Hatena::ブログ(Diary)

十夜録

2013-04-14

ダイアリーからブログに引越しました。

http://misui.hatenablog.com/

2012-09-12

去年10月のもの。県内有数の神楽座を呼んで大盛り上がりでした。

[]2011年 庄内原神楽座

f:id:misui-shi:20111014183002j:image

f:id:misui-shi:20111014184637j:image

f:id:misui-shi:20111014185306j:image

f:id:misui-shi:20111014185555j:image

f:id:misui-shi:20111014190030j:image

f:id:misui-shi:20111014190041j:image

f:id:misui-shi:20111014190416j:image

f:id:misui-shi:20111014190430j:image

f:id:misui-shi:20111014190537j:image

f:id:misui-shi:20111014192031j:image

f:id:misui-shi:20111014192105j:image

f:id:misui-shi:20111014194942j:image

f:id:misui-shi:20111014195015j:image

f:id:misui-shi:20111014195653j:image

f:id:misui-shi:20111014195942j:image

f:id:misui-shi:20111014200249j:image

f:id:misui-shi:20111014200611j:image

f:id:misui-shi:20111014201041j:image

f:id:misui-shi:20111014201202j:image

f:id:misui-shi:20111014201343j:image

f:id:misui-shi:20111014201356j:image

f:id:misui-shi:20111014201522j:image

f:id:misui-shi:20111014201656j:image

f:id:misui-shi:20111014204403j:image

f:id:misui-shi:20111014204621j:image

f:id:misui-shi:20111014204627j:image

f:id:misui-shi:20111014210204j:image

f:id:misui-shi:20111014210316j:image

f:id:misui-shi:20111014210614j:image

f:id:misui-shi:20111014210720j:image

f:id:misui-shi:20111014210725j:image

2012-09-09

[]9月第2週

江戸川乱歩全集〈第4巻〉孤島の鬼 (1978年)
江戸川 乱歩
講談社
売り上げランキング: 1214857

「孤島の鬼」
主人公・箕浦は同性の友人から好意を寄せられながらも女性と交際しているが、ある日、彼女が密室内で殺されてしまう。探偵を交えて事件を調査するうちに忌まわしい事実が浮かび上がり…。前半は推理、後半は冒険と、がらりとトーンが変わる。推理部分は煽るわりには腰砕けのトリックで、乱歩はミステリとしてではなく幻想小説として読むべきと再認識した。盛り沢山の内容、真相の忌まわしさ、そして人外の獣と化すほどの執着の物凄さが見所。ただ、クライマックス後の投げやりな展開は…。
「猟奇の果」
こちらも前後編で雰囲気が変わる。不穏なドッペルゲンガー譚として始まった物語は、国家を転覆せしめるほどの大犯罪を追うものになっていく。変身・変装を重視するあたり、怪人二十面相などに繋がっていくのかも。

 

吉岡実風の詩は今読むとなかなかもたれる。鎌田喜八の作品も以前ほど感銘は受けなくなってきたが、それでも「エスキス 44」だけは変わらず良い。

閏日 負の日

見世物も商いも立たぬ日

地べた留守の日

ただの人零

 

除け者の日だ

http://www.interq.or.jp/www1/ipsenon/p/kamata3.html

 

[]『青白い炎』第一篇(その6)

微かな痛みの一筋が

戯れの死に引き寄せられ、ふたたび遠のきはするが

しかしいつでも存在していて、わたしを駆け抜ける。

ちょうど十一歳になったある日のこと

わたしは床にうつ伏せに寝そべって、ぜんまい仕掛けのおもちゃ――

ブリキの少年が押すブリキの手押し車――を見ていた。

それが椅子の脚を迂回してベッドの下に迷いこんだその時

突如として脳裏に陽の光が差した。

 

それからは闇夜。しかもこの上もない闇夜だ。

わたしは時空のいたるところに撒き散らされた気がした。

片足は山頂に

片手は波に濡れた浜の小石の下に

片耳はイタリアに、片目はスペインに

洞窟の中を血は流れ、脳は星となって瞬いた。

わたしの三畳紀は鈍く鼓動した。

更新世のはじめには目の端で輝く緑の斑点が

石器時代には氷のような悪寒が

そして肘の先の骨には未来のすべてがあった。

 

ある冬の間、いつも午後になると

そうした束の間の夢想に浸っていた。

いつしか夢は途絶えた。思い出もかすんでしまった。

わたしは健やかに育ち、泳ぎを教わりさえした。

けれども、汚れのない舌を用いることで

売女のみじめな欲情を慰めるよう強いられた小僧っ子みたいに

わたしは堕落し、脅かされ、誘惑された。

老医師のコルト氏が

募りゆく痛みの大半は取り除いたと明言してくれたのに

驚異の念はいまだ冷めやらず、恥辱は残り続けた。

 

2012-09-05

[]眠りの淵で

眠りの淵で

映画が終わり
グラスの水滴が流れて
伝わっていく泉に
手を浸す
深夜のこと
頬にスタッフロールは
逆さに雨となり
取り返しのつかない
早回しにも似て
繁茂した
森の奥に隠されている
戸を抜けて
やがて幻と
影と溶け合うだろう
そっと
水草を揺らす息
忘れながら
夢見ながら

2012-09-04

[]Incantation

Incantation

指に取った
灰を
目蓋にこすりつけるようにして
受け入れる覚醒を
外光が
青くあなたの胸に入りこむ
胸に幾筋の
線を流して
待っている――待っている
片方だけ裏返ったスリッパは
まだ夢を見ていて
ドアが
開けられるのを願う
外では
日に暖められたコンクリートに
クレマチスが
濡れている