Hatena::ブログ(Diary)

一切余計 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-11-09 またもや微妙な気分に

兵は巧遅よりも拙速を尊ぶ。ブログも同じか。

なんかこないだも書いたんだけどさ。自分が内心思ってて、いつか書こうとか思ってたことを先に言われちゃうと微妙な気分になるよね。(人を描くということ 〜物語にストーリーは必要か?(ry外伝〜 - 古木の虚

先に言われてから書くと二番煎じになっちゃうし、もっと早く書いとけば良かったなあ、とか思ってしまう。

今回は富野さんの発言の話なんだけど、徳島の講演で

デジタル映像科とかそっちの専門学校とかね、あれは大人が食べていくために作っただけなの」

「だから学校が提供する技術だけは盗んでおけ、あとは何も教えてくれないから」

専門教育からクリエイターは生まれない」

ソフトのおかげで誰でも映像を扱いやすくなったが、ソフトが扱えるだけで創れるっていうの?」

とか言ったらしい。これは俺も前々から似たようなことを思っていて、俺の言い方で言うと、「学校では、技術者は作れても芸術家は作れまい」っていう言い方をするんだけど。

芸術家っていうと大仰な感じがするかもしれないけど、芸術というものをどう捉えるかによると思う。

以前もちょっと触れたけど、昔ギャラリーフェイクアニメを見てて、物凄く印象に残った台詞がある。

「芸術とは内面の告白である」

これは全くその通りだと思う。そして、そう考えれば、萌え漫画だって芸術なんだろうと思う。だって、そこには、作者の「俺はこのキャラクター萌えるんだよ」という内面が現れているのだから。

そうすると、僕の「学校では、技術者は作れても芸術家は作れまい」っていうのが良く分かるんじゃないかと思う。「技術」は教えられても「内面の告白」は教えられないんじゃね?ってことなんだけど。


まあ、それはそれとして、こういうことが続くと、このブログのスタンスとしても、僕自身のスタンスとしても、多少考えざるを得ない。要するに、僕は割と完璧主義者なので、拙速よりも巧遅をとってしまうのだ。何かを思いついても、「もう少しまとまってから……」とか思ってなかなか書かない。まあただ単に面倒臭いって話もあるんだけど。

しかしこうなってくるとやはり、巧遅よりも拙速の方が良いのではなかろうか、という話にもなる。ていうか、あるエントリを書いた後でも、続きを思いついたらまた続編とか言って書けばいいような気もするしなあ。あえていうなら、ブロゴスフィアというかインターネットというものの流れがすごく速いから、とりあえず出してみて、反応を見てまた書くというようなスタンスの方が適しているのかもしれない。完全武装して整然と敵を圧倒するよりも、とりあえず突撃、みたいな。

考えてみれば今話題のtwitterってのも、そういう感じなのかも。とりあえず何でもいいから書いてみる、みたいな。ただやっぱり俺の性格的にどうしても巧遅によりがちなんで、その辺がネックになってtwitterはやってないんだが。まあ面倒臭いだけだろうと言われると否定はできないが。

まあ、そういうことも考えて、多少断片的でも、書けそうだったら書くというのはたまにやっているんだけどね。

今日思ったこと - 古木の虚とか。

もうちょっとバンバン出していくべきか喃。しかし、俺にしかわからない、誰にも届かないようなわけの分からないことを書くわけにもいかんし、やはりネット上で公開する以上はある程度のものでないと……、いやいや、そういうのがいかんのか喃。

とりあえず、こうやって「巧遅か拙速か」という話をしていて思ったのは、ブログって軍事と多少似通っている部分があるのかもしれんなあ、ということだ喃。

「兵は巧遅よりも拙速を尊ぶ」……更新頻度の重要性。

「外部から救援の来る見込みの無い篭城は避ける。それよりは城を出て決戦を挑むべし」*1……外から言及されそうにも無い記事を書くくらいなら、他のブログへ積極的に言及すべき。

「兵站の重要性」……常にネタを仕入れる。

とかそんな感じがするかもしれん喃。


まあそれはそれとして、巧遅の方に偏りすぎている感はあるから、もうちょっと何とかしたほうが良いかもしれん喃。しかし俺のアイデアノートメモは断片的もいいところだし……、まあ、まとめようとしてまとめてないのもあるんだが。何か、断片的だけど、そこだけでもどうにか意味が通じそうなものとかだけでも書いていった方がいいのかもしれん喃。

ていうかこのブログって基本的に「雑記」なんだからそれはそれで別にいいような気もしてきた。

ためしに少し書いておくか。

えーと。

「勘とは経験の蓄積である」

創作において、「勿体無い」は敵である。ブチ込めるものは惜し気も無くブチ込み、切るべきもの(切ることができるもの)は惜しげもなく切っていくべきである」

あれ? ひょっとして俺の巧遅って、勿体無いってことだったりする? おれ自身にはそんなつもりはないんだが……。


あーうん、どうしよう。そういう「断片」専用のカテゴリーとか作った方がいいのか喃。それともいつものように「雑記」でやってしまおうか喃。しかし、この「雑記」っていうカテゴリーも大概意味がない。多分、全部の記事についてるカテゴリーだし(笑)。いつも「意味ねえよなあ」とか思いながらこのカテゴリーにしてるんだけどさ。まあまた考えるか……。


BGM:「Fencer of GOLDJAM Project

*1:これはよく池波正太郎を読んでると出てくるんだよね

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証