八百長二大政党制をぶっこわそう!複数野党制=民主政治を守り抜こう! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


  「しんぶん赤旗日曜版」、食わず嫌いじゃもったいない。
   政治や経済・国際情勢から文化・学問の話題まで、知的好奇心旺盛な教養人の必読紙です。
 
   日本を代表するクオリティ・ペーパー「しんぶん赤旗日曜版」(SAN)の優れた記事をツイッターやはてなハイクを利用してじゃんじゃん紹介していきます。
   このブログはその過去ログということで。
   ツイッターやはてなハイクを使用している皆様、フォローお願いします。
   
     ★⇒ はてなハイク minshushugisha さんのエントリー

★⇒ ツイッター qualitypapersan 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

  人気blogランキングへ
    ↑趣旨に賛同された方、クリックお願いします。

  http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/archive
    ↑当ブログの総目次です。
   
  リベラル系キャッチコピー研究会
    ↑当ブログの付属機関です。
   

2009-09-09 敬老精神が欠如した無礼な記事

[]作家・経営コンサルタントが一個人の自費出版にいちゃもん!

 若干33歳にして見事な肩書きを持った大・大・大経営コンサルタントで大・大・大作家で大・大・大兵法学者の拳骨拓史チェンチェイなる方が79歳の元中学教師という方の自費出版に対してブログ上で偉そうにコンサルタントするという驚きの記事。

 ネットウヨクの夜郎自大もここまでくるとあきれるわ。

 私も2つのブログを持っているが、2つ合わせてアクセスが1日に100もないという弱小な存在である。

 この2つのブログを総動員して大・大・大拳骨拓史チェンチェイと時間の許す限り・気の向く限り総力戦を開始する予定である。

   

 ということで、別のブログに書いた記事をこちらのブログにも転載。

 何せ影響力もアクセスもないブログなので、こうでもしないと一人でも多くの人に読んでもらえないので。

 

資本主義から民主主義へ!小さな行動

  [文化]作家・経営コンサルタントが一個人の自費出版にいちゃもん!

   http://catchcopy.g.hatena.ne.jp/minshushugisha/20090909/p1

  

 ブログランキングを見ていると不快な見出しが目につくことが多い。

 精神衛生上そういった記事は無視することにしているが、本日あまりにもひどすぎる見出しがあったのでクリックしてしまった。

 実際に戦争を体験して空襲の経験もあり、兄が戦死したという79歳の元中学女性教師が自費出版したという新聞記事を上げ足取ってふざけて紹介するというものであった。

 実際に戦争体験のある年上の方に対する姿勢として、あまりにもふざけた記事である。

 現実にこの方を前にしてこのような姿勢を取れるものではない。

 愛国心だとか国を愛するとか言う前に、実際に戦争を体験した方に対する姿勢がなっていない。

 無礼な若者(または無礼な中年か?まさか無礼な老人か?)である。

  

 インターネットでは直接相手を目の前にすることなしに匿名で好き勝手書ける。

 このことがインターネット上での言論が荒れることにつながっているのであろう。

 

 インターネットで物を書いている我々は注意しなければならない。

 現実の社会で許されない無礼な態度でもって、

 現実の世界で現実の人間を前にしては言うことのできない暴論極論を書き散らしていないかどうか。

  

    

拳骨拓史の『眼横鼻直日記』

 不況の様相は、戦争時代を思い出すと、左翼おばさんが自費出版

  http://ameblo.jp/fist-history/entry-10338558033.html

  

何かを完全否定して、何かを絶対視することの危険性

  http://catchcopy.g.hatena.ne.jp/minshushugisha/20090903

  

(追記)

 この記事を先方にトラックバックしてやろうと思ったが、向こうのブログはトラックバックできないようになっている。

   

(追記)

拳骨拓史」のプロフィールを調べてみて驚いた。

 何と、「作家・経営コンサルタント」を名乗る方で、著書もあるらしい。

 経営コンサルタントだとか作家を名乗る方がブログで一個人の自費出版を茶化すなんて、ネットウヨク並みのことをやっとるんかい!

 ブログランキングでいつも見出しだけは見ていたが、とても武士道の著書があったり経営コンサルタントしている名のある方のブログだとは思えなかった。どこぞの産経思想にかぶれた高校生あたりが書いてたのかと思ってたわい。ネットウヨクみたいな見出しで記事を書いてると品格が疑われますよ、経営コンサルタント先生。

 武士道うんぬんの著書を書いているようだが、武士道言うもんが中学教師やっていたお年寄りの自費出版を茶化していいのか!論語読みの論語知らず、武士道言いの武士道知らず、恥知らずめが!切腹せい!

 弱い者いじめもいい加減にせんか!

孫子経営塾理事。コンサルタント団体「ソーシャル・ストラテジック・マネジメント」取締役COO(最高執行責任者)。」

 なんて偉そうな肩書きを名乗る者が「79歳の元中学女性教師の自費出版」を批判!

 これは言論弾圧・パワハラではないか!

 B29の大編隊が地方都市を大空爆並みではないか!

 或いは、核攻撃並みの攻撃ではないか!

 

 ちょっと待て、肩書きに惑わされたが、ウィキペディアを見ると、1976年生まれ?戦争も体験していない若者ではないか!

 無礼な若者(いや、中年おやじか?)!

 戦争を実際に体験した79歳の方に対してこの失礼な書き方は何だ!

 お前とこの経営コンサルタントは、若造がご老人に対してこんな失礼な態度を取ってるんか!

 何が兵法だ!人倫に劣る行為をしておきながら!

  

 若くして偉そうに武士道だとか兵法だとかの本を書いて先生扱いされたために自意識が肥大し、偉そうになったのだろう。

 

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

 

「実るほど ふんぞり返る 拳骨拓史かな」

 

「実るほど 上から目線の 若造経営コンサルタントかな」

  

  

 普通なら経営コンサルタントがこんなことを発言すれば失言大問題である。

 ところが今回はいつものようにネット右翼並みのブログを書く調子で筆が滑ってしまったのだろう。

 やはりネット右翼系のブログは人を狂わせる。書き手も読み手もだ。

 しかしそもそも、いい年をした経営コンサルタントがこんなネット右翼と間違えられるようなブログを書いてるのはどんなもんかと。

 

……いや、見方を変えれば立派な肩書を持った大作家先生・大経営コンサルタント様が大々的に取り上げられたのだ。これはもしかしたらけなしているようで、真意は逆に販売を促進するための温かい配慮に満ちた記事だったのかも?さすがは大・大・大兵法学者チェンチェイ。

    

 おい、拓史クン。お前さんが1976年にオギャーと産まれた時、この陶山先生は46歳だったんだぞ。何と現在の拓史クンより年上ではないか!それを「左翼おばさん」などとふざけた呼び方で呼ぶとは、余程精神がねじ曲がっているのだろう。

 確かに武士道だとか兵法だとか経営コンサルタントだとか知識と肩書きだけは立派だな拓史クン。しかしそれは所詮観念と妄想に凝り固まった書物の中の机上の学問でしかない。

 実際の教育現場で地を這う努力をしてきた中学教師の経験の比ではないんだよ!

 人生の先達への敬老精神もない人非人のくせに、観念と妄想だけは立派だな。

「今後の日本の安全保障のあり方」だなんて観念と妄想を振り回す前に現実の社会に出てボランティア活動でもしたらどうか。

  

 昨日の呑み会は楽しかったぁ(笑)

   http://ameblo.jp/fist-history/entry-10340223223.html

 

 それにしても毎日毎日仕事もしないで一日中ブログの更新と飲み会とyou tubeあさりばかりして、余程お仕事が暇なんですね。

 こんな観念と妄想に凝り固まった愚にもつかないネット右翼ブログばかり書いてる“経営コンサルタント”なんかにとてもコンサルタントを頼もうなんて思えないのは私だけでしょうか?

「コンサルタント団体「ソーシャル・ストラテジック・マネジメント」取締役COO(最高執行責任者)」

なんて立派な肩書きを名乗ってますが、グーグルで検索してもあなたのプロフィールでしか出てきません。一体実体のある団体なんでしょうか?

  http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

   

こんなコンサルタントが会社をダメにする!

  

(TBありがとうございます)

( ゜Д゜)イェア!無断 トラックバック? ■[ブログ巡り]無題

 http://d.hatena.ne.jp/tokumei_r32/20090930/p1

「確かにそれ程御偉方と言う訳でもなさそうか。」

 

s(・・;) まさしく。“取締役最高執行責任者”だなんて何かと思ったら、単なる自分で作ったサークルの幹事ではないですか。

  張り子のトラというところです。

  こんなのが“経営コンサルタント”を名乗ってるのですから、一体日本の今後はどうなってしまうのでしょうか。

 

 ちなみに、代表取締役COOと代表取締役CEOの違い

   http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14808204

   http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213123272?fr=rcmd_chie_detail

   http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212554107?fr=rcmd_chie_detail

    

拳骨拓史 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%B3%E9%AA%A8%E6%8B%93%E5%8F%B2

 

 これだけは伝えたい 武士道のこころ 扶桑社新書 日本陸軍に学ぶ「部下を本気にさせる」マネジメント (扶桑社新書 28) 「日本と中国」歴史の真実―教科書で習った日本史・中国史が、ウソだったことがわかる本 (リュウ・ブックス アステ新書) 中国が憧れた理想の国 日本―学校では教えない本当の歴史

  

★阿修羅♪ > 戦争b0 > 654.html  

作家・経営コンサルタントが一個人の自費出版にいちゃもん!

  http://www.asyura2.com/09/warb0/msg/654.html

………………………………………………………………………………………………

○ひっそりとblogランキング○

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

 

     ↑このブログを応援してやろうと思われた方はクリックお願いします

s(・・;)  助けるつもりでクリック

      ボランティアでクリック

      弱小ブログに励ましの1票を

………………………………………………………………………………………………

うんうんうんうん 2009/09/10 17:32 お気持ちはわかりますが、もっと大物を相手にした方がよいとおもいます(笑)

minshushugishaminshushugisha 2009/09/11 08:21 仰せの通り、拳骨拓史は肩書きと著書はすごいのですが、人間的には小物ですね。というか、クズですね。いつもブログ村の「思想 新着記事」で見出しだけ見ていて、あまりの品格のなさに名もないネットウヨクかと思っていました。今回あまりにもひどい見出しだったので頭にきて批判してから調べたところ、ものすごい肩書きと経歴と著書を持つ“経営コンサルタント”だったと知り、驚いた次第です。こんな無礼な若造が“経営コンサルタント”を名乗るとは、現在日本の危機を象徴していると思います。

rebma129rebma129 2010/02/09 02:42 拳骨拓史のwikipediaの編集履歴を見れば彼の真のk
経歴がわかりますw

minshushugishaminshushugisha 2010/02/10 20:42 なるほど。拳骨拓史が自分で書いたのかと思われるくらい、本人にしか分からないような細かい記述や内面の記述もww。
兵法学者を名乗るくらいだから、匿名で自分に都合のよい記述をするのは朝飯前でしょう。
ただし、すぐに見破られてしまうようなちゃちな兵法。やはり現代の馬謖。やることはたかがしれている。
細かい記述を読んで思うのは、子どもの頃から特別扱いされて自意識が異常に肥大した、特権意識・特別意識・エリート意識ふんぷんの嫌な野郎だろうということ。
「ただし現在、いかなる保守系団体にも所属していない。」
ということですが、拳骨拓史にしてみれば
「子どもの頃から俺は特別な存在なんだ!あんな成り上がりのロートル連中とは違うわい!」
 いわゆる保守連中から拳骨拓史を見れば
「何だあの若造。何の実績もないくせに特権意識だけ肥大して偉そうに。」
 その結果が子分達を集めたサークル活動を組織して取締役COO(最高執行責任者)を名乗ってりゃ世話ないわい。
 拳骨拓史VS小林よしのりの粘着質自意識肥大最凶最悪対決を見てみたいものだ。
(但し拳骨拓史が小林に対抗できるのは粘着性格と自意識肥大と特権意識など嫌な性格の部分。知名度・実績・影響力・売上高など現実世界での力は小林の方が圧倒的に上)

Connection: close