みむめもーど

2005-03-21 ♪ぼくらのイーグル

[][]新日鐵コンサートが終わるって?! 朝の歳時記も?!

いい天気の休日、朝からネットサーフィンにいそしみ、「軽川さんぽ道」さんのところでのんびりしていたら、

> 開局当時から続いてきた「新日鐵コンサート」の終了で枠が1つ空くし

?! ビックリしてすかさず検索にかけるとたしかに終わるらしい。それも昨年10月11日付けの産経新聞に発表されていたとは。不覚だ。しかし既にリンク切れになっているのでその記事をコピペしたと思われる2ちゃんねるの書き込みから引用させてください。

クラシック音楽ファンに根強い人気を誇ってきたニッポン放送の「新日鉄コンサート」が来年3月、50年目を迎えるのを機に放送を終えることが10日夜、番組中で明らかになった。新日本製鉄スポンサーを務めてきた民放最長寿の番組。3月24日、井上道義指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会を公開録音後、同月末にも放送して半世紀にわたる歴史に幕を閉じる。

昭和30年、ニッポン放送開局の翌年に始まった「フジセイテツ・コンサート」が前身。企業合併によって45年から「新日鉄コンサート」に名称変更。全国各地で公開録音やライブ収録を行い、毎週日曜夜に放送してきた。レナード・バーンスタインやアイザック・スターン、ヘルマン・プライら世界的音楽家が出演したほか、番組が日本の現代作曲家に委嘱した作品は芸術祭大賞など多くの賞に輝いた。若き日の小澤征爾の演奏なども多く保存、音楽関係者の間では「戦後日本のクラシックの“音の博物館”」と言われてきた。番組では50年を振り返る特集を放送中で、11月に初回からの聴きどころを集めたアルバムポニーキャニオンから発売される。

番組を担当しているニッポン放送の吉田抄子さんは、「全国各地に音楽を届ける喜びは得難い経験でした。長い間ご愛聴くださったリスナーの皆さんに感謝の思いでいっぱいです」と話している。

私が深夜ラジオ少年だった頃図書館で放送関係の資料を片っ端から調べ、ニッポン放送の筆頭株主が冨士製鉄であったことを知り、筆頭株主だからアイドル番組の合間にCM無しで放送されているのかと大変驚いた記憶がある。

アイドル番組の合間に。そう、日曜の夜ニッポン放送はショウアップナイターが終わると放送終了の25:30までアイドルの30分番組がずらっと並んでいたのだ。22:30〜23:00を除いて。(正確には当時在京3局を制覇していた唯一のアイドル・菊池桃子が1時間番組を持っていたが。) その合間にクラシック番組はどう考えても異質でなぜこんな編成がまかり通っているのかふしぎで仕方が無かったのだ。たぶん現在日曜夜のニッポン放送を聴いているリスナーたちも同じ思いでいるだろう。でもハマってしまうとなかなか味わい深い番組なのでした。近頃すっかりラジオを聴かなくなりいつの間にか東北放送ネット時間が21:30〜22:00という早い時間になっていたことも知らなかった。そうか、なくなってしまうのか。時代の流れなんでしょうね、最終回は3月27日、ひっそりと見送ってあげましょう。

さて、検索をかけていたら「朝の歳時記」も終了することを知ってしまった。文化放送制作だと思っていたら中部日本放送なんだってね。そう言われれば提供はトヨタの子会社・日本電装(現・デンソー)だった。3月14日の放送で発表されたそうで、公式サイトに文章と音声(RealPlayerで聴けます)が残っています。39年間ですか、寂しくなりますね。朝のラジオがまたひとつ変わっていくんだな。川久保潔さんはもうご高齢のはずですし止むを得ないんでしょうね。ちなみに、最終回は3月31日木曜日だそうです。

ご高齢といえば昨日ラジオを聴いていたら「牟田悌三・あなたのための税金相談」も来週の放送で最終回と知った。ホームページTBSではなく国税庁にあることもこの際知った。こちらも25年。牟田さんのオヤジギャグももう聴けない。

肝心の東北放送の改編情報がナイター中継を除いてまるで分からないので困るのだが、4月からどんなラジオに逢えるのだろう。しばらくラジオ番組表(三才ブックス)も買っていない。買っていない間に「ラジオライフ」の三才ブックスは「もえたん」の三才ブックスに変わってしまったらしいし、ラジオ頑張れ。一応聴いてるぞ。


追記:「ヲ〜つま女子大学日誌」さんにトラックバックされたので少し書き直しました。“子会社”の件ですが、デンソーの沿革のページに

1949 トヨタ自動車から分離独立し、日本電装株式会社を設立。

とあるので、これで許してください。“トヨタグループ”と書くべきでした。

[]ラジオ深夜便 シンガーソングライターの時代

今夜も総合テレビとの同時放送。と思いきやラジオでは23時台からやってたらしいですね。わたしゃテレビで長嶋VS.稲尾を見てましたわ。中島みゆき様のインタビューも23時台にやっちまったらしいですね。

今夜のゲストは、南こうせつ(パックインミュージック)、谷村新司(セイヤング&MBSヤングタウン)、坂崎幸之助(オールナイトニッポン)。一応担当番組名を入れたけど、ラジオのこうせつさんは全く知りません、ごめんなさい、私がラジオを聴き始めたころは既にパックはなかったのです。谷村さん、三段オチの金字塔「天才秀才バカ」の音源が流れていまして懐かしかったのですが、私が聴いていたのはセイヤングが終わった後「吉田照美のてるてるワイド」内の全国ネット番組「青春キャンパス」、たしか火曜日のコーナーだったと思います。セイヤングの全盛期にはハガキが週に4万通も来ていたとか。すげぇとしか言えないですね。坂崎さん、かつて某ラジオ雑誌DJ人気投票でつねにアルフィーの3人がベスト3を独占していたのでした。オールナイトニッポンを略してオナニーと言ったのは坂崎さんじゃなかったでしょうか。水曜一部の担当だったと思いますが番組の記憶はあまりないですね。こうせつさんをゲストに呼んでWこうせつをやったことがあったと思いますがオールナイトでだったかどうか覚えていません。

忘れてた、今日も「イムジン河」流れてました。よっぽどこの時代を象徴する曲なんですかね。

[]第36回春の高校バレー

仙台放送は例年通りNEWSも菊間さんも川合さんも出ない独自編成(昨日は宮城県代表の試合がなかったので珍しくフジテレビ制作の全国ネット用の中継でしたが)。で女子一回戦、古川学園VS.四天王寺。0-2で負けてしまいました。しかし世が世なら決勝カードですよ(平成9年決勝、連覇が掛かった古川商業(当時)は四天王寺に2-3で敗れたのでした)。まぁそれはそれでいいんですけどね、四天王寺ってバレー部を廃部にしたんじゃなかった?

関西テレビ春高バレーのページには何と四天王寺大特集なるものがあり

平成12年の募集を最後に一時、運動部の活動が停止に。平成16年4月に再び活動を再開し、2年生がその第1期生にあたる。

うーん、謎だ。いったい何があったのだろう。試合よりもそっちが気になる。

ところで、春高バレー、関西テレビは深夜に放送してるんですね。で夕方は何をやってるのかと思いきや「横山やすしフルスロットル 〜阿波鳴門純愛物語〜」。主演は北村一輝さまというではないか。仙台放送よ、ネットしてくれぇ〜!

fuuki1972fuuki1972 2005/03/30 22:25 >新日鐵コンサート…
LFや東北放送、CBCなどでは夜でしたが、毎日放送は殆ど朝の定番でした。
去年、姫路市文化センターで公開録音をやったのがMBS的には最後かな。。。
ファイナルの井上道義御大、長年、京都交響楽団(京響)のメイン指揮者だったから、結構身近で思い入れはありますねえ。
あと、ナビのLFアナ・那須恵理子さんの声も…。
新日鐵はMBSの大株主でもあるので、ひときわ淋しさが募ってきます。
(MBSラジオがJRNとNRNのクロスネットで、ラジオナイター中継をLFメイン[月・金以外]にしているのはこのためらしいです。だからか?テレビでもLF寄りの発言が目立ってます)
>朝の歳時記…
これも長年MBSとKBS京都で聴いてました。CBC制作と知ったのは20年程前のこと。
三才ブックスの「ラジオパラダイス」でCBC東京支社を紹介していた時、この番組がここで収録されていることに触れていたのです。
しかしこの番組といえば僕にとっては、川久保さんの耳心地よくて耳をそばだてたくなるお話以上に、KBS京都で聴いていた頃、当時朝ワイドをやっていたつボイノリオ氏が”川久保さんと遊ぼう”と題して、
(スタジオからの呼びかけに対して)”はい、承知しました。では、お知らせからどうぞ”
の録音部分につなぐネタコーナーをやっていた方が懐かしいです。朝7時台にもかかわらず、通学途中で爆笑していたなあ…。
そのKBS京都は土曜限定ながら、現在までずっと川久保さんへの呼びかけは続いていました。その番組『早川一光のばんざい人間』では、先週26日の時に川久保潔さんへ電話インタビューもされてたとのこと。ネットの立場とは言え、こういうことは嬉しいですね。
…残り1回!明日限りなんだなあ。。。月〜金のみネットのMBSだけど聴いときましょう。