Hatena::ブログ(Diary)

ブログ

2017-08-30

13:25

こんにちは!

イグアナです(^^)!

もう少しで8月も終わりますが、まだまだ暑い日が続きますね…( ; ; )

先日、お昼の休診の時間を頂いて減量セミナーに参加してきました!

ダイエット・・・

言うのは簡単ですが、実行するのは難しいですよね(*_*;


みなさんのわんちゃん、猫ちゃんは痩せ型ですか?理想体型ですか?太っていますか?

まずはお家のペットが痩せているのか、太っているのかを知る事が大切です!

四つん這いで立っている状態で、肋骨のあたりを触って肋骨が分かるのが理想体型と言われています。


ぽっちゃりしている方が可愛い!!

喜んで食べてくれるからついついあげてしまう!!……

私もついついあげてしまいます( ; ; )



しかし肥満が原因でもたらす病気は沢山あります。

体重が重いと足腰に大きな負担がかかり、関節炎や椎間板ヘルニアになったり…

体が大きくなっても心臓は大きくならないので、全身に血液を送るために心臓にも大きな負担がかかります。

また脂肪が気管を圧迫し、咳がでたり呼吸が苦しかったり…

糖尿病を発症したり……

肥満は百害あって一利なし!!です!

・フードの量を見直して1日の量をしっかり決める

・オヤツの代わりに1日のフード量の中からフードあげる

・人間の食べ物をあげない

・フードやオヤツをダイエット用のものにかえる

などなどできる事から初めてみてください(^^)

ワンちゃんの1Kgは人間で言うと10Kgに相当すると言われています。

なので100gでも大きな変化になります!

なかなか痩せないとおもわず、頑張って続けてみてください( ^ω^ )




お話は変わりますが、当院では毎週日曜日の午前中にしつけ方教室、「HELM」を行なっています。

5ヶ月までの子犬を対象に、マテやフセ。

犬同士のコミュニケーションの取り方など学びます!

事前にご予約が必要となりますのでお気軽にお問い合わせください(^^)

HELMの様子などブログにアップしていますので興味のある方覗いてみてください!

2017-08-26 抜歯手術

タニシです。

かわうそくんに引き続き、今回も手術を頑張った猫ちゃんのご紹介。


f:id:misaki-ah03:20170826141725j:image

f:id:misaki-ah03:20170826141712j:image

太陽くん

まだ麻酔から覚めたばかりでボーッとしています。


昨年から口臭が気になり始めた太陽くん。

口の中を見てみると、奥の歯に歯石がびっしり。歯肉に炎症もありました。

そして、今年の8月。

よだれがひどくなり再来院。

ぐらぐらしている歯が見つかり、抜歯手術を行うことになりました。



上顎の犬歯2本と全臼歯抜歯という大手術。


f:id:misaki-ah03:20170826141659j:image

抜歯した歯

本来は特殊な機械を使って分割しないと抜けないような多恨歯(根っこが2つ、3つある歯)が元の形を保ったまま抜けるほどに、根っこも歯肉も悪くなっていました。



手術を頑張った太陽くん

f:id:misaki-ah03:20170826141644j:image

しっかり目も覚めて、いつも通りの声で鳴きながらお家に帰っていきました。


また美味しくご飯食べられるといいね(*^_^*)

2017-08-22 痛々しいけど

かわうそくんです。

f:id:misaki-ah03:20170822144426j:image

手術を受けた翌日のダイキチちゃん。


なんの手術をしたかというと、尿道に石が詰まって、オシッコが出なくなる症状を繰り返していたため、尿道を広げて新たに作り、オシッコが出にくくならないようにする、会陰尿道瘻形成という手術です。

男の子の尿道は細いため、尿石が詰まりやすく、猫は2日間オシッコが全く出ないと死に至ります。

カテーテルを入れて尿道に詰まった石を膀胱に押し戻しても、再発が起こりやすく、猫ちゃんにとっても苦痛で不快感が続きます。

f:id:misaki-ah03:20170822144421j:image

ちょっと痛々しい写真ですが、手術で尿道を作ってあります。

f:id:misaki-ah03:20170822144416j:image

手術前は下の細いカテーテルも入らなかったのが、手術後は上の太いカテーテルもスムーズに入るようになりました。


ダイキチちゃんは、ご飯も食べてオシッコも出たので先日無事に退院。

これからの管理は傷口を舐めないよう、カラーの生活がしばらく続きます。

でも、傷が治ればいつもの生活に戻れるので、しばらくの辛抱です。

2017-08-19 夏バテ注意

お盆が終わると夏もそろそろ終わりか・・・という気持ちになるのですが

暑さはまだまだ夏です(*_*)



家の犬猫たちもバテバテです。


お盆は久しぶりに家の犬猫たちとのんびり過ごしました♪


暑さのせいでみんなで川の字



f:id:misaki-ah03:20170819144451j:image



呼びかけにもこの通り・・・




f:id:misaki-ah03:20170819144446j:image


目だけで返事^_^;



9月になればもう少し涼しくならないかなぁ…

と期待しているこっちゃんでした(^^)

2017-08-13 お盆休み

立秋は過ぎましたが、当然まだまだ暑い日が続きますね。


暑いのは得意とは言えませんが、夏は大好きないんちゃんです。


みさき動物病院のお盆休みは

8月14日 月曜日  通常診察

8月15日 火曜日  休診

8月16日 水曜日  休診

8月17日 木曜日  10時〜13時 (木曜日につき)

となっています。



救急・時間外診察の受付は『転送電話』にて行いますが、できる限りの対応となりますのでご了承いただきますようお願いいたします。



ちなみにいんちゃんは先日、お盆休みに先駆けて半休をいただき、北陸新幹線で東京に行ってきました。

f:id:misaki-ah03:20170813121609j:image

上野は『赤ちゃんパンダ』フィーバーなんですかね。


当日は実家にも帰らず、旧友にも会わず、ただひたすらに飲んだくれて騒いで参りました(^_^;)

最後は未明にカプセルホテルでバタンキューZzzzzz……。


でも誰彼かまわず勝手きままに時間を過ごすことで、抜群の『息抜き』になりました!

盆休み、仕事していたいくらいです(笑)

2017-08-09 暑さに負けず・・・

こんにちは、けんけんです。

毎日暑い日が続きますが、みなさん夏バテされてませんか?

ワンちゃんネコちゃんたちもこの暑さで食欲がおちてないか心配で飼い主さんに確認すると、意外にみなさん『食欲はあります!』って答えていただけてホッとします(>_<)


ここまで暑いと毎日お留守番の動物たちのこと心配になりますね。

最近、ネコちゃんの家族の方から何回か言われたのが『これだけ暑いのにエアコンつけたら嫌がって部屋からでてしまう……』と。

確かに・・・私もそう思います。

涼しいところにいればいいのに…(*_*)

f:id:misaki-ah03:20170809142415j:image


ネコちゃんの祖先は暑い地域にいたことから、猫は暑さに強い!と思われますが、ここまで暑いと困りますね。

個人差はありますが、エアコンの温度はだいたい28度前後が快適……みたいです。

ただ、直接風があたったり、音が嫌だったりして部屋から出ていきたいコも少なくない。。

なので、可能なら部屋から出入りできるようにお留守番のときは少しドアをあけて好きなところにいけるようにしてあげてください。


熱中症対策に、新鮮な水がたくさんのめるように水のみ場を増やしたり、

水分があまりとれなければウェットフードを混ぜてみたり、冷たく感じる敷物とかを引いたり、凍らせたペットボトルなどちょっとおいてみたり……

熱中症には十分ご注意を(^^)!

2017-08-05

こんにちは、中谷です。

暑い日が続く中

庭で涼しげなものをみつけました。


f:id:misaki-ah03:20170805190511j:image

ホテイアオイです。ハスが自然消滅してしまった庭の睡蓮鉢にホテイアオイを入れたところ、うまく育って花まで咲いてくれました。

数年前はホテイアオイを入れるたび、カラスに引きずり出されて無残な姿になっていたのに、今年はカラスの目を逃れたようです。

その代わりスイカとトウモロコシはかなりやられましたが・・

水辺の花はいいですね。

f:id:misaki-ah03:20170805190506j:image

これは暑さで?ダメな猫になっているうちのこです。

2017-08-01 野鳥・・・

暑さやゲリラ豪雨・・・地球の天気・気候はどうなっているんでしょうか・・・南極の氷にも割れ目が入ったりして、かなりの地面が水没するといわれていますが・・・ジャッキーです。


ケガや病気になった野生鳥獣を救護する県鳥獣保護センター。1年に持ち込まれる鳥獣は300〜400匹。多くの野鳥の繁殖期で道端などで拾われて持ち込まれるヒナが多いのは5〜8月だそうです。


羽毛が生えそろったすだち直後のヒナは「親鳥から生きていくすべを習っているところ。元の場所に返して」と言えば多くは納得してくれるそうです。また、巣から落ちて丸裸のヒナでも「親鳥が育てるのが一番なので巣に返して」でわかってくれるとか・・・ただ、近くに親鳥がいない、巣が見つからないなど、親鳥に返せないヒナを拾った人が「放っておけば死ぬ、何とかしてやりたい」と訴える人に「それも自然の摂理、元の場所か近くの草むらに」と言うと、「見殺しにするというのか」「なんて冷たい」などと言われることもあるそうです。

センターに持ち込まれても半数以上は死んでしまったり、人に育てられたヒナは自然に帰っても生きていくとは限らないそうです。


1ヵ月ほど前に、近所の人がカラスにやられていた鳩のヒナを助けて「どうしよう・・・」となりましたが、結局すぐ近くの草むら何とかもどして大丈夫だったようです。たぶん大きなケガもしていなかったので・・・


センターの方は拾って何とかしてあげたいという人は動物が好きな人だと思うので、厳しい現実を伝えるのも大変なようです。

助けてあげたいのはみんな同じですね。