Hatena::ブログ(Diary)

オンライン依存性症候群 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017.02.26

[] 日曜日の視了 午前の部  日曜日の視了 午前の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午前の部のブックマークコメント

[] 日曜日の視了 午後の部  日曜日の視了 午後の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午後の部のブックマークコメント

  • セイレン : 宮前透 最終章 「モフモフ」
    • 正一たちはコミマに初参加する。透はミリウサの衣装を着ていた。すごいモフモフじゃないか。
    • 透のシカマスは角を取り替えて、オスメス両方楽しめる。性別を乗り越えたフリーな存在。正一は透をフォローしたつもりが仇になった。
    • 透はカメコに囲まれる。正一は十萌が一肌脱いでガソガル少女になった隙に透を救出する。
    • 透は衣装の脱ぎ方が分からない。ファスナーのスライダーが見つからない。スライダーはお尻の下にあった。
    • 打ち上げは耀のバイト先。正一が調べ上げたのではなくて偶然。
    • 打ち上げの後、透は一人先に帰る。一日中ミリウサのコスプレをしていたのに正一に褒められなかったことに気づいたから。
    • 正一は透を追いかけ、今からデートしてもらう。明日から透は真面目な受験生になるから、今日デートして告白する最後のチャンス。
    • 透は正一の喉仏にキスする。前から気になっていた。隙だらけの弱点って、攻撃したくなる。即死しそうなところがいい。告白一つでお互いの関係を変えることはできなくても、正一の喉仏にこういうことをしたくなる気持ちはある。
    • 喉仏以外にも、正一の好きなところはある。「だから、これからも私を追いかけてきてくれる?」
    • 路地裏の喫茶店で交配した時の赤ちゃんができた→シカの赤ちゃん
    • 10年後、透は幼稚園先生に、正一は(幼稚園の)バス運転手になっていた。二人の間にできた子は同じ幼稚園に通っている。
  • 政宗くんのリベンジ : #7 「綱手島事件」
    • 夏季休暇が始まる。政宗は辻褄など気にせずパワープレイで行くことにして、小十郎や寧子たち6人で、愛姫の別荘地の離島「綱手島」へと向かう。
    • この旅行で愛姫をどうにかできなければ、今までのことを全てバラすと師匠に脅される政宗。
    • 政宗は勝負に出て、お目付け役こと安達垣家秘書の由井崎翠に、愛姫と交際していると豪語する。女子の前では世間体を守る愛姫は話に乗ってきて、恋人のふりをすることにする。
    • 愛姫と政宗は人気のないところで二人きり。愛姫はそこでいつもの愛姫になる。人目も何もないところで演技する意味なんて1ミクロンもない。政宗に炭水化物を持って来させる。
    • でもね、でもね、でもでもね。由井崎は愛姫が男嫌いの道を驀進して負のオーラで真っ黒く染まるのを期待していた。
    • 政宗たちは肝試しをする。恐怖のあまり動けなくなった愛姫を颯爽と助けるという政宗のシナリオと、愛姫の前で政宗に失態を晒させるという由井崎の僻んだ企み。
    • 由井崎の前に、チェーンソーを持った仮面メイドが現れる。政宗は吉乃に脅かし役を頼んでいた。由井崎は離島皆殺し事件の首謀者として全国ネットで歳がばれるのを恐れて逃げる。
    • 政宗は結果を出せなかったが、作戦は悪くなかったと師匠に評価され、バラされずに済んだ。
  • 小林さんちのメイドラゴン : 第7話 「夏の定番!(ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」
  • うらら迷路帖 : 八占 「いけないこととわかんないこと、時々すっぽこぽん」
    • 路町には森に囲まれた泉がいくつもある。そこは目に見えない神様たちが集まると言われ、うららたちの力を高めるという聖地とされている。泉の力で身を清め、祈りを捧げる神聖な修行の場。
    • に来たのは、決して最近暑いからって涼みに来たわけじゃない……という建て前。今日めいっぱい羽を伸ばしていい日。
    • なる修行の場で、小梅はスペシャルピチピチ水着。すけすけの方がいやらしい。そんなこともあろうかと、小梅はみんなの分の水着を用意してある。千矢は健康的な赤で、ノノは清楚なたまご色、紺はメイド服水着バージョンくのいち風とか巫女風とかいろいろある。
    • っぽこぽんになる千矢。泳ぐのに邪魔だから。やらしいどころが清々しい。もっと!すけすけ。
    • 然の中で千矢に敵う者はいる。千矢の天敵は鋏→カニ。水着を切られる小梅。
    • 梅のスペシャルピチピチ水着はあげぞこ。
    • ノはマツコも連れて来た。
    • →プニ→最近ちょっと育ちすぎ。小梅→プニュ→もうちょっと甘いもの控えた方が。ノノはお尻が浮き輪から抜けなくなる。千矢「ノノ、起き上がれない虫みたいでかわいい」。
    • 方 その頃 別の泉では。泉というより佐久の凛々しい膝こぞうを見回る大島と、泉というより佐久のかっけえくるぶしを見回る塩沢。不埒な輩はどこに潜んでいるか分からない。大島塩沢は水も滴るびしょびしょの隊長にお供しようと思ったら、カニに水着を切られて破廉恥者扱いされる。
    • 日は不良で女狐な紺はやってみたいことがある。いけないこと→如何わしい意味じゃなくて秘術のこと。
    • 中術は二人のうららが泉の水を媒介しして互いの力を混ぜ合うことで、占う力を一時的に増幅、共有できる効果がある。相性が良くないとうまくいかないし、片方が一方的に相手の力を奪ったりすると危険だから、やってはいけない術とされている。つまり禁じられた遊び→如何わしくないし遊びでもない。
    • ぼっちだった紺は泉中術をやるのが夢だった。他にもやりたいことは、大縄跳びとか目隠し鬼とか影踏みとかかくれんぼとかかごめかごめとか水切りとかだるまさん転んだとか。
    • は千矢と一緒に泉中術を試みると、泉の中で黒いお化けを見た。
    • 矢は眠れない紺とお話をする。千矢もお化けを見ていた。
    • は千矢が前に原っぱで見たお化け今日泉で見たお化けは同じで、迷路町の神様じゃないかと考えていた。千矢には神様を見る力があって、それを泉中術で共有したから自分にも見えたと推測する。
    • はうららの禁忌を犯してしまったかもしれないと恐れていた。千矢はきっと占わなくても神様が見えるけれど、紺は占いの力で神様を見てしまった。もし本当に占う力を奪われてしまったら、一番占になるどころか、みんなと一緒にうららでいることすらできない。
    • 矢は紺の力になろうとする。紺の夢は紺のもの。誰にも奪わせたりしない。どうやってやるかは今から考える。紺は千矢が自信満々なのがおかしくて笑う。もう力を借りちゃったみたい。さっきまであんなに怖かったのに。
    • 矢は神様に訊いてみることにする。神様が怒っていたら一緒に謝る。紺と千矢のおなかがあれば許してくれない人なんかいない。
    • なかを貸すのは小梅とノノも。最初からいたらしい。真夜中にこっそり抜け出すなんて心配になっちゃって。泣くほど悩むなら、もっと早く相談してほしかった。二人も紺の力になりたい。
    • 梅が持ってきたのは団子。悩み事なんて甘いもの食べてたら忘れる→お月見したかっただけらしい。て言うのは冗談で。紺が本当に占う力を奪われたなら、狐狗狸占いもできない。やって確かめてみればいい。占えなくなっていたら、その時はその時。
    • 禁忌を犯していなかった。まだうららでいられる。
    • っと二人が見たのは本物のお化け→せっかく紺が元気になったのに。
    • からないことがあった方が多分楽しい。明日には分かるかもしれないから。開けていない宝箱を持って歩くみたい。明日も明後日も全部楽しみになる。
    • 中にこっそり食べる甘味のおいしさは格別。四人だけの秘密。秘密を共有してこそ、仲間の絆が深まる。
    • 夜の晩に遠吠えをする四人。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20170226

2017.02.25

[] 土曜日の視了 午前の部……は先々週の分とか先週の分とか。  土曜日の視了 午前の部……は先々週の分とか先週の分とか。を含むブックマーク  土曜日の視了 午前の部……は先々週の分とか先週の分とか。のブックマークコメント

  • 青の祓魔師 京都不浄王篇 : 第伍話 「合縁奇縁」
    • 左目奪還部隊の雪男たちも京都出張所に到着し、奪われた目を取り戻すための会議が開かれる。
    • いい祓魔師の条件は、自分に正直で、感情を溜めないこと。その意味で燐はいい祓魔師になれる素質がある。
    • しえみはいつも燐の近くにいたのに正体を知らなくて、大変な時に役に立てないと分かったら、何をするにも自信がなくなり、燐にも話しかけられなくなってしまった。
    • シュラは燐に、達磨から託された手紙を渡す。読めない燐。シュラも読めない。雪男は一応草書を読める。
    • 降魔剣「倶利伽羅」はもともと明陀宗の本尊だった。そこに獅郎と接点があった。
  • 青の祓魔師 京都不浄王篇 : 第陸話 「綿裏包針」
    • 獅郎は子供を殺すために倶利伽羅を奪おうとした。そこで、瘴気にあてられた病人たちを目の当たりにして、彼らを助けた。達磨は明陀宗に追われる獅郎に降魔剣を渡し、逃がしてやった。
    • 蝮は藤堂とともに、明陀宗の元拠点、降魔堂へ入る。そこに不浄王が封じられていた。
    • 不角は伽樓羅の憑依した倶利伽羅と契約し不浄王と戦ったが、二つの目を抜き取り封印することで不浄王を鎮めた。不角の子孫である明陀宗の座主は、代々この秘密を代価に伽樓羅を使い魔として使役してきた。
    • 両目を取り戻した不浄王が復活する。藤堂は達磨から伽樓羅を奪い、自分に憑依させる。
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season : #42 「落とし前」
    • ジャスレイの戦力は一方的に削られていく。イオクは予定の時間になっても現れない。
    • ジャスレイはマクマードに話をつけようとするが、マクマードはジャスレイの企みを知っていた。タービンズ輸送船襲撃の件は問わない約束で、ラスタルに違法兵器密輸の件は手打ちにしてもらった。
    • オルガはジャスレイが命乞いする姿を見たかった。これっぽっちも面白くなかったので、三日月にとどめを刺させる。
    • 鉄華団はテイワズと縁もゆかりもない組織になった。アドモス商会とも手を切った。ファリドと共に、ギャラルホルンのクーデターに参加する。
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season : #43 「たどりついた真意」
    • クーデターの地上部隊はギャラルホルン地球本部を制圧し、会議場のセブンスターズメンバーを拘束する。ライザ・エンザによる声明が全世界に向けて放送される。ラスタルはクーデターに対し、アリアンロッドの全隊に招集を掛ける。
    • 孤児だったマクギリスはイズナリオに男娼として拾われ、ファリド家の跡取りに納まった。力を必要としていた時に、この世界で最高の力の象徴を見つけた。
    • ヴィダールことガエリオはマクギリスを理解できなかった。マクギリスが遠い存在だったからこそ憧れ、認められ、隣に立ちたいと願った。それが叶ったと感じた時、マクギリスに殺された。
    • ガエリオの機体に搭載されているのは、アインの脳をベースにした、いわば疑似阿頼耶識。フレーミングした敵対者に対し、システムが強制的にモビルスーツの挙動をコントロールすることで、本来の阿頼耶識と同等の力を得る。
    • マクギリスはガエリオとアインにより完成した研究成果を二人の前で披露する。アグニカ・カイエルの魂が宿るモビルスーツ、ガンダム・バエルに乗る。
  • エルドライブ : 05 「過去からの追撃者・その2」
    • 宙太の前に、幼馴染みの一人、グッチーこと溝口健が現れる。グッチーはデミルによって命を救われ、一員となった。今では艦長を任されている。任務はエルドライブの戦力分析。手下を城堀中に送り込み、睡眠系SPHで署員をあぶりだした。
    • グッチーのもう一つの任務は宙太のモニタリアンを奪うこと。宙太はドルーを差し出せば岩場の崩落事故をなかったことにすると持ちかけられるが、過去を消したくはない。そこには大事な思い出があるし、ドルーと一緒にいれば悪いやつと戦える。だからドルーは渡さない。
    • グッチーにはデミルが構成員を監視するためのレコーダーを埋め込まれていた。ドルーの共生技によりそれが破壊されたため、宙太と話ができるようになった。グッチーは幼馴染みの他の二人も生きていると思っている。もう少しデミルにいて、二人を捜すつもり。
  • エルドライブ : 06 「シンジラレルモノ・その1」
    • 美鈴は殺人犯の脱走幇助の疑いをかけられる。取調べ中に熱を出して倒れる。
    • 他の個体からSPH生成器官を移植し、人格の修正を試みる「タクラマカン計画」が行われた。しかし計画は失敗に終わり、命を落としたり、肉体に重大な欠陥を抱える被験者が続出した。美鈴は処置に至る記憶を失い、薬を飲み続けなくては生きられない体になってしまった。
    • 宙太は要人を保護する任務が与えられる。保護する人物は宇宙最高の科学者の一人、タクラマカン計画の開発責任者のDr. ラヴ。レイン署長は美鈴の行為が薬の副作用が原因であると考えており、Dr. ラヴに証言されれば美鈴は無罪になる。
    • 宙太とチップス警部補は共同作戦を行うことになった捜査5課と合流する。ベロニカ・ボロズウィック警部補とニーナ・ミハイロヴナ・パーヴロヴァ巡査は美鈴と同期。
    • Dr. ラヴと会うはずだったレストランに入ると、影武者が殺されていた。Dr. ラヴの本物はレストランの地下にいるとされていたが、こちらも殺されており、傍に謎の少年がたたずんでいた。

[] 土曜日の視了 午後の部……は先々週の分とか先週の分とか。  土曜日の視了 午後の部……は先々週の分とか先週の分とか。を含むブックマーク  土曜日の視了 午後の部……は先々週の分とか先週の分とか。のブックマークコメント

  • 昭和元禄落語心中 -助六再び篇- : 第五話
    • 与太郎は八雲の「居残り」を見てからモヤモヤが吹っ飛んだ。
    • 八雲と三代目助六の親子会が開かれることになる。
    • 与太郎は「居残り」をやって、左平次は落語家の顔をして噺に出てくると分かった。我を張れと言われても我がないから、自分のことを空っぽにして左平次になりたい。
    • 八雲は「反魂香」を演じ終えると同時に倒れ込む。ろうそくの並ぶ道で二代目助六に首を絞められる夢を見る。
  • 昭和元禄落語心中 -助六再び篇- : 第六話
    • 八雲は与太郎の声で意識を取り戻す。
    • 与太郎は搬送される八雲に付き添おうとするが、まだ高座が残っている。客の声が聞こえてきて、舞台に上がる。居残りを演じた後、急いで病院へ。
    • 建物の耐震基準が厳しくなったため、雨竹亭は建て替えることになる。
    • 与太郎は入院している八雲の分まで仕事をこなす。
    • 親子会から一週間、八雲が目を覚ます。
  • 3月のライオン : 第16話 「夜を駆ける/坂の途中」
    • 零は化学の実験が全て欠席日とかぶっていたため、林田に放科部(放課後理科クラブ)に連れて行かれる。
    • 他の生徒と笑って喋る零を見て、「クララが立った!!」な気持ちになった林田。
    • 一人ではどうにもならん事でも、誰かと一緒に頑張ればクリアできる問題って結構ある。そうやって力を借りたら、次は相手が困っている時に力を貸してやればいい。世界はそうやって回っている。
    • 後藤と島田の最終局は終わっていた。挑戦者になったのは島田の方。張り詰め続けていた島田は激しく消耗していた。挑戦者の切符を手に入れるだけでもうこの有様。
    • 零は島田の研究会に参加する。盛り上がってらっしゃる所、島田は胃がキリキリし始める。
    • 零と晴信はまだ検討を続けていた。潜った鳥がなかなか出てこないので、正体を突き止めてやろうとする。
  • 3月のライオン : 第17話 「銀の糸/水面/青い夜の底」
    • 零と晴信は獅子王戦の前夜祭に出席する。晴信は自分がタイトル戦に出る時のために、この雰囲気を少しでも味わって慣れておくつもり。絶対にタイトルに挑戦する。そう決めている。
    • 零がホテルの庭に出ると、すぐ近くに人影が立っていた。その人物こそ、島田の対戦相手だった。宗谷冬司は最年少で名人に就位し、史上初めて七大タイトル全てを制覇し、それから十数年の年月を玉座に君臨し続けてきた。その姿は変わる事なく、圧倒的な力でそこに静かに在り続ける。
    • 零と香子がお取り込み中のところに、川本三姉妹がやってくる。ひなたは言われ放題で黙っている零がじれったくて、零においなりさんを渡していく。
    • おいなりさんは香子がほとんど食べた。
    • 晴信はC1になり、零と直接対決が叶うことを楽しみにしている。心友と書いてライバルと読む。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20170225

2017.02.23

[] 代休日の視了 午前の部  代休日の視了 午前の部を含むブックマーク  代休日の視了 午前の部のブックマークコメント

[] 代休日の視了 午後の部  代休日の視了 午後の部を含むブックマーク  代休日の視了 午後の部のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20170223

2017.02.19

[] 日曜日の視了 午前の部  日曜日の視了 午前の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午前の部のブックマークコメント

[] 日曜日の視了 午後の部  日曜日の視了 午後の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午後の部のブックマークコメント

  • セイレン : 宮前透 第3章 「ブラコン」
  • 政宗くんのリベンジ : #6 「突撃!お宅訪問戦」
    • 政宗は愛姫が好きなことを示すため、デッド・オア・ラブ作戦のトリに予定していたキス突発事態下のぶっつけ本番でやりそうになる。人間の形をしたハムにかじりつくと思えば→殴られた。
    • 梅干入りほうじ茶
    • 政宗は寧子に、前に愛姫に投げつけられて答えられなかった質問をする。俺なんかのどこがいいの?→ご自分の魅力に気づかれない謙虚なところ。
    • ノーパンの芽をつぶそうとしていた吉乃は尾行に気づかれる。
    • 政宗が帰宅すると、吉乃と寧子が料理を作って待っていた。吉乃と寧子が政宗の家の前にいたら、政宗の母(早瀬絹江)に見つかって家に上がることになった。
    • カロリーを避ける政宗と、栄養のために薬頼みな寧子。
    • 庭で花火をする。吉乃は花火が苦手。ロケット花火を何本使えば人は月まで行けるかという愛姫の思いつきの実験台にされた。
    • 寧子は政宗の過去写真を持っていた。
    • 寧子の答えをパクった政宗の言葉は愛姫に響かない。
  • ガヴリールドロップアウト : 第6話 「サターニャの逆襲」
  • 小林さんちのメイドラゴン : 第6話 「お宅訪問!(してないお宅もあります)」
  • うらら迷路帖 : 七占 「祝詞と魔女、時々覚悟」
    • 見習い四人は、占いの初めに唱える言葉、祝詞を全て暗記することになる。この試験は十番占なら誰しも通る難関。これを乗り越えずして、一人前のうららには決してなれない。いわば最初の大きな壁。
    • 祝詞暗唱試験まであと一日。千矢とノノが壊れた。紺ですら。苦戦しているみたい。
    • 辛いのは四人だけじゃない。ニナはこの苦しみを分かち合えたらと思って、断食している。
    • ニナも苦労して覚えた。あんみつ断ちしたり、滝に打たれたり、佐久の剣を白刃取りしたり。だからみんなの苦しみは痛いほどよく分かる。ていうかみんなにも苦しんでほしい。小梅「苦しいの好きなのかな?」
    • 祝詞は神聖なもの。ニナ「うららは神様に力を借りて占うでしょ?祝詞は神様に、『今から占いをします、だから力を貸して下さいね』ってお願いする言葉なのよ」→今からお煮物作ります、だからお醤油貸してね、みたいな?
    • 祝詞は言い回しを覚えることが大事なわけじゃない。大事なのは心をこめて神様気持ちを伝えること。それさえできれば言葉や方法は自由。それなら試験勉強は終わり……にはならない。最初は定型文を覚えるのが基本。何事も基本が大事。
    • ノノは神様相手に人見知りを発動させる。これは自分の問題だから、一人前になるためには自分で乗り越えなきゃいけない壁だって思うから→襖にめり込むノノ(とマツコ)。
    • うららにはこれからもさまざまな壁が立ちはだかる。それを自分の力で乗り越えていくしかない。紺は自分の課題に向き合うノノの勇気を尊敬する。「それにぶっちゃけ今日は人に構っている余裕ないなり」。暗記命。
    • 祝詞の一つを見ていたノノはなんとなく歌を思い出す。それは病気癒したり元気を出したい時にまじなう祝詞。子守唄として歌われることもある。千矢寝てた。効果は抜群。
    • ノノはニナが歌っていたことを思い出す。ノノが小さい頃、ニナは母と二人で歌った。ノノの母はノノが赤ん坊の時に亡くなった。ノノは母の思い出はほとんどないが、歌だけは憶えていた。
    • 暗唱試験当日、ノノは祝詞を歌にする。まだ神様に話しかけるのは緊張するけど、歌なら自然に歌える気がして。
    • 棗屋を訪れた佐久に泣きつくニナ。ノノが急に大人になって嬉しいけど寂しいというか。
    • 紺はノノの祝詞に負けていられなくて祝詞を歌にしてみる。振りもつけてみる→小梅に見られた。
    • 魔女とは占い師であり、病気治しとも呼ばれる、いわば西洋のうらら。紺はやる気十分→やる気なら小梅の方が→今日の小梅は正装。
    • 小梅は魔女性格を知っている。本物の魔女に会ったことがあるから。
    • 小梅が五つの頃、フランスからの留学生、マリ・キスピルクエットが雪見家に来た。小梅はマリに呪いキスをされ、マリととっても仲良くなれる呪いをかけられた。
    • かわいい部屋は魔女っぽくない→やっぱ黒。
    • マリはこう見えても300歳→小梅は30歳くらいかと思ってた→こう見えてもまだ18歳。
    • マリはいたずら好きで、意地悪で嘘つきで天下無敵。物知りでお茶目、可愛くてお洒落。小梅はマリの全てに夢中になった。
    • マリは世界中を旅して魔術を学び、世界で一番の魔女になるのが夢。魔女はミステリアスじゃないとお洒落じゃないので、秘密事項を知った小梅に口封じのおまじない
    • 両親がマリの魔術を信じないので、小梅はマリの箒で飛ぼうとした。
    • 魔術は本当に信頼できる人にしか見せてはいけない。マリは空を飛んだことを小梅に内緒にしてもらった。
    • 原因不明の流行り病が蔓延し、病を呼び寄せたのがマリだという噂も立った。マリは小梅に箒と帽子を授けて、フランスへ帰っていった。
    • 小梅は今なら分かる。マリは小梅が魔女になることを諦めるよう、この国で一番の魔女になることができたら弟子にしてあげると難題をふっかけた。でも小梅は諦めてなんかやらないから、迷路町に来た。小梅も一番占を目指していた。
    • うららも魔女不思議な力を持つ者ゆえに弊害もある。迷路町の外から見ればうららも異質な存在。人に恐れられたり、疎まれたりすることだってある。
    • それでも小梅には修行を続ける覚悟がある。この国で一番のうららになり、魔女は悪い生き物じゃないって証明するつもり。それから胸を張ってマリに会いに行くのが夢。
    • 手に入らないなら、もっともっと手を伸ばせば、明日には届くかもしれない。決して振り向かない夢だって追いかけていい。
    • 小梅の箒に見習い四人が乗る。飛べなかったのは重量オーバーからか。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20170219

2017.02.18

[] 代休日の視了 午前の部  代休日の視了 午前の部を含むブックマーク  代休日の視了 午前の部のブックマークコメント

[] 代休日の視了 午後の部  代休日の視了 午後の部を含むブックマーク  代休日の視了 午後の部のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20170218

2017.02.16

[] 木曜日の視了……は先々週の分と先週の分。  木曜日の視了……は先々週の分と先週の分。を含むブックマーク  木曜日の視了……は先々週の分と先週の分。のブックマークコメント

  • MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang : 第3話 「夢から騙るアルマゲスト」
    • エルとアールは新発売パスタソースのCM撮影をする。二人だけの仕事はMARGINAL#4としてデビューしてから初めて。
    • リハーサルは順調だったが、本番に入ってから二人の周りでトラブルが立て続けに起こる。さらには、撮影現場で拾った指輪を着けたエルの様子が豹変する。
    • エルはアールをこれ以上騙せなくなり、番組のどっきり企画であることを伝える。
    • 四人はマネージャーから許可をもらい、逆どっきりを仕掛ける。
  • MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang : 第4話 「オフから爆ぜるラグランジュ」
    • マジフォーの通う学校は五月に文化祭がある。アトムは部で出店することを宣言するが、何の食べ物で出店するかでアトムとルイの意見が対立する。
    • アトムはわざとルイを挑発した。学校の行事に引き気味なルイにもっと楽しんでほしいから。ルイはそれが分かっていて挑発に乗った。
    • A5級黒毛和牛の焼肉 vs. ガレット→焼肉ガレット。くじ引きにはずれて部としては出店できなくなったが、アトムたちのクラスのコスプレ喫茶で出すことになった。
    • MARGINAL#4の先輩アイドルユニット「LAGRANGE POINT」の二人、牧島シャイと緋室キラがオフを利用して五月祭に来る。
    • ルイのクラスの演劇はセットが壊れて開幕できずにいた。ラグポの二人はゲリラライブで修復までの時間をつなぐ。
  • SUPER LOVERS 2 : #3 「white lie」
    • 零は日本で迎える初めての夏休みに、小野寺のじいさんに頼まれてバイトをする。かつて晴と住んでいたアパートの一室の片付け。バイトの理由を晴に教えようとしない。
    • 零の同級生、近藤紀里が犬を連れて遊びに来る。零に犬を調教してもらう。
    • 土用の丑の日はうなぎ→土曜の牛の日。
    • 見知らぬ男が零に声を掛けてくる。零がくさいので今日は退散する。
    • ごみの山の中に、犬の死骸があった。
    • この間の見知らぬ男が零を車に乗せて行く。
  • SUPER LOVERS 2 : #4 「see red」
    • 晴とよく似た雰囲気の斯波夏生は海棠兄弟の従兄弟。自分と会ったことを晴たちには内緒にしてもらう。
    • 零のバイトの理由は、公園の池に携帯電話を落としたから。
    • 零は夏生の家の鍵を返しに行く。リビングに続いて、寝室の掃除もした。子供の頃の晴の話を夏生から聞く。
    • 夏生の家に泊まってきた零は大金(バイト代)を持たされていた。夏生のことを言えないので大金の理由も明かせず、晴に冷たくされてしまう。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20170216

2017.02.15

[] 水曜日の視了……は先々週の分と先週の分。  水曜日の視了……は先々週の分と先週の分。を含むブックマーク  水曜日の視了……は先々週の分と先週の分。のブックマークコメント

  • TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より- : 第15話 「断罪の甲虫」
    • 明智から電話がきた。小林は花崎をなんとかしたいと訴えると、明智は「あいつがお前にしたことをやってやればいい」と助言して電話を切る。
    • 明智探偵事務所は殺害予告をうけた死刑囚、蕗屋清二の護衛を依頼される。明智探偵事務所を指名したのは蕗屋で、彼を捕まえたのは明智だった。井上はこの案件を渋るが、小林は引き受け、花崎にも知らせる。
    • 花崎は「ほんのりシティボーイ未満」ひでちゃんと会い、彼が率いるグループ「レッドビートル」に迎えられる。
    • 小林たちの乗るトラックが蕗屋を追うグループに狙われる。
  • TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より- : 第16話 「蘇る陰獣」
    • 小林たちは廃墟へ避難し、野呂が寄こした脱出用のヘリが来るのを待つ。蕗屋の連想ゲームに仕方なく答えていた小林に、変調が現れ始める。
    • レッドビートルは蕗屋に殺された女子の両親から、蕗屋を捕らえる依頼をされていた。花崎は少年探偵団とレッドビートルのどちらに就くか、心が揺れていたが、前者を選ぶ。
    • 小林は蕗屋をグループに差し出さない。探偵は依頼を投げ出さないから。
    • 明智が駆けつける。蕗屋はヘリに乗せられるが、そこで刺殺される。
  • エルドライブ : 03 「万引き犯を追え!」
    • パンツちらちら、宙太ドキドキ。
    • 自信がついてきた宙太は積極的になった。万引き犯と遭遇して、ドルーとの共生技を発動するが、犯人の身柄確保に失敗し、さらにはおばのミミを巻き込んで負傷させてしまう。
    • 落ち込んだ時に始める落ち込みクッキング。余計に作りすぎた。
    • 美鈴の話から、宙太は万引き犯が宇宙人だと知り、独自調査を始める。宇宙人の固体特有の「SPH(スペースフェロモン)」を追跡しようと、月の人ことメリエスに協力を頼む。
    • SPHには通常の物理攻撃は通用しない。美鈴のSPH→美鈴の分泌物。
    • 犯人のガームッシュ星人は美鈴の顔に貼りつき、窒息死させようとしてくる。宙太は共生技でガムを冷却して剥がす。
    • 宙太は最近になって、家族や周りの人たち、そして自分のこと、いろいろなことに気づいた気がする。そう思うと、エルドライブに入った意味もある。
  • エルドライブ : 04 「過去からの追撃者・その1」
    • 宙太は遭難して行方不明になった三人のことを話すようになった。いつまでも逃げていられないと思った。四人で埋めたタイムカプセルを探すが、なかなか見つからない。
    • 学校での朝礼中に、美鈴とドルーが気を失う。睡眠系SPHが使われたと推測されるが、犯人もその狙いも不明。SPHレーダーにも反応はなかった。城堀中学校にはこの日から二人の転校生が入っていたことが判明する。さらには巨大犯罪組織「デミル」の艦が太陽系に向かったとの報告が入る。
    • 転校生二人が同時に風邪で休んだ日、宙太のクラスに転校生がやって来る。成田ミキオはグッチーに似ている。
    • エルドライブ太陽系方面署はジャミングを受ける。デミルの艦から、宙太たちのSPHをレーダーに感知させない隠蔽線が照射されていた。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20170215