Hatena::ブログ(Diary)

Blog by minato 从*・ 。.・) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-10-08

娘。コン。

娘。コン。を含むブックマーク 娘。コン。のブックマークコメント

昨日の大阪公演、昼夜見に行きました。

20周年ということで昔の曲から近年の曲までバラエティにとんだ楽曲に新曲や未発表曲も数多く披露して、すごい楽しめた内容でした。

MCは少なめで3人くらいふくちゃんが指名しての挨拶。その分紹介映像や楽曲に時間を割いたけど、昼も夜も2時間オーバーというとても内容の濃いセットリストでした。

そして10/7大阪公演ということで昼夜ともにアンコールが「はーちん、のなか」コールになり、同期二人揃ってお祝いする空間がとても素敵でした。

ただ、その直後に歌われたENDLESS SKYに全て持って行かれたかなぁ…。他にも色々感想はあるけど、またそれはどこかで気が向いたらツイートするかもしれないです。


正直な話。この曲はりほりほのいない娘。で歌って欲しくなかった。ましてやソロパートを全員で歌うという愚策にまじでふざけんなって思った。そんな思い入れが強すぎるから普段からも曲を聴かないようにしてた。

その中で間もなく卒業を迎えるくどぅか汗か涙からよく分からない水滴を目元に沢山付けながら歌ってるのを見て涙が出てきた。(くどぅが卒業する)寂しさと(りほりほの)想い出と曲の素晴らしさと。

ただ、この曲は自分の中では特別な1曲になので、もっと大切に扱ってもらいたい。

こういう形での歌い継がれて欲しいな。

自分の今回の娘。コンは昨日で最初で最後だったので、その場面はしっかり目に焼き付けておきました。

ちぇる18歳。

ちぇる18歳。を含むブックマーク ちぇる18歳。のブックマークコメント

当日に更新できなくてごめんなさい…。

野中美希ちゃん18差異の誕生日おめでとう!

必死になっているのではなく大好きだから夢中になって頑張れる。だけどそれだけでは無いと思うし、どこかで必死になって頑張らないといけない所もあると思う。でも、それも結果大好きだから乗り越えられるのかな。だからいつも笑顔でいられるのかな。そんな笑顔にいつも元気を頂いています。

歌も前回よりソロパートを大分任されるような気がした。歌だけでなくダンスや表情も良くなってる。新曲の邪魔しないで Here We Go!は大人っぽい表情で歌うのでドキッとさせられた。

パフォーマンスも勿論だけど、やっぱりちぇるの一番好きな所は優しい。意地悪というイメージが全くない。真正直。が故に弄られやすく色々巻き込まれちゃう。後輩が入ってきてもそのイメージは変わらない。良いお姉さんとして引っ張っていこうと積極的なところがあるよね。

18歳のちぇるは良い意味でイメージを覆したりメラメラしていくとのこと。攻めの姿勢のちぇるには期待しかない。それを自分だけでなく、娘。全体にもその姿勢が取られれば良いかなあって。

そんな野中美希ちゃんにとって最高の18歳の1年になりますように。

2016-12-31 おゆみなと.

改名

| 改名を含むブックマーク 改名のブックマークコメント


本日よりHNを『おゆみなと.』に改名しました。

以前より改名を考えていましたが、2017年道重再生ということで

2017年を迎える前、2016年の大晦日に改名することにしました。

とは言え、推しは変わらないので、引き続き、宜しくお願いしますm(_ _)m


ちなみに、名前の由来は。

『おゆ』はさゆみんの『さゆ』を別の言い方に変えて

さゆ→白湯→お湯→おゆ

名前の後ろの『.』はさゆみんのほくろをイメージしました。


今年3年ぶりにブログ更新してまた放置気味だったけど、今年最後の日に更新できてよかったw

2016-10-15

TVBS全球中文音樂榜上榜

| TVBS全球中文音樂榜上榜を含むブックマーク TVBS全球中文音樂榜上榜のブックマークコメント


D

8年ぶりの台湾のテレビ出演。

リゾナントブルーのころだからかなり昔なんだよね。

あれからフランスやアメリカ、韓国でイベントやライブを行ったり

NHKワールドのJ-MELOの主題歌を2曲担当させてもらったり

ジュンリンが加入する前後につんくさんが(娘。を)世界に目を向けるということを言っていたのを思い出しました。

最初は抵抗があったけど、

でも、今回も台湾側から出演のオファーが来たということで、今思うと成果が出てるのではないかと思います。


娘。だけじゃなく、ベリも℃-uteも海外公演で成功を収めていますしね。


これからもその歩みは止めることは無いと思うから、本当にワールドツアーが実現してしまうのではないのかなと。

ぼんやりだけど、そんなことを考えたりも^^

2016-10-11

モード

| モードを含むブックマーク モードのブックマークコメント


日曜日見に行きました。

個人的にアンジュルム・スマイレージ通して初めての単独舞台観劇でした。

話の内容は70年代の社会で奮闘する女性編集者ということでピンと来ない部分もありました。

舞台を見ている中でメンバーの役柄を本人たちに投影してみたら

話がスッと入り、面白さも伝わってきました。


厳しい男社会の中で生き抜く強い女性・弥生ことあやちょを筆頭に

その弥生の想いを受けて夢を抱くようになった美智子ことかみこ

弥生のサポートとしてフランス帰りのモデル桜ことかななんとカメラマン孝太郎ことタケちゃん

気が強くモデルに対してのプライドを持ってる華子ことりかこ

要所要所でほっこりさせてくれる良子ことあいあい


無理やりですがそれに重ね合わせてみたら、今のアンジュルムにどこか似てるような気がしました。



いろいろ考えさせられた良い舞台だったと思います。

かみことかっさーは初めてとは思えない演技力。


「(駄目だとしても)それでも私は夢を見たい」

終盤、かみこが放ったセリフ。ここが一番の泣きポイントですかね。

でも、最後はちゃんとオチがあって面白い舞台でした^^:

2016-10-02

道重再生!・・・?

| 道重再生!・・・?を含むブックマーク 道重再生!・・・?のブックマークコメント


お久しぶりです。

更新、、、してみた。


http://ameblo.jp/sayumimichishige-blog/entry-12205667764.html


たった2行だけど、2年待ってた。

寂しさや辛さ、諦めもあった。

こうしてさゆの生存確認(笑)が取れただけで、本当に嬉しい。

これが何かのスタートの合図だと信じたい。




・・・自分も3年ブログ放置してたわけだけど^^;