ウォール伝、はてなバージョン。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-26 純然たる幸福。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

いやーPCやらないっつーかまぁゲームやらないっつーかメインPCがないおかげで更新が捗りますー。あ、んでバタイユ読んでたじゃん?んでもうだいぶ底のほうに埋もれてたんだけど読んでないやつがあって読み始めたら「ビビッ!」と来るものがあってっつーかまぁエロティシズムは外部を必要とするっていうことなんだよね。まぁそんなのほかのバタイユの本にも散々書かれてたんだろうけど今の自分に来るものってやっぱあるじゃん?あとまぁ幸福は言語を殺すみたいなね、純然たる幸福というのは言葉を必要としないというよりかはまぁ言葉を殺すっていうのはつまりはその瞬間に内在されている瞬間的なものっていうことだよね。まぁドゥルーズが言うところの微分的な感じね。


まぁバタイユのしっかりとした理解なんてどうでもいいから勝手に思ったことを書くけどね、こないだディズニーランドが現状仮に楽しかったとして「でもいつかは飽きる」なんて考えでいたら何もかもがクソになっちゃうみたいなことを書いたけどこれってまぁなんでもそうだよね。その時点での新鮮さとか無知とか経験のなさとかっていうところからでもそれが新鮮で幸福を感じられるものだったらそれはやはり純然たる幸福なんじゃないか?って思うんだよね。恋愛にしてもそれが別に結婚とか生涯のパートナーとかってことに帰結しなくてもその時の強度があればとりあえずいいじゃん!ってことだよね。


あ、んでさ、恋愛とかについていろいろ検索してるとまぁ普段見ないような情報が入ってくるじゃん?で、今更だけど岡田斗司夫炎上事件ってのを知ってさ、9股とか普通に公言してたけどあそこまで下種いとは思わなかったねっていうかこないだsatouさんが現代の男はクズばかりって意見を書いてくれたけどまぁ例えば極端な例だとこのサイコパスみたいなやつの内面がネットとかで露呈したり暴露されたりしてバレて自滅ってことになるってことなんだよね。いや、ナンパって書いてるけど下種いことをやるわけじゃないですからね。リハビリのために頑張って声をかけてみる!みたいなこととか単純な企画って意味とか自己啓発とかいろいろと理由はあるけどって昨日長く書いたばっかだけど思うにナンパのイメージの悪さって下種なやつが言葉で騙してもののように女性を扱って捨てるみたいなのがデフォっていうイメージがあるからだと思うんだよね。


まぁそもそもナンパするようなやつがそういう人種ってのはわかるけど中には俺みたいに出会いの機会を逃したアラサーとかもいるわけだしシリアスな婚活としてナンパをしてる人もいるわけでしょう。あとナンパ師のブログとか一通り全部読んだけど彼女ができたらその時はちゃんと交際してる人もいるからね。もちろんその期間はナンパやめて彼女と付き合ってるわけよね。で、まぁ破局してまたやり始めるわけだけど別にナンパ師だからといって常に何股もするってわけでもないだろうとは思うんだよね。もしかしたら俺みたいな哲学プロジェクトとしてやってるやつもいるかもしれないし自己啓発でやってるかもしれないわけだしさ、でもまぁ自分のためにやるっつっても相手をリスペクトするとか適当な言葉を使って騙すとかそんなことやったら終わりだよね。恋愛とかに幻想して一気に快楽主義者になったとしてもかといっても女性をモノのように扱っていいということにはならないじゃん?それは基本的に恋愛への幻想がなくなって即物的になったというだけで接し方とかリスペクトの仕方ってのは基本変わらないわけだよね。


あ、あと気になったんだけどさ、ナンパで結婚した人結構いるんです!みたいなまとめがあってみたら千原ジュニアとか麒麟の川島とかが出てきたんだけどあれナンパじゃないだろっていうさ、気になる店員とか気になる人がいて声をかけたってそれは別に自然なことだよね?っていうかアメリカとかだとデフォって話(c D.O.)それナンパとか言い始めたら男にとって出会いのきっかけなんてなくなるぜメーン!って話だよね。いや、ナンパってのは明らかにナンパするっつーマインドで外に出て場所とか下調べしてそこでディグるっつー狩りの話でしょう。気になった人に声をかけるのがナンパなんて言い出したら何も始まらないよねっていうかそれはナンパじゃないよね。っつーかなんでこの偶発的な出会いに関してここまで警戒心があるのか?って話だよね。いや、警戒心あるのか分からないけど気軽に声をかけられなかったり物騒だからストーカーとかと思われたらいやだとかそういう事件が多いからとかそういう自粛モードになってるみたいなところはあるのかな?って勝手に思ったよね。気になる子に声をかけるなんて当たり前のことだよねってまぁ俺はやってこなかったけどね(笑)


それ自体は下品なことじゃないよね。別にその場ですぐホテルに行くために声をかけてるわけじゃなくて単純に気になったから誘ってるわけじゃん?ナンパってのは刹那的な快楽を求めるためにそのままホテル直行するっつーマインドでやる狩りだよね。まぁ岡田斗司夫みたいなサイコ野郎ってのはそりゃいますよね。自分の快楽を満たすためだけに洗脳するテクニックとか言葉とかってのを研究するっていう輩はそりゃいるでしょう。でもそういうやつだけじゃないよね。まぁそういうやつは多いけど別にただ純愛したいだけかもしれないじゃん?俺はそうだからな。あと思ったのはいろいろと引きずってるものがある場合、引きずりすぎるとそれがより内部に書き込まれるようになってより行動しづらくなるってのはあるよね。どんどん抑制しようとするようになっちゃう。だからメンタル的な意味での解消のためにも行動は必要だよね。そりゃリスクもあるし恐れもあるだろうけどやらない限り何も変わらないし完全にあきらめたりいやになったならいいけど心残りだったりするわけじゃん?その場合ってのはたいていまぁ本当はコミットしたいんだけどやれないっていう抑制がかかってるんだよね。そういうリミッターは外すべし!ってのはまぁ恋愛に限らずここでずーっと言い続けてきたことだしまさに今の俺が実行する感じになってるよね。


ようはなんつーのかな、なかなか行動に移せなかったり別に恋愛とかが介在してなくてもいろいろとグルグルしちゃうのって結局まぁ自意識の無限フィードバックなんだよね。そのノイズにさらされ続けてるっていうことなわけで、だからこそたまに外に出てその自意識のノイズからフリーになるとか外部の声を聴くとかさ、そういうことが必要になるんだよね。あ、まぁでも完全に一人で満足してる人はそれでいいんだよね。全然それはもうそれでオッケーだし本人が幸せならいいわけだからね。ただ俺は幸せじゃないなって思うしあとこのこないだも書いたけど書生スタイルに飽きてきたから一気に変えるんじゃなくてリミックスするっつーかほかの要素とかも合わせたハイブリッドにしたいんだよね。それがこないだも書いたように自然な外出とか自然なナンパとかっていうそれが流れになると健全じゃん?まぁトラブルになるべく巻き込まれないようにするのは当然だけどね。やけくそになってやってやる!とかそういう感じではないんだよね。つまらなさとか絶望とかあとまぁ単純にやりたくてやってないことってのもあってんでまぁ年齢もあるしっていうか全く恋愛とか性愛の経験がほとんどなくておっさんになるってのが惨めっつーかそれは絶対いやだな!って思うわけだよね。


いつも書いているように自分がどうありたいか?ということで現状ではマズいことってのは改善していかなきゃいけないよね。まぁコントロールできないことはしょうがないですよ。加齢とかね。でも変えていけたり「ここがいやなんだよな」って思うところがあったらそれって改善できるじゃん?っていうか改善できることもあるよね。まぁそれをやったところで別に鬱が治ったり絶望から脱出できるわけじゃないんだけどまぁ少なくともやっといたほうがいいっていうことはあるじゃん?何もやらずに「つまんねー」って言ってるのが一番ダメだよね。あとまぁいろいろとディスられたりっつーか例えば外見についていろいろと言われて自信を持てなくなったとかってのがあったとしてそれ引きずっちゃってたらずーっとそれが残るからね。だから別にかっこいいと言われなくてもまぁ普通に女性は相手にしてくれるレベルではあるよなっていう最低限の自負とかって取り戻すしかないよね。


繊細なやつほどディスられたらそれが何十年前だろうが傷ついたままなわけでさ、それを引きずるってのは良くないっつーかそういうのがいろいろと積もって鬱の原因になることもあるよね。だからまぁそれはホント、恋愛をして記憶を更新していくしかないんだよねっつーか記憶関係の内容の本とか読んでてもまさにそういうことが書いてあるよね。あとまぁ兵士のトラウマ改善っつってVRで戦場を再現したのを追体験して「もう大丈夫だ」って思うことで記憶を更新していくとかまぁエクスポージャーって言われるようなやつだよね。パニック発作で電車に乗れなくなった人とかでも薬を飲んで乗っても大丈夫!っていう記憶を植え付けることで過去のパニック発作が起こった状況ってのに上塗りするんだよね。過去はそうだったけど今は大丈夫だし乗れるんだ!っていう体験をする必要がある。


まぁずーっと避けるという生き方もあるけどその場合、電車っつー脅威が残ったままなんだよね。で、常にいやな記憶が付随するものになっちゃう。だとしたら電車に乗る必要がなくても酷い体験とかをエクスポージャーできるならそれはやったほうがいいよね。で、記憶を更新して恐れることはないっていう状態にしてた方がいいわけよね。あ、んでまぁそういう恋愛にしても相手にトラウマを植え付けるようなことをやるサイコ野郎なんて問題外ですよね。万死に値するよね。俺が言う優生学ってこれなんだよねっつーかまぁ遺伝子工学とかでいろいろ知りたいのはっつーかすでにまぁそこまで遺伝子に行動とかに直結するようなものが内在されているわけではないってのはだいぶ分かったけどでもまぁ悪の遺伝子ってあるわけよね。で、実際にやってるのかもしれないけどヤバいレベルのサイコのやつとかってゲノム情報取り出して研究されるべきだと思うんだよね。


他人の人権を侵害したり一生治らないようなトラウマを平気で植え付けるようなやつなんて野放しになってたらいけないと思うしゲノム情報とかが悪用されるデメリットとかリスクがあったとしてもメリットの方が大きいよね。まぁゲノム情報だけからいろいろと予測するなんて無理なんだろうけどさっていうかまぁこの辺はまだ勉強してないからアレなんだけどね、まぁ一般論として個人のプライバシーどうのってことよりも有用に活用できるんだったらそのメリットを考えるべきなんだよね。まぁ分からん、人をだましたり傷つけてもなんとも思わないっつーのが後天的な要素なのか遺伝なのか分からないけどさ、まぁそりゃケースバイケースなんだろうけどまぁでも親もろくでもないやつだったり一族が呪われてるようなやつだった場合、やっぱそれって遺伝に問題ありだよね。この世に居ちゃいけないタイプっつーかなんつーか。


まぁ前に書き込みくれたsatouさんはそういう下種なやつらがネットのおかげで暴露されるか勝手に自分で情報開示して自滅していくから自浄作用があっていいっていう風に書いてたけどまぁそれはまさにそうだよね。岡田なんてのはまさにそういう類のやつだよね。あとまぁネットって情報消えないしあんだけのインパクト残したら再起不能でしょう。サイコパスに人権はないと思うんですよ。あんだけ女性を振り回しておいてなんの罪悪感も感じないって異常者ですよね。まぁナンパするやつなんて大体そうでしょ?っていうステレオタイプができるのもまぁそういうやつだからこそ後先考えずに平気で女性を釣ってそのまま捨てるみたいなことが可能なんでしょ?的な見立ては間違いじゃないけど超真面目系ナンパってのがあってもいいと思うし、例えばまぁなんでもアメリカっていうのもあれだけどアメリカだったら可愛かったら「ハーイ」って声かけてもまぁ相当キモくない限り自然なことなのに日本だとなんでそれができないんだろう?ってまぁそりゃ文化の違いなんだけどさ、まぁそんな文化の違いの中で気安く「ハーイ」って声をかけるやつなんてろくでもないやつばかりに違いないっていうのはわかるけどそういうことばかりでもないってのは実例作っていかないといけないよね。あとまぁ気になる店員さんに声をかけるとかってそれはいいんですよ。やって。


そういうところが日本っつーか特に今のいろいろとネットとかも含めた物騒な世の中でそういうのがやりづらくなってるっつってもそれで素敵な出会いとか恋愛ってのの機会がなくなっちゃってるんだったらそれは最悪としか言いようがないよね。別に一緒になったところで子供必ず作らなきゃいけないわけじゃないしまぁ結婚はリスクかもしれないけどでもそういうことだけを計算して考えてばかりいてもしょうがないよね。まぁ完全に興味ないならいいけどちょっとでも機会があれば・・・って少しでも思ってるならやったほうがいいよね。例えばいつも行くコンビニの店員さんが気になってたら声をかけてみればいいんだよね。で、ダメだったらいいじゃん?諦めがつくしね。もう彼氏いるとかこっちのことがあんまタイプじゃないとか真実を知った方がいいよね。モヤモヤしてるよりかは。


自分もそうだったからわかるけど草食系ってこういうやつ多いと思うんだよね。まずこの知らない人に声をかけるということがカルチャーではない日本ってのとまぁそれやると一気にナンパみたいなレッテル貼りをされるというようなことであったりね、参入障壁がすさまじいんだよね。あとなんか相応のやつがやらないとみっともないっつーのも本当に無駄な考えだよね。またアメリカの話し出すと禿のチビのキモ面のヒスパニックがパツキンの白人の姉ちゃん口説いてたりするからね。いや、別に差別主義的な意味ではなくてね(笑)なんでそれができないのか?ってそれがカルチャーだからで済ませたくないんだよなー。別に声をかけてもいいじゃん!って思うんだよね。大義名分としては少子化対策とかみんな結婚しなくなってるとかっていうことへの具体的なアクションですよね(笑)そういう恋愛に向かわせるようなものがことごとく規制されたりやりづらくなったりやったら異常者みたいなレッテル張りされるっていうことで恋愛への参入障壁が高くなっちゃってるのよね。だから30過ぎたらもう終わりみたいな言い方とかまで出てくるじゃん?いやーそりゃおかしいよね。


いや、まぁでもこれは何気にずーっと考えてたことではあるんだよね。目の前に「うお!」って子がいても声をかけられないよなーって思っているっていうその理由ってのが意外にどうでもいいっていうかかっこつけたいみたいなさ、変な人と思われたくないとかそういうことだったりもして別に不可能ではないんだよね。ナンパ師のブログなんか見てもっつっても別に真に受けるわけじゃないけどただまぁどれにも最初が大変って書いてるけどまさにこれだよね。気になったら声をかけるっていうのを武術が自然に体に身について動きが自然にできてしまうぐらいの作為性のなさってのを身につけるってことだよね。まぁもちろん実は彼氏がいて「なんだてめー!」とかって言われたりする可能性もあるからまぁそりゃリスクですよね。いろんな意味で。でもまぁそれ言い出したら無理でしょう。もう。


まぁ腕っぷしは強い方がいいのかな(笑)中国拳法の出番か?っつーかまぁ暴力事件とか起こしたら意味ないからそんなの問題外だけどね、まぁでもすげーマッチョな言い方になると結局まぁその女性を獲得するためにちょっとアグレッシヴになって前に出るってことが必要なんだよね。それはすごくマスキュリンなことかもしれないんだけどいろんな意味で度胸がなくてそれができないってのはやっぱりオスとしての生存本能の低下だよね。で、そういうやつはテストステロン値も低かったりして基本的にあんまやる気ないやつだったりするわけじゃん?でもそこでこそのマスキュリンなんだよねって完全に体育会系の精神論みたいになってるけどんでもそこでテストステロンとかなんだかんだで女性と結びつきたい!っていう本能から奮い立たせられるものってのがあるわけよね。2次元万歳の人は全然それでいいんだけどね。


いや、皮肉じゃなくそれもまぁサバイブの方法でもあるしある種の進化でもあると思うからね。ただまぁそうじゃないやつってのはそういうのを奮い立たせて一歩踏み出すってことが大事なんじゃないかな?って思うようになったんだよね。いや、実際にテストステロン値が下がることで更年期障害になったり鬱になるとかって見るといや、もうすでに俺ってそれになってない?っていうかまぁ俺の鬱の原因はそんなに簡単なことじゃないけどでもまぁテストステロン的なものが上昇しない生活ってのをしてるとナヨナヨになるよなーってのはすげー思うんだよね。だからまぁ運動とかって大事なんだよね。運動するとテストステロン出るからね。


まぁ俺が言いたいのは体育会系の精神論じゃなくてもやしっ子みたいなやつがウジウジしてるのを打破するっていう脱却の方法だよね。まぁ俺は別にウジウジしてないけどただまぁあんまアグレッシヴに攻めようとしないって意味ではもやしっ子ですよね。あとなんでも合理的に考えてあんまり意味ないとかコストがどうのみたいなつまらないことを言ってコミットしないという理由にしてるとかまぁ基本逃げですよね。前にいろんな意味でごまかしがいやになったって書いたけどそういうところも含めてだよね。逃げてたり避けてたりするようなものってのは徹底的にディグってまぁそれ相応の理由とかがあればいいけどただごまかしてるだけの場合、もうそういうのはなし!ってことにしていかないと人生クダクダになるぜっていうのを危機として考えるんだよね。マジでヤバいよ?そのままおっさん化してそれでいいの?ってことですよね。で、俺はそれは絶対いやなんですね。だからやるんですよ。


あとまぁやれるだけの余裕っつーよりかはまぁ暇ができたってのもあるよね。本買わなきゃいけないしそれどころじゃない!っていう期間はだいぶ過ぎたから何か他の事にも使ってみよう!っていうことではあるわけじゃん?で、まぁ今年に入ってから服買うようになってまぁそれはあまりにも引きこもり的になりすぎるから現世とのつながりを保つためにもそれは必要なんだ!って考えだったけどこれってのが何気に重要なことなんだよね。どのみち今後も生きていかなきゃいけないなかでこのままだったら完全に詰むわけじゃん?っていうか内面的にってことね。まぁ別に服買って外に出ることが解決になるわけじゃないんだけどやっぱり外の世界とのコンタクトって必要なんだよね。まぁオワコンシリーズのコンセプトは引き継いでますよ。自分の世界を作るっていうまぁニーチェ的な自分が価値を作るとか客観的な価値観とかに依存しない主観的な良い意味での決定的な価値観ってのを自分で生み出していくっていうことはそのままなんだけど別にそれを引きこもってやってる必要もなくて外部とのフィードバックとかもあってそれやればいいんじゃない?ってことだよね。


まぁあと別に引きこもりたいときはそれでいいわけだしただ俺みたいに引きこもりすぎて飽きたから外出たいっていうそういう気分的なものもあるわけでさ、そういうときに普通にどっかいってなんかやるっていうのがあったほうがいいよねっていう当たり前の話なんだよね。だから別にそれはレジャー全般とか釣りとか飲み会とかなんでもいいんだけどね。まぁでもほんとにこのカッコつきの意味での「外出」って本当に思考対象になってるんだよね。外に出る必要がなくてもなぜ外に出るということが良いとされるのか?っていう根拠だよねっていうかまぁ根拠ってほどそんなに簡単なことではなくてもっと複合的なんだけどでもなんかアプリオリに決められてるじゃん?「たまには外に出た方がいいよ」っていう言い方の正当性はアプリオリに決まってるんだよね。それがなぜなのか?ってことなんだよね。まぁ別に引きこもりじゃない人でも外出したいけど行く場がないとか女子でも服買ってるんだけど職場と家の往復で服着ていく場がない!とかさ、

この外出問題って何気に面白いんだよね。別に服を着ていく場所がなくても全然困らないし外出する場所がなくて家にいてもいいわけじゃん?でもなんか外に出たいとかたまには出れた方がいいとされる根拠は何なのか?ってことだよね。


まぁそりゃあれだよね、普段とは違うところとか視覚情報からいろんな情報も含めていろいろと入ってきた方が脳への刺激になるとかまぁそりゃ自明なんだけどさ、でもまぁ昔と違って外に出なくてもいろいろと済むようになっちゃってるってのもあるしまぁそれだから引きこもり化ってのが進むってのはあるんだけどそこでなんか外出の必要性を検証してみるってことなんだよね。まぁ別にフラッと外に出ちゃう人ならそれはそれでいいんだけど出ないってのが続いて出なくなるって人が結構いるわけじゃん?まぁようは通学通勤以外は出ないって人ね。で、まぁ最初はそれで良かったけどそれ続けてると家と職場との往復のみの生活で生きている感じがしないっていう現象にとらわれる人がかなりいるんだよね。で、別にそれは俺みたいに外に出る必要がなくて外出の機会も出会いの機会も逃してるやつとかっていうそういう特殊な例以外で普通にもそれはありうるっていうある種の一般性なんだよね。で、それって突き詰めるとやっぱり人生ってなんだ?ってことになるんだよね。労働のみの生活って何なの?とかさ、アーレントでいうところの活動的生活の必要性だよね。それは観照的生活を送るうえでも外部無しにはありえないわけだし極端な例でいうとデカルトが部屋でずーっと考えてて「あ、外だよね」って気が付いたってのと同じようなことだよね(笑)


ようはあまりに自分の世界とか外との関わり合いが少ない生活をしていると独我論的になりがちってことになっちゃうんだよね。そういう思考形態が癖として身についちゃう。で、変に頭が回るとなんでも理屈で処理するような癖がついてそこから出られなくなったりそれ自体であたかも何事も解決してるかのように錯覚しちゃったりとかね、あとまぁ論理ではそうであっても実際のところとかなんか経験することで考えも変わるかもしれないんだよね。それは変わるかもしれない!みたいな期待ではなくてまぁ変わることもありうるよねっていうあくまで可能性の話だよね。


この辺ってすげーアツいところなんだよね。論理で言えば別にバーチャルでもいいじゃないか!ってことになるんだけどアウラ的な「生」の価値は結局は絶対なんだよねっていうバーチャル派だからこそ気が付くアウラの重要性だよね。まぁ恋愛なんて意味ないしコストかかるし興味ないねーっつっててもツイッターとかフェイスブックでリア充パーティーとかリア充のカップルとかを見ると妬ましくてしょうがないのはやっぱりアウラへ憧れがあるからだよね。そんなもんはないんだ!とか興味ない!って思いこんでてもそういうのを見せられるとムカつくわけじゃん?それがあるってことはもうダメだよねってことなんだよね(笑)ずーっと他人を妬む暗い実存を生きることになるよね。


俺はリアルにそんなに恋愛に関しては気にしてこなかったけどまぁいろいろと気になるようになってから今までのこととか恋愛自体という体験ということとかエロスと実際のセックスということとかさ、あ、まぁ渋澤とかバタイユとか読んでたからそれの影響もあるかもしれないけどまぁすげー考えるようになったんだよね。で、そうなると見方が変わるよね。奥さんが妊娠すると妊婦さんに目が行くようになるだっけ?全く気にしてなかったものが属性が重なることで見えるようになるっていうことだよね。軽自動車乗り始めてから軽が多いのに気が付く的なことだよね。


で、まぁ俺もそのいつも言う強度とかエロスとかっていうこともさることながらあとまぁ無理やり自分を抑圧して草食系の書生を装ってるとかさ、実際はすげー肉食なのにそれをごまかしているとかね、まぁんでそれってダメじゃね?って気が付いてからあとはまぁ例のほとんど経験もないままおっさん化するのがいやだとかもうぼちぼち年齢的に今しかできなくなることとかもあるだろうっていう焦りとかもあるけどまぁそういう焦りとかっていう消極的な理由ではなく人生への能動性だよね。まさにスピノザが言うところの欲望ですよ。それは卑近な快楽とか物欲とかっていうようなものではなくてオントロジーと人間の活動という意味においてすごく重要な欲望ね。コナトゥスだよね。結局はそれは「いやーこのままだとつまんねーし詰むなー」って思うってのがまぁようは自分がぶっ壊れるっつーか成立しなくなるっていう恐怖だよね。で、それはいやだからなんとかしようとするっていう努力だよね。


クソだクソだといっていても何も変わらないから変えることができそうなところから変えていくとかっていうそれってまぁ自分を成立させるためのようは生きていくっていうことの持続性を作るってことだよね。まぁ結局はそれって究極的に言えば自己保存ってことだよね。んでもだからこそ引きこもりではだめで身体が介在することかエロスとかセックスのアウラとかが必要なんだ!ってのはすげーロマン主義的だけどそれは前にあえてロマンティストになるということでも書いたように生にとって必要不可欠なことなんだよね。だからそれは何かに幻想を抱くとか何かがあるに違いないと望むというようなことではなくて何が必要なのか?とかってのを見極めるっていう当たり前のことなんだよね。だからまぁ逆に取り立ててそこで恋愛の地位を向上させる必要もないんだけどね。別にone of themだからね。


ただ大量にあるthemの中で唯一というほどかなり重要なのにやってないoneってのが俺にとっての恋愛とか性愛ってところだから人生極めるには絶対それって必要なことなんだよねっていうかその経験が欠けているということがいかに虚しいことなのか?ってのに今更気が付いた感じね。あ、でもそれは別に無駄にロマンを求めるということではなくただ単純に経験ということね。だからまぁさんざん経験して結果的にいやになったとか「こういうもんだ」ってある程度いえるだとかね、それを体感して知るということだよね。それを何かと理由をつけてコミットするのが怖かったりするんでやらないようにしてるってのがそもそもアウトってことなんだよね。だからそれに救いを求めるとかではなくていろいろプロジェクトがある中で全然これやってませんよね?っていうことなんだよね。


あとまぁ理屈っぽい俺が理屈だけじゃないってのにようやく気が付いたっていうところでもあるよね。ただまぁやっぱここ数年の居合始めた頃みたいな身体性の重要さに気が付いたっていうこととはモロに地続きだよね。そこでまぁ恋愛にせよ性愛にせよ体を動かして人と接して実際に経験するっていうことだよね。まぁこれって別に全般に言えることだよね。思い切って海外行っちゃう!とかさ、留学したいって思ってるならまず短期留学してみるとかそれが必ずしも実益につながらなくてもやりたい!って思ってたらやったほうがいいよね。なかなか踏み出せないってのはすげーわかるけどやらないのは勿体なさすぎるよね。もちろん金もかかるし大変なんだけどそういうところも含めた設計じゃないですか?あとまぁ「やろう!」って思ったらやるってことだよね。時間が経つとまたあーだこーだ言い訳付け足してやらなくなるからね(笑)鉄は熱いうちに打てとはまさにこのことですね。でも別に熱しやすく冷めやすいでも全然いいんだよね。経験さえ伴えばオッケーでしょう。まぁんでまずあーだこーだ言わないである程度考えたものを実行してまた考えるってことでいいんだよね。あとまぁひたすらやり続けるってことでもいいし。


まぁそんな感じですね。んじゃまた。