八百長二大政党制をぶっこわそう!複数野党制=民主政治を守り抜こう! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


  「しんぶん赤旗日曜版」、食わず嫌いじゃもったいない。
   政治や経済・国際情勢から文化・学問の話題まで、知的好奇心旺盛な教養人の必読紙です。
 
   日本を代表するクオリティ・ペーパー「しんぶん赤旗日曜版」(SAN)の優れた記事をツイッターやはてなハイクを利用してじゃんじゃん紹介していきます。
   このブログはその過去ログということで。
   ツイッターやはてなハイクを使用している皆様、フォローお願いします。
   
     ★⇒ はてなハイク minshushugisha さんのエントリー

★⇒ ツイッター qualitypapersan 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

  人気blogランキングへ
    ↑趣旨に賛同された方、クリックお願いします。

  http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/archive
    ↑当ブログの総目次です。
   
  リベラル系キャッチコピー研究会
    ↑当ブログの付属機関です。
   

2009-01-26 日本を代表するクオリティ・ペーパー 今週号は充実しすぎています!

[]日本を代表するクオリティ・ペーパー 今週号は充実しすぎています!

しんぶん赤旗日曜版のこんな記事!】

  

しんぶん赤旗日曜版に載ってるのは 政治の記事だけではありません。

政治以外にも こんな記事が載っているんです。

…………………………………………………………………………………………

しんぶん赤旗日曜版1月25日号より

 

s(・・;) 日曜版の今週号は素晴らしい記事が目白押しで、非常に充実しています。“日本を代表するクオリティ・ペーパー”と呼ぶにふさわしい内容です。

 例によって見出ししか紹介できないのが辛いですね。

 こんな素晴らしい記事が毎週掲載されている日曜版、ぜひご購読お願いします。

  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-23/2009012303_01_0.html

 

■益川さん・不破さんが対談

  素粒子の不思議から平和・憲法9条まで

2008年にノーベル賞を受賞した4人の日本人科学者のひとり、益川敏英さん(京都産業大学教授)と、日本共産党社会科学研究所長の不破哲三さんが対談しました。物理学賞を受けた研究の意義、益川さんがあげた「人生を変えた一冊の本」のこと、日本の科学研究の今後、科学者と平和・憲法問題など、興味深い内容です。今回はその前半を―。

 

■「構造改革」間違いだった

  小渕内閣のブレーン 中谷巌氏が懺悔の書

小渕内閣の「経済戦略会議」で、新自由主義的「構造改革」の急先ぽうとしてこれを推進した中谷巌一橋大学名誉教授が、自身の誤りを認めた「懺悔(ざんげ)の書」を出版して注目されています。なぜ、どこを間違えたのか。中谷氏に聞きました。

 資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言 中谷巌の「プロになるならこれをやれ!」 (日経ビジネス人文庫)

 

■経済人のトーク番組 志位さん登場

「広がる不公平感、共産党は受け皿になるか」。作家の村上龍さんと女優の小池栄子さんがゲストと語らうトーク番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京、1月19日)に、日本共産党志位和夫委員長が登場しました。ゲストは経営者が多いなかで、志位さんの出演は初めて。「派遣切り」からマルクスまで、丁々発止の熱論で浮かび上がったものは?

  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-21/2009012101_03_0.html

  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-21/2009012104_01_0.html

 

■ウケはカノジョしだい(女子大)

  フェリス女学院大 ダジャレサークル

ダジャレといえばオヤジギャグ。若い女性が「寒い」とさげすむもの。そんなダジャレをたしなむ女子大生がいる―。うわさは本当か? フェリス女学院大学のダジャレサークルを訪ねると―。

 

■10年ぶり大作ホラー小説『エッジ』

  作家・鈴木光司さん 数学者驚く科学的恐怖

『リング』シリーズで一大ブームを巻き起こした作家の鈴木光司さんが、10年ぶりの長編ホラー小説『エッジ』(角川書店)を出しました。ノーベル賞の対象となった「対称性の破れ」まで登場させ「史上最高の恐怖」を描く、科学とホラーが交錯する興味深い作品です。そこに込めた思いは何でしょうか?

 

 エッジ 上 エッジ 下

   

◇新連載マンガ 山本おさむ『今日もいい天気』 第4話 さんぽ

  

 田舎で暮らすには自分で乗り物を運転することが必要、と原付免許取得を目指す主人公。実技なしで簡単なペーパーテストのみと聞いて

 

「俺なら一晩勉強すれば十分だな

 小学校の時 国語5だったもん」

 

 国語が5だったんですか!?やはりマンガ家は国語が得意?

 しかし油断してるうちに前日を迎え、お隣さんに誘われて飲み会に。果たして試験の結果は? 

 

s(・・;) 

 毎回充実している日曜版ですが、特に今週号は素晴らしい。

 書店に売っている広告やどうでもいいような記事ばかりの週刊誌を圧倒しています。

 まさに日本を代表するクオリティ・ペーパーですね。

 

 しかしノーベル賞を受賞された科学者と最先端の物理学について語り合う不破哲三さんはすごい。

 金で外国の学位や勲章を買いあさっている某カルト宗教の狂祖も金の力で著名人を引っ張り出して対談していますが、格が違います。

  

 増してやマンガを愛読していることや秋葉原や2ちゃんねるで人気があることが売りで漢字が読めない麻生マンガ太郎首相なんか比べるのも恥ずかしい存在ですね。こんなパープリンで外国の首脳と伍していけるのでしょうか?阿呆オバカ首相は存在自体が日本の恥であります。

 

 鈴木光司のインタビューも読み応えあります。

 

 そして何と言ってもツボにはまったのは、フェリス女学院大のダジャレサークル記事であります。

 齋藤孝滋文学部教授(音声学、社会言語学)が顧問ですか?ちょっと東欧人風のお顔をされています。部員の美人学生2人とのトリオで写真も掲載されています。

 このトリオでTVに出て駄じゃれコントをしたら面白そうです。他の大学でもダジャレサークルがどんどんできてダジャレブームが起きれば面白いのに。

 ダジャレといえば日曜版でも毎週まえだたつひこさんの「クイズでごジャレ」が大人気連載中。日曜版とダジャレの縁は深いのだ。

    

(本立てより)

 新聞と新聞記者のいま

 

(広告より)

 憲法に生かす思想の言葉 南京大虐殺と「百人斬り競争」の全貌

  

【編集後記】

s(・・;) 現在時間的・精神的にどうしようもなく、

 見出しのみを紹介する非常時短縮版でお送りします。

 

※政治から文化まで分かるクオリティ・ペーパー!

 毎月800円の心意気!日曜版のご購読お願いします!

    http://www.jcp.or.jp/akahata/

   http://www.jcp.or.jp/akahata/week/index.html

………………………………………………………………………………………………

○ひっそりとblogランキング○

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

 

     ↑このブログを応援してやろうと思われた方はクリックお願いします

s(・・;)  助けるつもりでクリック

      ボランティアでクリック

      弱小ブログに励ましの1票を

………………………………………………………………………………………………

gakusya_xgakusya_x 2009/02/01 19:42 おお〜〜わが同士””!・・と思ったが・・・・・
少し・・・違うようだ・・・
同士には・・やっぱ””無理かな〜〜〜〜

minshushugishaminshushugisha 2009/02/01 20:20 なんや訳の分からんコメントやな。新手の嫌がらせか?