Hatena::ブログ(Diary)

木耳

2006-10-25-Wednesday

[]『僕の歩く道』第3話

想像と違って、ハートフルエピソードな回でした。よかったわー。ブラックな話の方が好みのはずなのに、このドラマに関してはただただテルがあんまり苦しんだりしませんように・・・と思う。子供がテルのことで苛められたりしたら悲しくなってしまうもの。まぁ実際は苛められたと思うけどさ・・・。子供ってそういうものだし。あの母親に育てられてるってのに、幸太郎がモノをまっすぐ見れる子でよかった。でも、ストーリー的にはキィィィィィ!なにこのバカ母親!なんだけど、ああいう森口瑤子様が大好物な俺としてはあれはあれで嬉しい。きっとお兄ちゃんメイン回でもうちょっとなんかがあると思うけど、このまんま一人何にも分かってない母親で終わるなんてことないですよね?そしててっきり離婚したのかと思ってたのに、テルのお父さんは2003年に死んだのか・・・。まさか自殺なんてことはないよな・・・。

三浦くんとテルのお昼ごはん、最初は間を空けて座ってたのにどんどん距離が縮まっていってなんか尋常じゃないぐらい嬉しくなったんだけど(そんな自分に驚いた)、もしかしたら三浦くんて凄くいい男なんじゃないか。顔じゃなくて人間性として。いや顔もいいけどさ。よく考えたら、最初から三浦くんはテルに対して言い方は悪いけど病気を抱えた人として特別扱いというか腫れ物に触るような接し方をするわけではなく、普通にダメな人(仕事できない人)として扱ってたよなぁ。喋り方とか、例えば園長とかはこう微妙に子供に対して話しかける時のような口調で話すのに、三浦くんは最初から普通に話してた。もしあたしが三浦くんの立場だったら・・・確実に園長寄り。そう思うと、三浦くんってなんかすごいな。天竺ねずみの解説だって、やってみるか?って言われた時あんなに嬉しそうにしてたのに、テルに振ってくれてるし、結構機転も利くのよねあの子。それは何のためにいるんだか分からない都古の友達役のMEGUMIさんもそうで、というかMEGUMIさんは今回の「おっきい。」という面白シーンの為に存在してたのですね!。どこ見てんのよ!って怒ってもいいところなのに、「サンキュー」と返事するMEGUMIさんは男前でした。3秒ルールもいい感じだし、MEGUMIさんは都古ちゃん以外で初めての異性の友達という存在になるのかな。

もはや「カレーはやっぱりチキンカレー」はネタですかwww

お兄ちゃんのお父さんっぷりの素敵っぷりにはウットリです。お兄ちゃんとりなのやりとりを微笑ましい気分で見てましたが、この二人にもなんか問題があったりするんだろうなぁ・・・。

[]今日気になった芸能ニュース

内山理名、決意の裸体“艶技”…TBS系「嫌われ松子の一生

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200610/gt2006102504.html

弱小事務所のゴタゴタ?だかなんだかで内山がけっぷちだという話を聞いたような。それがホントであろうが単なる噂であろうが内山嫌いとしてはどっちだっていいんですけど、とりあえず松子は面白い。ちょっとだけ内山を見直した。ほんのちょっとだけね。見るもんない人は一回見たらいいと思います。ちなみにヌード姿の内山(松子)の先にいるのは一輝ですよー。この役の一輝は鉄板。



唐沢寿明、フジ新春時代劇で信長の家臣・明智光秀を熱演

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200610/gt2006102502.html

俳優、唐沢寿明(43)が来年新春放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「明智光秀〜神に愛されなかった男〜」に主演することが24日、分かった。これまで“主人公”として描かれることがなかった光秀の真実の姿に迫る。


正月放送のスペシャルドラマだけに、共演陣も超豪華だ。光秀のライバル、秀吉柳葉敏郎(45)が演じる。主君、信長は上川隆也(41)、光秀の心のよりどころだった妻、ひろ子に長澤まさみ(19)、婿養子、秀満に大泉洋(33)。秀吉の妻、おねを小西真奈美(27)、足利幕府最後の将軍、義昭を谷原章介(34)。唐沢の代表作「白い巨塔」や映画「県庁の星」を手がけたフジのディレクター、西谷弘氏が演出する。

うわー、なにこの大河からそのまんま持ってきたようなキャスト。でもヅラターニーが出るなら問答無用で見るのが俺のなかの決まりごとでございますが、えーっとお正月のスペシャルドラマとのことで、まさか白虎隊にぶつけてきたりはしませんよね?まぁ明らかにターゲットは異なりますが、だからといってそういう大人げないことすると怒るよ?

[]今日気になったジャニーズニュース

青木裕子アナ お嬢役でドラマ初出演

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/10/25/01.html

TBS青木裕子アナ(23)が同局のスペシャルドラマ「Happy!2」(今冬放送)でドラマ初出演する。「KAT―TUN」の田口淳之介(20)が演じる御曹司とお見合いする有名テニスクラブのお嬢さま役。

田口演じる鳳圭一郎とお見合いし片思い。圭一郎に思いを寄せる幸や、小林麻央(24)演じる竜ケ崎蝶子の新たな恋敵になる。

ぼぼぼぼ坊ちゃまがお見合いですって!!!キャー、想像するだけで既にキモ臭が・・・。つーかたぐちくんに魔王にアナウンサー、これを読む限りではそんなもん放送すんな!と思うわけです。



「嵐」二宮 アニメ声優に初挑戦

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/10/25/06.html

製作側が米ソニー・ピクチャーズとの配給契約を結んだと発表。07年2月のベルリン国際映画祭などへの出品を皮切りに、同年夏の欧米や南米での公開を狙うという。二宮にとって、出演作「硫黄島からの手紙」に続く世界進出となるが「そういう時期だと思う」と淡々と話した。

どひゃー、二宮さんったらものっそいオトコマエ発言!着々と演技派俳優としての階段を昇る二宮さんに暑苦しいほど憧憬の視線を送りたい。ああ、エイトの誰か(例えばムラカミさんあたり)にそんなこと言わせてみたいわ。

[]MAQUIA

立ち読みだけで済ますつもりがあまりの良さに思わず買ってしまいました。もう思いっきり負けた気分。あ、大倉です。岡田様とかめなしくんと同じコーナーに出させてもらえてるだけでもなんかほんとすいませんねーなのに、冷静に見て一番素敵に写ってるってどういうことですか。髪型もちょうどいい長さと色だし衣装もいいしさー、なんかちょっと痩せたっぽいし。だって鎖骨が!!!たっちょんの鎖骨こんにちは!!!その前のページのかめなしくんがいかにもかめなしくん(笑)みたいな感じなもんで、写真も記事の内容も、ほんと癒される気がしましたよ。カッコよくなってきたよなぁ。パーツ的にはそんなにいいわけでもないと思うんだけど、お兄ちゃんたちがアレなおかげで、無駄にガツガツしないできたのがいいのかな。本格的に大倉押しになってきたところで、そろそろ連ドラお願いします。


全然話変わりますが、これ見てたらあたしどんだけ薄化粧やねん!と思った。そら友達に「あんた今日もスッピン!?!?」て言われるわ・・・。俺としてはフルメイクのつもりなんだけど・・・。

[]馳 星周『ブルー・ローズ』

ブルー・ローズ〈上〉

ブルー・ローズ〈上〉

ブルー・ローズ〈下〉

ブルー・ローズ〈下〉

元刑事で現在は変わり者の弁護士事務所で調査員をする徳永は、刑事部門のトップである警視監・井口から、結婚した一人娘・菜穂の捜索を依頼された。単純な失踪人探しのつもりでいた徳永だが、菜穂の趣味である薔薇栽培仲間たちの不自然な態度から、主婦達の驚くべき秘密を嗅ぎつける。それはやがて警察庁長官の座を争う二人の権力闘争の材料となり、争いに巻き込まれた一人の女の死をきっかけに、徳永は暴力と欲望と狂気の坂を転がり堕ちてゆく。


最初(特に上巻)は、いわゆる馳独特の文体が抑え目なことに目新しさを感じましたが、読み終わってみたらいつも通りの馳でした。主人公がどんな種類の男であれ、いつも着地点は同じ。でもそれがいいのです。馳に関しては馴染みの着地点に至る過程を楽しむのが肝だと思っているので、それでいいのです。ここ数作、内面から滲み出るような暴力性が薄かったような気がしてたのですが、その点、今作はまぁまぁ楽しめたので満足です。ただまぁ、さすがに今更人妻SMクラブかよ・・・ という古臭さは感じましたが。

しかし元刑事とは言え、徳永の殺人マシーンっぷり恐るべし。テロ対策部隊だろうがSPだろうがSAPだろうが、一人で殲滅ですからね。心の準備の差なんて言われても・・・。