オトスコープ(耳内視鏡)による新しい耳の治療

2016-02-20


オトスコープ(耳内視鏡)を使用することによって、耳道内が鮮明に観察でき、通常の耳鏡ではほとんど観察できなかった鼓膜も容易に確認できるようになりました。

オトスコープは観察するだけの検査器具ではなく操作をする穴があり、そこからカテーテルや鉗子(かんし)などを挿入することで、耳道洗浄や異物、耳垢の除去が可能です。


オトスコープで観察した鼓膜
f:id:minvet2012:20160226171602j:image




外耳炎のワンちゃんの耳の中(動画)



この動画のワンちゃんは、「綿棒で掃除をしながら点耳薬をしていたが治らない」と言う事で転院されて来られた子の耳を、オトスコープで観察したものです。

綿棒で掃除をすることで耳垢を奥に押し込んでしまい、耳の奥で「耳垢のによる耳栓」が形成され、点耳薬が奥まで入っていなかったため改善しませんでした。



「外耳炎」は耳に起こる炎症であり、「耳を振る」「痒がる」「耳が匂う」などの症状を引き起こします。

動物病院に来院される病気で一番多いのが「外耳炎」だと言われています。

軽度の外耳炎は投薬だけで治まりますが、難治性の場合は鼓膜が破れて中耳炎・内耳炎まで引き起こしてしまいます。

難治性の外耳炎や中耳炎では、手術で耳の穴を全て摘出しないと治らない場合もあります。

ただ、この手術を行うには以下の問題点があります。

・病変の広がりなどをしっかり調べるためには、CTMRIなどの高度画像診断が必要であり、また難易度の高い手術となるため、大きな病院で検査・手術する必要がある
顔面神経麻痺や手術後の化膿などの手術後の合併症の多さ
・施設によりますが、数十万円(両耳だと100万前後かかることも)の手術費用


このような大変な手術をできるだけ回避するために、当院ではオトスコープと呼ばれる「耳内視鏡」を用いた治療を行っております。



当院のオトスコープ
f:id:minvet2012:20160227163339j:image

f:id:minvet2012:20160227163644j:image

f:id:minvet2012:20160227181108j:image


スコープは動物専用に開発されたもので、動物の耳の形に合うような形状で、先端が樹脂に覆われており耳道を傷つけにくくなっています。

CCDカメラはオリンパス社のものを主に用いており、サブでSTORZ社のものも使用しています。


f:id:minvet2012:20160227163849j:image

モニターは、消化器内視鏡で使用している大型モニターに出力しており、処置の静止画・動画はパソコンで保存・管理しております。





それではオトスコープでの治療の一部をご紹介していきます。


まずは耳垢を除去するところから始めます。






既製品の処置具には、耳垢を摘む鉗子(かんし)しかないため、自分で耳かきやブラシを作成して使用しています。


大きな耳垢の塊や毛・異物を取り除くときには鉗子(かんし)を使用します。



耳の中に入ってしまった毛の除去




人間と違って毛に覆われた動物達は、抜け毛や美容院などでカットした時の毛などが、耳の中に入り込むことがあります。


その毛の刺激で耳を掻いて「外耳炎」を発症することもあるため、このような毛をしっかり除去しないと炎症は治まりません。



大きな耳垢は鉗子(かんし)で掴んで摘出します。




摘出した大きな耳垢の塊
f:id:minvet2012:20160229174742j:image



このような巨大な(1cm以上)耳垢の塊が、耳の中で「耳栓」のようになってしまうと、どれだけ点耳薬をしても薬が病変部まで届かないため改善しません。


耳の奥に詰まった耳垢は、オトスコープでないと除去することができません。



耳垢や毛などの異物が除去できたら、洗浄を行います。




鼓膜が破れている場合は通常の洗浄液は使用してはいけません、生理食塩水という刺激の無いものを使用して洗浄を行います。


鼓膜の確認をされずに、洗浄液を処方されてる動物たちが来院されますが、鼓膜が傷ついている場合には、洗浄液が炎症を悪化させたり神経症状の原因となることがあります。



耳の穴がきれいになったら、細いチューブ使ってお薬を奥(鼓膜付近)から注入していきます。


耳の壁全体にお薬を塗布するために、「の」字を描きながら注入しています。




これら一連の耳の治療は、全身麻酔下で行い、両耳で1時間程度かかります。




まとめ

オトスコープは、これまできちんと観察できなかった耳の深部・鼓膜の確認ができ、その周囲の耳アカや腫瘤(できもの)などを取り除くことができます。
また、鼓膜が破れている症例では、CT検査などと組み合わせてきちんと中耳・内耳の評価を行い、治療しないと改善しません。
いままでは見えなかった・届かなかった場所の観察や治療ができることから、治りにくかった原因が判明することもあります。
ただし、耳の炎症はアレルギーなどが関連していることも多く、それらの管理も同時に行う必要があります。
また、オトスコープを用いた治療は1回では治りません。繰り返し行う必要があります。
オトスコープを用いた治療には全身麻酔が必要となります。




治りにくい耳の炎症の「原因」と「対処」の例(青字はオトスコープで行うもの)

アトピーアトピー性皮膚炎の管理(難しい)、洗浄による耳の清浄化
食事アレルギー(耳のトラブルに多い) → 徹底した食事管理、洗浄による耳の清浄化
細菌酵母菌などの感染徹底した耳の洗浄抗菌薬の投与
鼓膜の損傷 → 洗浄による耳の清浄化
鼓膜周囲の毛・耳アカ → 摘出と洗浄による耳の清浄化
異物 → 摘出
腫瘤・腫瘍摘出
中耳炎 → 鼓膜切開、中耳の洗浄



オトスコープによる治療をご希望の方へ

全身麻酔が必要になるため、完全予約制です。
かかりつけの獣医師からのご紹介も承ります。担当の先生にご相談ください。
お電話だけでは看護士からの簡単な説明しかできません。詳細についてはご来院の上、ご相談ください。
初診時からいきなりオトスコープを行うことはありません。最初は耳の状態を通常の診察・検査で観察し、治療計画をたてていきます。



.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

Connection: close