しろと詰め寄る中年カメコに、俺の楽しい時間を邪魔したんだから弁償しろと逆ギレするヲタクには絶頂すら覚える。奇声をあげて踊り狂うヲタクに囲まれたサブカルライターの死にそうな顔を見るのが好きだ。「取りあえず外人は担ぎ上げる」というヲタクの頭の悪さが好きだ。郊外のショッピングモール車椅子の老人がフラフラと立ち上がって音に合わせて踊り出した時には涙が溢れそうになった。

諸君、私はパーティーを、あの頃のようなパーティーを望んでいる。諸君、私とあの時間を共有した、ろくでなしのアイドルヲタク諸君。君達は一体何を望んでいる?

更なるパーティーを望むか?情け容赦のない嵐の様なパーティーを望むか?酒池肉林の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様なパーティーを望むか?よろしい ならばパーティーだ。我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ。だがこの暗い闇の底で半年の間堪え続けてきた我々にただのパーティーではもはや足りない!大パーティーを、一心不乱の大パーティーを!

 

                              第145回ミミミンス脳内評議会 アイドル原理党 党首演説より抜粋 

 

「明日も何か書く」とは言ってみたものの、いざ書こうとすると書けなかったり書くべきじゃなかったり書くには時間がかかったりと中々ままならないのでヘルシングでお茶を濁した。母方の血筋がガチンコの革命家なのでこういうアジテーションが好きなのは遺伝だという事にしておこう。次はあんまりふざけないでちゃんとした事を書く(ような気がする)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mimiminsu/20170701

2017-06-30 日記的な何か、もしくはStereoTokyoについての短文

f:id:mimiminsu:20170630003340j:image:left

会社帰り終電の東京駅9番ホーム、東海道線の到着を待ちながら雑な手つきでカバンからイヤフォンを取り出して音楽を流す。

嗜好品のように楽しむためではなく、それはまるで麻酔を打つかのように、音楽を鎮痛剤の代用品として消費している自分に気づくと同時に、10年前の東京アンダーグラウンドトレンドケタミンだった事を思い出す。今はもう潰れてしまった恵比寿のクラブ、爆音が鳴り響く暗がりで、高揚でもチルアウトでもなく「無感覚」を貪るあの日の若者の顔を、俺はもう覚えていない。そう言えばケタミンでトリップした先の世界を「Kホール」と呼ぶが、神田に同名の地下アイドルご用達ライブハウスがある。Stereo Tokyoはあそこではやってないな。なんてことを考えながらプレイリストも確認せずに流した曲は chelmicoのラビリンス'97。

つまり Party is over 帰り道

俺は歌い出しの1小節で音楽を止めた。

もう大分前から知っていた事だ。怒るのも、悲しむのも、なんだか今の自分の感情にジャストではフィットしない。元来あまり感傷的になるのは趣味じゃないんだ。こんな心持ちになってこういう事を言い始めるのも随分と久しい。珍しいので記念にアイフォンメモ帳でこのテキストを書いている。貧乏性なのだ。俺はStereo Tokyoが好きだった。そして(困ったことに)今でもその気持ちは風化せずに残っている。Stereo Tokyoのパーティーは唯一無二だった。あんな幸せな空間は、他にはない。亡くなった子供の弔いをするように、忘れないうちにStereo Tokyoのどこがどう好きだったかを何回かに分けて書いておこうと思う。


スターウォーズが何故面白いかという問いに対して「物語序盤の退屈な説明パートを全部冒頭の字幕で端折って、盛り上がりどころだけをつなぎ合わせてるから面白いのだ」という分析をしている人がいて「なるほどな」と思った事があるが、去年ステトーTOことクガミと話していて「クラブミュージックはアップダウンがあるので、そこの盛り上がる所だけを切り取って短縮してるのがステレオだと思う」という分析を聞いてStereo Tokyoスターウォーズ類似性に思い至ったんだが、このネタ、いつかライブレポ中の小ネタで使おうと取って置いたままステレオが終わってしまった。本当はこのネタ「ステレオスターウォーズ、どっちが好きバーグ?」で締めようとしてたんだけど、よく考えたらスターウォーズってスピルバーグじゃなくてジョージ・ルーカスじゃん。締まらないね。家についちゃったからおしまい。オチなんてないよ。明日も何か書く。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mimiminsu/20170630

2017-02-20 番外編 SexyTokyoの思い出

f:id:mimiminsu:20170220013931j:image:w480:left

電子マネーが「電マ」と略されないのは何故か(挨拶)こんばんわ。耳ミンスです。

いやぁ、随分と久しぶりの更新になっちゃいましたね。この間、俺も毎日更新を楽しみにしていたんですが、全く更新される気配がない。不審に思って調べてみたんですが、このブログどうやら俺が書かないと更新されない仕組みになってるみたいでびっくり。いやぁインターネットって意外と不便なもんですね。ブログのほうも、いつまでもオレが書いてくれると甘えてないで、たまには自分から書き上がっているぐらいのやる気を見せて欲しいものです。

という訳で久々の更新なんですが、ご存知の通り我らがStereo Tokyoは現在何の告知もないまま活動休止中。つらい。ただただつらい。NO PARTY の日々が続いて毎日陸に上がった魚みたいなテンションで日々を擦り減らせていくばかりです。しかも公式サイトもメンバーTwitterも期間限定のSexy Tokyo仕様のままで今後の展望も一切不明。これじゃあ更新するにもネタがないじゃないか・・・現場を失ったヲタクはもはやディアスポラと同じ。失意の中で過去ログを頼りに楽しかったあの日々を反芻しては尿道から涙を流すばかりなのですが、振り返って気づいたんですが、おいおい待てよ。俺 Sexy Tokyoのレポ1回もやってねえじゃねえかよ!

・・・という事で、盛大に今さらですが今回は Sexy Tokyo の記録というか思い出というかメンバーについて感じたことを記憶が風化する前にちょこっと書いておこうと思います。

 

 

・結月愛華(椎名彩花)

好きです。クラブチッタでっやた Sexy Tokyo初現場で最前で脳ミソ沸騰させて踊ってたらAnthemのシンガロングの時に彩花ちゃんがおもむろに俺にマイク渡してきたんで彩花ちゃんも俺の事きっと好きなんだと思います。終わった後の特典会でなんか「始めまして」的な茶番を繰り広げたんですが、いつもの握りと違って話しながら俺の手を両手で上下に挟んで終始手の甲を円を描くように撫でていたので「芸が細かいな」と思いました。あと「好きだな」と思いました。椎名彩花、好きだ。

 

・藤堂七星(三浦菜々子)

外国人の俺から見て日本語の最も素晴らしい点はセックスをぼやかしていう時に「いいこと」と「いけないこと」という真逆の二つの表現がどちらも使われるという点なのですが、「いいことしよう」って言ってほしいのは菜々子ですね。逆に彩花ちゃんには「彩花といけないことしよ…」って言ってもらいたいです。どっちも好きだ。

 

・柊千早(岸森ちはな)

Sexy Tokyoは全員バリエーション違いのサンタ衣装なんですが、岸森のサンタコスが一番セクシーであることは疑いようもない事でしょう。肩掛けみたいのが踊ってるうちにずれて脇がまるっと見えるようになるんですよ。これがまたエロい。岸森が脇に挟んで握ったって設定のおにぎりヲタクに10万で売ろう。

あとどうでもいいんですけど、幻想ギネコクラシーという沙村弘明の短編集に出てくるカマクラを作るための人造人間(説明が難しいんで気になったら読んでください)が岸森似のショートカット美少女で、くしくも名前が茅早(ちはや)なので読むたびドキっとしちゃいますね。岸森も好きです。

 

・一ノ瀬美咲(西園寺未彩)

キャラ分けの問題は置いといて西園寺は髪降ろした方が圧倒的に可愛いと前々から思っていたのでSexy Tokyo仕様の西園寺は個人的に◎

詰め物の量が尋常じゃなかったように記憶してるんですけど、あれライブ中ズレたりしないんだろうか。それとも特典会の時とライブ中とでパットの枚数変えてるんだろうか。

 

・東條優里亜(河村ゆりな)

Sexy Tokyoはステレオの時いつも使ってるレゲーホーンのSEの代わりに「ア〜ン」とか「イヤ〜ン」みたいな喘ぎ声SEを曲中に挟んでくるんですが、それがセクシー要素ではなく純粋なバカ要素としてしか機能していないので、セクシーという概念から一番距離があるゆりなも安心。…っていうか正直現場少なすぎて彩花ちゃん以外の記憶薄くてもしょうがないよね!(失礼)

 

【結論】とりあえず早くパーティーしたい…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mimiminsu/20170220

2016-11-29 2016/11/26 HPB YURINA@渋谷HARLEM

f:id:mimiminsu:20161129231329j:image:w360:left

先日、飲み会で出会った「となりのトトロが大好き」という女の子がBLも好きだというので「はじめて見たゲイビデオが日本人VS黒人で、日本人の男優が黒人のズボンを脱がしながら「まっくろくろすけ出ておいで♪」と歌っていたのが忘れられない」というとっておきのお役立ち情報を披露したところ無言で席を立たれてしまいしばらく何が悪かったのか分からず途方に暮れてしまいました。大人の階段が下り階段だった皆さん、こんばんわ。耳ミンスです。

というわけ(?)で今日はHPB YURINA!! 我らが河村ゆりなの生誕です!今回は今年2月の岸森生誕から始まったメンバー生誕イベントHPBシリーズの締めくくりという事で、その総括的な意味もありみんな気合十分!2部開始前にはヨーロッパ周遊生誕メッセージ集めツアーから帰還したダイキさん&まつけんを出迎えてのウェルカムテキーラで今日も無駄にテンションの高いヲタクども!これで何も起きないはずがない!以下ダイジェスト!

 

1-2.Another Dancing - Party Goes On

今日はいきなりAnother Dancingから!最近はすっかりトリの曲なイメージついてきたけどド頭からブチ上がっていい感じです!この曲は兎に角2回目のビルドアップのクラップんとこがホントに大好きで、大げさに言うとこの8小節32拍にはダンスやダンスミュージックが持つ極めてプリミティブな「生の肯定」みたいな感覚が凝縮されてるような気がするんですよ。ホント思うんですけど、ヲタクが自分の好きな事をやたら大きな言葉で褒めるのってカッコ悪い。でもやっちゃう。好き過ぎて客観性が壊れてるからね。後になってカッコ悪い自分見るとこのヲタクStereo Tokyoの事がホント好きなんだなって思う。そういうわけで俺がカッコ悪いのは全部椎名彩花さんのせいです。

 

3-4.Next-Sidechain Love

今日はSidechain Loveの時に最前でMIX打ってる連中に見慣れないヲタクがいて、シルエットで見るとたまちゃんとサイズ感が同じだったんで「どこの重量級ヘッズだよ」と思ったら泡パでお馴染みのアフロマンスさんで驚きました!またイベント呼んでください!

 

5-7.Endless Dokidoki Mode - Trap In The Life - Nemurenai

久しぶりのTrap!この曲はビートジャックしてハスラーラップする用に「俺は非常に悪い落札者」から始まるサグいリリックを準備して音源化を正座待機するくらい好きなんですが、なかなか音源出ませんね!っていうか三ヶ月くらい新曲ないぞ!そろそろ欲しい頃だぞ!

 

8-11.Advocacy - Run - With You - Join Together Now

トロピカルハウスにエモロックレゲエと表面的には縦横無尽にジャンルを横断的しながらも、どの曲もちゃんとStereo Tokyoの曲だなって分かるのはやっぱりEDMってジャンルの構造の強さなんでしょうね。是非次はジャジーハウス辺りをお願いしたい!

 

12-14.Electron - Dancing Again - Awake

こっからはクライマックスまで一直線!飛び交う無数のルミトンと会場中にばら撒かれる偽札!菜々子の時もそうだったけどこの偽札がめちゃくちゃ出来が良くて感心しますね。こういう細部のクオリティが高いのとってもお洒落だと思います!あと、2部では普通だったけど1部はElectronとかNEXTとかがBPM上げてハッピーハードコア状態になってました!特にElectronはなんかハマってましたね!菜々子!色々試してるのすごく良いぞ!

 

15-16.Anthem - Party People

そして最後はAnthemからつなぐ Party People!ゆりなと言ったらやはりこの曲!!思えば俺がStereo Tokyoにどっぷりになったのも去年のゆりな生誕の最後の Party Peopleがあまりに素晴らしすぎたからだったのを思い出しました。あぁこんなに「おめでとう!」って気持ちで溢れた空間って今まであったかな?こんなに暖かい、善意だけで空気が満たされる事ってあるんだなっていうのを去年のゆりな生誕で体験したのですが、今年も最後の最後で予定調和を上回るスーパーサプライズが…Paty Peopleドロップでおもむろに去年の生誕でも使われたあのお立ち台がフロアに運ばれると、その上にはステージのゆりなに向かって手を差し伸べる人影が。それはStereo Tokyoが一点の曇りもなく「無敵」だったあの頃、いつもパーティ会場にシャボン玉で花を添えてくれたあの男。みんなが会いたかった、そしてもしかしたらもう会う事はないんじゃないかとどこかで思っていた、この3か月間全く姿を見せず、誰の呼びかけにも答える事のなかったあの男の姿がそこにはありました!!そう、その男の名はアイーダ!!ペンタゴンアイーダ IS BACK AGAIN!!ペンタゴンアイーダStereo Tokyoのパーティーに帰ってきたぞ!!!にくい!にくすぎる!!こころにくずぎるぞこの男!!あまりにも完璧なタイミング!もうね。俺がこんなにテンションブチ上がってるくらいですから、ゆりななんかはもうアイーダの事見た瞬間から声を無くすくらい驚いて、そっからはもうテンションブチ切れたみたいに踊りまくって、特にアウトロでマイクを手放してからのバッキバキに決まったダンスは「これが河村ゆりなだ!」って感じの気合で、なんていうかマジゆりな!ゆりな超ゆりなだった!!最高だった!!こぐまさんにマイク渡したのがなんかドラゴンボール悟空が戦う前にオモリ外すみたいな「本気出すぜ…」みたいな感じに見えたよ!!この日のパーティーの最後、ベースボールシャツを振り乱して踊り狂う河村ゆりなの姿をあの場にいた全員がずっとずっとこの先何年も何十年も忘れない、そんな最高のダンスだった!!Stereo Tokyo!最高だ!河村ゆりな!最高だ!!!

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mimiminsu/20161129
Connection: close