Hatena::ブログ(Diary)

木耳

2017-12-8-Friday

[]『明日の約束』第8話

いやいやいやいや、ミッチー霧島先生がラスボスポジションなのはいいとして、カスミパスワードをどうやって当てることができたんだって。ドラマだからそこは流してもいいかもだけど(流すべきなんだろうけど)他人が思いつくような安易なパスワード使ってるだなんて霧島先生らしくないよー!。わたしのなかの霧島先生は常人では考えつかないようなものすごいナルシスティックな文字列を設定してるはずなのにー!。

それが「真実」であるのかどうかはまだ確定できないものの、ウサギ観賞魚を殺していたのは圭吾で、家では愛情という名の鎖で縛られ家の外にも居場所も逃げ場所もなかった圭吾にとって自由になること=死であった、というのは納得のいく「答え」なのでわたしとしてはもうこれで終わりでもいいんだけど(妹のほうも父は家に寄りつかず母はネグレクトでと児相に連絡し「親から離れる」ことを自ら選べてよかったし)、でもそれじゃ完全に母親だけが悪者になってしまうし、それだけの役を仲間さんにやらせるとも思えないので“母親のせいだと思ったけどそれだけじゃなかった”ってなことになるんだろうし、この流れでいけば当然それは霧島先生が関わっているってなことになるんだろうし、圭吾のためにという理由でやってるカスミの復讐も最後の一人=霧島先生に関してだけは自分の恨みもかなりの割合であるんだろうから、霧島先生のやってたことがなんなのか、それに対し(ドラマとして)どうオトシマエをつけさせるのか、ラストに向けてちょっと楽しみ度が上がってきたかも。

[]『刑事ゆがみ』第9話

事件の行方、弓神がどういう形で氷川和美の過去であり現在と関わりを持っているのか、ロイコ作者とどんな形で繋がっているのかについては最終回を待つのみだし、ていうかロイコのひとほんとにオダギリさんだったんだ!ってのはそれとして、わたしミステリー小説結構読むけど犯行現場の見取り図としてならともかくあんな死体の挿絵がある小説読んだことないんだけど(笑)。

焼死体が出たら身元を疑え(入れ替わりの可能性大)ってのはその筋のセオリーなので失踪したとされる息子がそれなんだろうなーってのは予想できてしまうけど、それでも羽生の推理は小気味よかったです。神木さん探偵役やらないかなー。

[]宮部 みゆき『この世の春』

この世の春 上

この世の春 上

この世の春 下

この世の春 下

面白かったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!。

とある藩の若くて超美形のお殿様が乱心を理由に「押込」となり藩の別荘で幽閉されることに。事情があって夫と離縁した武家の娘がこれまたとある理由がありそこへ呼び寄せられ、お殿様改めお館様の心を救うべく乱心の理由である忌まわしき過去を暴く。

ってな物語で、読み始めて暫く、上巻の半分あたりまでは読み進めるのに苦労しました。時代モノなので時代背景や人物関係を把握できるまでちょっと時間がかかったし、帯に「サイコ&ミステリー」とあるのでそのつもりで読んでいるのになかなか“そういう感じ”にはならず、これ面白くなるのかなぁ?と何度か思ったりしました。でも必要事項が全て頭に入ったあたりからはもう超特急。さすがの「サイコ」で「ミステリー」。

時代モノだけにサイコ要素を「そういうもの」として描くのかと思いきや、地道に捜査し推理し、証拠と証言を集めて検証し、そうしてお館様の心をひも解いていく様は非常に理論的で理知的で、ぼんやりとした要素皆無。それでいで解明された謎、闇のなかにあったものはこの時代ならではのおぞましさで、やっぱり宮部みゆき容赦ねえな!!。

ていうか結構な人数が登場するのですが、新潮社の特設サイト(→http://www.shinchosha.co.jp/miyabemiyuki/)によるところの『史上最も孤独で不幸なヒーロー』である重興(お館様)は別格としてそこそこ「イケメン枠」はあるんですよ。実写化したらイケメンがやるだろうなーという人物はちょいちょいいるというのに、印象に残るのはやっぱり「おっさん(爺さん)」と「少年」なのよ・・・。忌まわしい過去に囚われ苦しむ美貌の殿様と辛い過去を持ちながらも強く聡明な女性がヒーローでありヒロインでありながらもその実おっさんの物語であり、一番オイシイとこ持っていくのは少年なのよ・・・。そうだろうとは思ったけど、わかってるけど知ってるけど、宮部さんほんっとブレないよね・・・・・・(笑)。

デビュー30周年記念特別作品と銘打つだけあってなかなかに長大な物語ではありますが、分量も内容もこれだけのものを、こういうタイプの作品を、こんなにも面白く読ませてくれるのはさすが宮部みゆきと言わざるを得ない。エンターテイメント性とリーダビリティの高さは今なお日本のトップランナーだなと改めて感じさせられる作品です。なのでもう一度書いておきます。面白かったーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!。