Hatena::ブログ(Diary)

みねちんにっき

2009-06-12

Redmine勉強会に行ってきた

とても楽しみにしていたのに体調が悪くてどうしようかとも思ったのですが、何とか頑張ってRedmine勉強会に行ってきましたのでご報告です。

結果として、とても興味深く、勉強になるお話がたくさん聞けたので、頑張った甲斐がありました><

つーか、……うわー、知らなさすぎたー……orz という感じです。


発表と内容の感想(タイトルはちゃんとメモってこなかったのであとで修正します)

スライドはこちら

司会&最初の発表ということで、Redmineの概略から始まり、チケットをどこのレベル(プロジェクト・トラッカー・バージョン・ステータスなど)を使って分けていくか、どれはどんな特徴があるかなどを説明、さらに、戦略立てて分類を考えていくことでRedmineを活用していこうというお話、……と理解しました。

それと、RedminePHP移植版であるCandycaneのお話もさらっとされましたがとても興味深かったです。やっぱりrailsの設置は面倒ですよね……。


スライドはこちら

実際にどのように活用していらっしゃるかという例を、詳しく説明してくださいました。

複数プロジェクトでの活用方法/使ってもらうための工夫/困っているところなどなど。

やはり実地の話は、とてもためになります。

最後の「Redmedia」の話など、業務だけでなくプライベートでもどんどん活用していこうというお話は、とても発想が面白くていいなぁと思いました。


スライドはこちら

課題管理・工程管理としてのツールであるRedmineコミュニケーションツールとして使い倒し、プロジェクトを盛り上げていくというのはすごく面白いと思いました。

「ともかく使ってもらうこと」「大事なのは見てもらうこと」両方ともとても納得。

笑いをとりつつの発表で楽しかったです。もう少しゆっくり話すと聞きやすいかも?


スライドはこちら

Tracから移行したというお話や使ってもらうための工夫ということで、各種プラグインを紹介されてらっしゃいました。

プラグインについて全く知らなかったのでとても興味深かったです。ユーザのアイコンはそのうち導入してみたいなー。

探し方のコツを学びたかったのですが、やはり難しいみたい。結構GitHubに多いですよ、ということ。

なお、プラグインを自分でも作ってみるとしたら、機能を作るのはPlugin Tutorialを参考に、内部にちょっと手を加える(ハックする)のはPlugin Internalsを参考にするとよいそうです。


ID確認ついでにはてダ開いたら、もう既にエントリを書いてらっしゃったんですね。

Redmineのユーザー一括登録プラグインを作ってみた - Bouldering & Com.

Ruby on Rails知りません><といいつつすぐ書いてしまうのはすごい!ちょっと勇気がわきました。


懇親会はいろいろあって断念。出ていればいろいろと面白い話を聞けたのかもー。仕方ないですけど……orz


勉強会に出てみて、Redmineについて思ったこと

  • Redmineは今勢いがあって、興味を持っている人や使い始めている人が多い。
  • 汎用性があるツール。1件1件の課題だけでなく、工程管理ツール、プロジェクト管理ツール、はたまた、ひとりひとりの作業管理ツールとしても使えちゃう。使おうと思えば。
  • まだ使いにくいところもある。ガントチャートとか。Wikiとか。
  • 機能によっては、もっと活用の仕方があるけど見過ごされてることも多そう。自分もごく一部しか使ってない……。
  • 汎用性があり、機能も豊富なために、まだまだ使いこなせないし、使いこなすための情報を探しにくい。

だから、Redmineのユーザ会とか、ハブサイトみたいなものがあって、こんな使い方をしてるよというTipsや、プラグインやハックの紹介が投稿され蓄積されていくと、だいぶ面白いことになるのかなぁ、とか思ったりしました。


とりあえず自分としては、面白そうなプラグイン探してみよう、というのと、現在の活用状況をエントリに起こしてみようというのを思ったので書いておく……書かないとやらないし!orz


以上、とっっってもためになる勉強会でした。

開催のために尽力された皆様、本当にお疲れ様でした。

ありがとうございました!!!