Hatena::ブログ(Diary)

みずもの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-15 余ったPCをサーバーマシンにした。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

1156ソケット対応の新PCを組み立てたため、今まで使っていたマシンをそのまま鯖にした。


最初は、Ubuntuマガジン付録で付いてきたUbuntu10.04を使用していたのだけれど、なぜかftpdやhttpdで接続してファイルをダウンドードするとファイルが破損して開けない現象に見舞われた。

付録が不味かったのかと思い、Ubuntuサイトからイメージダウンロードして、自分で焼いてインストールしてみたが同じくファイル破損・・・。

10.04が悪いのかと思って、9.10をインストールしてみたけどファイル破損・・・。


ならば違うOSにしようと、debianインストールしてみた。

しかし今度はLANドライバーが無い・・・。ネットに繋がらない・・・。モニタ解像度がなぜかフルHD固定でリフレッシュレートの設定もできない・・・。


したらもうCentOSだ!

同じくLANドライバーが無い・・・。カーネルアップデートすればドライバーは入っているらしい。じゃあアップデートしてみるか。

エラー・・・。


ここでLinuxには挫折し、安心のWindowsServer2008R2をインストールしました。

文字コードsjisな事以外は万事解決。


ubuntuなどでファイルが破損する原因としては、HDDにW.D 20EARS 00MVWB0 667GBプラッタを使用していたためだと考えられる。smbからならファイルは破損せずに転送できたり、htmltxtなら表示できたからMIMEの設定が狂ったのかとも思ったけど直し方わからないし・・・。


でも安心のWindowsServerにも欠点はあったようで、IISからwebの設定をしていたらMIMEの設定で.mp4 .mkv .isoなどの拡張子が登録されておらずwebからみようとすると404になったりした。

今時mp4も登録されてないのはどうなのと思ったけど、それ以外は問題ないです。

2010-07-29 Mac から Windows へiTunesライブラリを移動する方法

プレイリストやレートなどの情報が登録されているiTunes ライブラリを移動させる 01:10 プレイリストやレートなどの情報が登録されているiTunes ライブラリを移動させるを含むブックマーク プレイリストやレートなどの情報が登録されているiTunes ライブラリを移動させるのブックマークコメント

Macデフォルト設定では /ホーム/ユーザー/ミュージック/iTunes などの中に入っている

の4つをWindowsコピーすれば良い。

コピーするWindowsディレクトリは C:\Users\ユーザー名\ミュージック\iTunesデフォルト

mp3,m4aなどの曲データを移動させる。 01:10 mp3,m4aなどの曲データを移動させる。を含むブックマーク mp3,m4aなどの曲データを移動させる。のブックマークコメント

iTunesライブラリを移動させた時と同じように、曲データも移動させればいいのだが、注意点として、Macの時にiTunesで設定していたアドレスと全く同じ経路になるようにコピーすることが重要

コピーする方法 01:11 コピーする方法を含むブックマーク コピーする方法のブックマークコメント

ubuntuなどのLinuxOSを使えば、初期インストール状態でもHFS+,NTFS両方を認識してマウントしてくれる。

直接的なコピーなので速度も早い。

たまに認識出来ないファイルなどがあり、それに気づかないといつの間にかファイルを無くしていたりする。

MacOS10.5以上とWindows7でなら文字化けが起こったりすることもなくなったので、全てのファイルをちゃんと視認することができる。

ローカルネットでの接続だとしても、転送速度は遅い。

あまりにもファイル数が多いと一回でコピーすることができず(コピーが中断されてしまう)、複数回コピーを実行しなければならない。

Linuxを使ってのコピーのほうが断然に楽ちんなのだが、ファイル認識できず、コピーできていなかったら意味がないので、sambaを利用してのネットワーク共有接続コピーしたほうが安心である

ネットワーク共有で膨大な数のファイルコピーするときは、ファイルコピーソフトを使うと便利。

FastCopy http://ipmsg.org/tools/fastcopy.html

Copy your files faster with TeraCopy http://www.codesector.com/teracopy.php

機能的には両方とも同じくらい。


自分FastCopyを利用して、約60,000万曲,400GBのデータを35時間くらいかかってコピーした。

FastCopyは差分コピーなどができるため、もしエラーなどでコピーが途中で途切れてしまっても、続きからコピーを実行し、確実に全てのファイルコピーすることができた。

2010-07-25 Mac から Windows へiTunesライブラリを移動する方法 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2010-07-10

Mini-ITXブルーレイ再生マシンを作る。その1 00:44 Mini-ITXでブルーレイ再生マシンを作る。その1を含むブックマーク Mini-ITXでブルーレイ再生マシンを作る。その1のブックマークコメント

PC用のブルーレイドライブが、5000円くらいで購入できとってもお手頃です。

一般家電ブルーレイ再生できる機器を購入するとまだ3万円はかかります。


PS3などでもいいと思いますが、今回はリビングに置いて大画面のテレビインターネットが出来るマシンとしてMini-ITXブルーレイ再生マシン作ってみたいと思います。


まずPCブルーレイを観るためには条件がいくつかあります。

BDドライブ

HDCP対応ビデオカード

HDCP対応ディスプレイ

AACS対応BD再生ソフト

OSWindows XP SP2 以上

・COPP対応ビデオドライバ

以上の6個がPCブルーレイを観るために必要な条件です。


まずBDドライブ、これは再生させるにはもちろん必須。


HDCP対応ビデオカードHDCP対応ディスプレイ

著作権保護の為、BDデジタル信号暗号化されており、デジタル出力で視聴するのであれば、それに対応したデジタル信号の送信機と受信機が必要になってくる。

逆にD-Subなどアナログ接続する場合HDCP対応は、必要ない。ただし画質がSD画質になってしまったりデジタルでの恩恵は殆ど受けられない。


AACS対応BD再生ソフトは有料でダウンロード販売などしているが、BDドライブ付属していたりするので購入時にチェックしてみるといいでしょう。


COPP、これも著作権保護技術の一つで、Windowsであるならば、WindowsUpdateを欠かさずしていれば、問題はない。

もし、エラーメッセージがでた場合でも以下をインストールすれば見れる場合が多い。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=3144b72b-b4f2-46da-b4b6-c5d7485f2b42


とまあ、これらの問題を全て確認しながらMini-ITXブルーレイが見れるマシンを作ってみようと思います。

2010-03-02 Hamachi で Warcraft 3 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

logmeinwiki.com

共通設定

  1. hamachiネットワークに参加する。
  2. lancraft-yawle.rar 補助アプリダウンロード
  3. 2で解凍した中身にあるsetupファイルインストールする。

ホストの設定

  1. Yet Another Warcraft LAN Emulatorを起動し、Server IPhamachiでの自分IP入力
  2. Name入力
  3. Name欄の右側にあるSTARTを押してゲームを起動する。(アイコンの絵が見辛い...)
  4. WC3でLANゲームを選び、ゲーム主催する。

参加者の設定

  1. lancraft.exeを起動し、ホストIP入力する(9.9.9.9と表示されている場所)。ちゃんと接続されればログにconnect proxcyなどと表示される。
  2. WC3を起動する。ROCの場合はStart Warcraftアイコンから。TFTの場合はディスクから起動。
  3. LANゲームを選び、参加する。

lancraft.exeの終了は、タスクバー上で右クリックExit

ゲームに参加してから抜けたときにlancraft.exeのエラー接続が切れることがあったが、lancraft.exeを起動し直せば問題ない。


  • 補助アプリなんて毎回設定しなくちゃいけなくてめんどくさいという人は

コントロールパネルネットワークの設定からアダプターの設定を開き、メニューの詳細設定から詳細設定を選択。

アダプターとバインドの接続欄でLocal Area Connectionより上にHamachiを持ってくれば、たぶん起動したWC3のLANゲームhamachiIPを拾ってくれるはず。


hamachiLANゲームをするときの補助アプリが無いDiablo2などではこの方法を使うことでhamachiを介してLANプレイすることができた。