Hatena::ブログ(Diary)

オンライン依存性症候群 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016.07.01

[] 金曜日の視了  金曜日の視了を含むブックマーク  金曜日の視了のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160701

2016.06.30

[] 木曜日の視了  木曜日の視了を含むブックマーク  木曜日の視了のブックマークコメント

  • テラフォーマーズ リベンジ : 12 「STRENGTH OF WEAKEST 持たざる者の魂」
    • ウォルフたちオペレーターはコントロールルームに辿り着き、ハッキングを開始する。しかしあと少しという時、マン・イン・ザ・シェルを着用したテラフォーマーが侵入してくる。
    • 慶次と西はコントロールルームからの音に気づく。西はハッキングを阻止するか紅を守るか、慶次は何を殴ればいいか、選択を迫られる。
    • 慶次の拳に西の発勁を合わせ、テラフォーマーを倒す。
  • 甲鉄城のカバネリ : 第十一話 「燃える命」
    • 生駒は浜に流れ着く。逞生を喪い、無名に刺されたことで萎縮していた。カバネがいたが、怯えて戦えなかった。
    • 甲鉄城は金剛郭に到着する。菖蒲は美馬の芝居につき合い、美馬を捕縛したことにして将軍の興匡と会う。
    • 美馬は興匡が将軍の座を巡って暗闘していた頃、恐怖に駆られた興匡に小刀で傷付けられた。興匡はそれ以後も美馬を恐れ、疎み続けた。
    • 父親である将軍と再会を果たした美馬は、興匡をカバネ化させて兵士を煽る。興匡は兵士に撃たれ、美馬に心臓を刺される。金剛郭に入った克城はカバネを放つ。
    • 生駒は来栖と再会し、無名が融合群体の心臓になることを知らされて再び奮起する。誇れる自分になると誓い、カバネ化を促進する黒血漿を打ち込む。
  • 暗殺教室 第2期 : 24時間目 「卒業の時間」
    • 殺せんせーは瀕死になり、殺し時を迎える。楽しい時間は必ず終わる。
    • E組の生徒たちは殺せんせーを殺したくないが、殺したいと答えを出し、殺せんせーは満足げに頷く。E組全員で殺せんせーの触手を押さえ、心臓を刺す役は渚が担う。
    • 殺せんせーは最後にE組28人の出欠を取る。
    • 渚は手の震えが止まらなくなるが殺せんせーに落ち着かせられ、全身で礼をするようにナイフを刺し出す。
    • 教室に戻ると、全員分の卒業証書と卒業アルバム、そして生徒それぞれのアドバイスブックがあった。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160630

2016.06.29

[] 代休日の視了 午前の部  代休日の視了 午前の部を含むブックマーク  代休日の視了 午前の部のブックマークコメント

終わるの5つ。

[] 代休日の視了 午後の部  代休日の視了 午後の部を含むブックマーク  代休日の視了 午後の部のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160629

2016.06.26 キモ気持ちいい。

[] 日曜日の視了 午前の部  日曜日の視了 午前の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午前の部のブックマークコメント

終わるの4つ。

[] 日曜日の視了 午後の部  日曜日の視了 午後の部を含むブックマーク  日曜日の視了 午後の部のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160626

2016.06.25

[] 土曜日の視了 午前の部……は先週の分を含む。  土曜日の視了 午前の部……は先週の分を含む。を含むブックマーク  土曜日の視了 午前の部……は先週の分を含む。のブックマークコメント

  • 聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ : 第12話 「リターン・オブ・ダークドラゴン」
    • 一行はサラートの呼び出したドラゴンに、ナンブーコの館まで連れて行ってもらうが、館のある球体に近づいた時にドラゴンは撃ち落とされる。
    • サラートはバッハロッパがナンブーコの命により造った魔導人形。黙っていたのは訊かれなかったから。ナンブーコは兵器を望んだがバッハロッパは美しさと優しさを与え、捨てるふりをして逃がした。
    • ヒイロとサラートはナンブーコとともにバルバゴアへ移動する。ナンブーコは三国の兵士とダガンゾートを融合させようとしていた。
    • サラートはナンブーコの命令には逆らえない呪文が組み込まれていた。ダガンゾートを呼び出すためにヒイロと戦うよう命じられる。
  • 甲鉄城のカバネリ : 第十話 「攻め上ぐ弱者」
    • 甲鉄城の人々は狩方衆の管理下に置かれ、血を採取される。
    • 生駒は克城の機関室を占拠する作戦を企てていた。鍵束を持った者が血を運びに来る夜を待ち、実行に移す。
    • 巣刈が狩方衆の側に就いたのは芝居だった。克城の情報を生駒に流していた。
    • 生駒は先頭車両まで辿り着くが、扉を開けられない。美馬は反乱が起きると踏んで、機関室の鍵を束から抜いていた。
    • 逞生は生駒を庇い、美馬の銃に撃たれる。生駒は無名に刺され、克城から転落する。
  • 暗殺教室 第2期 : 23時間目 「ラスボスの時間」
    • 殺せんせーは二代目死神との戦力差を工夫で埋める。こればかりは年期の差。
    • 柳沢は二代目にE組を襲わせ、殺せんせーが生徒を庇うように仕向ける。
    • 茅野は殺せんせーが回復する時間を稼ごうとするが、二代目に貫かれる。
    • 殺せんせーは全ての感情を乗せた純白のエネルギーを放つ。柳沢は地の盾に叩きつけられ、二代目は即死を免れたものの、殺せんせーの持つ対触手ナイフに貫かれる。
    • 殺せんせーはバトル中に茅野の血液や体細胞を全て拾い、保管していた。生徒が学校でどてっ腹をぶちぬかれた時の対処マニュアル通り、蘇生手術を行う。
  • ジョーカー・ゲーム : 第11話 「柩」
    • ドイツ国防軍の諜報機関アプヴェアのヘルマン・ヴォルフ大佐は、副官を務めるヨハン・バウアー中尉とともに、ベルリン郊外で起きた列車事故の調査に赴く。事故に関係するとみられた男の所持品からスパイ道具を見つけ、尋問すると、男は犠牲になった真木克彦から盗んだと自供する。
    • ヘルマンは22年前に魔術師と呼ばれた日本人スパイを尋問した際に逃げられ、その時に左目を奪われた。D機関を設立した結城こそが魔術師であり、真木はその部下であると主張する。真木の家を捜索すると同時に、真木の遺体をベルリンの病院へ運ばせ、24時間体制での監視を命じる。
    • 真木の乗っていた列車の行き先を知ったヘルマンは、真木は情報を報告し終えた帰りだったと気づき、病院へ向かう。真木の遺体は写真と異なる部分があった。面会者の確認をすると、遺体を移す前の病室に紳士が来て、人違いだったと帰っていったという。ヘルマンは結城が真木からリストを回収したと確信する。
  • テラフォーマーズ リベンジ : 10 「NO PLACE TO HIDE 群体」
    • アネックス奪還に動いていた慶次たちは爆に発見され、マルコスが爆と交戦する。
    • 慶次たちはアネックスに入ることに成功するが、艦内に細菌が充満していた。オニヤンマ型テラフォーマーが現れるが慶次にノックアウトされる。
    • 爆は複数いる。手術ベースはチャツボボヤで、「出芽」という無性生殖を行う。DNAは同じだが独立した人格を有し、それぞれが将来の夢を持っている。爆はそれを無限の可能性と呼んでいる。
  • 影鰐-KAGEWANI- 承 : Episode 11 「進化」
    • 番場と木村は雲南省の廃村に辿り着く。かつて蟲毒の儀式が行われた場所にはナギもいた。
    • 無数の影鰐が忍び寄る。ナギは音叉と刀を用いて一方的に影鰐を蹂躙するが、逃げた分裂体は本体と融合する。本体には音叉も効かない。
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない : 第11話 「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」
    • テレビゲームをしていた仗助の前にレッド・ホット・チリ・ペッパーが現れる。レッド・ホット・チリ・ペッパーはスタンドの成長を確かめたくなり、承太郎と戦う前に仗助を比較に選んだ。クレイジー・ダイヤモンドも成長していることを知り、承太郎倒すのをもう少し待つことにする。
    • 翌日、仗助たちは承太郎に呼び出される。スタンド使いを見つけ出せるジョセフが杜王町の港に到着することになっており、彼を守るために集まった。
    • 電気の通っていない野原にいたにもかかわらず、一行の前にレッド・ホット・チリ・ペッパーが現れる。バイクのバッテリーに潜んでいた。
    • 兄の敵討ちをしようとする億泰はレッド・ホット・チリ・ペッパーを追い詰めるが、レッド・ホット・チリ・ペッパーは億泰を心理戦に乗せて地下の電気ケーブルを掘り起こさせる。億泰はケーブルに引きずり込まれるも、右腕を切断されていたのでクレイジー・ダイヤモンドにより身体が戻ってくる。

[] 土曜日の視了 午後の部  土曜日の視了 午後の部を含むブックマーク  土曜日の視了 午後の部のブックマークコメント

終わるの1つ。

  • ジョーカー・ゲーム : 第12話 「XX ダブル・クロス」 (最終回)
    • ベルリン・アルゲマイネ社の記者、カール・シュナイダーにドイツとソ連の二重スパイの疑いがかけられていた。D機関の小田切(飛崎弘行)はシュナイダーを監視していたが、その最中にシュナイダーは謎の死を遂げる。
    • 機関員たちは結城中佐の指令を受けて調査に乗りだし、小田切はシュナイダーの恋人だった野上百合子と、彼女と同じ劇団に所属する安原ミヨコの再調査を命じられる。小田切はその指示を不審に思った。シュナイダーが死亡した日、百合子は通し稽古に出ていたため、アリバイは完璧だった。
    • 劇団員宛ての花を回収した人物を追跡すると、ソ連のスパイたちが情報を受け渡す花屋に行き着いた。スパイたちは特定の花を使って情報を送っていた。シュナイダーが接触していたスパイの一人はミヨコだった。小田切は百合子が親代わりに自分を育ててくれた女性に似ていたため、彼女に気をとられてミヨコの感情に気がつかなかった。
    • 捕らわれないということは、この世界の何物も信じないこと。飛崎は感情を完全に捨て去った機関員との差を思い知らされ、彼らのようにはなれないと至り、D機関へ退職願いを提出する。飛崎は次の配属先が満州となり、結城に見送られる。
  • テラフォーマーズ リベンジ : 11 「SILENCE OR VIOLENCE 不言の拳」
    • 一・二班のエンジニアたちは防護服の確保に走る。しかし防護服を着た二体のテラフォーマーが残りの防護服を壊していた。
    • 二体のテラフォーマーは紅を狙ってくる。爆は紅をコントロールルームに入れて一人で交戦するが、紅も戦おうとする。そこに西春麗が駆けつける。
    • 慶次が突っ立っているのは西が裸だから。周囲に溶け込んでいてもシャコだから見える。
    • 慶次は西から攻撃されても立ち上がる。女は殴らないし仲間たちも殺させない。
  • 影鰐-KAGEWANI- 承 : Episode 12 「決戦」
    • 番場はクローンの影鰐を解放し、自らも奇獣化しながら、オリジナルとの闘いに挑む。
    • ナギは彼女を守りながら戦う番場に母親の姿を重ね、番場と共闘する。
    • 木村の胴体には、音叉と同様の周波数を反響させることで、影鰐細胞の影響を制御し、その力を利用する機関があった。木村は影鰐を体内へ取り込み始める。
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない : 第12話 「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」
    • レッド・ホット・チリ・ペッパーはバッテリーのついた何かでジョセフの乗った船へ乗り込むかもしれない。承太郎は億泰と二人で船に向かい、仗助と康一は本体を捜すために港に残る。
    • 本体の方から姿を現した。音石明はギターを持っている。将来の夢はウルトラスーパーギタリストになって激しく熱く生きること。ライトハンド奏法ができる。
    • 確固たる自信があった音石は反省し、町中の電力をレッド・ホット・チリ・ペッパーに集中させる。今までやらなかったのは、これをやるとしばらくは杜王町一体の電力がゼロになるから。
    • 仗助はレッド・ホット・チリ・ペッパーを絶縁体のタイヤに閉じ込める。レッド・ホット・チリ・ペッパーはタイヤをぶち破るが、タイヤの空気がパンパンだったので海に落ち、拡散する。
    • 船を待っていた仗助と康一は、音石がいなくなったことに気づく。音石は泳いで船に乗り込み、スピードワゴン財団の船員になりすましてジョセフを狙っていた。どちらの船員が本体か、億泰は選択を迫られるが、倒すことができた。二人ともぶん殴るつもりだった。
    • 仗助はジョセフと初めて対面する。ジョセフは船を降りようとしてふらつき、仗助に手を引かれる。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160625

2016.06.24

[] 金曜日の視了  金曜日の視了を含むブックマーク  金曜日の視了のブックマークコメント

  • 境界のRINNE : 036 「夏祭りの怪」
    • りんねはミホとリカから夏祭りに誘われる(ボディーガードのかわりに)。そんな無駄な事に使う金は一円もないが、桜も行くと知り、よんどころのない事情がある場合に限り参加もやぶさかでは。
    • 帰り道、桜は噂になっていた「踊る人」と遭遇し、りんねのもとへ相談に向かう。魂子によると霊の逆流現象が起きている。不法投棄された簡易霊道がこの世に紛れ込んでいる。その簡易霊道を回収したら金一封貰えるらしい。
    • 簡易霊道から大量の蚊の霊が出てくる。霊だから刺されたりしないが、耳障りな音を聴くと追い払わずにはいられない。りんねは封印紙と採血キットを使い、死神の血で簡易霊道を封印しようとする。しかし採血虫に血を吸われて貧血を起こす。霊道は魂子が閉じた。今は鎮魂香で蚊の霊を鎮めるのが主流らしい。
    • ミホとリカや翼と夏祭りに行った桜は、女子とデートするりんねを目撃する。あんな笑顔のりんねを見たことない。りんねは営業スマイルしてた。
    • りんねは的場ナツミから仕事の依頼をされた。ナツミは毎年彼氏と夏祭りに行くが、なぜかいつも彼が射的をやると言い出して、なぜかいつも射的の的に同じぬいぐるみが置いてあって、なぜかいつも彼はそれを取ろうと必死になり、なぜかいつも彼がひどい目に遭って、なぜかいつも真っ青になって去っていく。何かに呪われていると思うので、その因縁を断ち切りたかった。りんねとナツミは原因の「何か」を誘き出すためにカップルになりすましていた。
    • りんねたちの前にナツミの祖父の霊が現れる。祖父はクマのぬいぐるみを獲れないと成仏できない。十年前の夏祭りで孫のために頑張ったが獲ってやれず、寿命を迎えた……というのは嘘で、孫のデートを邪魔していた。
    • りんねは祖父の執着の念を断ち切らせるため、クマを獲ろうとする。射的一回五百円。弾は五発で一発百円。相場である。散財してダメージを受ける。
    • ナツミはクマの隣のおしゃれセットが欲しかった。勘違いしていた祖父はお詫びに何か買ってあげようとするが、20万円のバッグと聞いて急いで成仏する。
    • ナツミには本命の彼氏がいた。仕事が終わったりんねはみんなで祭りを廻るが、ナツミとデートしていた時のような笑顔は見せなかった。あれは営業スマイルだから。笑顔でなくても楽しい。
  • 虹色デイズ : 第23話
    • 3学期の初日、杏奈は帰りがけに夏樹から遊びに誘われたが断る。
    • 杏奈たちは女子どうしでファストフード店に集まり、幸子から東京のお土産をもらう。
    • 幸子は剛とそれなりにキスをする。希美は恵一に強引にキスされたい。まりはキスしたことがあると知られるが、相手が智也なことは言わない。
    • 夏樹たちも来て、杏奈は気まずくて店を出る。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160624

2016.06.22

[] 代休日の視了 午前の部  代休日の視了 午前の部を含むブックマーク  代休日の視了 午前の部のブックマークコメント

終わるの1つ。

[] 代休日の視了 午後の部  代休日の視了 午後の部を含むブックマーク  代休日の視了 午後の部のブックマークコメント

終わるの2つ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miscellanea/20160622