八百長二大政党制をぶっこわそう!複数野党制=民主政治を守り抜こう! このページをアンテナに追加 RSSフィード


  「しんぶん赤旗日曜版」、食わず嫌いじゃもったいない。
   政治や経済・国際情勢から文化・学問の話題まで、知的好奇心旺盛な教養人の必読紙です。
 
   日本を代表するクオリティ・ペーパー「しんぶん赤旗日曜版」(SAN)の優れた記事をツイッターやはてなハイクを利用してじゃんじゃん紹介していきます。
   このブログはその過去ログということで。
   ツイッターやはてなハイクを使用している皆様、フォローお願いします。
   
     ★⇒ はてなハイク minshushugisha さんのエントリー

★⇒ ツイッター qualitypapersan 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

  人気blogランキングへ
    ↑趣旨に賛同された方、クリックお願いします。

  http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/archive
    ↑当ブログの総目次です。
   
  リベラル系キャッチコピー研究会
    ↑当ブログの付属機関です。
   

2008-07-15 大臣に対する風刺が許されない社会は独裁制

[]大臣に対する風刺が許されない社会は民主主義失格

 

 鳩山死に神大臣騒動についての記事を3回書いてきました。

 

死に神大臣”騒動を言葉狩りで終わらすな

 ■ [キーワード]死神大臣死に神大臣

  http://catchcopy.g.hatena.ne.jp/minshushugisha/20080621/p1

 ■[メディア・リテラシー]平成版・滝川事件を傍観していては言論の自由は崩壊する

  http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/20080626/p1

 ■[アンケート]言論の自由と民主主義

  http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/20080706/p1

 

 最後の3回目の記事でアンケートを実施しました。結果を記録しておきます。

朝日新聞素粒子コラムが鳩山法相を「死に神」と表記した件について、どう思いますか。

 

 言論の自由・民主政治の許容範囲内である。   (14票) 82%

 言論の自由・民主政治の範囲を超え、許せない  (2票) 12%

 その他(コメントお願いします)    (1票) 6%

 

開始:2008年07月06日/締切:2008年07月14日18時

【寄せられたコメント】

2008年07月06日06時56分58秒 お名前:笛吹童子

高々、選挙で選ばれた人間が人を殺す権限を与えられていると勘違いしていることこそ笑止だ。まして新聞にその行動を批判、揶揄されたことで、言論弾圧するとはまったくもって許されるものではない。ましてや国民の信を一度も得ていない内閣なのである。そんな内閣がいつまでも続いていることこそ問題なのでありそんな内閣の大臣が殺人を行うのは問題である。 

 

2008年07月06日07時14分16秒 お名前:半共分子

全くうんざり、には同感です。なおUSAでは一部の州で死刑が存続しているようです。

 

2008年07月08日18時06分12秒 お名前:ルクス

職務通りやってりゃ些細な風刺さえ許されないというのなら、後期高齢者医療制度を「姥捨て」呼ばわりするのも一切許されないことになる。朝日をキーキー罵倒している連中は一度でも「姥捨て」と呼んだ全てのマスコミに同じ論法で迫ってみろ。

 

一国の大臣が風刺コラムで「死に神」と風刺されたことに激怒して記者会見を開いた件について

 

 民主政治下の政治家としてあるまじき言論弾圧  (7票) 58%

 民主政治として当然のことで、許せる行為   (4票) 33%

 その他(コメントお願いします)   (1票) 8%

 

開始:2008年07月06日/締切:2008年07月14日18時

【寄せられたコメント】

2008年07月08日18時12分42秒 お名前:ルクス

大臣にも反論の権利はあるだろうが、そこまでムキになるようなことか?

強大な権力を独占している独裁者ほど、どんな些細な異論にも恐怖する小心者だという。日本の歴代大臣でいうと、遠回しな批判に激怒して弾圧した東条英機を思い出す。間違っても竹下登後藤田正晴ではない。

 

2008年07月13日16時38分16秒 お名前:uhi

あの程度の捏造政治屋なら、あのような反応は当たり前のこと。

あのような物をありがたがっている人々は、哀れ。

 

……ということで、良識的な結果となってほっとしております。

(いつもながら、回答数の少なさに自分の至らなさを思い知ってガックリきています)

 ともかく、回答・コメント下さった皆様、ありがとうございました。

 

 2問目のアンケートで、大臣が記者会見を開いたことについては、「言論弾圧」と「許せる行為」の間が接近しました。

 確かに大臣にも記者会見を開く権利はあるとも言えますが、こんなことをわざわざするのは政治家としてはケツの穴が小さすぎる、政治家としてスケールが小さすぎる、軽蔑するに十分すぎる、というのが私の考えであり、さらに権力のある政治家が記者会見を行うのは言論弾圧である、と判断します。


………………………………………………………………………………………………

○ひっそりとblogランキング○

 にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ

     ↑このブログを応援してやろうと思われた方はクリックお願いします

s(・・;)  助けるつもりでクリック

      ボランティアでクリック

      弱小ブログに励ましの1票を

………………………………………………………………………………………………

メルマガも(ごくたまに)発行しています。

 しんぶん赤旗日曜版のこんな記事!

      http://www.melma.com/backnumber_133815/

 平和と民主主義を考えるための覚え書き

      http://www.melma.com/backnumber_133342/

にほんブログ村 トラコミュ 現代政治のキーワード&キャッチコピー集へ
現代政治のキーワード&キャッチコピー集

2008-07-06 言論の自由と民主主義

[]言論の自由と民主主義

 

 朝日新聞素粒子欄による「死に神大臣事件」について、2つの記事を書いてきました。

 

死に神大臣”騒動を言葉狩りで終わらすな

 ■ [キーワード]死神大臣死に神大臣

  http://catchcopy.g.hatena.ne.jp/minshushugisha/20080621/p1

 ■[メディア・リテラシー]平成版・滝川事件を傍観していては言論の自由は崩壊する

  http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/20080626/p1

 

 この事件、まだくすぶっているようで、ライブドアニュースでも記事が出ています。

 

朝日新聞、「死に神」表現批判を「厳粛に受け止める」

  http://news.livedoor.com/article/detail/3712999/

「被害者の会」週明けにも再抗議 朝日「死に神」報道に批判とまらず

  http://news.livedoor.com/article/detail/3715426/

 

 ライブドアニュースにはコメントが書けるのですが、書き込まれたコメントを見るとうんざり脱力するようなひどいコメントが並んでいて、私が共感できるコメントはほとんどありません。ここまでコメントの方向性が一方的になるケースも珍しいのでは、というくらいひどいものです。

 このコメント欄を見るにつけ、この件について書かれたブログを見るにつけ、思うことは3つ。

 

1)ネット世論は、自公政権が大好きである。

 自公の政治家が大好きで大好きでたまらないので、自公の政治家を批判・風刺されると絶対に許せない。

(s(・・;) これでは政権が交代できるはずがないわな。)

 

2)ネット世論は、朝日新聞の悪口を書くのが大好きである。

 

3)ネット世論は、死刑制度に積極的に賛成している。

  死刑制度を神聖視し、死刑制度批判をタブー視する向きもある。

(死刑制度が天皇制並みのタブーとなっている)

(なお、ここでいうネット世論とは、上にリンクしたライブドアニュースのコメント欄など、ネット上に代表的に見られる主流派、いわゆるネットウヨクの意見を指す。)

 

 今回はこの3つの要因が重なってネット世論が一方的な熱狂に雪崩を打った。

  

 それにしてもネット世論は、なぜここまで政権の肩を持つのか。政権に肩入れするのか。大臣に好意的なのか。

 思考が大臣と同一化しているのである。

 例えばライブドアニュース

 

「法務大臣が法律に則って死刑執行の署名をすることを「死に神」呼ばわりするのは「風刺」ではなく「誹謗中傷」というのではないか? 」

 

というコメントがあります。

 これをそもそも「誹謗中傷」ととらえること自体がおかしいのではないでしょうか。私には理解できません。

 言論の自由があり独裁政治ではないのだから、死刑を実行した法相が「死に神」と言われることくらい、当然の反応なのではないでしょうか。こんなことに激怒して粘着質に怒っている法相のスケールが小さいだけのことである。

 いや、国民も含め日本人全体のスケールが小さくなったというべきか。

 

 もしくは、死刑制度がタブー化されていて、死刑制度を批判するようなことを書くと過剰に反応する反応。

 ネット世論の大きな流れとして、死刑制度の存続が神聖化・神格化扱いとなって、それを風刺すると「不敬だ!」「不謹慎だ!」とヒステリー的に叩く。死刑制度が天皇制並みのタブーとなっているような感じを受けます。

 

 ネット世論が嫌いな中国や北朝鮮が死刑制度を存続していて、アメリカや西欧など先進民主国家が死刑制度を廃止しています。

 死刑制度に限って言えば、ネット世論はアメリカや西欧諸国ではなく、北朝鮮や中国と同じ意見なのである。

 いやむしろ死刑制度に限らず、多くの面でネット世論は反民主的であり、北朝鮮や中国のような軍国主義独裁的なのであるが。

(アンケートのコメント欄で半共分子さんから、「なおUSAでは一部の州で死刑が存続しているようです。」とご指摘頂きました。ありがとうございます。)

  

 ともかく、民主政治にとって危機的状況であります。

 権力が権力にとって批判的で都合の悪いマスコミを弾圧することの恐ろしさを分かっていない。

 権力の怖さに対する想像力がないのではないでしょうか。

 

 法務大臣は巨大な権限を持っている。その権限を実行すれば、それに対して批判されたり風刺する意見が出てくるのは民主政治としては当然のことではないでしょうか。

 

 ネット世論はリベラルな新聞だけを攻撃しているが、法務大臣を風刺することがそんなにいけないことなのでしょうか。

 法務大臣を神聖視・タブー視するべきなのでしょうか。

 ネット世論の大部分は、批判を許さない高圧的な法務大臣を不当に擁護している一方で、法務大臣を風刺した一マスコミに対して不当に厳しい見方をしているのではないでしょうか?

 

 こんなことを繰り返していれば、いずれ日本は与党の政治家を批判することが許されない独裁国家になってしまうのではないでしょうか。

 なぜ自ら民主制や言論の自由を捨て、自公政治家を神聖視・タブー視し、国家の奴隷となろうとするのだろうか?

 

 ネットウヨクがいつもの朝日新聞批判の延長で朝日批判をするのは分かります。

 しかし分からないのは、リベラル系といわれているブログが今回の事件をスルーしていることです。

 言論の自由や民主制にかかわる重要なことと思われるのですが、大部分のブログは見事にスルーしている。

 以下のトラックバック・ピープルにも全く出てこない。

  

自民党 トラックバック・ピープル  http://tbp.jp/tbp_9077.html

自民党政治 トラックバック・ピープル  http://tbp.jp/tbp_9149.html 

衆議院選挙 野党共闘! http://tbp.jp/tbp_9134.html

 

 かくしてこの件について書くのはネットウヨク系ブログがほとんどで、ネット上にはハトヤマ死に神大臣バンザーイ、言論弾圧バンザーイ、の記事があふれかえっている。

 後世の歴史書ではこの事件について独裁体制に向かう一連の事件と記録され、鳩山法相を「民主体制にとっての死に神」「言論の自由にとっての死に神」となった、と記されることでしょう。 

 

 もうアホらしくなってくる。

 ブログを書くのも嫌になるが、こんな風潮に一矢報いるためにも少しづつでもしぶとく書き続けていかねばならない。

 

 アンケートを実施します。ご協力お願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆朝日新聞素粒子コラムが鳩山法相を「死に神」と表記した件について、どう思いますか。

言論の自由・民主政治の許容範囲内である。

言論の自由・民主政治の範囲を超え、許せない

◆その他(コメントお願いします)

○結果を見る

http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/20080715/p1

締切:2008年07月14日18時00分

協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆一国の大臣が風刺コラムで「死に神」と風刺されたことに激怒して記者会見を開いた件について

◆民主政治下の政治家としてあるまじき言論弾圧

◆民主政治として当然のことで、許せる行為

◆その他(コメントお願いします)

○結果を見る

http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/20080715/p1

締切:2008年07月14日18時00分

協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【ご紹介ありがとうございます】

「ちょっと、よってけらっせん。」−伊東勉のページ。

その125 多数派でなければ、モノ語ってはいけませんか。少数意見が心つかんで、という事もありますよ。

  http://plaza.rakuten.co.jp/benitoh/diary/200807090000/

  

玄倉川の岸辺 死刑は「四審制」

  http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/45460add49a21024e114e76554c05c8c

土曜の夜、牛と吼える。青瓢箪。

■[朝日ネタ][光市事件関連]「あすの会」の抗議は続くよいったい何処まで?

  http://d.hatena.ne.jp/Prodigal_Son/20080703/1215071594

HALTANの日記 ■[今日のマスコミ不祥事報道]08年7月5日(土)

  http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20080705/p1

白頭の革命精神@ネタ切れ人民共和国統合不定期更新日記

 類似構造

  http://s19171107.seesaa.net/article/102099873.html

 

【マスメディアとつきあう12の方法】 Quid haec ad humanitatem?

 東海テレビ「光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日」

   http://takeyama.jugem.cc/?eid=962

 

………………………………………………………………………………………………

○ひっそりとblogランキング○

 にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ

     ↑このブログを応援してやろうと思われた方はクリックお願いします

s(・・;)  助けるつもりでクリック

      ボランティアでクリック

      弱小ブログに励ましの1票を

………………………………………………………………………………………………

メルマガも(ごくたまに)発行しています。

 しんぶん赤旗日曜版のこんな記事!

      http://www.melma.com/backnumber_133815/

 平和と民主主義を考えるための覚え書き

      http://www.melma.com/backnumber_133342/

にほんブログ村 トラコミュ 現代政治のキーワード&キャッチコピー集へ
現代政治のキーワード&キャッチコピー集