かたつむりは電子図書館の夢をみるか このページをアンテナに追加

2012-11-22

[][] 「第9回デジタルリポジトリ連合ワークショップ(DRF-9)第3セッション『頼れるリポジトリ運営のかたちとは:日英の共同・共用リポジトリ』」(第14回図書館総合展参加記録その4/図書館総合展連続更新その5)


図書館総合展連続更新シリーズ、2日目最後のフォーラムの時間は再びDRF9の会場に戻って来ました。


学術雑誌の変貌:フィンチレポート、新BOAIイニシャチブ、英国最新事情

  • 会場 : 第1会場(アネックスホール201)
  • 日時 : 2012年11月21日(水)
  • 時間 : 10:30-17:00
  • 主催 : デジタルリポジトリ連合(DRF)

【第3セッション】頼れるリポジトリ運営のかたちとは:日英の共同・共用リポジトリ 15:30〜17:00 †


この時間はついに今年度から運用が始まったJAIRO Cloudに代表される共用リポジトリと、それ以前から各地で盛んに活動してきた地域共同リポジトリについて。

そのそれぞれが活発に活動している国内状況の紹介と、ゲストのドミニク・テイトさんからは英国の状況の紹介が。

そして最後には討議の時間も!



以下、例によって当日の記録ー・・・ですが、日本図書館情報学会(前日入り)からはじめてこの日で出張続きが5日目に入っており。

さすがにそろそろへばっているので相当、記録が雑な部分もあります(大汗)

途中、ついに力尽きた部分等もありますし、不備が多い内容と思います・・・ご利用の際はその点、どうかご理解いただければ幸いです。

機関リポジトリコミュニティのイベントですから、スライド等はきっと後日公開されるはず!!

誤字脱字、お気づきの点等あれば、コメント欄でご指摘いただければ助かります。

では、まずは文教大学・鈴木さんによる趣旨説明からー。



はじめに(文教大学・鈴木正紀さん)

  • ゲストのTateさんにイギリスの状況も伺いたい。
  • また、DRFアドバイザ/NIIの尾城さんからは今後の支援体制についてお話いただく
  • その後、フロアとのディスカッション、という流れで行きたい


「地域共同リポジトリの発展:敬経緯と現況 その後のShaReプロジェクト報告」(尾崎文代さん、広島大学

  • 地域プロジェクトの現状についてお話したい
    • 2009年に終わったShaReプロジェクトのその後の報告
  • 2010.3公開の報告書から・・・
    • 未構築の理由は人的余裕やノウハウ、予算のなさ
  • 共同リポジトリの確固とした定義はないが・・・
    • 複数機関の成果を1サーバに蓄積するものを「共同リポジトリ」と呼んでいた
    • 費用・保守負担が減る⇒構築できる、と考えた
    • サーバにいくつもリポジトリ、ということで色鉛筆の入ったグラスを「ShaRe」に
    • 考えてみればJAIRO Cloudもこれかも・・・それと地域共同リポジトリの話しを今日はしたい
  • ShaReプロジェクト
    • 2008-2009年、CSI委託事業第2期
    • 共同リポジトリのモデルづくりと普及を目的とする
    • "Shared Repository"
    • 連携機関はたくさん
  • ShaReの活動:
    • 独立型共同リポジトリシステムモデル・・・OSレベルで独立したモデル
    • 共有型モデル・・・1つのシステム内での参加機関判別方法の開発:baseURL設定、アクセス統計切り分け、個別画面開発
    • 研修会の開催
    • 報告書作成
    • 構築にあたってイギリスの共同リポジトリにお世話に
  • 2010.3にShaReが終わったときには8地域・52機関が共同リポジトリに参加
    • その後も増え続け・・・2012.11には14地域・92機関が共同リポジトリに参加!
    • 都市部じゃないところで割りと多い?
    • IRDBコンテンツ分析システムからとってきたのでNIIの数字とは少し違うかも?
    • 設置種別で見ると・・・
    • 経年変化を見ても増え続けている
    • Dspaceを使ったシステム共有型モデルが一番多い
      • 独立システム型もいくつか
    • ホスト大学サーバとの関係もいろいろ
    • 運営主体で多いのは県大学図書館協議会。他に大学のコンソーシアムの例も
    • 参加機関・・・大学のみ/県内なら、等
    • 運用経費・・・徴収していない方が多いが広島鹿児島は案分徴収
    • 地域共同リポジトリ構築への意識
      • よかったのはコスト/導入の簡単さ/連携、ホスト機関・・・コミュニティ形成/地域貢献/課題の共有
      • よくなかった点・・・多いのは「なし」だが、システムの制約や、ホストは負担・資金調達など
      • 期待すること・・・参加機関はホストのサポート継続と連携強化
      • ホスト機関の課題・・・人的・経済的環境の維持
  • 安定したインフラ と 頼れるかたち?
    • 他力ではない安心できる/安定したインフラとは?


共同リポジトリ事例報告

香川共同リポジトリプロジェクトについて」(大薗岳雄、香川大学

  • 最初に英語で挨拶!
  • システムの話・・・EARMASを使う予定
  • コンテンツの作成・・・CSI委託事業に採択され、参加機関の紀要電子化
    • 全国100万件の機関リポジトリコンテンツの1%(1万件)を香川で満たすことが当面の目標
  • 運営主体・・・香川には大学図書館間の公式コンソーシアムはなし
    • プロジェクトの主旨を伝える説明会を何度も開催・説明
  • 活動を通し見えてきたこと:
    • OAに対する理解は得られるが新規構築は未だ厳しい
    • 高等教育機関における機関リポジトリの認知度は高いが、大学から離れると「?」という反応が多い
    • 今後の普及にも関して・・・今は機関=大学という枠組みで話が進んでいる。それを超えた普及が行なっていければ
  • 今後の課題:
    • まずは構築
    • 参加帰還間の情報共有環境構築
    • 高等教育機関以外の機関でも地域に関する研究成果はある。そこへも
  • たよれるリポジトリ運営のかたちとは?
    • あらゆる機関に開かれた形をホスト機関としては持って行かなければ


「共同リポジトリ事例報告:鹿児島鹿児島県学術共同リポジトリ」(西薗由依さん、鹿児島大学

  • 経緯
    • 2009.5 鹿児島県大学図書館協議会の協議題に
    • 2010.5 県大図協総会で大学地域コンソーシアム鹿児島に提案することに・・・2010.12に承認
    • いろいろを経て2012.3に公開
      • JAIRO Cloudの詳細がよくわからなかったので地域でやるということで走り出した
  • 運用
    • 大学地域コンソーシアム鹿児島の事業
    • 組織についての説明
  • システム面・・・1つのシステムを共有する形
    • 各機関ごとにページを作れる
    • 7機関中に
  • 特徴の紹介
ごめんなさい、連日の睡眠不足がたたってここ寝落ちしました(><) min2-fly
  • 今後に向けて・・・参加機関拡大/コンテンツ充実


「共用リポジトリサービスを活用した事例」(徳永澄子さん、信州大学

  • 事業体制:
    • 長野県図書館協会 大学専門図書館部会加盟15機関に信州大学が構想を持ちかける⇒参加表明者と事業実施
    • ちょうどNIIがJAIRO Cloudを構想・・・相談して、長野県のシステムとしての利用が認められ、事業スタート
    • JAIRO Cloudには各機関ごとに申請
    • 情報交換等の機会を何度か持て、参加機関はどんどん増えていった・・・ほぼ全機関参加
  • 特徴:JAIRO Cloudを使用している地域共同リポジトリ
    • 従来型・・・程度の差はあれホスト機関には大きな負担
    • 信州大はDSpace、他はWEKOを使いJAIRO Cloud
    • 上にポータルサイトをかぶせて横断検索を実現することが目標
    • JAIRO Cloudで実現できたこと・・・機関の独自性をアピールできた
      • 事業参加に有利に働いた?
      • 機関ごとに環境が持て、それぞれの「顔」が持てる
      • 規模や設置種別の違いから熱意に温度差もあったが克服
      • 永続性のための負荷分散・・・JAIRO Cloudならメンバーが運営ノウハウを蓄積しつつ、ホスト機関の負担も少ない
  • JAIRO Cloud後に地域共同リポジトリを組織するメリットとは?
    • 各機関でのリポジトリ構築の動機づけ・・・フレームがあることで経営層にアピールしやすい
      • 結果的に3年で14機関が参加・構築できた
    • コミュニティ形成・・・地域共同リポジトリも支えあっている/地域共同なしでも地区ごとの取り組みも
    • 地域貢献・・・地方国立大学にとって地域貢献は重要な視点。その効果を発揮できているのではないか
      • メンバー機関の中でも地域貢献度の高さを売りにしているところが多い。地域に根ざした発信ができる?
  • 現況のまとめ:
    • 当初の目標・・・発信/視認性向上=プラットフォーム整備ができた、コミュニティ=既存のコミュニティをより強固にし、支援にあたれている
    • 今後の課題・・・継続的にコンテンツを増やすための支援をどれくらいできるか

「JAIRO Cloud(共用リポジトリサービス)の現況報告」(汐崎さん、国立情報学研究所

  • 有料化とかそういう話はこの後の尾城さんに!
  • 現在の国内の機関リポジトリ数は約200で、機関単位だと297機関に
    • 地域共同リポジトリで1つのリポジトリを共有している場合もある
    • 国立大はほぼ構築済みだが、公私立大学は20-30%
    • そこで・・・独自構築の難しい機関に、NIIで開発したWEKOをベースにシステム環境を提供。2012.4から
    • 2015年度までに新たに200機関、リポジトリを増やす!
    • 文科省・学術情報基盤作業部会の審議のまとめでもJAIRO Cloudに言及*1
    • 中教審大学分科会で、学位規則の電子公開を原則にするという改正が審議中
  • 現在の利用状況:
    • 79機関が参加。私大60機関
    • うち38機関はすでに公開
    • 未構築大学向けアンケートでは約90大学がリポジトリ構築予定とのことで、まだまだ需要はありそう
  • 実際の機能説明/構築機関例の説明
    • WEKOはNetCommonsを使っているので、お知らせ機能を使って新着図書表示とかもできたり
  • システム環境引渡しから公開にかかる期間は?
    • 最短で7日・平均69日
  • 今後の予定
    • WEKOは年数回機能拡張
    • 対象期間の範囲は今後、検討を進めていく必要もある
      • 持続的な運営体制についてや、DRF・地域共同コミュニティとの関係も協議しながらいきたい
  • 具体的な申請方法等はこのあとで捕まえていただいてもいいし、来週から全国四カ所で説明会をするのでそちらでも
    • マニュアルなども公開しているのでそちらを見ていただいてもいいし、フォーラムもあるのでやり取り・雰囲気も感じ取れるのでは?
  • 担当は頼りないかも知れないけど、サービスは頼れます。迷われている方はぜひ申請を!


全体討議

  • 司会:鈴木正紀さん(文教大学):まずはテイトさんにイギリスの状況を聞き、そのあと尾城さんからコメントいただいた後に、全体の質疑へ。


  • 尾城さん:「NIIの機関リポジトリ支援」
    • JAIRO Cloudの詳細はもう説明があったので、少し大雑把な話を。
    • NIIが考える今後の機関リポジトリ支援の基本方針はだいたい固まりつつある
      • CSI委託事業は今年度いっぱいで終了する
      • ただし、基盤的な取り組み、例えばSCPJのようなもの、機関リポジトリの下支えについてはなんらかの形で続けたい
      • JAIRO Cloudの推進を重点的にやっていく
      • 国公私大図書館協力委員会とNIIのもとに機関リポジトリ委員会を立てて、そこを中心に今後はしていく
    • JAIRO Cloudの推進について
      • 未設置機関への支援・・・継続
      • 学位規則改定・・・来年4月には改定されるので、未設置への普及は重要
      • 対象機関の拡大・・・すでに持っているところからのシステム移行も検討する
        • そんなに簡単な話ではない、それなりに大変。全く裏付けはないが、できれば来年度にどこかのリポジトリと協力して移行の実証実験をしてみたい
      • JAIRO Cloudのユーザコミュニティを作る

質疑
  • Q. 信州共同リポジトリについて。ホスト機関としてご自分のシステムをお持ちで、さらに参加機関、他のシステムを使っているサポートはさらにどのようにやっている? 違うシステムでも、地域のホスト機関の方が顔が近いので頼られる? 質問やサポートは?
    • A. 信州大学はDSpace、共同リポジトリはWEKO。信州大学遺跡リポジトリはさらいEARMAS。違うシステムのサポートは、実は、参加機関の皆さんと同じようにNIIの講習会に参加して、習得してきた。メンバー機関の皆さんとスタート時期が一緒のところはみんなでやっているが、開始時期が遅れた場合には個別に信州大学やメンバー機関がそこまでの道のりについて教えあっている。ただし、信州大学もWEKOを日常使いしているわけではないので、担当者が変わったときの技術継承は今後の課題。講習会等で解消したい。
  • Q. 当館も共同リポジトリを検討中。県内の大学等、ではなく、病院を対象とした共同リポジトリを検討中。共同リポジトリ構築機関すべてに聞きたいのだが、大学以外に仲間を増やすことは考えている? まずは尾崎さんに。
    • A. 尾崎さん:広島県の話はしなかったが、広島県の共同リポジトリでは、県の図書館協議会あてのサービスなので、加盟していないところには提供していなかった。拡大するには、お金を取っていることもあるので今後もないかと思うが・・・。
    • A. 大園さん:香川の事例報告をしたが、大学以外の機関もお話を持って行って、参加したいところがあれば積極的に参加いただきたいと考えている。もしそういった機関がJAIRO Cloudを知って相談があったとき、NIIではどういった対応をする予定? 拡大するという話は既存の機関を対象に、ということだったが、例えば大学以外の機関や病院では?
    • A. 汐崎さん:今現在の規程でも、大学と、その他の所長が認めるもの、なので、制度上は大学以外も認められる。実際に大学以外の機関さんも数機関、JAIRO Cloudを利用してもらっている。特にご心配の必要はありません。
  • 鈴木さん:時間に厳しい会場で、そろそろ時間。みんなの前では聞けないような質問はこのあとの夜の部、懇親会で情報交換を。



JAIRO Cloudの話が出始めた当初は地域共同リポジトリとの関係を懸念する声もありましたが、いやいやいや。

JAIRO Cloudの中で地域共同リポジトリが動くとか・・・そんな面白いことになっていたとは。

公開機関数も順調に増えていて、いやいや、日本のリポジトリについてはまだまだこれからの展開が楽しみですな!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20121122/1353577306
リンク元