Hatena::ブログ(Diary)

オンライン依存性症候群 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009.05.31

miscellanea2009-05-31

[] "夢 and 夢" or "夢 in 夢"  "夢 and 夢" or "夢 in 夢"を含むブックマーク  "夢 and 夢" or "夢 in 夢"のブックマークコメント

二度寝した結果、先に見た夢の内容を、後に見た夢の中で話すという事態が起こった。

[] かいおん!…怪音、当然のことながら  かいおん!…怪音、当然のことながらを含むブックマーク  かいおん!…怪音、当然のことながらのブックマークコメント

Bump Foot5月27日に4才となり、これが5年目の最初のリリースです。

緒言

2008年、自身のレーベルからのソロリリースはありませんでした。実に、2007年10月のnight walker EP (bump046)以来となります。お世話になっている、あるいはお世話になっていたネットレーベルレビューサイトの名前をトラックタイトルに据えたEP。そのEPのタイトルは、自分のダイアリーです。

リリースノート

コメント

  • 正直言って、bump sideにカッチリはまるのかどうかが怪しいです。一応、どのトラックバスドラムがバスバスドラドラバスカッシュ!てな具合にドラドラ跳満ですが、全てが4つ打ちであるわけではありません。ミニマルハウスとかミニマルテクノとかを飛び出して、IDMとかに向かおうとか思い始めていた頃とかの、パラダイムシフト(?)とかを企てていたりとかして、「揺れる思いはマシュマロみたいにふわふわ」な時とかの影響とかがあります。まあ結局、まだミニマルの中に在るわけで。
  • 正直言って、各サイトイメージにカッチリはまるのかどうかが怪しいです。制作時、曲に名前はなく、大抵、制作開始の日付を仮の曲名にしていました(これは昔からの習慣)。このEPに於いて最初に完成したのはTr. 1 (4月の上旬頃)で、これになんとなく思い浮かんできた「Music Forest」と名前をつけてみたところ、自分の中ではしっくりきたため、「じゃあmasayuki氏のサイト名をかります!」という流れになり、そこから「お世話になっている、あるいはお世話になっていたネットレーベルレビューサイトの名前がタイトルのEP」なる企画が始まりました。よって、「このサイトにはこんな曲だっ!」という感じで制作されたものではありません(その「感じ」はごく僅かに込められているのですが)。曲が完成したところで、各サイトの名を(無断で)引用してきたのであります。サイトを知っている人がトラックを聴いて、「こんなの、あなたじゃない!」とか感じても、それは至極当然のことであります。実に、失礼な話ですが。
  • 正直言って、FL studioのSytrusを使いすぎです。2007年は正弦波を多用していましたが、あのノリが今度は、購入して制限なしで使えるようになったソフトシンセにまわって来たようです。Tr. 1, 2, 3に、Sytrusを使用しました。Tr. 4には、その正弦波と、bedroom EP (Tropic, tro38)の全曲に使用したあのサンプルを使用しました。そんなTr. 4は、他の3曲と比べて少し異色な位置にいると思います。気だるげパッドとどんちゃかパーカッションの対比とか。
  • 正直言って、BPM遅めです。100〜110の範囲に収まっています。意図的に、BPMの差が2に設定されています。意図的に、BPMが奇数に設定されています。この「奇数のBPMで2ずつ違えている」というのは、tatsu vs. zucchini - collaboration 2 by 2 EP (bump005)でもやったことがあります。
  • 正直言って、これと似た雰囲気のEPが、一昨年の拙作のpublic holidays in May (bump034)です。「ゴールデンウィークの思い出」EP・2009年版とでも言えるような位置にいます(そういえば、去年のやつは制作が頓挫してました。4曲中2曲できていて、残りは半ばでストップしていたのです。最近になってそのうちの一つが進展を見ましたが)。アルバムアートは、今年の5月連休、実家に行った帰りに、「おしん」で知られる銀山温泉に日帰りで行ってきたときの写真をただ切り出しただけです(「public holidays in May」のも、「night walker EP」のも、単なる写真の切り抜きですよ)。うっすらと見える人影は、私です。「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれる能登屋旅館も見てきました。名物の「はいからさんのカリーパン」も食べてきました。ガス燈が灯る夕方に行ければ尚良しだったのですが、スケジュールの都合上こういう旅程でありました。

結言

聴いて頂けると幸いです。特に、ターゲットにされてしまったサイトで、今でもアクティブに活動されているサイト中の人は、何か一言お寄せ頂けると幸いです。自身のサイトに記して頂けると幸いです。

追記 (2009年06月02日、思い出したように)

Music Forest
斯様な雰囲気を醸しているのは、「Final Fantasy VI」の「迷いの森」に通じるところがあるとかなんとか。曲が完成したとき、なんとなく森っぽいイメージがあったので、Music Forestがしっくりきたのかなぁ、とか云々。
Discriminant
サイト名にStrictに準ずるなら、「kaiの」も含めるべきかと、脳内議論で揉めまくったとかなんとか。「Kai's Discriminant」とか「Discriminant for Kai」などの候補が在ったが、より抽象的というか…他のサイト名が固有名詞を含んでいないということからそれに倣い(?)、「判別式」のみとなった。「D = b^2 - 4ac」な感じ(何処)。「G→A→G→A→」の反復を基にした、Bのマイナーコードを念頭に置いた(多分)トラックで、DもBもAも含まれているけれど、Cの音が存在しない。従って 4ac = 0 となるから、D > 0 で、2つの実数解を持つことになる。
Underground Worldwide
広大な感じというのを出したかったのだが、最初のコードが浮かんで、それに続く展開でループを拵えたとき、我ながら恐るべしと思った。ポテンシャルを感じつつも自分らしくない感じがして、コードだけ作ったところでお蔵入りになるかと思っていたが制作続行、アレ(何)な感じを少し紛らわすために、バスドラムにはちょっと乱れ打ちしてもらった。
Couper Decaler
出だしのパッド音をサンプルとして使うと、やっぱりこんな雰囲気になるのが自分のトラック。しかし、なかなか陽気に打ち叩くパーカッションが、今までの傾向を覆す…はず。

[] 休日の視了  休日の視了を含むブックマーク  休日の視了のブックマークコメント

  • バスカッシュ! : 第9話 「アイドルアタック!」
  • 戦国BASARA : 第9話 「甲斐の虎、御勅使川に死す!」
    • 織田は薩摩を皮切りに長崎まで、九州を攻めていた。
    • 政宗は回復。幸村は信玄から槍を賜る。
    • 佐助から、家康が明智光秀に討たれたとの情報が。次は、政宗か信玄か、あるいは謙信か。
    • 謙信とかすがのもとへ、佐助の配下を名乗る忍の女が。その正体は濃姫。
    • 謙信は濃姫の銃に撃たれる。かすがが身を挺して助けようとしていたのだが、逆に謙信がかすがを庇った。
    • 甲斐では、大雨で、竜王の堤が決壊しそうに。そこに光秀が。
    • 信玄は堤防を守りつつの戦いを強いられる。光秀の一撃で堤防が決壊、信玄も一撃を受ける。
  • 宇宙をかける少女 : 第21話 「小さな勇気」
  • タユタマ-kiss on my deity- : 第8話 「誘惑に染まる瞳」
  • 東のエデン : 第8話 「あらかじめ失われた道程をさがして」
    • 滝沢は、ジョニーが白鳥に狩られる夢から覚める。
    • 大杉は今回の件とは関係なかったらしい?ともかく無事だった、大杉のジョニーともども。
    • 東のエデンが滝沢と組むならば、大杉はサークルを抜けるらしい、プライドもあるし。
    • 大杉は、滝沢と森美が一緒に歩いているのを見た。
    • そして滝沢は東のエデンの部室へ。登記の件。
    • 近藤の携帯は、ここでは直せそうにない。ここで板津ことパンツなる人物を紹介され、滝沢と森美とみっちょんは京都へ。
    • 大杉は、東のエデンシステムで、滝沢を調べていた。そして多くの偽名。
    • パンツが引きこもったのは、「一張羅ズボンを風に飛ばされたから」?
    • パンツこと板津、森美とみっちょんを買い物に行かせる。
    • 板津はセレソンのことを調べているらしく、滝沢がセレソン携帯を見せたことで中に入れる。
  • ハヤテのごとく!! : 第9話 「乙女心が求めるものは……」
    • 地下迷宮での戦いからアバウト3週間位、ソニア・シャフルナーズワタルビデオ店の前にて。
    • ソニアはワタルに一目惚れ、しかしワタルは13歳。
    • 意を決して入店。ワタルの笑顔にやられまくり
    • ソニア、貴嶋サキを恋敵と見たか。
    • ビデオを返しにきたハヤテ、ソニアに首を絞められながら貴嶋サキについて問い詰められる。
    • ナギの誘拐に失敗したあの二人が。貴嶋サキを誘拐。ソニアにとっては「神の思し召し」。
    • ソニアは、ワタルとのキスと引き換えに、サキの救出を申し出る。
    • ハヤテが追いついたときには、大破した車と犯人がいて、サキにはかすり傷一つなかった。
    • 数日後→ソニア、また借りに来るために、続き物を一本だけ。
    • サキは、ワタルとソニアが話しているのを見て、殺意のようなものが。
    • 牧村志織桂雪路→雪路に彼氏はいるのか、と。志織の恋人はエイト
    • 雪路の中では、ねるとんはまだ終わっていない。
    • 雪路はもう28歳。ここ数年、彼氏のことも結婚のことも考えたことがない。
    • ヒナギクを見る雪路。
    • 雪路は三千院家に来て次の社交会はいつなの、と。ぶっちゃけた。
    • 6話ぶりのクラウス。社交会は今夜に。
    • マリアさんも彼氏のことで動揺したり。
    • 雪路は薫京ノ介のもとへ、恋愛の心得を訊きに。ギャルゲー名人だから。
    • 雪路は京ノ介みたいな2次元ジゴロには興味ない。
    • 雪路は生徒会三人娘のもとへ、社交会の心得を訊きに。実践あるのみ。
    • 雪路と生徒会三人娘、ナギと夜のドライブに行こうとしていたハヤテを捕まえる。瀬川泉に告白する「実践」を。
    • ナギは雪路に、本当に彼氏が欲しいのかと問う。
    • 三千院家執事、究極の処世術「営業スマイル」。
    • 雪路、男より酒。「結局、何だったんだ?」
    • ハヤテとナギ、ドライブで海岸にて。
    • 雪路が飲んだくれて社交会はぶち壊し。
    • マリアさんは今宵もアンニュ〜イ。
  • 初恋限定。 : 第8話 「チョコレート・ボマーの憂鬱
    • 山本大魔王の動向が、多くの人々のその後に影響を及ぼす、ということか。
    • ひそひそバリアー。
  • 咲-saki- : 第8局 「前夜」
    • 決勝を翌日に控え。
    • 清澄麻雀部は皆でラーメン。部長のおごり。
    • 和はラーメン初体験なのか。
    • 来年はまこが部長になる。同級生ではなかったのか。
    • 小さい頃の和は、専らネット麻雀だったが、転校先で優希と出会ってから変わった。
    • 風越女子、キャプテンのためにも勝たなくては、と。そのキャプテンパソコンのケーブルに絡まった。
    • 対戦4校のそれぞれ。
    • エンディングがまた変わった、というか、元に戻った。
  • 夏のあらし! : 第8話 「勝手にしやがれ
    • いつも本編の後にあるあれをアバンに。
    • 潤は、女であることをいつまで隠し続けるのか。
    • マスター、一と潤を買い出しに→すいか大特価!「税込500円」。
    • 買い出しの帰り。一は4つ、潤が2つ。それでも潤にはきついか。一が5つ持つことに。
    • 近道。爆撃を受けていない神社。自動販売機。手持ちはすいかのお釣りの120円だけ。
    • 牛乳。賞味期限切れ。2ヶ月前に。液体とは違う感触。未開封。
    • マスターはタイムトリップで、牛乳を過去に持っていくように提案するが。既にいたんだものを過去に持っていっても、それはいたんだままなのではないかと。
    • みかんジュースを買い、それを一と潤で回し飲み。
    • 潤が階段を踏み外し、一が助けようとするが、二人で階段を転げ落ちる。
    • ここで、一と潤の中身が入れ替わった。
    • あらしさんとカヤ、マスターの真似をする。中身が入れ替わったことを信じていない。
    • 一@潤が弁当をかきこむ一方で、潤@一は食べない。太ることを気にしている。
    • 「あのー、塩ください。」+「塩ください。」
    • 一@潤がトイレに行く。潤の秘密に触れる一大事。潤@一は阻止する。その阻止を振り切り。一@潤、潤の「タマ」がなくなっていることに気づく。
    • 一@潤、一の「タマ」の無事を確認したがる。それをマスターに見られる。
    • 「塩ください。」
    • トイレまだだった。潤@一はアッパーで一@潤を気絶させ、目と耳と鼻を塞いで「用を足させる」。
    • 「やあ君、塩、もらえるかな?」→塩谷さんより先に。というか、塩谷さん、まだもらえてないらしい?
    • これからどうするか。元に戻るのを待つか、入れ替わったままで生活するか、入れ替わったままで元の自分を貫き通すか。
    • 富士山」。
    • 元に戻ると仮定して、勝手な行動をしていると、戻ってから誤解を解くのが大変。元に戻らないと仮定したときも、人格どおりの行動をすると、周りから人が変わったように誤解される。
    • これからは、見た目の身体に合わせて行動する、元に戻るまで。
    • 「オレ上賀茂っす」。
    • 「あ、君、塩もらえるかね?」→塩谷さん、やっぱりもらえない。
    • 潤@一はカヤに、潤が女であることを、一@潤に言わないように求めるが。
    • 牛乳の件で、2ヶ月前にタイムトリップすることに。想定外の事態。存在が矛盾を起こす可能性。
    • 一@潤と潤@一、牛乳を持って自転車で逃げる。マスターが追ってくる。マスターに牛乳を投げつけて裏道へ逃げ込む。
    • 神社。みかんジュースを買い、それを一@潤と潤@一で回し飲み。
    • 潤の財布。潤のお金で買っていた。一@潤と潤@一の言い合い。二人の背後にマスターが。
    • 逃げる二人と追うマスター。マスターが缶に足をひっかけて、三人で階段を転げ落ち、グラサンが巻き添えに。四人が四人入れ替わり、「つづく」。
  • 涼宮ハルヒの憂鬱 : 第09話 「ミステリックサイン
  • けいおん! : #9 「新入部員!」
    • 唯「軽音楽部に、待望の入部希望者がやってきました」
    • 紬「お名前は何ていうの?」→梓「あ、中野です…」→律「パートは何やってんの?」→唯「好きな食べ物は?」→律「中学校はどこだった?」→澪「落ち着けお前ら」
    • 梓「えっと、1年2組の中野梓といいます、パートギターを少し」
    • 梓「よろしくお願いします、唯先輩」→唯「唯先輩…先輩…先輩…!」→律「おーい、帰ってこーい」
    • 唯「とりあえず、なんか弾いて見せて」→梓「まだ初心者なので下手ですけど」→唯「大丈夫、私が教えてあげるから」→澪「ほう、早くも先輩風吹かせてるな」→梓「そ、それじゃあ…」
    • 澪「う、上手い…」→唯「私より断然」→一同唖然
    • 梓「あれ?どうしよう、なんか変な雰囲気、やっぱり私の演奏が下手だったから…ごめんなさい、やっぱり聞き苦しかったですよね」→澪「ああいや、そういうわけじゃ…」→唯「ま、まだまだね!」→律「唯、いつまで見栄張ってるんだよ」
    • 梓「私、もう一度唯先輩のギターが聞きたいです」→唯「え?あー、えーっとー…」→ひらめいた→唯「うっ!ライブぎっくり腰になったからまた今度ね」→澪「…苦しい」
    • 律「とにかく、入部してくれるっていうことでいいんだよね?」→梓「はい、新歓ライブの皆さんの演奏を聞いて、感動しました、これからよろしくお願いします」→唯「うう…まぶしすぎて直視できません」
    • 梓「ああ、そうだ、入部届です」→律「確かに受け取ったから、明日からよろしくね」→梓「はい、それじゃ失礼します」→梓、音楽準備室をあとに→唯「私、どうしよう」→律と澪「練習しとけ」
    • 翌日→梓「こんにちは」→律「元気いっぱいだな」→梓「はい、放課後が待ち遠しかったです」→律「それじゃあさっそく」→梓「練習ですか?」→律「お茶にするか」→梓「ええっ!?」
    • 紬「梓ちゃんもどうぞ」→梓「あ、あの…音楽室でこんなことして大丈夫なんですか?」→律「大丈夫大丈夫ー」→さわ子が入ってくる→梓「あの、これは…」→さわちゃん「私ミルクティーね」→梓「ええっ!?」
    • さわ子「顧問の山中さわ子です、よろしくね」→梓「よ、よろしくお願いします」→梓『綺麗な人だな…』→さわちゃん『猫耳とか似合いそうね』
    • 紬「お菓子もどうぞ」→会話が弾む→梓「ここ、軽音部だよね、あ、もしかして、私の自主性が試されてるのかな」→梓、音出し→さわちゃん「うるさーい!」→梓、泣き出す→律「さわちゃんのアホー!」→さわちゃん「だって、静かにお茶したかったんだもん」→律「言い方ってもんがあるだろ」
    • 澪「ごめんな、あの先生ちょっと変なの」→紬「気にしないでね」
    • 唯「さ、ケーキ食べよ」→律「ティータイムがうちの売りだから」→…→紬「梓ちゃん?」→梓「こんなんじゃだめですー!」→澪「おっ、キレた!」
    • 梓「皆さんやる気が感じられないです!」→律「いやー、新歓終わったあとだったし」→梓「そんなの関係ありません、音楽室を私物化するのもよくないと思います、ティーセットは全部撤去すべきです!」→さわちゃん「それだけはかんべんしてー」→律「なんで先生が言うんですか」
    • 律「まあとにかく落ち着いて」→梓「これが落ち着いていられますか!」→唯が梓の後ろから「いい子いい子」→澪「そんなことでおさまるはず」→澪「おさまったー!」
    • 梓「取り乱してすみませんでした」→唯「ううん、全然気にしてないから」→梓「えっ、それはそれで…」
    • 澪「梓が言うことも一理あるよ、私たちももっとやる気出していかないと、わかりましたね」
    • 数日後→梓『この前迷惑かけたから行きたくないな…』→梓「こんにちは…」→唯と律と紬が『やいのやいの』→梓「全然動じてない」
    • 梓を見た三人→唯「い、今から練習するところだったんだよ、ほんとだよ」
    • 唯、練習開始→へなへな→梓「早っ」→唯「やっぱケーキ食べないと力が出ないよ…」→紬に食べさせてもらって→梓「う、上手い…」
    • 唯「梓ちゃんも食べてみなよ、おいしいよ、はい、あーん」→唯が梓に迫る、それを紬がうっとり見ている→唯「ほれ」→促されて一口→梓「あ、おいしい」→律「ん、何だって?」→梓「惜しいって言ったんです」
    • 唯「気にいらなかったか…」→しかし梓は名残惜しそうに見ている→唯が梓にケーキを差し出す→梓の表情がパーッとなる→ケーキを引っ込める→また名残惜しそうに→またケーキを差し出す→またパーッとなる→またケーキを引っ込める→また名残惜しそうに→唯「おもろい」
    • さわ子「今日から音楽室でのティータイムはなしか…でも、教師らしくちゃんとしなきゃ、たまには…」→ドアを開け→さわ子「みんな、練習がんばってる?って食べてるじゃーん!」
    • さわちゃんも一口→窓の方へ→さわちゃん「私、もうここで死んでもいい」→律「死ぬな」
    • さわちゃん「結局、何でティーセット撤去しなかったの?」→梓「そ、それは…な、なんでもかんでも否定するのは、だめだと思って」→さわちゃんと律「へー」
    • 唯「梓ちゃんて、いつギター始めたの?」→梓「えっと、小4位からです、親がジャズバンドをやっていたので、その影響で」→律「全然初心者じゃないじゃん」
    • 梓「唯先輩がギター始めたきっかけって何ですか」→唯「えっ私?」→口笛を吹く唯→唯『言えない、軽音が軽い感じの音楽だと思ってたなんて言えない』→梓「あ、あの…」→唯「いやー、とにかく新入部員が入ってよかった」→律「ごまかした!」
    • さわ子「そうそう、私梓ちゃんにプレゼント持ってきたんだった」→猫耳
    • 梓「えっと、これをどうすれば…」→さわちゃん、梓の背後に回り、肩を掴む→律「あー大丈夫だよ、軽音部の儀式みたいなもんだから」→梓「何の儀式ですか」
    • さわちゃんの手から逃れた梓→さわちゃん「もう、恥ずかしがりやさんね」→梓「当たり前です、先輩方だって恥ずかしいですよね」→紬が着けていた、それを唯と律が見ていた→梓「あれ、私がおかしいの?」
    • 唯「はい、次梓ちゃんの番」→ためらう梓、しかし意を決して着ける→一同「おおーっ!」→唯「すごく似合ってるよ」→さわちゃん「私の目に狂いはなかったわ」→一同「軽音部へようこそ!」→梓「ここで?」
    • 唯「梓ちゃんかわいいー」→律「ニャーッて言ってみて、ニャーッて」→梓「ニ、ニャー…」→一同、うっとり→梓「ああっ、つい…」→唯「あだ名は、あずにゃんで決定だね」
    • 「儀式」はまだまだ続き、今度はメイド服→さわちゃん「次はこの服よ、猫耳メイド」→梓「それは絶対いやです」→唯「似合うのに」→梓「いやです」
    • 澪「梓、かわいいな…いじられる対象が私から梓に移ったのは助かったけど…」→「でも、この寂しい気持ちは、何?」→律だった→澪「さっきから何言ってるのよ」
    • 唯「楽しかったー」→梓「練習もしていないのに疲れました」
    • 澪は音楽室に忘れ物、一人戻る→澪「あったあった」→携帯→隣に猫耳→猫耳着けてみた→律が見ていた→澪「ひ、ヒゲ!」→律「苦しいぞ」
    • 唯「ねーあずにゃん、うちの近くに、おいしいアイス屋さんがあるんだよー」→紬「みんなで行きましょう」→唯「先輩がおごってあげる」→梓「あ、はあ…」→唯「違う違う、返事は『ニャー』だよ」→梓「え?」→唯「はい、『ニャー』」→あずにゃん「ニャ、ニャー…」→澪「手なづけられている」
    • アイス屋さんの前で食べながら→澪「大丈夫?軽音部やっていけそう?」→梓「えっと…こののんびりした空気がちょっとアレですけど、まあ…」→唯「大丈夫、すぐ慣れるよ」→また手なづけられている→梓「ていうか慣れたくない…」→澪が何か憂いている様子
    • 『緊急会議中!入っちゃダメだぞ!!』→律「何、緊急会議って」→澪「新入部員が入ったのに、いつまでもまったりだらだらしてたらまずいと思うんだよな…このままじゃ梓、辞めてしまうかもしれないぞ」→唯「あずにゃんがいなくなるのはやだ」→律、デジカメを取り出して「仕方ない、何か梓の弱み…」→殴られる
    • 澪「ちゃんと活動計画を立てた方がいいんじゃないか?」→律「確かにな…んじゃまず…梓の歓迎会をするか!」→唯「いいねー」→紬「楽しそう」→澪「っておい!」
    • ラッキーボート 三十分以内 料金 一〇〇〇円 / ボート 一時間以内 料金 一〇〇〇円 / 料金 先払い / 玉池観光株式会社
    • 池のほとりで歓迎会→澪「こらーっ!!」→律に鯛焼きを食べさせられる梓、食べてキラキラ→澪「鯛焼き…好きなの?」
    • 2年2組の3人はフリスビーに興じていて、2年1組の澪だけ、日陰で雑誌を読んでいる→その近くに梓がいる→梓「澪先輩は上手いのに、何でこんなやる気のない部活にいるんだろう…」
    • 梓「あ、あの…澪先輩は外でバンド組んだりしないんですか?」→梓「うーん…確かに外バンもおもしろそうだよね」→律「そんなこと言っていいのかなー」→マル秘写真→梓「弱み握られてるのかな…」
    • 密かに梓にウサミミが着けられ→さわちゃん「バニーもいいわね」
    • 唯「あ、さわちゃん先生」→さわちゃん先生「遅れてごめんね、いろいろと仕込みがあってさー」→トランクの中はコスプレ衣装→唯「あずにゃん、嫌なら私たちが着るから」→梓「そ、そういう問題じゃ…」
    • 次はどこに行くかで盛り上がる2年2組の3人とさわちゃん→澪「みんな聞いて!うちは軽音部だから…明日からは、絶対練習するからな、絶対の絶対の絶対!!」→うなずく4人
    • 音楽準備室→律「みんな、忘れてるかもしれないが、うちは軽音部だから」→澪「いや、忘れてないから」→律「今日は練習するぞ!」→「おー!」×4+「おー…?」×2
    • リードギターは→梓「それはもちろん先輩が…」→唯「はいはい私がやる!」→律「この自信はどこから…」
    • 律「一応、二人の演奏を聞いてみてから、決めた方が…」→唯の実力がばれる?唯が梓にプレッシャーをかける→梓から
    • 次は唯の番→唯「ぎっくり腰が…」→律「いい加減にしろ」
    • 唯「あずにゃん、ギター教えてください!」→律「変わり身早えーな」
    • 梓「あ、そこはミュートした方が、あと、さっきのフレーズビブラートきかせるといいかも」→唯「ミュート?ビブラート?何それ」→梓「えっ?」→澪「こんなんでも一年間やってきたんだ」
    • 梓「ミュートもビブラートも知らずにどうやって…あれ、ちゃんとミュートできてる」→唯「ああ、さっきのがミュートって言うんだ」
    • さわちゃんメモ『ミュートとは、弦に軽く触れて、音が伸びないようにする技術よ』
    • 澪「唯はゲーム買っても説明書読まないタイプなんだよ」→梓「納得です」
    • さわちゃん「じゃあ、そろそろロイヤルミルクティー淹れてくれる?」→紬「あの、今日は練習しますから」→紬に泣きつくさわちゃん→律「ちょっとだけ休憩するか」
    • 休憩→2年2組の3人「ほげー」→澪「練習は?」→律「あ、明日から頑張ろう」
    • 唯「あずにゃーん、あーん」→ケーキを促す→唯「はい、あーん」→一口食べる→キラキラ→紬「はい、梓ちゃん専用のカップよ」→一口飲んだところで梓が正気に戻る→梓「はっ、ダメになる…このままじゃダメになる」
    • LIVE HOUSE KOTO→その前に梓→梓「軽音部じゃなくて、他所のバンドに参加しよう、他にもきっと、素敵なバンドが…」→中へ→梓「どうしてだろう、どのバンドも、うちの軽音部よりうまいのに…どうして…」
    • 音楽準備室→唯「最近あずにゃん来ないね」→澪「もう来ないかもな」
    • 梓が入ってきた→律「なんで最近来なかったんだよ、ここんとこ、毎日練習してたんだぞ」
    • 澪「どうした?」→律「まさか、辞めるって言いに来たのか?」→唯「それだけはかんべんしてくだせえ」
    • 梓「解らなくなって…どうして軽音部に入ろうと思ったのか、どうして新歓ライブの演奏にあんなに感動したのか、暫く一緒にいてみればきっと解ると思って、やってきたけど、けどやっぱり解らなくって…」
    • 律「よし、じゃあ梓のために演奏するか、そのときの気持ちを思い出せるようにさ」
    • 梓「唯先輩はまるで音楽用語知らないし、律先輩のドラムも走り気味なのに、4人そろって演奏すると、どうしてこんなにいい曲になるんだろう、どうして…」
    • 澪「梓、この前、なんで私が外バン組まないか訊いたよね」→澪「やっぱり、私はこのメンバーバンドをするのが楽しいんだと思う、きっとみんなもそうで、だからいい演奏になるんだと思う」→澪「さあ、一緒にやろう、梓」→梓「…はい、私、やっぱり先輩方と演奏したいです」
    • 澪「まあ、これからもお茶飲んだりだらだらすることもあると思うけど、それもやっぱり必要な時間なんだよ、うん」
    • 唯「燃え尽きた…」→律「向こう一週間は演奏したくねぇ…」→梓「本当に?」→澪「多分…」

Couper DecalerCouper Decaler 2009/06/02 10:48 ご無沙汰しています。
最近はネットレーベルに絞ってという聴き方はしていなかったのですが、何かに導かれるようにこのページにたどり着き、鳥肌モノでした。サイトはだいぶ前に投げ出すように止めてしまい、悔しさや恥ずかしさもいまだにあるものの、思い切ってコメントさせてもらった次第です。
本当にありがとう! 
Bump Foot、4周年おめでとう!!!

犬TV

miscellaneamiscellanea 2009/06/02 18:14 本当にお久しぶりです。
正直なところ、連絡がつかないことを覚悟してはいたのですが、
このようにお返事いただき、うれしく思っています!