Hatena::ブログ(Diary)

オンライン依存性症候群 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016.09.25 黒は堕天使のアイデンティティ。

[] 日曜日の視了 午前の部  日曜日の視了 午前の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午前の部のブックマークコメント

終わるの4つ。

  • 甘々と稲妻 : 第12話 「あいじょーたっぷりお好み焼き」 (最終回)
    • 犬塚とつむぎは妻の一周忌に出かけた後、お好み焼き屋へ夕食を済ませに行く。自分でまぜまぜしてジュージュー焼くと思っていたら、作って出してくれるところだった。つむぎは騙されたと思っていじけて、犬塚はつむぎを叱り、泣かせてしまう。
    • 犬塚から話を聞いた小鳥は、次のごはん会をお好み焼きにする。初めてのお好み焼きの思い出がそれじゃ悲しいから。
    • 今回は恵もいるという話だったが、仕事の都合でいない。恵が来ると聞いたから来た八木は帰ろうとして引き止められる。
    • いつも大事に思っていると伝えるのも実行するのも難しい。親の心子知らず。
    • 犬塚も怒るの嫌い。でもつむぎがいけないことをしたら頑張って叱る。お好み焼き屋の時は上手に叱れなかったので謝る。
    • 仕事が早く終わったので、恵が来る。急いでたから衣装のまま。
    • 犬塚のお好み焼きがおいしいのは、つむぎへの愛情をたくさん籠めて作ったから。つむぎは犬塚の愛情をいっぱい食べている。
  • 食戟のソーマ 弐ノ皿 : 十二 「魔術師再び」
    • 創真の次の研修先は「SHINO'S」初の日本支店、「SHINO'S TOKYO」。プレオープンの一週間を、フランス料理店の調理場で過ごすことになる。
    • 最初の仕事大工仕事内装の仕上げ。
    • プレオープン初日、創真は作業が遅れ、コースに関わる全員に影響を及ぼしてしまう。
    • 創真は毎日叱責を受けてもあっけらかんとしている。新しい技をものにできるのがおもしろくて仕方ない。へこたれてなんかいられない。
    • プレオープンの最終日までいられることになった創真は、新作メニューのコンペへの参加を申し出る。
  • Rewrite : 第13話 「君とかわした約束」 (最終回)
    • 世界の終焉を告げる滅びの歌が響き、世界は魔物自然の脅威によって崩壊を始める。
    • 篝は夜明けのヒーコーの時間に目を覚ます。それを喜ぶ瑚太朗たちの前に江坂が現れる。
    • 瑚太朗は身体を書き換えて江坂に挑むも、攻撃が通じない。そこに静流が駆けつける。
    • 瑚太朗の中に篝がいるのは小鳥の処置。パワースポットから「鍵」が現れた日、小鳥は篝を迎えに行った。そこに瑚太朗が瀕死状態で倒れていた。小鳥は篝にお願いして、篝のリボンを瑚太朗の右腕に埋め込んだ。
    • 篝の力を瑚太朗から取り去り、篝に戻す。瑚太朗に空く「大きな穴」はぎるとぱにが埋めることにする。
    • 瑚太朗はこんな状況で篝ちゃんの胸を触って顔を叩かれる。篝は瑚太朗に世界を救ってもらおうとするが、瑚太朗は篝を殺せない。
    • (2nd Season (Moon編 / Terra編)は2017年1月放送開始予定。)
  • クオリディア・コード : code / 12 「燦然世界のクオリディア」 (最終回)
    • 求得がアンノウンに協力しているのは「女神様」に出会ったから。それだけのこと。
    • 愛離や求得を裏切れない青生は求得の側に就き、壱弥たちは「世界」の再現を妨害される。
    • 求得は身体の半分はアンノウンになっている。「世界」は使えなくてもそこそこ戦える。人間とは心の在り方。
    • 明日葉カナリアは青生を追う。カナリアの方は迷ったけどゲートの近くに出たので歌う。
    • 青生が倒れ、壱弥たちは「世界」を使えるようになる。愛離は舞姫によって仕留められ、ゲートと管理局は崩壊する。一行は眠っていた子供たちを取り戻し、関東を開放した。
    • 人間とは心の在り方。ヨハネスさんも求得と同じこと言った。
    • 子供の作り方を舞姫から訊かれてびっくりするほたる
    • 都市代表はやることがあったりなかったり(?)で、それぞれの都市へ戻っていく。
  • クロムクロ : 第二十五話 「鬼の見た夢」
    • ゼルたちはエフィドルグと敵対する勢力が今も存在することを知る。辺境矯正官は任務が完了した後に処分されるらしい。
    • 由希奈と剣之介は凱旋ではないが立山国際高校へ。宇宙人がいなくなったと思ったら、今度は世知辛い現実が待っている。
    • 纏い手になると毒物に対して過剰な反応を示すようになる。トムは煙草を吸えなくなる。
    • 剣之介とムエッタ、そしてフスナーニを調査したハウゼンは、彼らが不老であることを突き止める。脳が生きている限り、ナノマシン再生プログラムが働いている。
    • 仲間の仇を討つという復讐心と別の星を同じ目に遭わせてはならないという使命感から、ゼルは仲間とともにエフィドルグの艦を奪った。それを別の艦にぶつけた際、生き残った残党が地球に降り立った。ゼルたちはクロムクロを奪ったものの纏い手がおらず、助け出せた雪姫と剣之介を纏い手にした。それが450年前に起こったことの真実
    • ムエッタの記憶の中にあるのはゼルの星の風景だった。全てが嘘ではなかった。
    • ムエッタは行動の自由と引き換えにスタンチョーカーをつけられ、被検体のような扱いを受けていた。
    • 剣之介は由希奈をデートに誘い、ゼルとムエッタをゼルの星に連れて行く決心を伝える。由希奈へのプロポーズは反故になった。
  • ReLIFE : report 13 「告白」 (最終回)
    • 花火大会当日、お祭りが初めてな千鶴は待ち合わせに三分遅刻する。一行は花火までの時間を露店で過ごす。
    • 千鶴は人混みに酔ってくらくらする。了に腕を貸してもらい、腕を組んで歩く。新太はやたらひっついてくる杏がどうこうというよりも、了が千鶴と一緒にいるのが気になる。
    • 新太とほのか大神玲奈を二人きりにする。大神はタイミングを間違えて、人通りの多いところで告白する。告白しようと思っていた人からされて驚くのは玲奈も同じ。
    • 花火大会が始まる。大神玲奈はつないでいる手が気になっちゃって正直花火どころじゃない。
    • 新太と千鶴も二人きりになっていた。千鶴は出会えてよかったと新太に言う。新太はそれだけでリライフに意味があったように思えてくる。
    • 花火は少し切ない感じもする。派手で綺麗でテンション上がる分、消えるときは寂しいというか。
    • リライフ研究所関東支部の被験者001とは千鶴のことだった。
    • 大神と別の大学になってしまうかもしれないなら告白しないと後悔すると玲奈から聞いた千鶴は、離れる日が来ると分かっていて好きになるのは無駄なように思っていたが、二人を見てよかったと思った。
    • 新太は千鶴に告白しそうになるが、これから先の千鶴人生に自分はいないと言い聞かせて思い留まる。
    • 新太によって周りの人間は変わり始める。そこには了も含まれている。

[] 日曜日の視了 午後の部  日曜日の視了 午後の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午後の部のブックマークコメント

終わるの4つ。

  • ももくり : 第25話 「温泉旅行」/第26話 「ふたりのキモチ」 (最終回)
    • 温泉旅行
      • ももくんと栗原さんの待ち合わせ。ももくんは10分前に来ていたので手が冷たい→それを見ていた栗原さんの手はさらに冷たい。
      • 栗原さんからのクリスマスプレゼントは靴べら。材料はヒノキ手芸が全滅だから工作にした。
      • 旅館に着いて早々にお風呂直行した栗原さんは、覗き穴が開いてなくてがっかりする。開いていたとしても覗く勇気はないけど。
      • 雪が降る。雪が綺麗と言った栗原さんは自分の名前を連呼しているみたい。栗原さんの誕生日6月15日。大体の人に冬生まれ勘違いされる。
      • ももくんも雪が好き。天候の方というよりは。
      • ももくんを(物理的に)囲む会。柚姫と育絵と莉央の女子会に呼ばれたももくんは、それを栗原さんに見られてしまう。栗原さんは全く気にしておらず、ももくんとゆうちゃんのミニマム感をかわいいと思う。
    • ふたりのキモチ
      • ももくんは栗原さんの反応に苛立ちを隠せず、女子会から立ち去る。自分の「好き」と栗原さんの「好き」は違うのかもしれないと感じ始めていた。
      • 栗原さんがももくんを追いかけてくる。首をキュッと絞められるももくん。
      • ももくんは栗原さんに告白されたとき、思わずオーケーした。けれど一緒にいるうちに、栗原さんの一挙一動が嬉しくなって、愛おしくなって、好きになった。
      • 栗原さんはももくんを隠し撮りするだけだった。そのうち、いろんなももくんの顔を見るうちに、人柄や性格のよさが見えてきて、そんなももくんのそばに居られたらいいと思うようになった。
      • 二人の「好き」は違うけど同じくらい。
      • ももくんの食べた団子の串を欲しそうに見ていた栗原さん。ももくんが昨日のことを謝ったのは、栗原さんに変態と言ったことではなくて。
  • ラブライブ!サンシャイン!! : #13 「サンシャイン!!」 (最終回)
  • あまんちゅ! : 第11話 「猫と子猫のコト」
    • てこは初めての海洋実習のことを考えると緊張する。寝不足は美容とダイビングの敵。
    • てことぴかりはお散歩中のちゃ顧問を見かけて、後を追う。ちゃ顧問の秘密の散歩道に入ったところで尾行は終わり。
    • 地元通のぴかりも初めて来た道に入ったてこは、二人とも知らない道を一緒に散歩したいと思い、二人でさっそく実行に移す。
    • ぴかりとの思い出にはいつも色がある。色とりどりの世界。てこは声に出してた。
    • 二人は一匹の子猫を見つける。子猫は「ちゅぱりんぐ機能」つき。親猫がいないようなので、里親を探そうとする。その日はとりあえずてこが子猫を預かり、翌日はダイビング部の部室でお世話するが、真斗ちゃん先生にばれてしまう。
    • できることしかできないのなら、二人は今の自分たちにできることを精一杯やろうとする。命を預けてくれた子猫は二人のバディ。
    • 校長先生はちゃ顧問の飼い主。ちゃ顧問の本当の名はありあ。子猫が雌なので、ありあにお嫁さんが欲しかった校長先生子猫を引き取ることにする。今の自分にできることをしたまで。
    • 子猫はお姫と名づけられる。
  • この美術部には問題がある! : 第12話 「これからさきも」 (最終回)
    • 雨の降る放課後、みずきは傘がなくて帰れずにいたまりあを見つける。まりあは火属性っぽいから雨は弱点属性と思われるかもだけど案外水属性もいけるくちらしい。
    • まりあコレットと一緒に帰ることになる。そのコレットは合羽持ってた。
    • みずきはすばる鉢合わせまりあを傘に入れてあげるように伝える。
    • 傘を持って来ていないかおりはみずきの傘を借りて帰る。
    • すばるがみずきを待っていた。まりあはずぶ濡れになって帰って行ったし、みずきが友達に傘を貸したから。その友達ことかおりは傘を持って来ていたが、みずきをすばると相合傘にするため、わざとみずきの傘を借りて行った。
    • みずきはすばると一緒に帰った時、すばるが何か言いかけていたのが気になる。
    • みずきはすばるまりあに相談しているところを目撃する。すばるはうさみさんのことを好きになってしまった。うさぎの髪飾りもかわいいし、怒るとちょっぴり暴力キャラなところも、ときどきパンツ見せちゃうところも。
    • 諦めずに頑張れば、ちゃんと結果が出る。コレットさんはともかく。
    • 部室にはみずきとすばるの二人きり(……ではなく、部長ソファの陰に、コレットはロッカーに隠れている)。すばるはみずきに真面目な話を切り出す。
    • すばるが好きになってしまった子は二次元。愛は次元を超える。彼女の名前はウサミ。
    • すばるのお願いは、ウサミさんと宇佐美さんだとややこしいので、みずきのことをみずきさんと呼んでいいかということ。
    • みずきは返事を保留した。恋する乙女はめんどくさい。
    • 翌日、みずきはすばるのお願いを拒否する。「そんな簡単には……呼ばせてあげないんだから」。
    • すばるもちょうどよかった。宇佐美さんは宇佐美さんだから。ウサミに彼氏がいることが発覚した。「宇佐美さんには分からないでしょうね、好きになった人に好きな人がいるこの気持ちは」。
    • やっぱり嫁は自分で描かなくちゃ。すばるはみずきにとってほしいポーズがある。みずきならすばるもギリ我慢できる。
  • NEW GAME! : 第12話 「ひとつ夢が叶いました!」 (最終回)
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160925

2016.09.24

[] 土曜日の視了 午前の部……は先週の分も。  土曜日の視了 午前の部……は先週の分も。を含むブックマーク  土曜日の視了 午前の部……は先週の分も。のブックマークコメント

  • 境界のRINNE : 048 「死神 桜!?」
    • 魂子の家の蔵には、五万円の賞金首、黒ギツネの悪霊を祓うのにピッタリの死神の鎌が仕舞ってある。それを鯖人が質に入れようと盗み出すが、鎌には防犯結界が施されている。
    • 桜は鎌を拾い、持ち主と認定される。最低七体浄霊しないと鎌は離れないらしく、桜はしばらく死神の仕事をすることになる。
    • 追萩月はキツネその他の憑依型霊対応の、取り憑いた人間から霊を分離する追い出し機能を備えた鎌である。本来なら憑依した霊を浄霊するには、20円もする分離香で追い出さなければならない。だが追萩月は、その手間を省ける簡単浄霊が可能な銘品。
    • りんねはコーチになり、二人きりの浄霊特訓(桜の弁当つき)が始まる。五万円の黒ギツネなど、この充実のひと時に比べたら。確かに五万円の賞金を稼げば、コンビニグルメ買い放題。たまっている死神道具のツケも一気に払える。りんねは声に出してた。
    • 懸賞金に目がくらんだりんねとれんげは争い、それを黒ギツネに狙われて鎌を手放す。鯖人はりんねとれんげの鎌を持ったまま黒ギツネに憑依され、桜が追萩月で浄霊するしかなくなる。鯖人は憑依されても普段そのもの。
    • 黒ギツネは桜が持ってきたいなり寿司(かやく御飯)につられ、桜は黒ギツネを浄霊する。七体目だったので追萩月の持ち主認定も解除される。
    • 悪霊捕獲月間など特別な期間中は人間にも浄霊代が振り込まれるが、期間中じゃないので、黒ギツネにかかっていた懸賞金五万円はもらえない。普段はゆるいのに、そういうとこだけきっちりしている。桜はりんねの仕事の大変さが分かったし、無駄ではなかった。
  • 境界のRINNE : 049 「沫悟 再び!?」
    • 鳳はあの世のファンシーなチョーカーをりんねに無理やりつけようとする。チョーカー付属のファンシー背後霊が見聞きした様子は、霊的通信でモニタリングすることができる。小売価格三万円らしい。
    • そこに沫悟が現れ、二人の空白を埋めに来る。りんねと将来を誓い合った関係になる予定を信じて夢みている純粋な乙女を霊道へ追い出す。霊溶液シャボン玉(480円)に包まれた者は、割れると同時に霊道にはじき飛ばされる。沫悟は友情の証のプレゼントを渡して行くが、鳳と同じチョーカーだった。
    • 沫悟はりんねをあの世の学校交流会へと誘う。りんねは断ろうと思っていたが、六文の名案で、彼女のふりをした桜と一緒に参加することにする。桜も力一杯彼女を演じてみせるつもり。演じるのである。
    • 沫悟はりんねが彼女を連れてきたことを認めようとせず、本能的に聞くまいとする。遠くから沫悟に話しかけてくるあの方はクラスメートの杏珠。ほとんど口を聞いたことがないらしい。
    • オリエンテーリングのチェックポイントの神社で貰えるお守りは、学業、家内安全、縁結びの三種だが、それがうまくいかず迷っている霊に渡して成仏させる死神道具。それぞれ税込み500円の品をタダで三個もいただける。りんねはお守りに目がくらんで目的を忘れる。
    • りんねは沫悟から、桜のどこが好きかと訊かれ、天使のように優しいところと答える。よく食べ物をくれるし、時々金も貸してくれる。桜はりんねの言葉に怒るというより、がっかりする。
  • バッテリー : 第9話 「バックホーム」
    • 新田東中の一年生に門脇と瑞垣が加わり、三角ベースで遊ぶ。青波はピッチャーを務める。
    • 巧と二つ歳が違う門脇は青波からおじちゃんと呼ばれる。
    • 受験を終えた海音寺は久しぶりに野球部を訪ね、バッターボックスに立つ。巧の投球は乱れ、その中に威力のあるストライクがあった。海音寺は巧自身もコントロールできないほど球の威力が増したと推測する。
    • 瑞垣は門脇を挑発し、門脇は瑞垣を殴る。
  • バッテリー : 第10話 「その日を再び」
    • ご飯が炊けてないのは炊飯と保温を押し間違えたかららしい。
    • 世の中にどんなものがあって、自分に何ができて何ができないか、それを知った上で、それでも野球をやろうとする者が、野球を選んだと言える。
    • 巧と豪を任され、一人で悩んでいた海音寺は瑞垣に話してすっきりする。それに加えて宣戦布告する。
    • 豪は巧が巧の球を捕ったことがないと気づく。あの一球を捕った瞬間に感じたことを渡すつもりはない。
  • orange : LETTER11
    • 大晦日に菜穂と翔がケンカすると手紙に書かれていた。須和は菜穂を慰めて告白したことがきっかけで翔が亡くなったかもしれないと考えていた。10年後の世界では須和と菜穂は結婚しているが、この世界ではその道は選ばないと決める。
    • 菜穂はクリスマスイブに翔と二人で遊ぶ約束をしたが、翔の祖母が体調を崩したために会えなくなった。
    • 翔は祖母がいなくなったら一人になるとつぶやく。菜穂はひとりになんかならないと言い、その言葉が翔を傷つけてしまう。菜穂は今の自分なら大丈夫だと信じていたが、変えることができなかった。
    • 須和は菜穂を慰め、翔を追いに行かせる。
  • orange : LETTER12
    • 翔は母が離婚し、松本市に引っ越してきた。
    • 転校初日に母が亡くなり、翔は自分を責めるようになった。須和からサッカー部に誘われたが、以前に嫌がらせを受けていたので断った。東京にいた頃の同級生と会って母のことを相談して、その後に自殺しようとしたが未遂に終わった。
    • 翔は母の携帯電話を見つけた。母の離婚や引っ越しの理由、翔に部活をさせようとしなかったのは、翔が嫌な思いをすることがないよう考えてのことだった。
    • 10年後の菜穂たちは、ブラックホールが存在すると言われている海に手紙を流し、手紙だけタイムスリップさせることを思いついた。

[] 土曜日の視了 午後の部……は先週の分も。  土曜日の視了 午後の部……は先週の分も。を含むブックマーク  土曜日の視了 午後の部……は先週の分も。のブックマークコメント

終わるの4つ。

  • 七つの大罪 聖戦の予兆 : 第四話 「愛のかたち」 (最終回)
    • 〈豚の帽子〉亭は客が減ってきた。残飯の量が少なくて、ホークはガリガリ豚野郎になりそう。メリオダスはマーリンをウェイトレスに加え、看板シスターズを結成しようとする。マーリンは引き受ける代わりに依頼を持ちかけてくる。
    • メリオダスはギルサンダーを尾行する。マーリンによるとギルサンダーに何者かにつけ狙われている。同行していたゴウセルもかすかに魔力の発動を感じる。
    • ギルサンダーに惚れ薬を飲ませようとしていたのはビビアンだった。マーリンは弟子に「呪いの婚約」の指輪をはめさせ、ビビアンがギルサンダーに魔力を行使できないようにする。
    • 依頼をこなしてもらったので、マーリンは看板シスターズに加わるが、歌や踊りがあると聞いて早速脱退する。4人目の看板娘(ゴウセル)と不動の残飯スター(ホーク)は看板シスターズ入りを却下される。
    • TV新シリーズ制作決定。
  • スカーレッドライダーゼクス : Track.12 「LAST GIG」 (最終回)
    • ナイトフライオノートの総攻撃が始まり、スカーレッドライダーはタクトのもとへ赴く。
    • 紅の月が地球に接近する。アキラはついに選択を成し遂げ、流星となって輝く。
    • Odd-I'sのライブにスペシャルゲストが加わる。フルメンバーでアキラに捧げる曲を演奏する。
  • 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! : 第11話 「愛すればこそ」
    • 強羅は別府兄弟のもとにいた。
    • 嫌な予感がする錦史郎は、熱史にメールを出してみる。熱史はスマホをトイレに落としていた。
    • 黒玉湯にダダチャがいた。防衛部はダダチャを捕らえ、強羅の居場所を知る。
    • 閑職に追いやられたズンダーが現れる。ダダチャはズンダーの弟。兄弟なのに種が違う。ズンダーはシビアな家庭問題を抱えているらしい。
    • 生徒会が留学から帰って来る。熱史からのメールの返事が来なかったから。
  • 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! : 第12話 「愛は地球を救う!」 (最終回)
    • カエルラ・アダマスはアイドル対決に加わらない。
    • バトラヴァスーツには高度な科学力でプラシーボ効果による自己回復システムが装備されている→つまり気のせい。
    • 強羅はハシビロ先輩に声をかけられ、「ちょっと試し」でマキシマムゴウラーになった。マキシマムゴウラーは「地球滅亡できるかな?」では悪役だったが、意外な人気者になってしまった。めつかなが放送打ち切りになり、別府兄弟はゴウラーとつながるためにギャラクシーアイドル「VEPPer」になったが、その頃始まっためつかな2がウケた。地球人初の宇宙トップアイドルになって帰って来るはずだったVEPPerはバトルラヴァーズに戦いを挑んできた。
    • 現在の有基と過去の有基の魂が共鳴して、暴走しかける。それを先輩ズが止める。アイドルのアイはラブの愛。バトルラヴァーズはウルトラモアベターバージョンになる。
    • 風呂に入るまでが防衛部。黒玉湯に新しい仲間が増えた。
    • 俵山先生はウォンバットの仲間が持ってきた「命」によって無事生き返ったらしい。良かったですね。
  • 初恋モンスター : 第11話 「見ちゃダメ!奏の秘密日記」
    • 夏歩は奏の日記を内緒で読んでしまう。そこには貞子という子のことが綴られていた。
    • 真冬は修吾のパンツを盗んで穿いていた。風呂は覗いても、心の中を書いた日記は覗かない。ギリでオッケーなのは、部屋の様子を聞き耳立てたり、入浴を見守ったり、体調管理のため残り湯を飲んでみたり、脱ぎたての靴ののにおいをを嗅ぐわって見たり、よそ見した隙にお箸を自分のと取替えっこしてみたり。
    • 好き過ぎると、好きな人のものは何でも欲しくなる。噛んだガムとかかんだ鼻紙とか。大谷は夏歩に届いた郵便物や夏歩の携帯電話を毎日欠かさずチェックしている。夏歩になりきってメールの返信したり。
    • 奏は運動会のお知らせを紙飛行機にしていた。修吾は町内会の慰安旅行に行くので、華すみ荘のみんなが運動会を見に行く。
    • 借り物競争に参加した耕太のお題は女装。カズは初恋のあの方と再会する。
    • レンレン音頭。
    • 夏歩は奏と二人きりで話をする。貞子は人面犬だった。
    • 奏は夏歩と一緒にいられなくなる。
  • 初恋モンスター : 第12話 「ラブノーマル×アブノーマル」 (最終回)
    • 奏と夏歩は華すみ荘に暮らす高校生。
    • 奏は夏歩を、というか早退届のハンコをかけて多賀先生とローラースケート対決。多賀先生の異名は「転がしのATU-SEE」とか「Mr. ローリングエタニティ」とか「ロールの玉手箱」とか。
    • 耕太は俳人になっていて、嵐は写真家。
    • 夏歩には黙っていたが、奏はアイドルをやっていた。彼女になってと夏歩に言いたかった。
    • 夏歩は白昼夢から戻ってくる。
    • 奏は貞子に噛まれた。人面犬に噛まれた者は人面犬になる。
    • 貞子を獣医に連れて行った敦史によると、貞子は人面犬ではなくただのブサイクな犬。奏は人面犬になんかならない。
    • 夏歩は怒った勢いでぐちぐちがたがた。語尾にうん○ちん○ついてる。これが大人の女性の下ネタか。夏歩ちん、いや夏歩○んちん。
    • 貞子は華すみ荘で飼われることになった。奏は捨てられている貞子を見たとき、夏歩にそっくりで、夏歩が捨てられているみたいで放っておけなかった。
    • 貞子は○んこある。貞子の子は○んこのこからとった。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160924

2016.09.22

[] 代休日の視了 午前の部  代休日の視了 午前の部を含むブックマーク  代休日の視了 午前の部のブックマークコメント

終わるの1つ。

[] 代休日の視了 午後の部  代休日の視了 午後の部を含むブックマーク  代休日の視了 午後の部のブックマークコメント

終わるの1つ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160922

2016.09.19

[] 休日の視了 午前の部……は主に先週の分。  休日の視了 午前の部……は主に先週の分。を含むブックマーク  休日の視了 午前の部……は主に先週の分。のブックマークコメント

1

  • エンドライド : XXI 「対峙」
    • エミリオは一人で和信のもとへ向かう。和信は血のつながりがなくても瞬のことを愛している。これからも家族として共に歩んで行きたいと思っている。
    • エミリオは和信の言葉を瞬に伝え、父親と向き合った上で後悔しない答えを選ばせようとする。
    • パスカルたちは瞬がエンドラに来た方法を発見する。エンドラの始祖が遺した高度な技術の一つに、空間転位装置のパリンブルがある。瞬はパリンブルを体内に取り込み、エンドラと地上を行き来できるようになった。
    • 和信は人々の生活をよりよくするためにエンドラへ行き、ウォープ粒子という新たな資源を手に入れた。ウォープ粒子を地上へ供給することで、環境汚染やエネルギー問題の一部は解決された。その人々の中にエンドラの人間は含まれていない。
    • パリンブルが発動し、瞬とエミリオはエンドラへ戻ってくる。
  • 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! : 第10話 「愛と喝采の日々」
    • 有基がため息をついた。眉難ランドが閉園になるらしい。
    • 先輩ズはしょっぼい眉難ランドの閉園に納得するものの、下げすぎたところもあったので有基を眉難ランドに招待する。眉難ランドは最終日なのに人が少ない。
    • 書類32枚にも及ぶ設定がある回転木馬怪人はただの無駄尺でしかない。
    • 「地球滅亡できるかな?2」があるなら1もある。強羅は先代のバトルラヴァーズで、別府兄弟を怪人から助けたことがあるらしい。
    • 防衛部が黒玉湯に戻ってくると、薪割りスキーの強羅が、薪割りの途中で姿を消していた。
  • SERVAMP-サーヴァンプ- : 第10話 「ロウレス」
    • 誰も彼もがモブだと諦観するロウレスは、何も目指さず何も望まず、何も努力しない奴に自分を語る権利などないというリヒトの言葉に激昂し、リヒトをインナーワールドへ呑みこむ。
    • ロウレスはオフィーリアのことが好きだった。オフィーリアは二つの国の平和を実現するために犠牲となったが、彼女のつなげた平和は二つの国ごと隣国に滅ぼされて消え、ロウレスは誰も生きることに意味なんてないと諦観するようになった。
    • ロウレスはリヒトによって、望めば何にだってなれたのに、自身とオフィーリアの欲しいものをまとめて手に入れる理想を想像/創造できなかったことを気づかされ、何も諦めないと決める。

2

  • DAYS : 10th day 「この程度の挫折ごときで俺は負けない」
    • 聖蹟は犬童に風間をマンマークでつける。しかし「一対一マスター」かおるちゃんは5分も経たないうちに同点ゴールを決める。
    • 風間は格の違いを見せつけられる。初めて知った敗北の味はうまいもんじゃない。
    • 風間は犬童のシュートを顔面ブロックする。負けるわけには行かないから、つくしを見てきたから必死になれる。
    • 君下と大柴は犬猿の仲だが、試合に勝つために一時休戦。
    • 大柴の体力が尽き、つくしと交代する。
  • DAYS : 11th day 「この輝くような日々を明日に繋げるために」
    • つくしがピッチに入ろうとした時、パンツが落ちる。ナイスつかみ。
    • 風間は再び犬童のマンマークにつく。現状は犬童の方が上でも、つくしと二人がかりなら超えられる。
    • つくしのシュートは成神に止められる。
    • 犬童は成神を見ずにオーバーヘッドパスを出し、成神は二点目を決める。
    • 聖蹟は残り5分で死ぬ気で攻め、フリーになったつくしにボールが渡る。
  • チア男子!! : EPISODE 09 「太陽の涙」
    • イチローは妹がデートするようで心配になっていた。現場に来て相手を調べようとすると、そこに弦が来た。弦はイチローの誕生日プレゼントを選ぶ妹につき合っただけ。
    • 銀さん銅さんに翔の動画が送られてくる。高城コーチは翔のファンに送るつもりだったものを間違って送った。
    • 最近様子のおかしかったカズが無断で練習を休むようになる。ハルはカズの祖母が入院する病院に行くと、そこにカズもいた。
    • カズは嘘をついていたことをハルに告白する。元気だと伝えていた祖母はカズのことも分からなくなっていた。チアをすれば祖母が自分のことを思い出してくれるかもしれないと思ったから、カズはチアを始めた。
    • ハルたちはカズを応援する。BREAKERでチアをやることが、カズがチアをやる理由になった。

[] 休日の視了 午後の部……は主に先週の分。  休日の視了 午後の部……は主に先週の分。を含むブックマーク  休日の視了 午後の部……は主に先週の分。のブックマークコメント

  • 七つの大罪 聖戦の予兆 : 第三話 「初恋を追いかけて」
    • (9月19日はハウザーの誕生日。)
    • ディアンヌは朝早くに出かけて行った。キングは心配になって後を追いかける。
    • ディアンヌは町の修復を手伝っていた。人々を怖がらせたことや町を壊したことを謝りたくて、許してもらえなくても何か手伝いをしたかった。町の人々も、先の戦いでディアンヌにひどい仕打ちを謝っても許してもらえないと思っていた。
    • 二人は町の中で追いかけっこをする。ディアンヌを捕まえられたキングは、昔の記憶が戻ったんじゃないかとディアンヌに質問する。ディアンヌからの答えはキスってことで。
    • キングは頭を打って気絶する。すごくいいことがあった気がするけど思い出せない。
  • D.Gray-man HALLOW : 第11夜 「隠されたもの」
    • クロスを殺したのは枢機卿だった。アレンを助けようとしたリンクは枢機卿によって視界を奪われ、アレンはリンクが殺されると思って、イノセンスで枢機卿の額を貫いてしまう。
    • ティキとロードが現れる。枢機卿の正体は人間でも適合者でもなく、「ハート」を護るためだけに存在する自律型イノセンス「アポクリフォス」。ノアは「ハート」の手掛かりを七千年もの間探していた。
    • リンクはアレンたちを逃がし、アポクリフォスに胸を貫かれる。
    • 教団はノアとともに逃亡したアレンのエクソシスト権限を凍結し、ノアと識別する。
  • スカーレッドライダーゼクス : Track.11 「Not Of This Blue Earth」
    • 紅の世界より現れた敵はタクトだった。アキラを引き渡せば青の世界に干渉しないと告げる。
    • アキラはタクトの意思を確かめるためリュウキュウへ戻ることを決め、ヨウスケたちもタクトを連れ戻しに行く。タクトが戻ってきたらおしおきタイムのしいたけパーティー。
    • NAMACOから俺の潮に戻った。
    • アキラはハコによって紅の月へ連れて行かれる。二つの世界がつながり、ナイトフライオノートによる総攻撃が始まる。
    • 石寺とグランバッハは世界の再生手段を奪い合うため、ゲームと呼ばれる戦いを始めた。石寺とそのサブスタンスであったグランバッハは最初のアキラと出会い、再生を目の当たりにしたが、石寺は青を、グランバッハは紅を願い、どちらの世界も再生に選ばれなかった。アキラは世界の自己修復機能が生み出した仕組みの一部。殺されては蘇り、戦闘ユニットの教官を繰り返してきた。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160919

2016.09.18 ケロリン大魔王。

[] 日曜日の視了 午前の部  日曜日の視了 午前の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午前の部のブックマークコメント

  • 甘々と稲妻 : 第11話 「おゆうぎ会さつまいもクレープ
  • 食戟のソーマ 弐ノ皿 : 十一 「スタジエール」
    • スタジエールとは外部の様々な料理の現場に派遣され、実践の空気を学ぶカリキュラム。合格基準は研修期間内に目に見える実績を残してくること。
    • 創真の最初の研修は、秘書子こと緋沙子と二人一組で「洋食三田村」へ。二人は三代目オーナーシェフからサインを求められる。将来世界中に知られるスターシェフになるかも知れないから。
    • 静かだった店は一瞬で満席になり、オーダーが殺到する。三田村はもともと地元客ばかりが来る店だったが、最寄り駅に新幹線が停まるようになり、乗車前の客が一気に来店するために捌ききれなくなっていた。
    • 二人は順調に研修をこなしていたが、創真は実績を残すということが何か違うと思っていた。三田村は変わらないといけない。二人がいなくなったら今までと同じ状態に逆戻り。忙しかったら臨時で人を投入すれば店は回るが、根本的な解決にはならない。
    • 三田村は緊急会議を開き、創真の提案どおり完全予約制になる。二人の第一のスタジエールは合格となる。
    • 緋沙子はえりなの後を歩いていることに安心しきっていて、それ以上のことは考えもしなかった。これからは後じゃなくて隣に立って歩けるように変わればいい。本当に貫きたいものがあるなら、体面切ってしがみつく。
    • 創真はえりなに貸すと約束していた漫画を緋沙子に渡す。
  • Rewrite : 第12話 「滅びの歌」
    • 小鳥の結界が破壊され、地竜を連れたミドウが入り込む。瑚太朗たちは魔物たちが地竜と戦っているうちに、秘密基地を後にしようとする。
    • 小鳥のとっておきは彼女の両親。10年前の事故の後、ドルイドになった小鳥が最初に作った魔物だった。
    • 瑚太朗は追ってきたミドウを一人で相手にするが、そこにガーディアンバイアーン帯剣緑地騎士団が駆けつける。ミドウは瑚太朗と篝を逃がし、騎士団と交戦するが、限界を迎えて命を落とす。
    • 静流は瑚太朗たちのもとに合流する。一行がいるのはガイアの「石の町」。
    • 本当の篝は生き物ではなく、救済を起こすだけの、人間の形をした現象。
    • 瑚太朗たちは風祭に召還される。街に魔物が現れ、森が広がっていく。
  • クオリディア・コード : code / 11 「双極のファミリア
  • クロムクロ : 第二十四話 「血戦の黒部ダム
  • ReLIFE : report 12 「ダブルパニック
    • 低血圧な千鶴は三つ編み眼鏡さん(杏)のイラッとするほどの元気さに嫉妬する。嫉妬は本当に血圧のことなのか。
    • 「了」や「カズ君」と「海崎さん」の差に納得いかない新太。
    • 新太は夏休みに浮かれるが、期末テストの再試は夏休み中もある。
    • 一学期を無事に終えた飲み会の会場は新太の家。頼めば研究所から届けてもらえるし、何といっても経費で飲める。
    • みんなと仲良くなった新太は、一年限定の青春でみんなに忘れられてしまうことに切なさを感じていた。
    • 新太は大神に恋のお話をけしかける。気づいたら仲間内で独り身は自分だけということに→自爆する新太。
    • 新太は玲奈が後輩くん(上岡)と一緒にいるところを見かける。大神は玲奈が車に乗せられそうになっていたように見えて、飛び出していく。玲奈は熱中症ぽかったらしい。
    • 大神は玲奈を駅まで送る時に、玲奈のことが好きだと自覚した。玲奈を花火大会に誘って告白すると決める。

[] 日曜日の視了 午後の部  日曜日の視了 午後の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午後の部のブックマークコメント

  • ももくり : 第23話 「waku! waku! クリスマス」/第24話 「風邪の日に -part 2-」
  • ラブライブ!サンシャイン!! : #12 「はばたきのとき」
    • ラブライブ!予備予選合格者が公表される。Aqoursはいない?→エントリー番号順だったから後の方にあった。
    • 梨子もピアノコンクールで賞を取った。今度は9人全員揃って「ラブライブ!」へ。
    • お祝いにお刺身
    • 今回の予選で学校の名も知れ渡ったはずなので、学校説明会も期待できそう。参加希望者の数は……0だった。
    • μ'sがこの時期には廃校を阻止したことを知った千歌はμ'sとAqoursのどこが違うのか、μ'sの何がすごかったのか、見て考えるために再び東京へ行くことにする。
    • ダイヤ東京敵対視している。小さい頃に迷子になったことがある。トラウシじゃなくてトラウマ
    • 梨子は「おみやげ」がいっぱい。「カベドン!!」とか「カベクイ!!」とか。
    • 千歌はある人と話をする約束を取りつけていた。東京神社、すごい人→まさかSaint Snowだった。
    • A-RISEを見てスクールアイドルを始めたSaint Snowは、A-RISEやμ'sの何がすごいのか、何が違うのか、考えたことがある。しかし答えは出ず、勝って追いついて同じ景色を見るしかないと思うに至った。
    • 9人は音ノ木坂学院を見に行き、μ'sは何も残していかなかったことを生徒から聞く。物なんかなくても心はつながっている。校舎に向かって一礼する。
    • 千歌はμ'sのすごいところに気づく。みんなの夢を叶えるために、何もないところを思い切り走ったこと。μ'sのように輝くということは、背中を追いかけることじゃなくて、自由に走ること。
    • Aqoursの向かうところは0を1にすること。
  • あまんちゅ! : 第10話 「今日という一日を迷うコト」
    • 日曜日、てことぴかりは二宮家を訪ねる。けっこう探したけど、自分で探すから楽しい。二人は姉ちゃん先輩というお宝をゲットした。愛は恥ずかしくて仮想誠を足蹴にする。
    • 愛は今日何をしようか迷っていた。迷って結局何もしないこととかありまくり
    • 二人のお目当てはログブックログブックダイバー日記。たくさんあっててこは迷う。迷うのも楽しいぴかり。
    • ダイビング部全員、違う柄の同じログブックで超仲良しって感じ。
    • 三人は水着バーゲンに遭遇する。バーゲンとは言え水着はお高い。見るだけにするか買うか迷った末、結局買っちゃった。
    • 三人は海女人屋で予定外の海水浴
    • てこはぴかりに話さなくちゃならないことがある。二人はバディだと火鳥先生から言われて嬉しかったけど、プール講習に合格してもまだまだで、命を預け合うことができるかも分からないし、でも海に潜るのは楽しみで、迷っているうちに後ろ向きの気持ちが強くなってくる。
    • ぴかりもけっこうしょっちゅう迷っている。特に何かを始めるときは。迷うのは今に満足してないから。迷うのはいいこと。迷うこと自体、今をもっと楽しくするためのチャンス。
    • てこはプール講習に合格する。次はいよいよ海洋実習。
  • この美術部には問題がある! : 第11話 「団結!空き缶!文化祭!」
    • 月杜祭の季節。去年の美術部は何もしなかったと聞いて、夢子は美術部に相応しい出し物を見つけようとする。
    • 空き缶を集め始める夢子。コレット先生って貧乏人なんですか?」→お金に困って売ろうとしているのではない。文化祭の出し物に空き缶アートを提案するが、嫁を描くのに忙しいすばるは乗ってこなかった。コレット先生ってかわいそうな人なんですか?」
    • デザイン案を話し合う。美少女→却下。ヒーロー→却下。
    • みずきは絵の具を案に思いつく。そこにまりあが来る。まりあコレットを探して来た。すばるとは日直でずっと一緒だったまりあが羨ましいみずき。
    • 絵の具にもう少し派手さが欲しい→魔結界を破り、神秘なる雫を大地に与える→絵の具が少しこぼれたデザインにしてみる。
    • パーツで作って合体させる。コレットまりあの合体。みずきはすばると合体する気でいた。
    • プルタブを剥がす→缶を洗う→乾かす。このプロセスをほんの30回。部長飽きて寝る。
    • 真なるは滅却されし器。しかし輪廻転生の機会を得て、いずれ巨像になる者たち。
    • 「捨てるなら、私がもらおうリサイクル」。コレットはエコマンになる。
    • ストックの空き缶がゴミと間違われて捨てられてしまう。美術部は部長の案で、ジューススーパーで安く仕入れ学校で売る。どこで買おうが学校で飲めば、それは学校のゴミになる。
    • 演劇部から借りた衣装が少しきついまりあ。みずきは普通。夢子は衣装が入らなかったので着ぐるみで。まあまあどころでなくインパクトある。
    • 二年男子はすばるジュース早飲み勝負を挑んでくるが、二つの意味すばるに負ける。
    • 空き缶アートが完成するが、分解しないと運べない大きさだった。
  • NEW GAME! : 第11話 「リーク画像が昨日、ネットに出てましたよ!」
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160918

2016.09.17

[] 土曜日の視了 午前の部……は主に先週の分。  土曜日の視了 午前の部……は主に先週の分。を含むブックマーク  土曜日の視了 午前の部……は主に先週の分。のブックマークコメント

  • 七つの大罪 聖戦の予兆 : 第二話 「二人の喧嘩祭り」
    • 王都奪還の戦いの最中に交わした約束通り、メリオダスとバンは対峙する。二人だけの喧嘩のはずが、なぜかたくさんのギャラリーがいた。見物人を呼んだのはホークだった。ギルサンダーはドキドキワクワクが止まらない。
    • 恋する青春ボーイ(キングとハウザー)もディアンヌを巡って喧嘩を始める。ギルサンダーは興奮が収まらない。
    • キング弱い。でも試合に負けて勝負に勝った。
    • メリオダスとバンは隠していた「とっておき」を出しても決着がつかなかった。ケリは次に持ち越し。
    • メリオダスは彼を殺すようバンに依頼した女神族の角笛をぶっ壊しておいた。あれはただの笛じゃなくてホラ吹き。
  • エンドライド : XX 「過去」
    • 瞬は和信に銃を向けられる。エミリオは化宝具を出すことはできなかったが、瞬と共に逃げ出すことに成功する。
    • エンドラを発見した和信は、小さな町工場が世界の一流企業に並ぶことを確信した。しかし生まれてくるはずだった子が亡くなってしまった。
    • 和信はデルザインの息子が病に罹っていることを知り、地上で治すために預かることにした。アルゼルムを殺害し、完成させたバベルを閉じた。
    • エミリオと瞬はいとこどうし。
  • D.Gray-man HALLOW : 第10夜 「絶望の罪人」
    • 千年伯爵は近いうちにアレンを迎えにくると言い残し、生き残った第三エクソシストを連れ去る。
    • 幽閉されたアレンは完全黙秘を続けていた。
    • お待ち丼。
    • リンクはジェリー料理長にお粥を作ってもらい、アレンのもとに運ぶ。
    • アレンは「14番目」の覚醒が始まり、苦しみ出す。そこに眼鏡枢機卿がやってくる。
  • スカーレッドライダーゼクス : Track.10 「Stay or Go」
    • 俺の潮じゃなくてNAMACO。
    • スカーレッドライダーはナイトフライオノートとの戦いに勝利したものの、払った犠牲は大きかった。サブスタンスも泣いていた。
    • ヨウスケはタクトを失った実感がなくて泣けなかったが、今度の夏にタクトがいないことに気づき、涙を流す。
    • タクトを追い続けていたヨウスケは前へ進むことを決める。
    • Odd-I'sはタクトが遺した新曲を演奏する。
  • 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! : 第9話 「愛の化学物質」
    • 別府兄弟は宣戦布告してから一か月半も無視されていた。バレンタインデーを防衛部との決戦の日に定める。
    • 麦飯のチョコレート粥。
    • 別府兄弟は防衛部にチョコレートを届ける。唐辛子の成分入りのブラックチョコにより、有基はドキドキしていい気持ちになり、モフりまくる。
    • VEPPerが地球や人類を滅ぼそうとしているわけではなさそうなので、防衛部はやっぱスルー。
    • 別府兄弟の取り巻き「Apes」はバレンタインデーにチョコレートをもらったことがない。
    • 有基一人でチョコレート怪人を元に戻す。有基はApesのアイドルになる。別府兄弟は有基にモフモフされて退く。
  • SERVAMP-サーヴァンプ- : 第9話 「おれはまちがってない」
    • ギルデンスターンたち着ぐるみ集団は椿と対峙する。真剣なんだろうけどギャグみたいに見える。
    • 御園はリヒトとロウレスがホテルの最上階と最下層に引き離されていると考えていたが、それが椿の狙いだった。椿側の目的は「強欲」を餌に「傲慢」をつぶすこと。
    • 最下層に誘われた御園の代わりに、鉄とヒューは最上階へ向かう。
    • リヒトとロウレスは壁を隔てて拘束されていた。リヒトは拘束と壁を壊してロウレスと向き合う。
    • 真昼はクロの記憶を見る。サーヴァンプはC3からの依頼で、彼ら七人を生み出した人物を殺すか否かを多数決で決めた。クロは一人でその人物を殺し、そのことをずっと後悔していた。

[] 土曜日の視了 午後の部……先週までの分。  土曜日の視了 午後の部……先週までの分。を含むブックマーク  土曜日の視了 午後の部……先週までの分。のブックマークコメント

  • 初恋モンスター : 第9話 「ひそやカニ♡ラブソング」
    • 帰省した夏歩を、兄の大谷が待っていた。大量のこけしは寂しさを紛らわせるために作ったらしい。アメリカに行っていたらしい。
    • 夏歩の食べたり使ったりしたものを集める大谷。
    • 奏は敦史と一緒に、夏歩の実家へ到着する。大谷は夏歩の元彼と対面し、奏に勝負を挑む。対決の内容は「だるまさんがころんだ」。
    • 負けを認めないのは母の教えに反する。それでも奏は夏歩を敦史に渡すことはできない。夏歩のいない世界は暗黒大地魔王に支配された地獄のようだった。
    • 「LOVEソング TO夏歩」。
  • 初恋モンスター : 第10話 「たまにはまっとうなラブコメでも」
    • 奏は夏歩と結婚の約束をする。一行はエチゼンガニを買って華すみ荘に帰って来る。
    • エチゼンガニを頭に装備させられる夏歩→カニ子捨てられた。
    • 華すみ荘では修吾と真冬が結婚式を挙げていた。真冬はママとして、淫行女子高生の魔の手から奏の家を守るつもり。修吾は催眠にかけられていた。
    • カニ子の目つぶし→真冬は嵐を盾にする。カニ子の切り裂き→耕太がパンツ一丁にされた上に剥かれる。
    • 修吾は妻以外好きにならない。もう会えなくても。
    • カップル量産で耕太壊れる。童貞の発作。
    • ウェディングケーキと一体化する夏歩。
    • 奏は反応が薄くなったカニ子を復活させるため、風呂に入れに行く。大谷がいた。知らないおっさんではなく知ってるおっさん。
    • 夏歩は「あまあま」な下着姿を奏と敦史に見られる。奏は無反応だった。
    • 二階堂大谷29歳おうし座A型は耕太の部屋の押し入れに住みついた。
    • エチゼンガニは越前地方で水揚げされるズワイガニのオスのブランド名。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160917

2016.09.16

[] 金曜日の視了……は先々週の分とか先週の分とか。  金曜日の視了……は先々週の分とか先週の分とか。を含むブックマーク  金曜日の視了……は先々週の分とか先週の分とか。のブックマークコメント

  • 91Days : Day 8 「帳の陰」
    • ローレスに連邦取締官のデルフィが着任する。デルフィはマフィアの一掃を宣言し、密造酒の販売店を摘発する。
    • アヴィリオはデルフィに捜査を止めさせるため、彼の家族を手にかけることを提案する。デルフィは妻子を殺されかけ、マフィアに屈して捜査を打ち切る。
    • コルテオはアヴィリオに突き放され、ネロに関する情報をファンゴに流す。ネロの暗殺は失敗に終わり、ヴァネッティ・ファミリーでは裏切り者探しが始まる。
    • スクーザからローレス・ヘブンのレシピを手に入れたファンゴはコルテオが用済みになり、ネロに裏切り者の正体を明かそうとする。コルテオはそこでファンゴを殺害した。
  • 91Days : Day 9 「黒ずんだ野望」
    • コルテオは身柄を拘束され、ファンゴとヴァネッティの両ファミリーから拷問されるが、決して口を割ろうとしない。アヴィリオは表には出さずとも苛立っていた。
    • コルテオがヴァネッティの屋敷から逃げ出した。その後、アヴィリオにコルテオから電話がかかってくる。明日の電話までにアヴィリオがネロを殺さないと、コルテオの命はない。
    • ネロはヴィンセントからドンの座を受け継ぎ、ファンゴ・ファミリーはヴァネッティの傘下に入る。
    • アヴィリオはネロがラグーザ一家襲撃に参加した時、誰も撃てなかったことをネロから聞き出す。
  • モブサイコ100 : 008 「兄ペコ〜破壊意思〜」
    • モブは超能力に覚醒した律に「おめでとう」と声をかけるが、律は仲良し兄弟を終わりにして、モブと勝負しようとする。
    • 二人の様子を見つめていた誇山は圧倒的な強さを見せ、律をどこかへ連れ去ろうとする。
    • モブは100%になって誇山に反撃する。誇山は超能力での勝負では分が悪くなり、律を連れて退く。
    • アロマ暴走特急。
    • テルによると、律を連れ去ったのは世界転覆を目論む超能力者組織「爪」。
  • モブサイコ100 : 009 「“爪”〜第7支部〜」
    • モブとテルの前に、「爪」の幹部の寺蛇が現れる。油断してきつい拷問にかけられたのは寺蛇の方。
    • 二人は「爪」第7支部の施設へ向かい、侵入を阻止しようとする寺蛇を倒す。
    • 律たちは教育係により洗脳させられそうになり、脱出を試みる。
    • 施設に入ったモブたちは誇山と再び出くわす。今のモブは相手に気を使う余裕がない。
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない : 第22話 「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
    • 吉良のスタンド「キラークイーン」の特殊能力は触れた物を爆弾に変える。好きな時にスイッチを入れれば、相手は内部から爆破される。
    • 重ちーは瀕死の重傷を負いながらも、一瞬の隙をついて吉良から逃げる。クレイジー・ダイヤモンドに傷を治してもらうために仗助のもとへ向かう。しかしキラークイーンは既にドアノブに触れており、重ちーは跡形もなく消滅する。
    • スタンド使いが「ふり向いてはいけない小道」の前に集まる。仗助はハーヴェストが拾ったボタンを承太郎に預ける。
    • 康一は洋服屋の訊き込みを続けていた承太郎と会い、「靴のムカデ屋」で同じボタンの服を見つける。店主に客の名を教えてもらおうとすると、そこにスタンドが現れる。店の中には吉良もいた。
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない : 第23話 「シアーハートアタック その1」
    • キラークイーンの第二の爆弾「シアーハートアタック」が店主を爆破する。康一は吉良を追おうとするが、承太郎は注意深く観察して行動するよう促す。
    • シアーハートアタックはスタープラチナのラッシュを受けても破壊されない。爆発してもその場に残り、何度も二人を狙ってくる。熱を感知して自動追撃する。
    • 康一は慎重な行動をとる承太郎に納得がいかず、エコーズを出して犯人を捜す。そこにシアーハートアタックが向かってくる。承太郎はスタンドが離れて身を守れなくなった康一を救うために火を起こすが、シアーハートアタックの爆発に巻き込まれて重症を負う。
    • 康一はシアーハートアタックの弱点に気づき、しっぽ文字の熱を追い続けさせる。その間に仗助に電話するが、敵を引きつけるためにつけたコンロの方が熱くなり、シアーハートアタックが突っ込んでくる。
    • エコーズACT2がACT3に進化する。「3 FREEZE」は殴ったものを重くする。シアーハートアタックは道路にめり込んで動きが鈍くなる。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160916